キャノン アイ ティー ソリューションズ。 キヤノンITソリューションズの年収・給料・給与・賞与(ボーナス)の一覧

株式会社日本アイ・ジェイ・ティ:事業紹介

キャノン アイ ティー ソリューションズ

企業の繁栄は、時代に適合し時代を先どりできる高い技術と社会の信頼を得られる人格を持った社員の双肩にかかっています。 今後ますますイノベーションが進む社会にあっては、社員の能力向上をはかり、明日の発展に備えなければなりません。 当社は、社員全員を対象として体系だった教育を実践しています。 教育形態:目的別に集合教育・通信教育・e-Learningを組み合わせ、全員が受講できる工夫をしています。 人財育成基本方針 高いマインドと使命感のもと、社会通念・企業理念・企業倫理を最優先し、お客様・社員・家族から信頼される人財の育成を目指しています。 中長期視点に立ち、ビジネススキルと専門技術力の異なった方向のスキルを両輪で計画的・体系的に人財を育成する• メンター制度・OJT制度・自己啓発・各種コミュニティ活動を連動させ、やる気のある社員の育成支援に力点を置く• CDP制度・目標管理制度を活用し、社員の自主性を尊重しながら社員のキャリアプランを支援する 技術者育成基本方針 中期経営計画に基づき、職種別に必要とされる技術者の人財像を明確にし、ITスキル標準(ITSS)に準拠した戦略的な人財育成を行います。 OFF-JT・OJT・自己啓発などを連動させ組み合わせながら計画的・継続的な成長に向け支援する• 当社の事業ポートフォリオ戦略と同期させ、社内認定制度(職種・レベル毎のスキル認定)やITスキル診断を活用し、お客様へ最高の価値が提供出来る人財をバイネームで育成する• 人財情報システム(教育履歴・資格・人財カルテ)やパフォーマンス診断により、社員の多様なスキルを可視化することで事業へ活かす仕組みを提供し、社員のポテンシャルを最大限発揮できるよう支援する 2018年4月現在 保有資格 高度情報処理試験• 情報処理安全確保支援士(情報セキュリティスペシャリスト含む)• ネットワークスペシャリスト• ITサービスマネージャ• データベーススペシャリスト• プロジェクトマネージャ• エンベデッドシステムスペシャリスト• システム監査技術者• ITストラテジスト• システムアーキテクト 等 公的・一般資格• PMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)• ITIL Expert• Linux LPI認定 LPIC-303 Security• 技術士(情報工学部門)• 技術士(電気・電子部門)• 公認情報システム監査人(CISA)• 一級建築士• 建築構造士• 電気通信主任技術者 伝送交換主任技術者• 電気通信主任技術者 線路主任技術者 等 ベンダー資格• CCDP(Cisco Certified Design Professional)• CCNP(Cisco CCNP Routing and Switching)• Oracle認定 Oracle Solaris10セキュリティ管理者(OCSecA)• Oracle認定 Solaris10ネットワーク管理者(OCNA)• ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c(OCP)• マイクロソフト認定ソリューションエキスパート(MCSE) Server Infrastructure• マイクロソフト認定ソリューションエキスパート(MCSE) Desktop Infrastructure 等 社会的責任への取り組み お客様と、社会と、環境と。 私たちはお客様と共に社会や地球環境の発展に取り組みます。 社会に対する企業としての役割を深く認識しながらさまざまなステークホルダーや環境と共に確かな歩みを続けられるよう、取り組みを進めています。 お客様満足度の向上をさらに高めてまいります• お客様とのコミュニケーションを大切にします。 コンプライアンスを徹底します• 法令・社会規範・倫理の遵守を徹底します。 コンプライアンス教育の受講を全員に義務づけています。 内部通報制度を導入しています。 社会貢献を推進します• 社会貢献活動を積極的に取り組みます。 地域と一体化した貢献活動を推進します。 地域清掃活動• 快適な職場風土をつくります• ダイバーシティプログラム(多様性を受けいれる職場づくり)を推進・実行します。 男女共同参画を推進します。 障がいを持たれる方が活躍できる職場づくりを進めます。 社員が働きやすい制度整備を進めます。 環境に配慮した経営を推進します• 環境への取り組みを重要課題の一つとして位置づけ、経済と調和させた環境活動を推進します。 環境に関する法令や当社が同意した業界などの指針および自主基準を遵守します。 監査の実施や活動のレビューにより環境経営の継続的な改善を図ります。 社員の環境意識をより高め、全員で取り組みます。 各種認証・認定マーク取得一覧 2020年2月現在.

次の

参考資料:キヤノン販売が「グループ統合システム」構築に100億円を投入|プレスルーム|日鉄ソリューションズ

キャノン アイ ティー ソリューションズ

月給380,000円の内訳 基本給 300,000円 時間外手当 80,000円 時間外手当以外の手当 0円 月給380,000円の内訳として、基本給が300,000円で78. 9%、時間外手当が80,000円で21. 1%、時間外手当以外の手当が0円で0%となっています。 投稿者の本音 自分の年収は 満足に感じている。 勤務時間、残業時間、勤務制度について 特に問題を感じていない。 自分の部署ではサービス残業はなく、残業代は全額支給される。 残業時間は担当プロジェクト次第だが、全社的には減少傾向にある。 福利厚生について 福利厚生としてレンタカーや宿泊施設等のいくつかの提携サービスを安価で利用できるが、利用しないため恩恵は特にない。 また、住宅手当等の各種手当がなく、福利厚生はないに等しい。 管理職では業績連動の歩合が大きいため、会社全体の業績に依存する割合」のような、実際の社員が投稿したの報酬についての口コミが観覧でき、キヤノンITソリューションズ株式会社の年収だけではなく、 基本給・残業代・賞与・ボーナス・交通費など給与の詳細な情報である給与明細を見ることができます。 さらにキヤノンITソリューションズ株式会社の働く環境や転職に役立つ情報が充実しています。 キャリコネの年収・給与レポート、口コミ・評判レポート、転職・中途採用面接レポートは、有名企業に勤める社員を中心に投稿されたもので、月給だけでなく、残業代、手当、賞与などを具体的にカバーした年収情報と、働く環境やローカルルール、社員にしかわからない口コミや転職時の面接体験などから構成されています。 幹部候補求人を中心とした年収200万円アップの求人も提供しております。 企業の評判や口コミ情報を見ながら、求人応募を行うことができます。 また、企業や仕事に関連した特集コンテンツも充実しており、企業の人事制度や公的データ算出による平均年収や様々な角度から働く人のキャリアをサポートする情報を提供しています。

次の

キヤノンITソリューションズ|20年卒 システムエンジニアの最終面接の選考体験談|就活サイト【ONE CAREER】

キャノン アイ ティー ソリューションズ

キヤノン販売グループでは、顧客との関係強化と連結経営体制づくりを2大テーマとして、2000年1月より「グループ販売構造改革」に取り組んでいます。 「C21」はこれら一連の改革をIT活用の側面から推進・支援するものです。 「C21」は、グループ再編の仕組みとしてのERPと顧客対応力強化の仕組みとしてのCRM 、さらにキヤノン製品の供給最適化の仕組みとしてのSCMを同時に立ち上げることを企図。 またSCMはマニュジスティックス社のNetWORKSソリューションを採用しました。 累計投資額は約100億円。 利用人員はセールス・サービス・本社・企画・業務部門を含めて約11,000人。 また、1ヵ月あたり受発注処理量は150万件超、取扱品目数は80万点 内商品30 万点 、アカウント数は100万事業所を想定しています。 導入効果としては、顧客ごとの機器やシステムの稼動・保守履歴情報などを組織的に蓄積することで、サービス品質の向上や、顧客状況に合わせた的確なソリューション提案が可能になり、収益向上が期待できます。 また、グループ全体でE コマースやモバイル、統合コールセンターを活用することで、業務の生産性が向上します。 これらにより、2004年から2006年の3年間で、約400億円相当の経費削減と70億円の在庫削減効果を見込んでいます。 システム構築は、日本オラクル、新日鉄ソリューションズ、キヤノン販売およびキヤノンソフトウェアの各社によって行いました。 なお、キヤノン販売グループではITサービス領域を収益の柱に育てていく方針で、ソリューションビジネスの強化に注力しています。 その一環としてCRMおよびERPパッケージについても、キヤノン販売とキヤノンソフトウェアを中心に、今回のシステム構築で培ったノウハウを今後のビジネスに生かしていく考えです。 キヤノンシステムアンドサポート、キヤノン・エヌ・ティー・シー(販売部門)、キヤノンビーエム札幌、青森キヤノンビジネスマシーンズ,秋田キヤノンビーエムが統合し、2003年春に新しい販売会社が発足する予定。 キヤノン販売の新本社と同時にグループ本社機能を持つ。 【C21システムの特徴】 1.グループ顧客対応力の強化 グループの顧客情報を一本化。 法人顧客向けグループ統合コールセンターを構築し、サービスコールと消耗品受注を集約。 分散している販売店向けと法人顧客向けのE コマースを刷新して統合強化。 顧客情報の共有により顧客担当セールスと連携して顧客対応が可能。 2.グループ連結経営の強化 キヤノン販売に商品・パーツの在庫を集約し、グループ販売会社の顧客への直送を推進することで在庫と物流費を削減。 その際のグループ間の伝票業務処理も自動化し、業務コストを削減。 グループで分散・重複するサービスコールの受付や消耗品受注業務、グループ購買機能を統合。 またIT部門をはじめ本社業務のグループシェアードサービスを進めて業務効率を向上。 また、SCMはマニュジスティックス社のNetWORKSソリューションを採用。 4.グループネットワークを刷新、IP-VPN を全拠点 約320 個所 に展開セールス4,000人、サービス4,000人、本社・企画・業務3,000人の計11,000人が利用。 Oracle EBS 11iによってCRMからERPまで統合された業務プロセスを実現します。 導入予定モジュールは統合会計、販売物流、セールス、サービス、コールセンター、E コマース。 また、ERP、CRMにより統合されたデータを分析するDWHにも、オラクルのデータベースを採用しています。 -------------------------------------------------------------------------------- 【ご参考】 日本オラクル株式会社について: 日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。 国内を拠点としたEビジネス構築のためのソフトウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。 1999年2月5日に店頭市場へ株式公開、2000年4月28日に東証一部上場。 従業員数1,623名 2002年5月末現在。 新日鉄ソリューションズ株式会社について: 新日鉄ソリューションズ株式会社は、製鉄業で培った経験と高度なIT力を活かし、中立的なオープン系システムインテグレータとして製造・流通・金融・公共などの業務アプリケーションと、ネットワーク構築・サーバーやデータベース設計・セキュリティ構築など基盤系ソリューションの領域に強みを持っています。 また、システムに関するコンサルティングから設計、開発、保守、運用までワンストップでソリューションを提供しています。

次の