市川 市 新型 コロナ。 患者の発生について|新型コロナウイルス感染症/千葉県

市川市に新型コロナウイルス対策本部設置!電話相談窓口も開設!

市川 市 新型 コロナ

Contents• 新型コロナウイルス対策本部設置の概要! 本市では、中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎への対応について、 1月21日に新型コロナウイルス対策連絡会を設置し、感染状況の情報収集や市民の皆様への周知活動を行ってきました。 1月28日に感染症法・検疫法に基づく指定感染症および検疫感染症に指定する閣議決定がされたことを受け、 市民の皆様の感染防止を強化するため、同日付で「市川市新型コロナウイルス対策本部」に移行しました。 国・県・医療機関等との連携を強め、引き続き、感染予防に向けて取り組んでまいります。 引用>> 1月21日に設置された「 新型コロナウイルス対策連絡会」が「市川市新型コロナウイルス対策本部」に移行されたようです。 市川市は成田空港も羽田空港も比較的近い立地にありますし、来日者が市川市を通ることも多いでしょう。 来日者に市川市を通るな!なんて言えませんし、日本で感染が確認されている以上、行政発信の情報をキャッチし、自分で感染予防に努めましょう。 新型コロナウイルスとは? 人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。 人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られているが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)と MERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。 引用>> 国立感染症研究所の感染症疫学センターのホームページにはもっと詳しく記載されていますので、気になる方は読んで見てください。 >> コロナウイルスにも様々なものがあるということぐらいは私でも理解できました(笑) スポンサーリンク 新型コロナウイルスの予防策は? 市川市のホームページにもありますように、中国国内では人から人への持続的感染が認められているものの、日本では持続的感染は認められていません。 先日、バスの運転手が武漢市からの観光客を乗せて感染していたことがわかりましたが、持続的感染は認められていませんね。 ですので、過剰に心配する必要はないようです。 しかも、各マスコミなどの報道でも、有効な対策としては、インフルエンザや風邪の対策と同じで、手洗い、うがい、アルコール消毒、マスク着用ぐらいです。 風邪予防となんら変わりません。 日本ではインフルエンザが流行していたので、これらの対策は既に行っている方も多いと思います。 引き続き、風邪対策を続けるようにしてください。 ただし、お子様に関しては、「手を洗え」と言っても洗わない奴や、「うがいをしろ」と行ってもやらない奴がたくさんいます。 私の子供たちもそうです。 親が気を使って、無理矢理にでも、手洗い、うがいをさせてあげた方が良さそうですね。 >> >> また、厚生労働省では、新型コロナウイルスに係る電話相談窓口(コールセンター)も設置されています。 電話番号:03-3595-2285 受付時間:9:00〜21:00 HP: 海外からの渡航者と濃厚接触した方で、発熱や体調不良がある場合は、感染拡大を防ぐ意味でも、コールセンターなどで、相談して、対応を確認する方が良いかもしれませんね。 市川市でも新型コロナウイルスの電話相談窓口を設置! 市川市でも市民の皆様から、新型コロナウイルスに関する電話相談窓口が設置されました。 電話番号:047-712-8551(市川市保健センター疾病予防課内) 受付時間:月曜日から金曜日、8:45〜17:15までとなっています。 もしくは、24時間365日対応のあんしんホットダイヤルも利用可能なようです! あんしんホットダイヤル:0120-241-596 深夜や休日には、こちらのあんしんホットダイヤルをご利用ください。 千葉県でも新型コロナウイルスのコールセンターが開設! 千葉県の新型コロナウイルスのコールセンターに関する情報は下記の通りです。 電話番号:043-223-2640 もしくは 043-223-2989 対応時間:9:00〜17:00まで(土曜、日曜、祝日を含む) 対応内容:新型コロナウイルス関連肺炎に関する相談、感染の予防に関すること、心配な症状がでた時の対応など。 詳しくはでご確認ください。 市川市内における新型コロナに関するニュースはこちら!.

次の

市川市に新型コロナウイルス対策本部設置!電話相談窓口も開設!

市川 市 新型 コロナ

Contents• 新型コロナウイルス対策本部設置の概要! 本市では、中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎への対応について、 1月21日に新型コロナウイルス対策連絡会を設置し、感染状況の情報収集や市民の皆様への周知活動を行ってきました。 1月28日に感染症法・検疫法に基づく指定感染症および検疫感染症に指定する閣議決定がされたことを受け、 市民の皆様の感染防止を強化するため、同日付で「市川市新型コロナウイルス対策本部」に移行しました。 国・県・医療機関等との連携を強め、引き続き、感染予防に向けて取り組んでまいります。 引用>> 1月21日に設置された「 新型コロナウイルス対策連絡会」が「市川市新型コロナウイルス対策本部」に移行されたようです。 市川市は成田空港も羽田空港も比較的近い立地にありますし、来日者が市川市を通ることも多いでしょう。 来日者に市川市を通るな!なんて言えませんし、日本で感染が確認されている以上、行政発信の情報をキャッチし、自分で感染予防に努めましょう。 新型コロナウイルスとは? 人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。 人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られているが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)と MERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。 引用>> 国立感染症研究所の感染症疫学センターのホームページにはもっと詳しく記載されていますので、気になる方は読んで見てください。 >> コロナウイルスにも様々なものがあるということぐらいは私でも理解できました(笑) スポンサーリンク 新型コロナウイルスの予防策は? 市川市のホームページにもありますように、中国国内では人から人への持続的感染が認められているものの、日本では持続的感染は認められていません。 先日、バスの運転手が武漢市からの観光客を乗せて感染していたことがわかりましたが、持続的感染は認められていませんね。 ですので、過剰に心配する必要はないようです。 しかも、各マスコミなどの報道でも、有効な対策としては、インフルエンザや風邪の対策と同じで、手洗い、うがい、アルコール消毒、マスク着用ぐらいです。 風邪予防となんら変わりません。 日本ではインフルエンザが流行していたので、これらの対策は既に行っている方も多いと思います。 引き続き、風邪対策を続けるようにしてください。 ただし、お子様に関しては、「手を洗え」と言っても洗わない奴や、「うがいをしろ」と行ってもやらない奴がたくさんいます。 私の子供たちもそうです。 親が気を使って、無理矢理にでも、手洗い、うがいをさせてあげた方が良さそうですね。 >> >> また、厚生労働省では、新型コロナウイルスに係る電話相談窓口(コールセンター)も設置されています。 電話番号:03-3595-2285 受付時間:9:00〜21:00 HP: 海外からの渡航者と濃厚接触した方で、発熱や体調不良がある場合は、感染拡大を防ぐ意味でも、コールセンターなどで、相談して、対応を確認する方が良いかもしれませんね。 市川市でも新型コロナウイルスの電話相談窓口を設置! 市川市でも市民の皆様から、新型コロナウイルスに関する電話相談窓口が設置されました。 電話番号:047-712-8551(市川市保健センター疾病予防課内) 受付時間:月曜日から金曜日、8:45〜17:15までとなっています。 もしくは、24時間365日対応のあんしんホットダイヤルも利用可能なようです! あんしんホットダイヤル:0120-241-596 深夜や休日には、こちらのあんしんホットダイヤルをご利用ください。 千葉県でも新型コロナウイルスのコールセンターが開設! 千葉県の新型コロナウイルスのコールセンターに関する情報は下記の通りです。 電話番号:043-223-2640 もしくは 043-223-2989 対応時間:9:00〜17:00まで(土曜、日曜、祝日を含む) 対応内容:新型コロナウイルス関連肺炎に関する相談、感染の予防に関すること、心配な症状がでた時の対応など。 詳しくはでご確認ください。 市川市内における新型コロナに関するニュースはこちら!.

次の

市川市は相談窓口を強化、4/14(火)新型コロナウイルスに関するコールセンターを開設、土日含む午前10時~午後8時

市川 市 新型 コロナ

千葉県の公式サイトより PCR検査受診のあり方をめぐる議論が日本全国で続いている。 そんななか、「コロナウイルス感染が御心配で検査をご希望の方に」と題する文書が、千葉県市川市内のクリニックで発熱症状を訴える患者に配布されている。 そこには市川保健所、市川市医師会、 新型コロナウイルス対策連絡会の名が記された上で、「重症の肺炎患者以外はPCR検査を行わない」という驚きの方針が述べられていた。 果たして、これは本当なのか。 「コロナ感染が否定できない以上外出せず自宅で安静」 文書では次のように述べられていた。 「発熱症状の患者さんはまず一般診療所で診察し、入院治療が必要となるような肺炎が疑われる患者さんのみを病院にご紹介し、病院が必要と考えたケースのみコロナウイルスのPCR検査を行うことになりました」 「コロナウイルス感染が疑わしい方も肺炎症状がない方は検査の対象にはなりませんし、検査目的に病院を御紹介することはできなくなりました。 保健所の帰国者接触者センターも検査や受診の相談、指示は行わないことになりました」 「コロナウイルス感染が御心配な方も検査でコロナ感染かどうか調べることはできませんが、コロナ感染が否定できない以上外出せず自宅で安静にしてください」 要約すると、PCR検査の受診は「重症の肺炎患者」のみしかできない。 肺炎に至らない場合は、「自身の責任で自宅療養を」ということだ。 確かに厚生労働省などは、コロナウイルスに感染しているかどうかを見極める一つの指標として特徴的な肺炎のCT画像をあげている。 だが、それは指標のひとつであって、検査をするかどうかの結論ではなかったはずだ。 また、現時点で肺炎ではない患者も重篤化する可能性がある。 また新型コロナウイルス感染症は「指定感染症」だ。 確定診断がなされていない患者が働きに出たり、買い出しに行ったりすることを法的に拘束することはできない。 結果として、新たなクラスターや経路不明の感染者が続出し続けることになるのではないか。 市川保健所「公式文書ではない」が大意は否定せず 市川保健所の担当者は、同文書は保健所当局の公式文書ではないとした上で次のように説明する。 「基本的に、重症度の高い方は優先的に地域の医療機関に紹介しPCR検査を受診していただいています。 軽症の方は地域の一般の診療科で診るという方針です」 では現時点で重症化していない患者は、コロナウイルスに感染しているかどうかをどのように判断すればよいのか。 「その場合は、受診された一般病院の医師が判断して(PCR)検査をするかどうかを決定していただくかたちになっています。 決定権は医師にあります」(保健所の担当者).

次の