ちんこ が 痒い。 亀頭の回りが真っ赤、原因は? : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

ちんこがかゆくなる性病の種類

ちんこ が 痒い

Q 陰茎の皮の腫れ 陰茎の皮の腫れを発見しました。 似た質問がありましたが、 差異があるので、質問させて頂きます。 3日程前に、説明は省きますがある女性と性交渉を行いました。 それが原因かどうかは分かりませんが、今日あそこを確認しましたら 陰茎の1部が赤くなり、若干腫れていました。 私は仮性包茎です。 痛みは全くないのですが、赤みがあります。 行為後、直ぐにお風呂に入れなかったので、それも原因かな?と思います。 ちなみに、中学生時代に全く同じ症状になったことがあります。 シチュエーションは自慰でしたが… その時は覚えたてってのもあったのか、割と頻繁に自慰をしており、 腫れた時は、今回と同じく行為後お風呂に入れなかったです。 その後何日かしたら自然とその腫れは引きました。 その症状だと有難いのですが… 私はある理由で20万もの費用が掛かり、今現在とてもお金がありません。 私としましては、月末に給料が入りましたら直ぐにでも病院に行きたいのですが、 もし、急を要する病気であるのなら無理してでも病院に行きたいと考えております。 しかし、出来うる限りならそれは避けたいです。 恥はありません。 しかし、お金もないのです。 ですが、重大な病気か、ただの炎症か分かり兼ねるので、 もし重大な病気であるか、この説明で分かる方がいたらお教え下さい。 ちなみに、その女性はそういう病気は持っておりません。 宜しくお願い致します。 陰茎の皮の腫れ 陰茎の皮の腫れを発見しました。 似た質問がありましたが、 差異があるので、質問させて頂きます。 3日程前に、説明は省きますがある女性と性交渉を行いました。 それが原因かどうかは分かりませんが、今日あそこを確認しましたら 陰茎の1部が赤くなり、若干腫れていました。 私は仮性包茎です。 痛みは全くないのですが、赤みがあります。 Q 股間がかゆくて(夏になると恒例なんですが) 家にあったニゾラールクリームを塗っていて、おさまって来たんですが、次は塗った範囲の周囲がかゆくなってきて、そこに塗って、というのを繰り返してきて どうも、股間の毛が邪魔で塗りづらいな、と思い、剃ったら 今日は凄まじいかゆみで、眼が覚めました。 寝るとかゆいです。 寝るのが怖い。 家にあったニゾラールを見つける前は、ダマリンという市販薬をぬっていましたが、皮がめくれるだけで、かゆみは多少おさまるといった感じでした。 毛を剃ったのは間違いでしょうか? こういうかゆみは、どうやって乗り越えればいいのでしょうか? 最近、おさまってきたのに、また同じ場所がかゆくなってショックです。 Q 僕は10代の者です。 いつ頃からかハッキリと覚えていませんが、3、4年前から陰部のかゆみに悩まされています。 いつかゆくなるかとかはありません。 不定期にかゆみが襲います。 特に夜は最悪です。 眠れません。 症状は陰嚢部分左にカサカサと薄い皮が少し剥がれています。 毎日学校から帰宅後、お風呂でキレイに洗っています。 風呂上りはかゆみはありません。 その後、かゆくなってくると陰嚢部分左が腫れて来て赤くなります。 これはカンジダ症や白癬菌などではないでしょうか?場所が場所だけに親にも言えず病院にも行けずで困っています。 宜しくお願いします。 Q 恥ずかしい話ですが,陰嚢が非常に痒くて大変困っております。 症状としては,掻いたせいもあって袋のシワが赤い亀裂となっており,そこから汁が出たりもします。 日中に時折急に痒くなるときがありますし,寝ているときに痒くて目が覚めたりもします。 そのせいでよく寝れなかったりします。 もともと軽いアトピー体質のため,最初はそのせいだと思っておりましたが,これほどしつこい症状は初めてです。 他に気になるとすれば,陰嚢の湿疹と同時期に,顔(とくに髪の生え際)や眼の周りにも湿疹が発生し,こちらもいまだに症状が治まりません。 薬は顔にはロコイド軟膏,眼の周りにはリンデロンA軟膏,陰嚢部には薬の吸収が高くて怖いので何も塗っていません。 (陰嚢部にレスタミン軟膏を以前塗った時期が少しありましたが,怖くなってやめました。 ) これについて,さきほどいろんなHPを見ていて,「疥癬」という病気を知りました。 湿疹の発生初期は「湿疹の場所が場所だけに病院にも行き辛いし,いつものちょっとした湿疹だろうから…」と思って気長に構えていたのですが, 私の湿疹がもしこの「疥癬」である場合,家族にも感染するみたいなので非常に怖くなりました。 「疥癬」の特徴として, 「湿疹の場所が陰嚢部以外に,脇の下,へそなどにも出る」「小豆大の結節ができる」「手首や指の間などに1cm程度の細長い丘疹ができる」など書いてありましたが, これらの症状はありません。 ただひたすら陰嚢部が痒いです。 それでもやはり「疥癬」の可能性はありますでしょうか?それとも「疥癬」やアトピー以外の別の病気なのでしょうか? 水虫,,いわゆるインキンタムシも疑いましたが,内腿や股の部分はなんともないことから,それとも違うような気がします。 怖くなったので病院には行くつもりですが,仕事の関係上,最短で今週の土曜日しか行けそうにありません。 それまでじっと待っておくのも怖いですし,家族にも迷惑をかけたくないので質問させて頂きました。 ちなみに,妻以外との性交渉などありません。 (妻と子供以外で肌の接触もありません)そして妻はいたって健康です。 長文申し訳ありませんが,ご知見をお持ちの方がいらっしゃいましたらアドバイスのほう宜しくお願い致します。 恥ずかしい話ですが,陰嚢が非常に痒くて大変困っております。 症状としては,掻いたせいもあって袋のシワが赤い亀裂となっており,そこから汁が出たりもします。 日中に時折急に痒くなるときがありますし,寝ているときに痒くて目が覚めたりもします。 そのせいでよく寝れなかったりします。 もともと軽いアトピー体質のため,最初はそのせいだと思っ... Q さきほど皮膚科で"いんきんたむし"と診断を受けました。 1年以上陰嚢、陰茎 包皮 の痒みが治まらず、ようやく皮膚科に行ってまいりました。 皮膚科の先生は不在で、内科の先生 恐らく皮膚科の先生の旦那様 に診てもらいました。 症状を伝えると、患部を見せさせられましたが、 ほんの2,3秒見ただけで、「あぁー」と言われ、"いんきんたむし"と診断を受けました。 5年付き合う彼女がいますが、感染等の心配は要らないというような事を言われました。 こっちは素人で医学的な事を考えると"内科の"先生の見解が正解でしょうが、 症状に悩まされ色々と調べた自分としては疑問が残る診察でした。 症状は詳しく書くと、 陰嚢に痒み、湿疹、発赤などです。 まれに陰茎 包皮 が痒くなる時もあります。 私なりに調べた結果、完全に"陰嚢湿疹"だと思っていました。 一応、塗り薬を処方してもらい、 この塗り薬の効能には、 「水虫・タムシの薬です。 細菌を殺す薬です。 湿疹・かぶれの薬です」 と書いてあり、ネットで調べると、 「かゆみ,炎症,腫れを抑え、細菌感染や、その恐れのある湿疹や炎症を抑える」との事です。 名称は"マイコスポールクリーム1%"、"フルコートF"とあります。 疑問が多々残る診断でしたが、 さきほどの診断を素直に受け止め、落ち着いてこの薬を塗り、治療に励んでいいものなのでしょうか。 お詳しい方、経験者の方、おられましたらご回答宜しくお願いします。 さきほど皮膚科で"いんきんたむし"と診断を受けました。 1年以上陰嚢、陰茎 包皮 の痒みが治まらず、ようやく皮膚科に行ってまいりました。 皮膚科の先生は不在で、内科の先生 恐らく皮膚科の先生の旦那様 に診てもらいました。 症状を伝えると、患部を見せさせられましたが、 ほんの2,3秒見ただけで、「あぁー」と言われ、"いんきんたむし"と診断を受けました。 5年付き合う彼女がいますが、感染等の心配は要らないというような事を言われました。 こっちは素人で医学的な事を考えると"内科の"先生の見解... A ベストアンサー こんにちは、先日「陰嚢にはいんきんができない」と書いたものです。 内科の医者が見立てたんですね。 「診断的治療」という言葉があります。 これは、 たぶんこの病気だろうから、この薬を使ってみよう。 または、 この薬が効かないってことは、あっちの病気かな。 というものです。 まずはマイコスポールを塗って、いんきんであれば数日でかゆみはおさまりますし(完治には時間がかかります)、いんきんでなければ治りません。 ただし、フルコートFを使うと、いんきんでもそうじゃなくても、かゆみがおさまってしまうので分からなくなってしまいますが・・・ Q 薬の知識の全くない男子です。 時々背中を中心に皮膚がかぶれることがあり皮膚科に行っています。 その時もらう薬を時々性器がかぶれたり、むれてかゆくなったりするときに使います。 処方されている薬は、 アンテベート(背中用)鳥居薬品 ネリゾナ ユニバーサルクリーム(顔用)日本シエーリング(本当に顔に塗っても大丈夫でしょうか?) です。 このうち、アンテベートというのを性器の袋の部分に使用することがあります。 ステロイド剤ということなのですが、精子を作る機能や精子自体に影響をあたえないか心配しています。 今日病院にいって先生にその旨伝えると、エクラー(エスエス)というのを処方されましたが、どやら同じステロイド剤のようです。 性器に塗り続けても大丈夫なのでしょうか?先生も大分高齢で何を言っているかも良く聞き取れず少し心配しています。 大丈夫でしょうか?(内心信用しておらず、病院を変えようと思っています) あと、ステロイド剤を長期使用する場合の注意点などありましたら宜しくお願いします。 A ベストアンサー 補足的な質問があったので再回答します。 その上で、私個人の回答の自主的な基準を申し上げれば、専門家として病理学的あるいは薬学的な知識と医療の内容についての理解をサポートするもので、ここで診断を下し、治療を指示するものではありません。 元々、この限られた情報の範囲で診察も検査もせずに断定的なことはいいようがない、ということです。 さらに医学的な知見でも、その認識や評価が論争となっているものや基礎的な医学教育を前提にしないと誤解を生じやすいごく専門的なもの、適応症例がかなり特殊な療法等については混乱を招くおそれがあるので、意識的に紹介や解説は控え、より専門的な施設を紹介するに止めています。 一般の方が自分の個人的な体験を披瀝するのはかまわないと思いますが、専門家として意見を掲載するには、考えられる限りの可能性を予測してより慎重な対応が必要だろうという判断からです。 貴方の症状についても、ステロイド剤の処方(まして貴方が信用できない老医師の処方)から演繹的に推察するにすぎないので、現在どんな治療が適切かというところまでは答えられません。 貴方の症状に対しては、診断した医師がその処方を決めるものです。 従って、新しい病院での診断や処方に関する質問の点も、それが適切か否かの判断は留保します。 その上で、前回の回答に補足説明します。 前回の回答ではステロイド剤の特性や一般的な処方(塗り方)を説明しましたが、これは基本的に日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン2004 改訂版」の内容に準拠しています。 より詳しい内容については前回参考URLとして掲載した同学会のサイトに一般向け情報が載っていますから、よく読んでみてください。 さらにステロイド軟膏の塗り方に関して、九州大学医学部のサイトに詳しい紹介がありますから、参考にしてください。 kyudai-derm. html 私は「ステロイド剤は決まった用法用量で、使い始めたら完治するまで同じように続けないと治療の意味がなくなるものです。 とくに途中で止めると、再発し悪化します。 (中略)痒いところに時々適当に塗るというのが一番良くない方法です。 」と書き込みましたが、ステロイド剤に関してそれは周知のことです。 ただし、貴方の症状が1,2回塗って完治する程度の軽度の発疹であれば、上記の注意も必要ないでしょうし、大体ステロイド外用剤は慢性的な皮膚炎を対象とした外用剤処方ですから、毎日のように繰り返し使用することが前提で回答していますので、軽度の皮膚炎ならむしろ他の外用治療薬で十分なのかもしれません。 しかし、どの程度の疾患か、慢性度はどの程度か、どの薬剤を選択するかは診断・処方した医師にしか確定的なことはいえません。 また、こうした質問と回答のやりとりでは、正確な情報の交換にも限界があります。 今回の例でも、上記の回答を貴方は「おさまっても塗り続ける必要」と理解されたようですが、完治すればそれ以上続ける必要はないのは当然のことです。 しかし、ステロイド剤の性格上、塗れば炎症の進行やかゆみは即効的におさまりますが、患部が治癒し始めるのはそれからです。 「おさまる」ことと「完治」は炎症が軽度であればほぼ同義ですが、慢性の場合には少なくとも数日~数週の開きがあります。 その期間が治癒に大切だということです。 従って完治を確認するまで治療を継続することが必要になるわけです。 私は、一旦病気にかかれば患者となる一般の全ての人に今まで以上に医療や薬理の知識を持ってもらうことは、医療全体の質向上に必要不可欠と考えています。 治療内容などの情報公開が進む中で医療機関と患者の信頼関係が揺らいでいる時代ですが、今はその信頼関係の見直しと再構築の過程にあると考えています。 その過渡期においては一時的に問題が起こり、誤解が生じたり不信感がかえって高まることもありますが、その中で理解が深まっていくことを信じています。 治療者側も反省すべきことは多くあると思います。 これからは治療方法に関しても患者さんに対して一方的に言い渡して事足りるといった態度は許されない時代になるでしょう。 十分に説明し納得してもらう努力が必要ですし、そのうち勉強不足の医師に対しては患者さんの方が先進の治療方法を指摘することも普通になるのではないかと、期待しています。 医療とは、治療する側と患者双方が病気に立ち向かい、協力して健康を回復する行為です。 双方の信頼関係がより高い次元で実現していくことが今後の医療(広義の厚生)事業に必要なことだと考えています。 分かりやすい回答にはなっていないかもしれませんが、真意を理解していただきたいと思います。 kyudai-derm. html 補足的な質問があったので再回答します。 その上で、私個人の回答の自主的な基準を申し上げれば、専門家として病理学的あるいは薬学的な知識と医療の内容についての理解をサポートするもので、ここで診断を下し、治療を指示するものではありません。 元々、この限られた... Q 亀頭オナニーをしていた際、強く擦り過ぎて皮が剥けた様な感じになってしまいました。 かなりヒリヒリして痛かったのですが、亀頭のすぐ下だった事もあり皮を被せれば大して気にならなかったのでそのままにしていました。 今日見てみたら膿になっていました。 黄色い感じで、小さな膿です。 触ると痛いです。 消毒液をつけ、ゲンタシンを塗っています。 どうすればいいでしょうか? 自分で膿を出してしまっても良いんでしょうか? 病院に行く場合泌尿器科、皮膚科どちらに行けば良いんでしょうか? 恥ずかしくて行きづらいんですが・・・・・ 自分で直せないでしょうか・・・・ とても困っています・・・。 回答よろしくお願い致します。。 A ベストアンサー 個人の開業医ですと、泌尿器科と皮膚科がセットになっているところがおおいので、それを探してみるといいかと思います。 もしお近くに無ければ、どちらかと言うと泌尿器科のほうがよさそうですね。 私も、亀頭の下あたりが円周状に真っ赤に炎症を起こしたことがあります。 そのときは、あまり強く洗いすぎないことを指導され、炎症止めの薬を使って治しました。 また、痛くても皮は出来るだけかぶせないほうが良いかと思います。 蒸れて化膿が酷くなる可能性もありますから。 膿が出ているのであれば、連休に入る前に、早急に医者に行くことをお勧めします。 酷くなる可能性がありますので、連休に入ってしまうとちょっと大変になると思いますので・・。 泌尿器科には、炎症と性病で通院したことがありますが、恥ずかしいのは受付だけだと思います。 もし、事務員さんに症状を言うのが恥ずかしければ、「先生に直接話したい」と言えば、泌尿器科であれば察してくれると思いますので、恥ずかしがらずにいきましょう。 今後もずっとお世話になる息子ですから、大事にしてください。 Q 1年以上前から陰嚢 金玉袋 の痒みが止まりません。 この質問をする時点で恥ずかしいですが、バカになって頑張って投稿してみます。 年齢は21歳です。 1年以上前から痒みが止まらず、まれに出血しています。 湿疹も何個かできたりします。 しょっちゅう常時痒いわけではありませんが、 たまに外出中に痒くなると凄くイライラします。 5年付き合う彼女とは発症前と何も変わらない性交を続けていますが、 彼女には痒みはないようです。 薬は、1度治った事があるオロナインを使っています。 しかし塗布後、痒みが治まる時もあれば普通に痒くなる時もあります。 温泉に月1程度行っています。 1年前はサウナにも入っていましたが、 最近は家族風呂に入っており、 誰の金玉袋が触れたか分からないものに金玉袋を触れさせた覚えはないです。 これはかの有名な"いんきんたむし"なのでしょうか。 彼女にうつっていない事を考えるとどうなのかと疑問です。 A ベストアンサー お役にたてるか分かりませんが、陰嚢湿疹であれば、弱めのステロイドを使う事はあります。 ただ、ステロイドですので医師の診断処方の元、正しく使わないといけないと思います。 一度水虫のお薬を使って効果がなかったようですが、かびが原因かもしれませんし、傷ができているようなので、ステロイドを使う前にそちらを適切に治療をしないことには、良い結果が得られないと思います。 陰嚢湿疹は確かに痒くて、夜間などに無意識に掻いてしまう事もあり、傷もできやすいかと思います。 また、場所が場所だけに、常に乾燥を保つ事ができないので、傷ができてしまうと湿疹と一緒にじくじくしてしまう事もあります。 すっきり治るまで、意外に時間がかかったりしますので、皮膚科にいかれて適切な軟膏を処方してもらうのが、一番良いかと思います。 お大事になさって下さい。。。

次の

布団に入るとかゆい7つの原因、安眠のための対策と禁忌

ちんこ が 痒い

Contents• セックスによって感染する病気で、性感染症の中でもっとも蔓延していると言われています。 セックス後にちんこのかゆみが出だしたら、真っ先に疑うべき病気です。 症状としては、感染後10〜20日の潜伏期間のあと、おしっこに際に違和感を感じるほか、尿道から透明な膿が出る場合が多く、痛みを伴うこともあります。 治療せずに放置しておくと、クラミジアが体内深部に進行し、男性の場合は尿道経由で前立腺炎・副睾丸炎(精巣上体炎)・肝炎・腎炎になる事があります。 セックスによる感染のほか、オーラルセックスやペッティングなどでも感染します。 症状としては、尿道にかゆみをおぼえるとともに、排尿時に尿道から粘り気のある分泌物がでます。 症状が進むと、この分泌物に黄色いうみがまざり、排尿時や勃起時などに激しい痛みを伴います。 性器ヘルペスのは急性型と再発型があります。 性器ヘルペスに、初めて感染した場合は、急性型の場合が多く、潜伏期 2日〜10日間 を経て性器周辺に、特有の水泡と発疹や浅い潰瘍による痛みや痒みの違和感を引き起こします。 ひどいときには、排尿困難や歩行困難になることもあります。 ヘルペスウイルスに一度感染すると、症状が改善しても神経にウイルスが潜伏してなんらかのきっかけで再発する。 これが再発型です。 急性型に比べて症状が軽く、水泡の数もさほど多くありません。 主にセックスによって感染しますが、プールやサウナ、寝具などからも感染します。 その痒さは、男女を問わず人前で陰部をかきむしるほどと云われています。 また、吸血した皮膚より出血して下着に血痕が点々と付着するので、血尿と勘違いすることもあるそうです。 比較的寄生しやすいのは、股やおしり、陰のうなどの湿ってこすれやすいところ。 多くは弓状の赤い隆起ができ、激しいかゆみをともないます。 いんきんたむしの特徴は、とにかくかゆいということにつきます。 あまり感染力の強くない病原菌なので、適切な処置をすれば、1週間から10日ほどで治る場合が多いですが、再発しやすいので注意が必要。 セックスのほか、親子間、合宿などの集団生活によっても感染します。 ヒゼンダニの場合は、いんきんたむしと同じような症状ですが、点状、線状の盛り上がりが確認できるでしょう。 症状としては、水イボができるほか、異物感を覚えるとともに、かゆみが現れます。 病院での治療は、ピンセットで直接取ったり、液体窒素による凍結治療や電気焼灼などの処置が行われる。 まとめ.

次の

ここ一週間前から 生殖器のいわゆる カリの周辺が 少し赤みを帯び...

ちんこ が 痒い

Contents• ちんこがかゆい時に考えられる病気 ちんこが痒い時に考えられる病気・性病・感染症は以下の通りです。 亀頭包皮炎• 性器クラミジア感染症• 性器ヘルペス• インキンタムシ• 毛ジラミ それぞれの病気の原因と、症状などをご紹介します。 亀頭包皮炎 亀頭包皮炎は、亀頭や包皮にできた小さな傷に大腸菌などの細菌や、カンジダなどの真菌が侵入し炎症を起こす病気です。 子供がおちんちんを汚い手でいじりすぎて腫れたり痛くなってしまうのはたいていこの亀頭包皮炎です。 亀頭包皮炎の症状 細菌性亀頭包皮炎の場合• ちんこの先(亀頭)が赤くなる• ちんこの先や包皮がただれる・かゆい• ちんこの先や包皮に赤いぶつぶつができる カンジダ性亀頭包皮炎の場合• ちんこの先(亀頭)が赤くなる• ちんこの先や包皮がかゆい• 白っぽいチーズ状の垢が出る• カサカサの薄皮状のものが出る では、大人の場合は、どんなときに亀頭包皮炎になるのでしょうか? 亀頭包皮炎の原因 亀頭包皮炎は性行為で感染する性感染症ではないため、女性と性行為をしていなくても発症する可能性があります。 ペニスや亀頭を不衛生な環境にさらしたり、汚い手で触ったりすることで炎症になる可能性が高いです。 具体的には・・・・ 性行為・オナニー(マスターベーション) 激しいセックスやオナニーをすることで、ペニスや皮にに傷がついて細菌が侵入する可能性があります。 また、カンジダ性の亀頭包皮炎の場合、女性がカンジダ膣炎にかかっているとセックスで感染する可能性もあります。 また、性行為後にシャワーを浴びなかったりすると、菌が繁殖しやすいので注意が必要です。 尿道に侵入した大腸菌や細菌を洗い流すためにも、性行為の後は男女ともに排尿(おしっこ)を必ずするようにしましょう。 雑菌性の尿道炎の予防にもなります。 (カンジダは、性病ではなく女性の常在菌が免疫力低下によって発症する炎症です) ・・・TENGAなどの、オナホールで亀頭包皮炎になる人も結構多いです。 TENGAを使った後、よく洗わずに放置し、2回目3回目と使い回すことで、オナホール内で様々な菌が大量に繁殖してしまうリスクがあります。 皆さんも、テンガを1度使ったら、ちゃんと中をきれいに洗って、完全に乾燥させるようにしましょう。 (個人的には1回で使い捨てできるPocket TENGAとかeggがおすすめです。 ) 包茎・仮性包茎 仮性包茎や真性包茎の場合、どうしても包皮に覆われた亀頭部分が蒸れて菌が繁殖しやすくなり、炎症を起こしやすくなってしまいます。 特に子供の亀頭包皮炎は真性包茎が原因のケースが多いです。 対処法としては、仮性包茎の方はまいかいお風呂に入ったとき、ちゃんと皮をむいてきれいに洗いましょう。 お風呂を上がったら、ちゃんと亀頭の水気をタオルで拭いて、乾燥した状態にすることが大切です。 (私も仮性包茎民です。 亀頭包皮炎は、基本的には特定のウイルスなどが原因ではないので、放置しても自然治癒しますが、炎症がどんどん進行すると、腫れがひどくなったり熱が出る可能性があります。 気になるようであれば、早めに病院(泌尿器科など)へいって診察・治療を受けることをおすすめします。 尿道炎(クラミジア・淋菌・雑菌性など) 亀頭や包皮というよりも、尿道に違和感やかゆみ、軽い痛みを感じる場合は尿道炎を起こしている可能性があります。 尿道炎には、大腸菌などの雑菌性のものや、クラミジアや淋菌などの性感染症と呼ばれる細菌が原因のものがあります。 尿道炎のやっかいなところは『検査しないと雑菌性かクラミジアなどの性感染症かわからない』というところです。 淋菌の場合は、激しい尿道の痛みやドロっとした黄色い膿が出るのですぐ気づきますが、クラミジアと雑菌性尿道炎は区別がつきません。 下記に、簡単にそれぞれの症状をまとめました。 クラミジア感染症の症状• ペニスの先っぽに違和感• 尿道が赤く腫れる• 尿道から透明な膿が出る• 軽い排尿痛、それに伴う頻尿 淋病(淋菌)感染症の症状• ちんこが熱い、かゆい• 排尿時の激しい痛み• 性交痛、勃起時の痛み• 黄色いドロドロした膿が出る• 頻尿 雑菌性尿道炎の症状• 尿道から少し膿が出る• 尿道の違和感、熱っぽさ• ちんこがかゆい 性器ヘルペス 性器ヘルペスは、ヘルペスウイルスが性行為などで感染して炎症を起こす性感染症の一つです。 性器ヘルペスの症状• ちんこがかゆい• ペニスに水ぶくれができる• 水ぶくれが破れて激しい痛み 性器ヘルペスに感染すると、2日~1週間程度でペニスとその周辺に水ぶくれができます。 しかし、無症状の場合も多いため、知らないうちに感染していて、疲れているときなど免疫力が落ちてきたときに症状が出てくる可能性もあります。 インキンタムシ いんきんたむしは白癬(はくせん)という菌が股間周辺に感染する病気です。 白癬は、足に感染すると『水虫』、股間に感染すると『インキンタムシ』、頭皮に感染すると『しらくも』など、感染する場所によって病気の名前が変わりますが原因菌は同じです。 インキンタムシの症状• ちんこがかゆい• ペニスに小さな水疱ができる• 性器周辺、股間がかゆい• 性器周辺、股間に赤いブツブツができる これらの症状が出た場合、通常は1週間から10日で症状が治まることが多いですが、再発しやすいため、早めに泌尿器科などを受診することをおすすめします。 毛ジラミ 毛ジラミは、人の毛(陰毛)に寄生して血を吸い、繁殖する昆虫による感染症です。 性行為で、感染者の陰毛と自分の陰毛が接触することでうつりますので、性行為感染症の一つとして分類されています。 頭に寄生するアタマジラミとは、別の種類のシラミが陰毛に寄生します。 毛ジラミの症状• 股間周辺に猛烈なかゆみ• 陰毛周辺が赤くぼつぼつする ケジラミに感染すると、とにかくかゆくてかゆくて死にそうになるのですぐ気づくと思います。 (経験者談) ケジラミをもらってしまったら、速やかに陰毛をすべて剃ってしまうのが一番ですが、パイパンがどうしてもいやな人は病院に行って殺虫剤をもらいましょう。 また、家族と同居している人は家族にうつさないように、タオルの使い回しなどを徹底的に避けるようにしましょう。 ちんこがかゆい時の病気まとめ 上記でご紹介したとおり、ちんこがかゆい!とひとくちに言っても、かゆい箇所や症状によって疑われる病気が変わってきます。 特に、クラミジアと雑菌性の尿道炎は、病院で診察しても目で見るだけでは絶対に判別ができません。 不安な人は一度性病検査を受けることをおすすめします。

次の