エタノール エチルアルコール 違い。 【新型コロナ消毒】エタノールとアルコールは違うの? 次亜塩素酸水の有効性に対する政府側の中間結果報告

News Up 消毒用アルコール ひと文字違いが命取り

エタノール エチルアルコール 違い

高熱・下痢・嘔吐などのとてもつらい症状をともなうウイルスや細菌による感染症。 これらの恐怖に脅かされないためには、日常生活における除菌が重要となります。 除菌剤というとアルコールを真っ先に思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?確かにアルコールも有効な除菌効果を持つアイテムですが、強い除菌力を誇る物質はほかにもあることをご存知でしょうか? 今回は、除菌剤として近年広まってきている『次亜塩素酸水』とアルコールを比べてみます。 果たして除菌力が高いのはどちらなのか?ご家庭で取り入れる除菌剤選びにぜひお役立てください。 除菌性能の違い まずは、アルコールと次亜塩素酸水が細菌などに対してどのように作用するのかについてご説明します。 アルコールの除菌メカニズム アルコールは、下記の3つの作用を起こすことで細菌やウイルスを殺菌します。 脱脂作用によって細胞膜を溶かす• タンパク質の構造を変える作用で細菌やウイルスの機能を低下させる• 強力な揮発性によって細胞の水分などと一緒に蒸発する脱水作用 しかし、アルコールが持つこれらの強力な除菌作用をもってしても死滅させられない菌がいます。 『芽胞』と呼ばれる強固な細胞構造を持つ細菌で、具体的には炭疽菌・セレウス菌・破傷風菌・ボツリヌス菌などです。 馴染みの深い納豆菌も、実は芽胞菌の一種です。 納豆には優れた整腸作用があることはご存知の方も多いと思いますが、これは強酸性である胃液ですら納豆菌を殺すことができないことを示しています。 少し話が脱線しましたが、芽胞菌とはそれほど生命力の強い菌だということです。 一方ウイルスについてですが、ウイルスのなかでも『エンベローブ』という脂質の膜を持つものはアルコールの脱脂作用で殺菌できますが、ノロウイルスなどのエンベローブを持たずとも生きられるものに対する効果はあまり期待できません。 次亜塩素酸水の除菌メカニズム 次亜塩素酸水の除菌効果は、下記の2つの化学反応によります。 酸化反応• 塩素化反応 次亜塩素酸水の除菌効果は次亜塩素酸 HClO のはたらきによるものです。 次亜塩素酸はとても不安定な物質なので、タンパク質などの有機物に触れると酸素や塩素を渡して安定な物質になろうとします。 細菌やウイルスからすると、要らないものを無理やり押し付けられて死滅させられてしまうこととなります。 この次亜塩素酸の不要物押し付け能力はとても強力で、エタノールでは効果のない芽胞菌やノロウイルスでも死滅させられます。 取り扱いやすさ 除菌性能については、次亜塩素酸水に軍配が上がりました。 しかし、実際に使う時の使い勝手のよさも、アルコールと次亜塩素酸水のどちらを選ぶかを考える重要な要素でしょう。 そこで次に、それぞれの取り扱い上の注意点を見ていきましょう。 アルコール使用上の注意点 アルコールを購入・使用する際には、下記のことに注意が必要となります。 種類 アルコールは濃度によって消毒用アルコール 消毒用エタノール ・無水アルコール 無水エタノール などと複数の種類があります。 除菌効果を期待できるのは消毒用アルコールです。 濃度が最も高い無水アルコールの場合は、すぐに揮発されてしまうので家のお掃除には適しません。 水気を嫌う機械類のお掃除には効果的です。 火気厳禁 アルコールには引火性があるので、火の気のある場所では使用しないでください。 合成ゴム・樹脂には使用しない 合成ゴムや合成樹脂製品は、アルコールによって変質してしまうことがあります。 眼や粘膜にかからないようにする アルコールは刺激が強いので、眼や粘膜にかからないよう注意が必要です。 肌荒れ 刺激に敏感な方の場合、アルコールで肌が荒れてしまうことがあります。 次亜塩素酸水を使用する際の注意点 アルコールには引火性などの危険な特性がありますが、一方の次亜塩素酸水ではどうでしょうか? 次亜塩素酸水の使用上の注意点を見ていきましょう。 使用期限が短い 次亜塩素酸水は不安定な物質なので、長期間保存し続けることができません。 特に紫外線や高温を嫌いますので、冷暗所での保管をおすすめします。 目的以外のものにも反応してしまう 不安定な物質である次亜塩素酸水は汚れなどにも反応しやすいため、除菌したいものをある程度きれいにしてから使わなければなりません。 塩素ガス発生の危険 塩酸と混ぜると有毒な塩素ガスが発生します。 トイレ掃除用の酸性洗剤の中には塩酸が使用されているものもありますのでお気を付けください。 金属を腐食させる 高濃度の次亜塩素酸水や、原材料に塩酸と記載のあるものは金属を錆びさせやすい性質があります。 使用後の水拭きなどで対策をすると良いでしょう。 長期保管すると強い酸性に傾く 生成に塩酸を使用している場合 原材料に塩酸の記載がある次亜塩素酸水は、長く放置していると強酸性になってしまいかねません。 塩酸ではなく炭酸を使用しているものを選ぶことをおすすめします。 結局のところ使いやすいのはどちらか? 引火性や皮膚への影響など、気を付けなければならないことが多いのはアルコールのほうでしょう。 次亜塩素酸水は肌荒れの危険はなく、金属以外であれば気を遣うことなく使用できます。 さらに刺激が少ないためペット用品へも使用できます。 保管についてはアルコールのほうが楽ですが、塩酸が使われていない次亜塩素酸水ならばそれほど気を遣う必要もないでしょう。 まとめ 今回は、アルコールと次亜塩素酸水の除菌効果についてご説明しました。 アルコールでは効果のないノロウイルスや芽胞菌まで除菌できるなど、次亜塩素酸水はとても除菌効果の高い物質です。 一方で、次亜塩素酸水は人体への安全性もアルコールより高いことがおわかりいただけたかと思います。 皮膚にふれても問題ない上、低濃度であれば多少誤飲しても害はありません。 アルコールでは肌荒れを起こしてしまう方でも安心して使用できます。 次亜塩素酸水は長期保管できませんが、大掃除などで一気に使い切ってしまうか、毎日のお掃除に取り入れて頻繁に消費するような使い方がおすすめです。 ご家庭の除菌対策に次亜塩素酸水をぜひ一度試してみてはいかがでしょうか? サイト名:次亜塩素酸水購入比較ナビ 記事名: サイト名:なし PDFファイル 記事名: サイト名:とある内科レジデントの雑記帳 記事名: サイト名:5分で分かる!次亜塩素酸水 記事名: サイト名:おそうじ応援隊 記事名: サイト名:ミナカラ 記事名:•

次の

健栄製薬

エタノール エチルアルコール 違い

無水エタノールは、水分をほぼ含まない純度の高いエタノールのこと。 洗浄力が高く、あっという間に蒸発する性質を持っていることから、水拭きができない電気製品などの掃除に使われてきました。 刺激が強く、肌に直接つくと水分を奪ってしまう性質もあります。 アルコール濃度が高いため、消毒力もその分強いように思われがちですが、瞬時に蒸発してしまうため、逆に消毒には向いていません。 一方の消毒用エタノールは、無水エタノールよりはアルコール濃度が低い分その場に留まってアルコールの効果を発揮するため、その名の通り「消毒」に向いています。 インフルエンザウイルスなど、エタノールで不活性化できるウイルスの消毒()などに効果を発揮し、人の集まる公共機関や病院などでよく使われています。 肌に対する刺激も、無水エタノールよりは低くなっています。 消毒用に使うためだけなら、最初から最適な濃度に薄めてある消毒用エタノールがとても便利です。 しかし、それ以外の用途も考えているのなら、無水エタノールを選ぶのもアリかもしれません。 というのも、無水エタノールを1本手元に用意しておけば、必要に応じて精製水で薄めてすぐに消毒用エタノールも作れる()からです。 無水エタノールは、電気製品などの掃除だけでなく、これからコラムでご紹介する生活雑貨のお手入れや、カビや害虫対策などにも使える上に、水で薄めれば消毒用エタノールとしてウイルス対策やお掃除に大活躍します。 またアロマテラピーの世界でも、無水エタノールは精油を水に溶けやすくするための溶剤として良く使われています。

次の

アルコールフリー/ノンアルコールなのに「●●アルコール」の表記が!これはナゼ?

エタノール エチルアルコール 違い

エタノールとアルコールの根本的な違いとは? アルコールには3つの種類があります。 主に燃料に使われることが多いメタノール、強力な消毒剤等に使われるイソプロパノール、そしてエタノールです。 エタノールの正式名称はエチルアルコールで、主にお酒や消毒に使用されており、アルコールの中でも低分子のため、化学や産業の領域で幅広く使われているオールマイティな物質です。 つまり、「エタノールとはアルコールのひとつの種類である」ということですね。 エタノールとアルコールは別物であり同じものでもありますので、正しく覚えておきましょう。 ちなみにメタノールは毒物劇物取締法で劇物と定められている物質です。 エタノールと名前が似ているため、成分や作用も似たようなものだと勘違いされやすいですがこれらは全く違うもの! メタノールは、少量であれば人体への安全性が確立されているエタノールとは違い、純粋なものなら30~100mlで死に至ります。 神経に作用するために、これ以下の量であっても失明や嘔吐を引き起こす可能性は充分にあります。 酒税がかからず安価ですが、取り扱いには注意してくださいね。 アルコールの一種であるエタノール。 その中でも細かい分類がある 特に消毒用のイメージが強いエタノールですが、実はわたしたちの生活の様々な場面で使われています。 アルコール(エタノール)には大きく分けて3つの用途があります。 お酒等の「飲用」と、なにかを燃やしたり動かしたりするための「燃料用」、そして「工業用」ですね。 工業用アルコールというと、なんだか工場で使われているようなイメージがあって「燃料用とどんな違いがあるんだろう」と思いませんか? 実は工業アルコールには発酵アルコールと合成アルコールという、原料によって分類が異なるものが存在します。 工業用アルコールのうち、天然の原料から作り、みりんや加工食品の防腐剤である「発酵アルコール」、シャンプーや医薬品、塗料等に使用することを前提として人工的に作られたものは合成アルコールと呼ばれています。 ちなみに、消毒用エタノールは工業用アルコールであり「発酵アルコール」で、原料はサトウキビや糖質です。 多少舐めたりしても大丈夫なもので作られているので、手指の消毒などにも使える、というわけです。 エタノールアレルギーとアルコールアレルギーの違い お酒に極端に弱い。 一口飲んだだけで顔が赤くなって、気持ち悪くなる。 そんな人は、もしかしたらアルコールアレルギーかも知れません。 アルコールは時によって、アレルギー症状を引き起こすことがあります。 一般的にアルコールアレルギーと言われているのは、お酒に対するアレルギー症状です。 アルコールが体内で分解された際にできる物質アセトアルデヒドに対する分解酵素がない、もしくは非常に少ない人に起こる反応のことで、下痢や嘔吐、場合によっては命に関わることもある症状がでるのが特徴です。 しかし、お酒を飲めない体質であっても、お酒にのみ反応する場合は必ずしも「アルコールアレルギーである」とはいえません。 なぜならアルコールは、エタノールやメタノール・イソパノール等の総称だからです。 お酒はダメだけど、消毒液は使っても全然平気。 それは厳密に言えばアルコールアレルギーと違い「お酒アレルギー」と言えます。 またアルコールのうち、エタノールにのみ反応する人もいます。 エタノールアレルギーは消毒液使用時の発疹や赤み、化粧品による肌荒れ等といった症状がでて発覚します。 こすったことによる刺激や製品に含まれるエタノール以外の成分への反応によるものなのかが判断しづらく、またお酒アレルギーよりも認知度が低いアレルギーのため、症状の程度によっては見過ごされやすいアレルギーです。 消毒用エタノールは飲めるのか?お酒としてのアルコールとの違い ところで消毒用エタノールはお酒の代わりとして飲むことは可能なのでしょうか? 厳密にいうと消毒用エタノールは飲むことができます。 そして酔っぱらうこともできます。 しかし、飲めば胃や気管は荒れ、確実に体に悪影響を及ぼしてしまいます。 先ほど説明したように、エタノールは原料によって「合成アルコール」と「発酵アルコール」に分けられており、消毒用のアルコールは、そもそも飲料用としての想定がされていません。 が、その原料は糖質やでんぷんなどであり、実はお酒と同じ「発酵アルコール」です。 そのため、基本的には少量なら口にしても問題はありません。 実際手指の消毒に使われるくらいですからね。 比較的安全性は高い商品といえるでしょう。 しかし、お酒の代わりとして酔っぱらう目的で意図的に飲用するのは大変危険! 製品によっては、体に摂り込むことによって中毒を起こし、最悪の場合死に至るメタノールやイソプロパノールという成分を含んでいることがあります。 お酒としてのアルコールとの違いはここですね。 消毒用アルコールは原料こそお酒と同じですが、消毒効果などを高めるために製造過程で様々なものが添加されています。 絶対に興味本位で飲んだりしないでくださいね。 ちなみに「合成アルコール」はシャンプーや塗料のために、石油などの化学工業原料から作られたものですので、もちろんこちらも飲まないようにしてください。 消毒用なのに酒税がかかってる?エタノールが高い理由 エタノールには酒税という税金がかかっています。 これは明治時代に作られた「酒税法」という法律に乗っ取り、現在でも行われているもので、アルコール分が1度以上(アルコール濃度1%)以上の飲料にかかります。 消毒用エタノールは飲用ではありませんが、サトウキビや糖質など天然の全材料で作られており、製造方法によっては飲用にもなり得る「発酵アルコール」のため、法律上は「飲用」とされる製品です。 そのため、酒税のかかった消毒用エタノールが存在する、というわけなのです。 税額は原料や製造方法等によってそれぞれ異なっており、エタノールの場合は500mlあたり約500円加算されます。 また、消毒用アルコールの中でも含まれる成分によっては「飲用のお酒」として見なされず、酒税がかからないものも存在します。 つまり、消毒用エタノールが製品によって値段に違いがある理由は「酒税がかかっているものとそうでないものがある」からなのですね。 ちなみに酒税はみりんにもかかっています。 多くの家庭にある調味料が、法律上は「酒」と見なされているなんて、なんだか不思議ですね。 お酒で消毒は可能?アルコール濃度と消毒効果について 消毒用のエタノールと飲用のアルコールの違いについては分かりました。 では、お酒で消毒はできるのでしょうか? 一般的に、アルコールを使用して消毒をする際の適切な濃度は70%前後と言われています。 これより低すぎる場合はもちろん、高すぎても良い消毒効果は望めません。 例えば、ポーランドのお酒であるウォッカ・スピリタス。 このお酒のアルコール度数はなんと約96%! なんだかかなり消毒・殺菌作用がありそうですが、実はそうでもありません。。 アニメなんかでこのお酒を使って傷を消毒するシーンがありますが、実際に使ってみると非常にしみて、かつかなりの痛みを伴うため出血が増えたりする可能性があります。 このようにアルコールの濃度と消毒効果は比例しないため、やむを得ない場合以外はやはりお酒はお酒として楽しむのがベストでしょう。 ちなみに消毒用エタノールの濃度は70~80%です。 さすが、「消毒用」というだけありますよね。 アルコールは色々な場面で使われている万能な物質! いかがでしたか? 今回はエタノールとアルコールについて説明しました。 それぞれの違いについて、普段は特に意識していなかった人も多いのではないでしょうか? アルコールは様々な製品として活躍しています。 あなたの身近なものにもきっと、アルコールは使われていますよ。 ぜひ1度、確認してみてくださいね!•

次の