ヒラズゲンセイ 毒性。 赤いクワガタ「ヒラズゲンセイ」の危険

赤いクワガタ「ヒラズゲンセイ」の原産地はどこ?触るとかぶれる猛毒の毒性・危険性

ヒラズゲンセイ 毒性

皆さま こんばんは。 職員の太田です。 SNSを中心に ヒラズゲンセイが話題になっていますね。 人気アーティストの米津玄師さんに名前がそっくりだとも言われているようです。 ハッキリ言って名前だけだと何の事かすらわからないと思います。 実は昆虫の名前でツチハンミョウの仲間です。 国内での発見は1936年で比較的最近発見された昆虫です。 発見時期が割と最近で、生態も未解明な部分が多く幻と呼ばれる貴重な生き物だったりします。 ヒラズゲンセイ= 平頭芫青と漢字では表記されます。 漢字を前後で分けると意味が分かり易いですね。 ただし色は雌雄共に真っ赤です。 見た目が超がつくほど派手で話題になるとは思いますが、話題になっている理由は別にあります。 実はこの虫は毒があります。 触ったりして危険を感じると体の節からを分泌します。 皮膚に付着すると火傷のような痛みと水泡ができ、半年ほど跡が残る場合もあるほど強力です。 見た目も毒性も熱帯雨林のジャングルに居そうな昆虫が日本の九州の一部地域から四国、関西の一部に生息していて都市部にも現れます。 そのうえ生息域が拡大していることから注意喚起の為に色々と話題になっている次第です。 詳しい情報提供方法はを参考にしてください。 実は、この美しいが危険な生物ことヒラズゲンセイは 対馬でも1個体だけですが1984年に採取された記録が残っています。 生態に関してはまだまだ未知な部分が多いですが、クマバチに寄生することで成長し、成長後は一切餌を食さず繁殖のみをするそうです。 幼虫がクマバチにしがみ付いて移動するという記録があるのでクマバチが飛べる距離ならば生息域を拡大していけるのかもしれません。 太田としては対馬に生息しているなら見てみたいと思う反面、この見た目ですから子供たちが知らずに手に取ってしまったらと考えると恐ろしくもあります。 未知なる物には基本的には触れるな!ダメ絶対!と思っておくのがお互いの為ですので、小さなお子様がいる方は特に注意をお願いします。 tsushima@docomo. 半角に変更してください。 お気軽にどうぞ.

次の

赤いクワガタ「ヒラズゲンセイ」の危険

ヒラズゲンセイ 毒性

Contents• 真っ赤ですね! ヒラズゲンセイは学名【 Synhoria maxillosa】体長 約2~3センチ の昆虫です。 この昆虫は 5月から8月ごろ に発生します。 生息地は後述いたします。 見た目はどう見てもクワガタムシに見えますが実はクワガタムシではなく、ヒラズゲンセイは ツチハンミョウ科ゲンセイ亜科の昆虫なのです。 ネット上では「 赤いクワガタ」といわれ 話題になったため、一部の方にはクワガタムシであると誤解が生まれているかもしれませんね。 種類としては先ほども説明しましたとおり ツチハンミョウという昆虫の一種なので、クワガタムシとは何の関係もありません! 知人から、「真っ赤な虫がいる」と連絡も貰って確認にいったらヒラズゲンセイ(メス)でした。 徳島県では準絶滅危惧種に指定。 生息地域は局所的でかなり珍しいようです。 jp) jnaturejp ちなみに 大きいあごを持つのはオスで、 メスはこのように 少しあごが小さいのが特徴です。 この特徴もクワガタムシに似ていますね。 しかし、年々 生息域を延ばしています。 これは地球温暖化に原因があるといわれており、今後 生息域は増えていくと考えられています。 つまり 数年後にはいなかった土地にも現れることがあるといえます。 現在の生息域は 【四国・滋賀・京都・和歌山】といわれています。 上記に挙げた県以外の方も 十分に注意するようお願いいたします。 それはちょっとこわいね・・・ ヒラズゲンセイはどこに潜むのか 空飛ぶ唐辛子。 米津玄師とヒラズゲンセイの音の響きが似ている説をTLで見て納得。 この赤い虫、見た目も唐辛子にしか見えないが、驚くべきことに匂いも唐辛子の匂いがする。 冗談みたいな本当の話。 ぜひ試してほしい。 公園の藤棚の木組みにクマバチの巣穴が空いていたら、煙草の煙で燻すと出てくる。 これはヒラズゲンセイがクマバチの巣に産卵をするためです。 クマバチも十分危険なため、近づかないほうが良いでしょう。 万が一近くにクマバチの巣がある場合は、 ヒラズゲンセイも潜んでいる可能性があるので近づかないことをおすすめいたします。 またヒラズゲンセイは、 サクラや古い木造建築の家にいることもあるようです。 近くを通るときは少し注意しておくといいでしょう。 気をつけるようにする・・・ そしてヒラズゲンセイは実はまだわかっていないことが多い昆虫で、その生態は謎に包まれています。 予想不能な行動をすることも考えられますので十分注意してください! ヒラズゲンセイの危険性について Cissites cephalotes Olivier ヒラズゲンセイ。 — Rikio Matsumoto rikiom さて、では本題です!この項目ではヒラズゲンセイの 危険性について説明していきます。 ヒラズゲンセイは 体液に毒を持っており、それが肌につくことで かぶれや水ぶくれなどの症状が起こります。 そのかぶれは植物のウルシを触ってしまったとき程度のもので、 死に直結するようなものではないので安心してください。 死ななくても怪我するのは嫌だなあ・・・・ ヒラズゲンセイは実は 毒性もあまり強くは無く、 軽くかぶれる程度のものです。 世に出ている情報は結構盛られているような気がしますが、用心に越したことはありませんね! 大丈夫やろーと舐めているととんでもないことになる場合もあります。 毒が 肌につかなければ無害だともいえますので、 見つけても触らないようにすることが大切です。 とにかく 見つけても触らない を徹底すれば、 怪我をすることもありません。 面白がって 捕まえに行くことはやめてください。 専門の機関に任せるようにしましょう。 また、ヒラズゲンセイは高知県で 準絶滅危惧種に指定されている 貴重な昆虫になります。 見つけても 殺したりせず、 専門機関に連絡するようお願いいたします。 【 】素敵なお店のホームページを作れます【低コストでホームページ作成】 毒をうけたらどうすれば良いのか ヒラズゲンセイさん。 キムネクマバチの巣に寄生する強烈なインパクトの虫。 — ピン・セイダイ Nagashima, Seidai calisius もし何らかの理由で ヒラズゲンセイを触ってしまった、 毒が皮膚についてしまったという場合は どうしたら良いのでしょうか? そのような場合はまず 流水で患部を流してください。 これで 少しは症状が改善されます。 もしその後、皮膚に異常が現れた場合は必ず 皮膚科に行くようにしてください。 水ぶくれが割れてしまうと 長い間残る傷になってしまいます。 大丈夫だろうではなく 危機感を持つようにしましょう。 後で怖い思いをするより早くなおしたほうがいいもんね ちなみに ヒラズゲンセイの毒は カンタリジンと呼ばれるもののようです。 ヒラズゲンセイは襲ってくることはありませんが、1匹いたら近くにまだいるかもしれません。 木の上から落ちてくることも考えられますので、その場からは立ち去ることをおすすめいたします。 もしヒラズゲンセイを見つけてしまった場合にはツイッターなどで、 発見報告をすると良いです。

次の

話題のヒラズゲンセイ

ヒラズゲンセイ 毒性

ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の写真画像 ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)生息域拡大のニュース ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)が今話題に上っていますが、実はヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)もともとは、幻の昆虫と言われています。 幻のポケモンならぬ幻の昆虫ですね。 つまり、それだけヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の個体種が少なく絶滅危惧種にも指定されているからです。 そのヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)がなぜ今話題になっているかというと、ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)がにわかに生息域を拡大していて、目撃情報が多数入っている為です。 触ると水ぶくれなどの症状を引き起こす昆虫「」が京都や滋賀で生息域を広げている。 四国など温暖な地域で見られた種だが、生息域が年々北上してきた。 専門家は見つけても触らないように呼び掛けている。 生態に詳しい大阪市立自然史博物館の初宿成彦学芸員によると、もともと近畿地方には生息していなかったが、1976年に和歌山県で発見され、京滋では2009年に京都市伏見区、12年に栗東市で確認された。 現在の生息北限は、京都府南丹市や滋賀県近江八幡市とみられる。 今月8日には、大津市北部の旧志賀町地域の住宅街で見つかった。 個体種の少ない幻の昆虫であるヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)が生息域を広げているのであれば、良い事じゃないか、と思うかもしれませんが、実はヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)、毒をもっているんですね。 体液が有毒で、皮膚につくとかぶれや水ぶくれを引き起こすことがある。 毒をもっている ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)が生息域を広げているものだから、専門家は危険性を呼び掛けている訳です。 では、その毒性や危険性はいかなるものなのでしょうか? ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の毒性や危険性は? まず、ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)は毒性があると言っても、ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の方から襲ってくることはありません。 動画でヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)を手のひらに乗せている動画もある通り、刺激しなければ毒を発することもありません。 なので、ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)が生息域を広げているからと言って、そこまで高い危険性が危惧される訳ではないでしょう。 しかしながら、子供などが知らずに触ってしまったらどうなのか?と言った声もあるかと思います。 ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の毒性はどの様なものなのでしょうか? ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の毒性はカンタリジンというもので、肌に付着すると、かぶれや水ぶくれや炎症などを引き起こします。 もしも症状がひかない場合や不安な場合は、皮膚科の診療を受けましょう。 ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)が生息域を広げている理由については、地球温暖化などを専門家があげていますが、まだ詳しい理由などは分かってないみたいですね。 体調2,3cmほど。 もともと関西にはいなかったが、近年になって生息北限を広げている。 — ヤギの人(ゐうさい) yusai00 Cissites cephalotes Olivier ヒラズゲンセイ。 — Rikio Matsumoto rikiom 「なんか見たことない赤いクワガタ見つけた!」 正体は・・・「ヒラズゲンセイ」という危険生物だった。 子供は触ってしまいそうなので要注意(動画あり). — ツイッター速報 tsuisoku こないだ「米津玄師」みたいな名前の昆虫を見せてもらったのですが、 この昆虫、体中の至るところから触るだけでかぶれる毒液を出す危険生物らしいです。 さらに厄介なのは、この昆虫「絶滅危惧種」らしくて、勝手に駆除することもできないのだとか。 無敵じゃねえか。 生息域拡大で危険性は?」と題しまして、ヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)について書いてきました。 実際にヒラズゲンセイ(赤いクワガタ)の動画と写真画像を公開したり、生息域拡大の理由や危険性についても触れてきました。 危険性に関しましては、重症に陥ったり命の危険に陥るほどの危険性は心配しなくて大丈夫という事ですね。 ただ、触るのは危険なので、見つけても触らないようにしましょう。 スズメバチの方がよっぽど危険性に関しましては高いですね。

次の