総武線 混雑。 中央総武緩行線の混雑率とは!? 朝と夕方の時間帯を調査

総武線での通勤事情

総武線 混雑

JR総武線快速の混雑状況を時間帯および区間ごとに調査してみた。 朝と夕方・夜の通勤ラッシュ時のいつ頃がピークを迎えるのはいつ頃なのか。 混み具合の実態を観察した。 千葉方面へ向かう鉄道としては一番利用者数が多い路線であるためかなり混雑が激しいのは間違いない。 中距離電車で遠距離ユーザーが多く使うため、ピークの時間帯は朝の7時台後半だ。 首都圏の中でも特に混雑が激しいのは、小田急や中央線、そして東京メトロ東西線などが有名であるが、総武線快速もまた混雑率は数値が高い。 国土交通省によると混雑率は180~190%で毎年推移している。 都心と千葉方面を結ぶ鉄道路線は京成本線、JR京葉線、東京メトロ東西線、都営新宿線などがある。 どれも都心と郊外を結ぶ重要な交通手段だ。 その中で一番所要時間が短くて速い路線は総武線の快速だ。 運行本数も多いため、乗客にとってはかなり便利な存在に君臨している。 各段階ごとの混雑率の目安 5:150%以上(乗客同士が押し合う、スマホ操作不可) 4:120%(ドア付近で荷物が他人に接する) 3:100%(車内奥まで満員、リュック背負い不可) 2:80%(ドア付近を中心に立ち客あり) 1:50%(全員着席可能) 総武線快速が全体的に混雑する区間は津田沼~東京の部分といえる。 早朝の6時台からすでに混雑が始まる。 この時間帯であっても始発駅の千葉駅の時点で座席は完全に満席になる。 次の稲毛駅から乗れば確実に座れないだろう。 津田沼駅始発もあるが、ここでも津田沼の時点で座席はすべて埋まって満席に。 次の船橋駅では座れない。 7時台に入るといよいよ朝ラッシュの時間帯に突入する。 そして、7:30を過ぎると本格的にピークの超満員電車の時が来る。 9時台に入るとよいやく通勤ラッシュの激しさは緩やかになってくる。 それでも、まだまだ混雑した車内は続き、10時台になってから空いてくるという感じだ。 混雑率=180%は8時頃 国土交通省が行った「東京圏における主要区間の混雑率」の調査では、総武線快速の最大の混雑率は181%(2017年)という結果だった。 区間は新小岩~錦糸町の区間だ。 8時頃にピークに達する。 7:30~8:30に錦糸町駅に到着する電車も全体的にはほとんどこれくらいの混み具合に達する。 どれくらい激しいのかというと、乗客同士が車内で少し接するくらいのレベルである。 電車の中でスマホの操作ができるかどうかでは、ほぼ「できない」に該当する。 錦糸町駅では新宿・秋葉原方面へ行く中央総武緩行線へ乗り換える人が多く降りる乗客が多数いるということで、東京駅側はそれほど混まない。 参照: しかし、新小岩駅や市川駅は乗り換え路線がないため、新小岩~錦糸町の区間が一番混雑度が高い結果となっている。 並行する京成本線やJR京葉線の方が混雑度は緩やかといえる。 また、始発駅である千葉駅から座るのも難しいかもしれない。 11・15両編成ということで列車は長いものの、それ以上に乗客が殺到するため、結局は座れない可能性が大きい。 総武本線からの直通列車となれば、朝のラッシュ時はほぼ座れないという覚悟で乗るしかないのもまた事実だ。 区間ごとの混雑状況 総武線快速の区間ごとの混雑状況を見ると、上り・下りともに錦糸町~津田沼が最も混雑するエリアである。 千葉駅に近づくほど電車が空いている。 一方の東京~錦糸町も都心部の地域を走るとはいえ、他の代替路線があることもあってまだ乗客が集中する部分にはならない。 朝ラッシュの時間帯における区間ごとの混み具合を上り・下りそれぞれ見てみた。 区間ごとの混み具合では、津田沼駅辺りまでは比較的空いている。 通勤快速も一部あるが、ほとんどは「快速」であるため、種別ごとの違いはほとんどない。 ただし、房総エリアの各路線からの直通列車は千葉駅でもすでに満員状態になっている。 千葉駅にて大量の乗客が降りていくものの、そのまま東京方面へ向かう人もかなりの割合になる。 千葉駅始発ならそれよりは余裕が見られる。 津田沼駅を出発すると本格的に満員電車になる。 ドア付近になっているとやや圧迫感が出てくる。 平常ダイヤなら車内奥はまだ余裕があり、車両のどこに立っていてもスマホの操作はできるレベルである。 船橋駅からは地獄のスタートだ。 ドア付近に立っているとほかの乗客と体が接するほどのレベルになることも少なくない。 津田沼駅始発の電車でさえ、すでに船橋駅の時点で窮屈感がある。 船橋~錦糸町の区間はドア付近では完全に他の乗客と体の一部が触れ合うほど。 スマホの操作は困難。 車内奥でも荷物は他の乗客に接するくらいにはなる。 スマホの操作は不可能ではないが非常にやりにくい。 とはいえ、船橋駅までは下りでも座れずに立っている乗客も多い。 中でも成田空港行は快速でも混雑が他より目立つ。 東京駅の時点では座席がすべて埋まって、立っている乗客が少しいる程度になる。 上りの満員電車とは光景が異なる。 錦糸町駅からは中央総武線各駅停車からの乗り換え客が殺到するため、ここでやや混雑した車内になる。 それでも他の乗客と接するようなレベルにはならない。 リュックも背負ったまま乗れる混雑率に収まる便が多い。 船橋駅から先の下り列車は空いている。 朝でもガラガラの状態に近い。 津田沼駅止まりは最も空いている。 途中駅でみんな降りない 総武線快速ならではの特徴もある。 それは、途中駅であまり降りる人がいないという点だ。 上りの場合、大勢の人が降車するのは錦糸町駅と東京駅くらいだ。 快速ということで停車駅がかなり限られているため、どうしても近距離しか電車に乗らない人よりも長い区間を移動する人が多く乗る。 しかも、千葉方面へ行く各線の中では一番所要時間が早いこともあって、特に遠方から都心へ向かう人が殺到する。 これにより、途中駅で降りず東京都心まで乗り続ける人がほとんどとなっている。 下り電車についても、津田沼駅くらいまではまとまった人数が降りる駅がないため、長時間座れない状況が続く。 しかも、千葉駅より先の総武本線・成田線へ向かう例もかなりの数がいる。 遠距離ユーザーで混雑するのが総武線快速ならではの独特の特徴といえるのではないだろうか。 総武本線・外房線からの直通列車が混む! さらに、朝ラッシュの時間帯であれば総武本線や外房線からの直通列車が最も混雑している。 千葉駅や津田沼駅を始発とする列車は、たとえ快速であるとはいえ乗ってくる乗客の数が少ない。 総武本線や成田線、外房線、内房線から乗り入れてくる列車はより多いところからすでに乗っている乗客がいるということで、混雑率はより高い。 夕方は逆に津田沼止まりや千葉止まりの快速が比較的空いている。 近距離を使って途中駅で降りるという人が多く使うこともあって、たとえ東京駅や錦糸町駅辺りでは満員であったとしても途中駅で着席していた人が降りることで座れる可能性が高い。 逆に総武本線や外房線、内房線直通の快速となると遠距離ユーザーが集中してくるため、途中駅に到着しても降りる人が相対的に少ない。 座席を確保する難易度はその分高くなる。 他の路線の混雑状況 接続駅 路線 <直通> 東京 、、、() 、、、 、、(大手町駅) 新日本橋 、 馬喰町 (東日本橋)、(馬喰横山) 錦糸町 、半蔵門線 船橋 、 津田沼 千葉 、、、京成千葉線 <、、直通> >>.

次の

東京の電車混雑&遅延ランキング 通勤ラッシュがスゴいのはこの路線・駅! | 転職実用事典「キャリペディア」

総武線 混雑

このページの概要 目次、タップできます• 総武線快速の朝ラッシュ時の混雑状況まとめ 以下、長い本文を読む気がない人のために、簡単にまとめます。 この記事では、定点観測を行い、一定時間の全列車を対象にして各車両の混雑を目視で確認しています。 これはプロも行っている調査方法です。 簡単に調査方法を紹介しましょう。 一部の個人サイトでは混雑状況を書いているところもありますが、調査方法や混雑指標の言及がないのでう~んと考えてしまうところがあります。 そのようなことを踏まえて、弊ブログではきちんと方法を示します さすがー。 弊ブログでは混雑ポイントという概念を導入しております。 その概要を示します 表1。 混雑ポイントの概要 せっかくなので、120ポイント~160ポイントの様子をご覧いただきましょう 写真2-4。 いずれも個人情報を守ることを目的に、画質を落としています。 写真2. 混雑ポイント120ポイントの様子 右上に私の指が写っていますね… 写真3. 混雑ポイント140ポイントの様子 右上に私の指が写っていますね… 写真4. 新小岩までの各停車駅で乗客が乗りこみ、錦糸町で総武線各駅停車に乗りかえて新宿方面に向かう人が降りるので、錦糸町到着時が最も混むのです。 混雑状況の分析 混雑状況の生データから細かく分析することにします。 生データを見る まずは、生データをさらしましょう 表2。 ただし、この中には最混雑時間帯ではないものもありますので、あくまでも後で解析する範囲で混雑率を見てみましょう。 混雑状況の分析 では、混雑状況を分析しましょう。 まず、どの時間帯が最も混んでいるのかの分析です 表3。 この前後60分が最混雑時間帯とすると、 混雑時間帯は錦糸町到着で7:50~8:50の1時間で、最も混んでいるのは8:20ごろということです。 両者の測定方法は基本的に現場で見ていますし、調査日によってそこまで混雑率が異なることもないでしょう。 では、どうして数字がここまで異なるのでしょうか。 公式発表の数字の「列車の定員」にはグリーン車や特急列車は含まれていません。 特急列車の定員はたかが知れていますが、グリーン車の定員は無視できる数字ではありません。 実際にはグリーン車の座席定員は180人 2両 です。 立ちもいるので、実際にはグリーン車には200人乗っていることでしょう。 ただし、実際にはグリーン車に200人乗っていますので、普通車に乗っているのは3094人です。 次に、車両ごとの混雑を見てみましょう 表4。 編成中ほどの2、3、6、7号車が混んでいて、両端の増1号車と11号車が比較的空いていることがわかります。 また、東京行きは気持ち空いていることもわかります。 前後の列車に比べてわずかに空いているのです。 実例を見てみましょう。 7:57発東京行きは、前の逗子行きと後の品川行きより空いている 例2. 8:09発東京行きは、前の大船行きと後の品川行きより空いている 東京までで降りる人は可能であれば、東京行きを選ぶとわずかに空いていて、少しでも快適に通勤できます。 通勤快速は拍子抜けするほど空いていました。 通勤快速は千葉-錦糸町で船橋しか停車しません。 ということは、通勤快速の通過する稲毛、津田沼、市川と新小岩でそれなりの乗客が乗りこむことがわかります。 では、どのようにすればよりマシな混雑になるのでしょうか。 1つは列車の増発です。 7:54~8:53のピーク1時間に18本しか運転されていません。 15両編成と長いとはいえ、この本数は少なすぎです。 錦糸町や船橋などで後続列車が素早く進入できるように信号設備を改良、E235系化による加速性能向上による列車間隔の圧縮などで6本程度増加できましょう。 もしも、錦糸町の停車時間がネックというのであれば、増発ぶんの一部は錦糸町通過としても良いでしょう。 これができればベストです。 その他の施策として、ピーク前後の増発も考えられます。 8:46、8:51、8:59となっていますが、8:51発を8:50発として8:56発を増発すれば、この電車の混雑は一気に解消されます。 混雑が一気に解消されれば、最ピーク時の混雑に嫌気がさしている人の一部がこちらにシフトします。 また、錦糸町発7:16~7:36は5分間隔で運転されていますが、これを4分間隔に増発することや、錦糸町7:03発と7:16発の13分の間に1本増発することで、ピーク前の混雑が緩和されて、ピーク時からシフトする乗客もいることでしょう。 また、特急の船橋停車も良いでしょう。 船橋に停車すれば若干でも乗客を拾えます。 1人でも乗客を拾えば、前後の快速の混雑が緩和するのです。 写真2. ノロノロ通過する成田エクスプレス 総武線快速の混雑まとめ インターネット上では混雑が激しいとされる総武線快速ですが、公式発表ほどに混んでいないことが明らかとなりました。 この理由として、グリーン車の輸送力が計算外であることが挙げられます。 そうはいっても、それなりに混んでいて首都圏では標準以上の混雑であることは明らかです。 利用者としてできる混雑回避策は両端の車両を選ぶことです。 また、本数はそこまで多くありません。 他の路線の実績からもう少し増発が可能でしょう。 もしもピーク60分間の増発がかなわないのであれば、ピーク前後に増発してピークから乗客をシフトさせる方策もアリです。 このように、少しでも快適な通勤ができるように工夫してもらいたいものです。 東京でオリンピックを開くのなら、外国人に見られても恥ずかしくないように・・・ が、 ・総武快速線使用車両E217系の加速性能が2. 津田沼~東京駅間の六駅 船橋・市川・新小岩・錦糸町・馬喰町・新日本橋 がすべて交互発着不能。 どこか一つでも隘路駅 停車時間が異常に長くなる駅 があればそこで詰まってしまうので列車増発はできない。 錦糸町が一番の隘路に見える。 全員が降りるのなら話は簡単だが、降りる人と降りずに東京駅方面に向かう人とが混乗させられているので、降りる人は降りない人をかき分けて降りる/降りない人は押し出されないように抵抗する。 卵が先か鶏が先か…。 降りる人の人数が多いにも拘らず階段の数が限られるので 列車を長くしたのならホーム延伸だけでなく階段も増やすべし!と言いたくなるが、赤字国鉄にそんなこと言っても無理…。 朝なんか次の電車が来るまでにホームの人が捌け切らず ホームに人がどんどん人が溜まり・・・となって、乗降に時間がかかるのを益々助長しているのも想像に難しくない。 が、そのためには、かなりの設備投資 緩行線の錦糸町~秋葉原3. 4kmの複々線化とか が必要になるが、最悪レベルの満員電車解消のためだからこれくらいの投資はすべき…という方向に持っていくように東京都知事が頑張るべきであったであろう。 伝統壊しさま、コメントありがとうございます。 1 加速度について 現在のE217系の起動加速度が2. 朝ラッシュ時の運転間隔は 総武線快速の場合は 錦糸町で決定されるように思えます。 前の電車が駅から離れる時間 は等加速度直線運動で説明できましょう。 物理学の教えるところによると、この時間は加速度の逆数の平方根に比例します。 現在のE217系の起動加速度は2. E235系では3. 仮に先行電車の最後尾がホームを外れるまで後続電車が入線できないとすると、300m離れる必要があります。 E217系だと32. 8秒かかります。 一方、E235系だと26. 8秒です。 つまり、運転間隔が6秒短縮できます。 この数字は馬鹿にはできません。 2 列車種別について 通勤快速をご提案されていますが、現在の通勤快速は空いています。 それを踏まえて、市川追い抜きを提案されたのでしょうか。 机上の案では全体の本数を増やせますが、錦糸町に停車する残りの快速の停車時間がかさみ、かえって逆効果になるリスクもあります。 やるとしたら、船橋から馬喰町までノンストップの通勤特快 種別名は何でも良いです を設定し、快速を市川で追い抜く程度でしょう。 全体の本数確保のために、ラッシュピーク時に運転するかどうかでしょう。 いずれにせよ、このような種別の導入は慎重に考えるべきでしょう。 3 増発ぶんの行き場 総武線快速の増加を緩行線に流すことを提案されています。 しかし、これにはかなりのコストがかかることは容易に想像できます。 総武線各駅停車は日本でも有数の混雑路線です。 この混雑緩和にも良いでしょう。 ただし、どうせ錦糸町から秋葉原まで線路を増やすのであれば、毎時6本などけち臭いことをいわずに、もっと本数を確保したいものですよね。 ただし、このような線増はコストが莫大にかかるうえに、ネットワーク性は向上しません。 このような費用があるのであれば、東京23区の外縁を通る環状線を建設し、23区外側と23区外側の流動が都心を通らないようにするほうが得策かもしれません。

次の

中央・総武緩行線

総武線 混雑

A ベストアンサー 通勤で総武快速線を利用しています。 仕事のシフトの関係で月6日程度は丁度9時頃錦糸町を通る電車を利用しています。 何時も他の車両と比べると比較的空いている最も千葉寄り(最後尾ですね)に乗ってます。 他の方も書いていらっしゃいますが、最混雑時は外していますのでラッシュ時と比較すると空いてはいますが、ガラガラという意味ではなく、他の方と触れるか触れないかと言うレベルでして、そういう意味では混んでます。 総武快速の最混雑区間は新小岩~錦糸町でして、錦糸町でかなりの方が降りるので空く一方になりますが、錦糸町からだとまだ混んでるんですよね。 ベビーカーは乗れると思いますけど、結構しんどいかもです。 乗るのであれば先頭か最後尾の方の車両に乗ってください。 他の車両は9時でも相当混んでいるはずです。 先頭か最後尾の車両に確か車椅子の方用にスペースがあり、そこだけ広くなってますので狙い目と思います。 場所は電車が連結されている方の扉です。 総武各駅ですが、快速からの見た目では快速より混んでいる印象が強いです。 錦糸町~両国が最混雑区間(錦糸町より快速からの乗換えが発生する為)なのでそうなのだと思います。 秋葉原の乗り換えもネックですし、山手線・京浜東北線もこの時間ではまだ混雑してるので、個人的には選択肢に入れないほうが良いかと思います。 快速は9時を過ぎると少しずつ空いてきます。 10時以降であれば乗れると思いますよ。 ただ、快速は各駅に比べると本数が少ない事もあってか電車によってやや混む傾向があるので注意が必要ですかね。 通勤で総武快速線を利用しています。 仕事のシフトの関係で月6日程度は丁度9時頃錦糸町を通る電車を利用しています。 何時も他の車両と比べると比較的空いている最も千葉寄り(最後尾ですね)に乗ってます。 他の方も書いていらっしゃいますが、最混雑時は外していますのでラッシュ時と比較すると空いてはいますが、ガラガラという意味ではなく、他の方と触れるか触れないかと言うレベルでして、そういう意味では混んでます。 総武快速の最混雑区間は新小岩~錦糸町でして、錦糸町でかなりの方が降りるので空... Q こんにちは。 8月に新幹線で出かける為、船橋駅~東京駅まで総武線快速に乗ります。 普通の平日の朝です。 (お盆期間中ではないです) 小さな子供が二人いるのと荷物があるので、ラッシュの時間帯を避けたいのです。 新幹線が午前7時30頃なので、6時台の乗車になりますが、6時台でももう混雑していますか? 早く到着する分には問題ないので、最低何時ごろまでの電車に乗らないと危険か教えてください。 もしくは、西船橋からの京葉線でもいいです。 なるべく空いてるほうが良いので。 私自身、通勤のとき8時頃に乗車していて、その時間押しつぶされたイメージしかないので、もっと早い時間の状況をご存知の方、アドバイスお願いします。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 通勤に総武線快速を使用しています。 船橋からお仕事のシフトの関係でたまにですが平日6:28発船橋発の電車を使用しています。 この電車で座れる事はありません。 他の方も書いていますが、6時前後となると座れる可能性が無いわけではないのですが、この時間帯は総武線快速の本数が少ない(ラッシュ時は3分位の間隔なのですが、6時台は約10分間隔、5時台は2本しかない)事もあって、空いていますけど大体席は埋まっています。 可能性を探るのであれば ・グリーン車 ・空いている車両。 一番前か一番後ろ を狙うしかないでしょうね。 今までの経験からすると月曜日の朝が一番混んでいますので、一回乗ってみてそれを基準にされると良いかも知れませんね。 その時間帯ですと総武線各駅が本数が多くて座れる電車もある(どの電車とうのはすみません、わからないのですが)ようですし、秋葉原経由で品川に行くという経路も入ってくると思います。 ただ、快速より時間は掛かりますし、秋葉原から先(山手・京浜東北)座れるかどうかはわかりませんけどね。 A ベストアンサー 1. 総武線(快速)は、内房線、外房線から都心方面へ直通する電車も通ります。 千葉駅に着いたときにはかなり入れ替えがあると思いますが、ホームで待っている方にはチャンスは少ないでしょう。 ただし、千葉からは始発も出ていますので、二本くらい見送れば座れる可能性はあります。 さらに、途中の津田沼からも始発があります。 2. 千葉から総武線(快速)に乗ると、錦糸町の先は地下にはいり、東京駅地下ホームに着きます。 ここから新宿方面へ向かうには、地下から地上に出て、さらに中央線の高いホームへ乗り換える必要があります。 この乗り換えと、錦糸町で隣のホームへ階段で移動する乗り換えのどちらが便利かという判断になりますが、たいていの方は錦糸町乗り換えを選択するようです。 千葉から新宿へ直通する電車もあります。 これは、総武線各駅停車と呼ばれる電車です。 こちらは、内房・外房からの直通電車はありません。 快速の隣の線路を走っています。 津田沼からの始発電車もありますが、他はすべて千葉始発ですので、ほぼ座れます。 千葉~錦糸町の同じ区間で比べると、快速の方が15分くらい早いです。 早いかわりに、新宿方面に行くためには必ず乗り換えがあります。 1. 総武線(快速)は、内房線、外房線から都心方面へ直通する電車も通ります。 千葉駅に着いたときにはかなり入れ替えがあると思いますが、ホームで待っている方にはチャンスは少ないでしょう。 ただし、千葉からは始発も出ていますので、二本くらい見送れば座れる可能性はあります。 さらに、途中の津田沼からも始発があります。 2. 千葉から総武線(快速)に乗ると、錦糸町の先は地下にはいり、東京駅地下ホームに着きます。 ここから新宿方面へ向かうには、地下から地上に出て、さらに中央線の高いホー...

次の