キングダム ひょうこう 実写。 映画『キングダム』出演キャストの再現度を評価!原作ファン納得のクオリティ

キングダム実写キャラ徹底考察【きょうかいは誰?】|映画に登場しないキャラも紹介!|キングダムファン

キングダム ひょうこう 実写

信と共に大将軍になることを夢見て武芸の稽古に明け暮れた。 信より先に里典の下僕として働いていた少年で、同じ戦災孤児の信と友情を育みなにかとかばっていた。 信と違って武芸以外も達者で生活力があり、常に現実的な考え方で物事を見ていた。 と瓜二つの容姿により、に身請けされ王宮に仕官する(その役割は嬴政の影武者であったが本人は納得していた)。 王弟反乱の際、刺客の徐完に深手を負わされながら村へと戻り、信に全てを託して力尽きる。 恐らく初陣ながらも嬴政の影武者としての役割を全うし、窮地に陥りながらも兵を鼓舞し、戦う姿は既に将であったと壁が語っている。 葬儀の際には隣村からも弔問する者が居るほど村中の人間に慕われていた。 この漂の死がきっかけで信と政が出会い、物語が動き出すことになる。 信にとってはかけがえのない存在であり、「天下の大将軍を目指す!」という人生の目標を信に与えた人生の先輩である。 物語の序盤で亡くなるものの、彼の残した思い出と修行の日々は信の両足を支え続けている。 ちなみに物語開始以来信が愛用している剣は漂が使っていたもので、信に受け継がれ天下の豪傑たちと何度も刃を交えている。 実は王宮仕えでかつ影武者の大任に就くため、姓を与えられていた事が発覚。 だが、全く何も思い浮かばずに困っていた所、政が「李(すもも)」を食べているのを見て「李」の姓に決めた。 これで彼の名前は「李漂」となり、後にその経緯を知った信は漂との約束である「二人の名を将来歴史に刻む」ために自分は「李信」を名乗る事にした。 余談 中国語には 「漂亮」という 「美しい」という意味の単語があるが、実写映画では政と "漂"は美男子と名高い吉沢 "亮"によって演じられている。 関連タグ 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-18 14:44:27• 2020-07-18 14:43:42• 2020-07-18 14:43:23• 2020-07-18 14:42:54• 2020-07-18 14:42:34 新しく作成された記事• 2020-07-18 14:44:25• 2020-07-18 14:41:55• 2020-07-18 14:42:21• 2020-07-18 14:42:16• 2020-07-18 13:38:39•

次の

実写『キングダム』続編、羌カイ役はだれ?

キングダム ひょうこう 実写

大声で叫んだり、人の話を聞かなかったりと原作を知らない人こそ、なんだか大げさじゃない?と思ってしまう演技なのですが、実はコレ、実際に原作の信もこんな感じなのです。 山崎賢人さんは見事、信というキャラクターを再現できていると言えます。 唯一、気になると言えばそのビジュアルでしょうか。 原作ではそこまで二枚目なキャラクターではないだけに、イケメンすぎるという贅沢な欠点を抱えてしまっています。 ゅぃゅぃモバメにつられ飛行機でまた映画キングダム見たけど本当に良い。 キャラ合ってるし作品全体に流れるキングダムイズムがびしびし感じられる 基本的に性善説で少年漫画的爽快感があるから基地外キャラが多かったり凄惨なシーンが多くても安心できる それを体現してる主人公信を山崎賢人が完全再現 — 繭凪 ちひろ chihiro3264748 実写版キングダム、原作が信のキャラクターのせいか、時々ヤンキー漫画の雰囲気になる事があるけど、その辺も見事に実写で再現できていたので本当にレベル高い。 実際に原作でも、嬴政と漂は瓜二つである設定となっているのですが、吉沢亮さんのすごいところは、 それぞれのキャラクターを区別して演じきっているところです!王としての風格を感じさせる嬴政と、どこか親しみを携えた漂というキャラクターが、顔立ちこそ同じであれ、全くの別人として演じ切ることができています。 演技力もさることながら、実際の原作のキャラクターデザインとも似ているところも忘れてはいけないポイント。 スッと鼻筋が通った吉沢亮さんの顔立ちは、そもそも嬴政に似ていますよね。 やっと観に行きました〜キングダム。 信や嬴政にこそモデルとなる歴史上の人物が居ますが、河了貂については 『キングダム』発のオリジナルキャラクターです。 そんな河了貂を演じるのは、女優だけでなくタレントやモデルとしても活躍する橋本環奈さん。 5点) ロングヘアーが印象的な橋本環奈さんですが、本作ではバッサリと髪を切り、ショートヘアで出演。 快活で男勝りな河了貂を演じています! とはいえ、ツリ目で垢抜けない感じの原作のデザインからは、 橋本環奈さんでは美人すぎるのでは、という違和感が拭えないのが悩ましいところです。 原作では後々になって女性だと発覚するキャラクターなのですが、一目見て女性と分かってしまうのも、有名女優を使っているが故にしょうがないところでしょうか。 意外と評価できるのが、河了貂が着る鳥型の衣装。 実際にあの衣装も原作に登場しており、暗闇で佇んだ時の異様さは印象的。 衣装の再現性も実写化では捨て置けないポイントですよね。 キングダム 河了貂はのちのち女だったってわかるのに橋本環奈可愛すぎて顔わかった瞬間女ってわかるよな😞 — にち jYJZl69wMtRKbRW キングダム実写の政の吉沢亮はいいと思うけど、信の山崎賢人がイケメンすぎてイメージが違うんだよなー。 実際に史実にも登場する人物なのですが、山の民であることや、女性であったことは『キングダム』オリジナルの設定です。 そんな楊端和を演じるのは、今や邦画界では引っ張りだこの女優、長澤まさみさん。 『海街diary』を始め、『モテキ』、『アイアムアヒーロー』、『銀魂』などなど原作のある実写化作品にも数多く出演している実力者です。 鋭い眼が特徴的なキャラクターであり、顔立ちは長澤まさみさんとは違う系統でそれほど似ていません。 ですが、メイクも原作に寄せ、 その佇まいや演技からは、見事楊端和の妖艶さや統率力を再現できてると言って間違いはないでしょう。 役作りの為に、キャラクターの役をつかめるまでは、あえて他の人と接しないようにしたというエピソードをご本人も語っています。 キングダムーーー!!! ファンタジーかつアクションものの邦画でこの再現性とクオリティの高さは本当に衝撃的だった。 実写化不可能と思った原作ファンも多かったようですが、大沢たかおさんの再現度には絶賛の声が上がっています。 徳の高さや品の良さ、そして ただ者ではないことが現れているその威厳。 決してビジュアルがそっくりというわけでないにも関わらず、「王騎だ!」と思わせてくれる再現度でした。 なんと大沢さんは王騎の役作りのために15キロの増量もしたとか。 その根気も素晴らしいですね…! キングダムの実写化と聞いた時は王騎さんが一番大変そうだなと思ったのに、この再現率だもんね…体つきから口ぶりから完全に王騎さんじゃん…すごいよ大沢たかおさん… — 夜月 yazuki01 王騎って、再現できる人いたんですね…。 正直無理では?って思ってたところもあったんだけど、数あるインタビューを読んで大沢たかおすげえ!って思ってたけど、実際映画を観て大納得。 マジで「説得力」の塊だった。 「ココココ」を出さなかったのは逆に良かったかな。 当初、史実に存在する人物を想定して描かれていたキャラクターだったのですが、実は存在しなかったことが判明したという曰く付きのキャラクター! そんな壁を演じるのは、満島真之介さん。 『STARSAND-星砂物語-』や『三度目の殺人』など、ドラマや映画で活躍する俳優です。 2019年には所属事務所を独立し話題にもなりました!お姉さんは女優の満島ひかりさんです。 満島さんではさすがに イケメンすぎるのではないかという気はします。 一方で真面目でしっかりした壁の内面は再現されています。 再現度という視点ではなければ、よりビジュアル的にかっこいい壁もありかもしれませんね。 キングダムは長澤まさみや吉沢亮も美しいですが、満島真之介の美しさも相当なもんだと思うんです。 嬴政の替え玉として漂を連れて行く役目を担ったキーパーソンも昌文君です。 秦の将軍として、同名の武将が存在しており、彼がモデルとなった人物です。 そんな昌文君を実写で演じたのは高嶋政宏さん。 ビジュアルとして寄せられそうな要素なのですが、なぜか今作ではそこを再現していません。 ですが、一方でキャラクターの内面の再現性としてはバッチリ。 嬴政に熱い忠誠を尽くす姿からは、原作同様の嬴政への忠義心が感じられました。 史実にも成 蟜の存在は語られており、始皇帝の弟としてその名前が知られています。 そんな 成 蟜を演じたのが、本郷奏多さん。 5点) 陰湿な人物の役を演じることも多い本郷さんにとっては、 嫌味で邪悪な成 蟜はまさに適任。 ビジュアルこそ原作の 成 蟜よりも美形で、かっこ良すぎるという違いはありますが、その嫌味なキャラクターを見事に再現していました! 成 蟜のような悪辣なキャラクターを演じさせたら、やはり上手いですね。 キングダム観た。 内容はもちろんキャスティングが最高。 長澤まさみの楊端和の再現度も凄いけど感動したのは成蟜役の本郷奏多。 あんなに憎たらしくなれる?あんなに小者感出せる?あんなに顔似る??心配だったけど大沢たかおは紛れもなく王騎将軍でした。 ンフフ。 ンフフフ。 続編楽しみンフフフ。 王騎と行動を共にするだけあってその実力はかなりのもの。 作中ではあまりその活躍が見ることはできませんでしたが、原作漫画ではその実力を発揮しています! 史実にも内史騰という秦国の武将が存在しており、そんな彼をモデルとしたキャラクターです。 そんな騰を演じるのは、イケメンとしてドラマや映画だけでなくバラエティ番組でも活躍されていた要潤さん。 『海月姫』や『LIAR GAME -再生-』などに出演されていました。 瞳孔の開ききった瞳が印象的な原作の騰と、要潤さんが演じる二枚目の雰囲気は、正直あまり似ていないと言って良いでしょう。 ただし出番が少なかったこともあり、その演技でそこを披露する隙がなかったとも言えるかもしれません。 唯一、大きく反った鼻下の髭だけは騰らしさが感じられますね。 再現度は10段階評価で3です。 馬のような太い鼻筋は見事、原作に登場した朱凶の顔立ちを再現できています。 また 深水さんの面長な顔の形も朱凶の特殊メイクを施すとしたら最適だったと言えるでしょう。 不気味で、恐怖を与えるその佇まいからしても、見事に原作の朱凶を再現できていますね! 再現度高い高くないでばっか見たら駄目なんだけど朱凶こんなに似せてくるとは思わなくて感動してる — アオサ 『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』 aosassa 羌瘣・呂不韋・蒙恬を演じるなら誰? 残念ながら今回の実写映画『キングダム』には登場しない、キャラクターも多数いるのです。 どんなキャラクターが登場していないのか、と実写化するのであればこの人が良いのでは?という俳優も紹介します! 羌瘣(きょうかい) 『キングダム』において、 河了貂と並んでヒロインを担うのが 羌瘣です。 見た目も可愛い女性キャラクターで、実力者として描かれていることもあり、原作でも非常に人気の高いキャラクターです! 過去に連載10周年特別映像が制作されたことがあり、その際には、 山本千尋さんが羌瘣を演じていました。 もし実写映画『キングダム』の続編に登場するのであれば、山本さんが続投する可能性もありますね。 その他にも、実際に羌瘣のコスプレを披露したこともある 小島瑠璃子さんの名前も、適任だという声も上がっています。 呂不韋(りょふい) 商人出身でありながら成り上がり、 秦王の座を脅かす存在として登場するのが呂不韋です。 キャラクターの年齢からは若手よりも年配の人が演じるのが最適とも言える呂不韋は、顔立ちも似ている 渡辺謙さんが似合うのではないでしょうか。 もっと若い方であれば凛々しい眉毛が特徴的な 山田孝之さんも、良い呂不韋を見せてくれそうです! 蒙恬(もうてん) 中性的なルックスの強者として描かれる蒙恬も人気キャラクターでありながら、今回の実写映画では登場しませんでした。 スマートな雰囲気が出せるイケメン俳優が適任と言えるでしょう。 志尊淳さんや 横浜流星さんといった、やや流し目で中性的な顔立ちの方々を起用すれば、うまくハマりそうです! 映画『キングダム』は原作のどこまで描かれる? そもそも実写映画『キングダム』は原作のどこまでが描かれていたのでしょうか。 改めて原作の『キングダム』の内容をおさらいしていきましょう。 映画キングダムのあらすじ 紀元前245年の春秋戦国時代。 戦災孤児である信と漂は、下僕として働きながらも、いつか天下の大将軍になることを夢見て、こっそりと剣術の腕を磨く日々を送っていた。 そんなある日、漂は王都の大臣の目にとまり、王宮に召し上げられるのだった。 別々の道を歩む事になる信と漂だったが、王宮では王の弟である成 蟜によってクーデターが引き起こされてしまう。 致命傷を負った漂は、最後の力を振り絞り、信のところへ戻り剣と地図を渡して、息を引き取るのだった。 信はその先に何があるかも知らずも、一心不乱に地図の指し示す先に向かう。 とその先には漂と瓜二つの顔を持つ嬴政が待っていた。 彼は玉座を奪われ 、追われる身となり、漂はその身代わりとなっていたのだ。 激昂する信だったが、嬴政の意思の強さと漂の遺志を受け止め、嬴政と共に王宮を奪還することを誓うのだった。 成り上がりを目指す信と、前人未到の中華統一を目指す嬴政の二人による長き戦いの火蓋が切って落とされた。 映画で描かれる王宮の奪還を目指すエピソードは、 原作コミックスの1巻から5巻の王弟反乱編とされる物語を映像化しています!原作コミックスは2020年時点で57巻まで刊行されています。 この巻数からも、まだまだこの先の物語がたっぷり存在することが分かるのではないでしょうか。 実写映画では5巻の46話における成 蟜の反乱を食い止めるところまで描かれているので、続きが気になる人はここから読み進めていくと良いでしょう。 映画『キングダム』が評価される3つの理由 映画『キングダム』がこれだけ評価されるのにも、理由があります。 というのも本作、かなりこだわりを持って制作が行われていることが明らかになっています! 以下の3つの理由こそ、本作の高い評価の裏付けとなるでしょう。 間違いないアクションシーンを実現できる制作布陣! 『キングダム』の監督を務めるのは『GANTZ』や『アイアムアヒーロー』など、 原作漫画発の実写アクション映画を数々手がけてきた 佐藤信介監督。 さすがキャラクター物の作品を作り出してきただけあって、数多くの登場人物の個性に合わせて、戦闘スタイルを練るなどして制作したそうです! それだけでも手堅いのですが、さらに今作の宿敵となる左慈役には 、アクション俳優としても実力者の坂口拓さんを起用しています。 それほど有名作に出ている訳でもない方なのですが、今回主要役に大抜擢。 選ばれるのも納得の演技と、殺陣を見せてくれます。 まさにこの布陣であれば、レベルの高いアクション映画が期待できるというメンバーで構成されている映画だったのです。 リアルを求めてこだわった中国ロケ キャスト陣だけでなく、撮影現場にもこだわりがみられます!本作の舞台が中国ということで、 実際にロケは中国浙江省で行われました。 ここには、中国の昔のお城である将帥府や、荒廃した貧民窟が再現されている 象山影視城という施設が存在します。 ここでは日本映画村のように映画の撮影などが行われており、『キングダム』もこの施設を使って撮影が行われました。 またお城のシーンだけでなく平原のシーンなども、象山影視城と同地域にある象山平原で行われました。 こうして日本では決して撮影することのできないスケールで映画が作ることに成功したわけです。 原作とマッチした配役 そして、最後のポイントとしてこれまで書いてきた通り絶妙なキャスティングがあってこそ、『キングダム』が評価されるに至ったことは間違いないでしょう。 顔立ちも性格も個性的なキャラクターたちを、それぞれの俳優が見事に現実的なラインでの実在感に落とし込んだことで、違和感をあまり感じることなく映画を楽しむことができました! あまり原作とかけ離れたキャラクターにしてしまうと、やはり原作に親しんでいた人にとってはノイズになってしまいますし、かといってあまりにも漫画的な表現に寄せすぎると、今度は映画として現実味がなくなったりするものです。 『キングダム』は、そこを見事にバランスよく役者を揃えることができたのではないでしょうか。 映画『キングダム』の続編に期待! そんな秀作として、興行的にも成功を納めた『キングダム』ですが、2020年5月29日、ついに 続編の制作が発表されました!この時点ではまだ具体的な映画の内容は、明らかにされていませんが、 山崎賢人さんや吉沢亮さん、橋本環奈さんといったメインのメンバーが再集結することは発表されました。 公式サイトでは、キャストからのコメントも掲載されています。 山崎賢人さんは、 「前作よりも成長した姿を皆さんにみていただいて、前作を超える面白い作品にできるように、キャスト・スタッフ一同頑張りますので、完成を楽しみにしていてください!」と信が新たな局面を迎えることを明かし、意気込みを語ってくれています。 吉沢さんも、「期待している以上の最高の作品にしたい」と語り、橋本さんは「前作以上のスケールで、邦画史上に残る戦場とドラマを楽しんでもらえるのではないかと思います。 」と語り、これまで以上の作品に仕上がることを期待させてくれています! また、今回の発表に伴い、 原作の原泰久さんが手がけたイラストが公式サイトなどに掲載されています!そこには人気キャラクターの 羌瘣 が描かれています。 新作映画でも、原泰久さんが脚本を担当することも明らかになっているだけに、 羌瘣の登場は必至と言っても良いでしょう。 果たしてどなたが羌瘣役を務めるのか、続報に期待です。

次の

【キングダム】麃公は李牧も脅かす本能型の極み、信に託した盾の意味とは?

キングダム ひょうこう 実写

公開日、ストーリー、新キャストは、今後、発表される予定となりますね。 しかし、週刊女性PRIMEの記事にも記載されていますが、コロナウイルスの影響で撮影は止まっているようですね。。 中国での撮影も当分できないでしょうし、日本での撮影も難しいかと思います。。 さらに、コロナは落ち着いても、今後、再び感染者が増えて、いつ緊急事態宣言が発令されるかわかりません。。 なので、もしも続編があったと仮定し、それが3年ほどに分けて公開する予定だったとしても、コロナの影響で間違いなく公開は遅れるかと思います。。 【秦 vs 魏(6巻〜7巻)】 ・麃公(ひょうこう:秦軍の総大将)が登場 ・呉慶(ごけい:魏軍の総大将)が登場 ・信の初陣&羌瘣(きょうかい)が登場 【政の過去と暗殺者襲来編(8~10巻)】 ・政の命の恩人である紫夏が登場(回想) ・暗殺者集団『朱凶』&刺客集団『号馬』が登場 ・河了貂が軍師学校へ入学 ・呂不韋(りょふい)が登場 ・昌平君(しょうへいくん:呂氏四柱)が登場 ・蒙武(もうぶ:呂氏四柱)が登場 ・蔡沢(さいたく:呂氏四柱)が登場 ・李斯(りし:呂氏四柱)が登場 【秦 vs 趙(11~16巻)】 ・李牧(りぼく)が登場 ・龐煖(ほうけん)が登場 ・カイネが登場 ・録嗚未(ろくおみ)が登場 ・飛信隊の初陣 ・王騎が命を落とし、信が王騎の矛を受け継ぐ ざっくりですが、見どころは以上になります。 これだけ多くの見どころがありますが、果たして、2時間程度で描くことが可能なのか。。 なんとも言えませんが、やはり、 『信が王騎の矛を受け継ぐ』ところまでが一番きりが良いので、ここまで描かれて終わるのではないかと思いますね。。 そして、ここまでで登場する主要人物は以下の通りですね。。 ・ 羌瘣(きょうかい) ・麃公(ひょうこう:秦軍の総大将) ・呉慶(ごけい:魏軍の総大将) ・紫夏 ・呂不韋(りょふい) ・昌平君(しょうへいくん:呂氏四柱) ・蒙武(もうぶ:呂氏四柱) ・蔡沢(さいたく:呂氏四柱) ・李斯(りし:呂氏四柱) ・李牧(りぼく) ・龐煖(ほうけん) ・カイネ ・録嗚未(ろくおみ) ・飛信隊のメンバー 上記の主要人物が新キャストとして注目が集まるかと思います。。 一人ずつ、誰が誰を演じるのか、予想していきましょう! 羌瘣(きょうかい) 羌瘣(きょうかい)は『飛信隊』の副将を務める人気キャラクターです! 最新コミックス57巻、本日発売です! 表紙は信と羌瘣!朱海平原の戦いは超佳境です! 今巻は描き下ろしのカラー扉もオススメ! 表紙に合わせて、急遽掲載することになりました。 ちなみにこの巻では、1コマだけ単行本収録に際し、丸ごと描き直したコマがあります。 分かった方は「」です。 』の一員になって素晴らしいダンスを披露していますからね。。 さらに、松岡茉優さんの場合は、演技力が非常に高いので、羌瘣(きょうかい)という難しい役も見事に演じられるかと思います! 福原遥さんに関しては、過去にヤングジャンプでコラボグラビアが掲載されています!! 皆様こんばんは!! 本日発売のヤングジャンプに福原遥さんと『キングダム』のコラボグラビアが掲載されています!! 羌瘣を演じて頂いた福原さんの剣舞や一瞬の鋭い表情は必見!!! 是非ご覧ください!! 』で 『キングダム芸人』という企画が放送された際、タレントの 小島瑠璃子さんが羌瘣(きょうかい)のコスプレをして話題となりました。 com famitsu というのも、小島瑠璃子さんの羌瘣(きょうかい)のコスプレが似合いすぎていて、非常に可愛らしかったんですね。。 小島瑠璃子さんが羌瘣(きょうかい)役を演じる可能性は限りなく低いですが、確かに、羌瘣(きょうかい)のコスプレは非常に似合っていました。。 二人とも非常に迫力がありますから、軍を率いる姿が想像しやすいです! 呉慶(ごけい:魏軍の総大将) 呉慶(ごけい:魏軍の総大将)は、魏国の総大将で、魏火龍七師の筆頭将軍です! 本日より呉慶 ごけい イベント開催!変幻自在の防壁を操る呉慶をゲットするチャンス! キンラン武技エフェクト最高峰の「九重槍壁」を体感しよう! — キングダム 乱 -天下統一への道- KingdomRan 知略に長けながらも前線に立つ優れた武力の持ち主で、 魏国の総大将として登場することから、呉慶を誰が演じるか注目です。。 紫夏 紫夏は、趙国の闇商人の紫家の頭目を務める女性で、自分と似た境遇の政を秦国に帰還させる仕事を受ける重要なキャラクターです! 【予告】 6月14日から紫夏 しか のイベント「闇商 紫夏の護衛」が開催! イベントで豪華報酬を手に入れよう!紫夏、江彰 こうしょう 、亜門 あもん 強化のチャンス! — キングダム 乱 -天下統一への道- KingdomRan もしも、続編で紫夏が登場する場合、どこまで描かれるかは微妙なところですが、少なくとも、原作漫画では重要な人物ですよね。。 そんな、紫夏は、 柴咲コウさんや 竹内結子さんあたりが適役なのではないでしょうか? 紫夏は、勇気があり、優しさに満ち溢れた女性なので、雰囲気的にもぴったりかと思います。 昌平君(しょうへいくん:呂氏四柱) 昌平君(しょうへいくん:呂氏四柱)は、呂不韋四柱の一人で、呂不韋の相国昇格に伴い、秦国の右丞相と成ったキャラクターです! 24時間限定! 昌平君 しょうへいくん の排出率が超UPする大炎武神ガチャ開催!! 総大将スキルは味方全部隊の攻撃力と移動速度が上昇!クエスト周回などで活躍するほか、専用計略「攻撃強化」で攻撃特化の軍師としても活躍するぞ! — キングダム 乱 -天下統一への道- KingdomRan 知略を重んじる軍略家でありながら、武人としても凄まじい実力の持ち主で、 秦国の中でも非常に重要なキャラクターですね! そんな、昌平君は、 金城武さんや 松田翔太さんなんかが適役ではないでしょうか? 伊原剛志さんはガタイが良く、迫力満点な俳優ですし、過去に映画 『硫黄島からの手紙』で見事な馬術を披露していますから、適役かと思いますね! 蔡沢(さいたく:呂氏四柱) 蔡沢(さいたく:呂氏四柱)は、呂不韋四柱の一人で、宰相であり、現在は外交を司る最高官として活躍する重要なキャラクターの一人です! イベントクエスト「呂氏四柱の老参謀」開催!クエストをクリアしてR蔡沢(さいたく)を強化しよう!派遣速度強化、貨幣生産力強化を鍛えよう! — キングダム 乱 -天下統一への道- KingdomRan 蔡沢は見ての通り、おじいちゃんですから、高齢なベテラン俳優が適役ですね。 個人的には、 橋爪功さんや 笹野高史さんが適役なのではないでしょうか? 原作漫画だと、重要なキャラクターの一人ですが、実写映画だと、もしかしたら、出番が少ないかもです。。 李牧(りぼく) 李牧(りぼく)は、趙国における最強の武将の称号『三大天』の一角を成す人物で、歴戦の武将であると同時に、知略に優れた策略家です! 趙国宰相「李牧 りぼく 」がついにプレイヤー武将として登場!! ガチャではない特別な方法で獲得できます!入手方法は後日お知らせで公開します! — キングダム 乱 -天下統一への道- KingdomRan 原作漫画『キングダム』でも重要なキャラクターで、非常に人気の高いキャラクターですから、誰が演じるかは注目が集まりますね。。 そんな、李牧を演じる俳優は、 佐藤健さん、 松坂桃李さん、 ディーン・フジオカさんあたりが適役なのではないでしょうか? 龐煖は、最強の名にふさわしい武神なので、男らしく強そうな俳優が適役かと思いますね! カイネが登場 カイネは、趙国軍に所属する二刀流の剣士で、李牧の護衛として登場するキャラクターです! 本日より期間限定イベント「カイネの鍛錬」が開催! 日替わり任務をクリアしてカイネの双剣を集めよう! 集めた双剣は、カイネの武運などに交換できます! — キングダム 乱 -天下統一への道- KingdomRan 男勝りな性格である一方で、河了貂が女であることを見破り、敵ながら気遣う場面が多々ある優しい一面を持つ人物でもありますね! そんな、カイネは、 新木優子さん、 広瀬アリスさん、あたりが適役なのではないでしょうか?.

次の