ご連絡いただく。 「ご連絡ください」は間違い?連絡をお願いする際の敬語と例文集

ことばのレシピ 敬語実践の巻 「〜いただく」と「〜くださる」

ご連絡いただく

言葉の定義と使い方をおさらい クライアントやお客様、上司などから連絡をもらった場合、よく使われるお礼の言葉として「ご連絡ありがとうございます」が知られています。 ビジネスメールや電話など、連絡手段を問わず利用できる便利な敬語表現です。 例えば、都合が良いタイミングで連絡をいただけるようにお願いしていた取引先の担当者から、実際に電話連絡を受けたときなどに使います。 電話や返信メールの冒頭で、自分の名前を名乗ったあとに「ご連絡ありがとうございます」と続けるスタイルが一般的です。 同様の意味を持つ表現として、「ご連絡いただきありがとうございます」や「ご連絡下さいましてありがとうございます」があり、代わりに利用することも可能です。 なお、さらに相手に対する敬意を表現するために、連絡をいただいたことに対するお礼の言葉を最後に添える場合もあります。 そのようなときには、「ご連絡ありがとうございました」といった過去形を用いるのが通例です。 会話やメールの最後をスマートな印象で締めくくることができるので重宝されています。 ビジネスメール等で使いやすい変化形 ビジネス上のメールや電話をやりとりする中で、「ご連絡ありがとうございます」を多少変化させた表現もよく使われています。 なぜならば、そのときの状況やタイミングなどに合わせて的確な言葉を付け加えることで、より気持ちが込められた敬語表現が完成するからです。 一般的な例として、以下のようなケースがよく見られますので、例文とともに確認していきましょう。 例文1:「お忙しい中ご連絡いただきまして、誠にありがとうございました」および「お忙しい中ご連絡ありがとうございます」 連絡を取りたい相手が頻繁に離席や外出をしており、とても忙しいことが推測される場合などに使用します。 相手の方が貴重な時間を割いてくれたことに対して、感謝の気持ちが強く伝えられる表現です。 例文2:「早速のご連絡、ありがとうございます」および「迅速なご連絡、ありがとうございます」 相手からの返信や回答が早くもらえたら助かるといった状況の中で、すぐに折り返しの電話や返信メールをもらったときに使用します。 例文3:「早朝にもかかわらず、ご連絡ありがとうございます」 勤務時間外に対応いただいたと予想されるときに使用します。 敬語「ご連絡」を正しく使うコツ 敬語表現を使っているときに、「ご連絡」か「連絡」か、いずれが正しい表現か判断しかねることはありませんか。 最も判断に迷いやすいケースは、自分が相手に対して連絡する場合に、接頭辞「ご」を付けて「ご連絡」とするか否かという点です。 以下、敬語表現「ご連絡」に関係する論点を整理していきます。 前章まででご紹介したとおり、相手から連絡をいただいたときにお礼を言う場合には、「ご連絡ありがとうございます」という表現で正解となります。 一方、その反対のケースで、自分から相手に連絡する場合はどうでしょうか。 例えば、取引先の担当者に対して、分かり次第速やかに連絡をする約束をしたと仮定します。 その際、自分が発する言葉としては、「分かり次第、速やかにご連絡いたします」とするのが正しい表現とされています。 ここで「連絡」ではなく「ご連絡」とする理由は、自分からの連絡を受ける相手側に対して敬意を表す必要があるからです。 つまり、連絡をする側か受ける側かにかかわらず、敬語表現を使う場合には、「ご連絡」を使用するのが基本だと覚えておけば問題ありません。 重宝する!「ご連絡」を含む定番表現 ビジネスマナーとして、定番の敬語表現をできるだけたくさん知っておくことも大切です。 「ご連絡ありがとうございます」以外にも、仕事上よく使われる「ご連絡」に関連する定番の言い回しを例文で紹介します。 例文1:「後ほどご連絡申し上げます」 自分から相手に対して、連絡を約束する謙譲表現です。 例文2:「ご連絡いただければ幸いです」 相手から自分に対して、返事や回答をお願いする柔らかい表現です。 例文3:「お手すきの際に、ご連絡いただけますようお願い申し上げます」 忙しい相手に対して、「都合が付くときに連絡してほしい」という意向を伝える丁寧な表現です。 例文4:「ご連絡が遅くなり、申し訳ございません」 上司やお客様などに対して、当初の予定よりも連絡するタイミングが遅れた場合に使うお詫びの表現です。 まとめ 状況に合わせて、上記で紹介した「ご連絡ありがとうございます」のバリエーションを使いこなすことで、相手に対して好印象を与えることができます。 気の利いたお礼の言葉をタイミング良く伝えられるよう、普段から使い慣れておくことも大切ですね。

次の

「~くださいまして」と「~いただきまして」はどう違う?|日本語・日本語教師|アルク

ご連絡いただく

三つの質問に答える前、確認しておくことがあります。 毎回引用するので恐縮ですが、下記のサイトの「敬語の指針」をご覧ください。 特にその40ページに「ご利用下さる」(尊敬語)と「ご利用いただく」(謙譲語)とはどちらも適切な敬語である、と述べています。 ただ、「いただく」は話し手の側の行為なので「ご利用いただく」は不適切だと考える人もあると断っています。 この点は頭において下さい。 ひとまず、この「敬語の指針」の立場で説明します。 さらに30ページで「二重敬語」について説明しています。 さて、質問に答えましょう。 1.「ご参加いただけます。 」と「ご参加になれます。 」のどちらの方が正しい表現ですか。 尊敬の言い方にはいくつかの形が存在します。 (24ページ参照) 「ご参加になる」「ご参加下さる」はどちらも尊敬の言い方です。 (それ以外はここでは省略)したがって、「ご参加になる」と「ご参加下さる」が同じなら、正しい言い方ですし、「ご参加いただく」も正しい言い方になります。 さて、質問文は「いただきます」「になります」ではなく「いただけます」「になれます」になっていることに注意して下さい。 これは「なる」が可能動詞「なれる」に、「いただく」が可能動詞「いただける」になって「できる」の意味が加わっています。 話がややこしくなって申しわけありませんが、「どちらも正しい」というのが回答です。 2.次の文章の正誤判定をしてください。 「参加してもらうことができます。 」という文章を敬語表現に改めると、「ご参加いただけます。 」になる。 「ます」も敬語の一つ(丁寧語)ですが、それを問題にしなければ「正しい」といえます。 3.「解説を付してもらえると有り難いです。 」という一文を敬語表現に改めたいです。 「解説を付していただけるとありがたいです」 「解説を付して下さるとありがたいです。 」 どちらが正しいですか。 或いは、両方とも間違っていますか。 一応、「どちらも正しい」でしょう。 ただ「いただける」は先ほど言ったように「いただく」の可能動詞ですから、「いただく」とした方がよりよいでしょう。 (2.と同様「です」も丁寧語で敬語) ご回答くださり、有難うございます。 いただいたご回答は非常に詳細で、かつ分かりやすいと感じました。 今後とも宜しくお願い致します。 >「いただける」は先ほど言ったように「いただく」の可能動詞ですから、「いただく」とした方がよりよいでしょう。 「解説を付してもらえると有り難いです。 」に対応する敬語表現としては、「解説を付していただくとありがたいです」が適切なのですね。 但し、あまり聞きなれない表現ですから(私が敬語に鈍感なだけかもしれませんが・・・)、この場合は「解説を付して下さるとありがたいです。 」を用いたほうがよさそうですね。 「解説を付してもらうことができれば(もらえれば)ありがたいです」に対応する敬語表現については、「解説を付していただけるとありがたいです」という表現が適当だと言えるという認識で、間違いないですよね。 Q こんにちは。 ある方にお礼状を書きます。 その中で、連絡が迅速だったことに対しての御礼の一文を入れたいです。 」 です。 でも違和感が…。 「ご連絡をする」は謙譲表現ですよね。 そこにプラス「いただく」とするのはおかしいような気がします。 どうでしょうか? 他に候補として思い浮かんだのは 「迅速にご連絡いただき」 「迅速な(に)ご連絡をいただき」 「迅速にご連絡くださり」 「迅速な(に)ご連絡をくださり」 です。 過去ログで「くださる」と「いただく」の違いも見たのですが、いまいちわかりません。 どう書けばいいでしょうか? A ベストアンサー 二重敬語という言葉をご存知でしょうか? 一つの文の中で、一つの対象物に対して用いる敬語は一つでよい、というものです。 」の場合ですと、『ご連絡』と『いただき』が敬語に当たります。 ここはどちらか一つで良いのです。 で、次にどちらの敬語を残すか?が問題となってきます。 名詞の頭に「お」や「ご」は付けないのが、本来の敬語の在り方です。 」とするのが、作法にかなった敬語表現となります。 」くらいの簡潔な表現が好みです。 ただし、すでにテレビのアナウンサーや新聞、雑誌でさえ、二重敬語が当たり前のように使われるようになってきました。 (特に皇室報道では、三重敬語、四重敬語が頻出しています) 正しい敬語がすでに死語となりつつありますので、使うのは今のうちかもしれません。 A ベストアンサー 私なりの考え方を述べさせていただきます。 まず「いただけますよう」と「いただきますよう」ですが、主体の違いによるだけで、結局どちらでも良いと思います。 「いただけますか?」と「いただきますか?」というフレーズを考えてみてください。 つまり自分に対して「相手にしてもらおうかどうか」を尋ねています。 ここで最初のご質問に目を移しましょう。 言っている事は同じですし、どちらも間違いとは思いません。 次に「お伺いいたします」ですが、確かに2重敬語です。 ただおっしゃる通り現在ではごく普通に使われる表現で、違和感は感じません。 私の考えでは正しい日本語としても良いと思います。 ただし「とんでもございません」は不自然です。 これは2重敬語でもなんでもなく、明らかに誤った語法です。 「とんでもない」という言葉の「ない」は「有る無し」の「無い」とは全く関係無いのでその一部を取って「ございません」とはできません。 「あぶない」を「あぶございません」とか、「ゆるせない」を「ゆるせございません」と言えないのと全く同じ理屈で、不自然極まりない表現です。 2重敬語の「お伺いいたします」の問題とは全く関連のない引き合いだと思いました。 私なりの考え方を述べさせていただきます。 まず「いただけますよう」と「いただきますよう」ですが、主体の違いによるだけで、結局どちらでも良いと思います。 「いただけますか?」と「いただきますか?」というフレーズを考えてみてください。 A ベストアンサー 「いただく」は謙譲語です。 尊敬語ではありません。 「理解する」の場合は、 「ご理解いただく」 「理解していただく」 は正しい用法で、 「ご理解していただく」 は誤用です。 「ご理解いただく」は「ご理解をいただく」の省略形と考えます。 その「ご理解」は相手方の行為を表す尊敬語。 それに「いただく」という謙譲語を用いたもので、正しい用法です。 また「~していただく」は、「理解して」には敬語が使われていません。 普通の言い方です。 それに「いただく」という謙譲語を付けた言い方です。 敬度は落ちますが、間違った言い方というわけではありません。 それに対し 「ご理解していただく」の場合は、 「ご~する」の形が謙譲語にあたります。 その「~」に入る「理解」は相手方の行為です。 つまり、相手の行為を表すのに(尊敬語を使うべきところなのに)謙譲語を使ってしまっているということです。 「敬語」(菊地康人 講談社学術文庫)ほかを参考にしました。 Q 先日うちのお店に電話がありまして、社長が不在でしたので、「もしよろしければ伝言を(社長に)お伝えしておきますが」と先方さんに言ったのです。 そうしたら傍らで聞いていたうちの母が「身内のことなのに『お伝えする』」はおかしいといわれました。 そこで質問です。 私は「お伝えする」が身内のことだとは思えなくて、むしろ先方さんの大事な「伝言」を丁寧に扱う為にそれを「お伝えする」というニュアンスで今までずっと考えていたのですが、この場合やはり「お伝えする」ではおかしいのでしょうか? 先方さんに向って伝える客体がうちの社長だからといって「それでは伝えておきますので」というのはなんかそっけないような違和感を憶えてならないんです。 「それではそのように社長には伝えておきますので」というしかないんでしょうか? どなたか有識者の方よろしかったら教えてください。

次の

「いただく」「頂く」「戴く」の意味と違いと正しい使い方・分け方

ご連絡いただく

正しい敬語?「ご連絡させていただく」の意味 相手から許可がないと「させていただく」は使えない 「させていただく」は、使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 「させていただく」は、 「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 「させていただく」という表現について、文化庁は「基本的に他者の許可を得た上で、自分が行うことについて、その恩恵を受けることに対して敬意を払っている場合」に使うのが適切であるとしています。 要するに「させていただく」は、 ・相手や第三者の許可を受けて行う場合 ・それを行うことで恩恵を受けるという事実がある場合 の2つの条件を満たすときに使用するのが正しい使い方になります。 「させていただく」は、 「図々しくて申し訳ないが、相手が許可してくれたから〜する」という意味合いになり、主な例としては、「スケジュールを変更させていただく」「仕事を担当させていただく」と使います。 つまり、 相手に自分が連絡することに対して許可を得ていない場合は「ご連絡させていただく」は使えません。 許可があっても「ご連絡させていただく」は二重敬語 二重敬語とは、同じ種類の敬語が二つ以上含まれた表現のことです。 敬語には3つの種類があります。 「ご連絡させていただく」は、 「ご」=謙譲語 「させて」=敬語ではない「する」の使役形 「いただく」=「もらう」の謙譲語 で成り立っています。 「ご連絡させていただく」は謙譲語が2つ含まれているため、 二重敬語になります。 二重敬語は、相手に失礼な印象を与えたり、慇懃無礼と思われる可能性があるので使用する際は注意しましょう。 「連絡する」の正しい敬語表現 「ご連絡させていただく」は敬語として不適切な表現であることがわかりました。 では「連絡する」の正しい敬語表現はどうなるのでしょうか? ご連絡します 「ご連絡します」はビジネスシーンでも頻繁に使われます。 「ご連絡します」の「ご」は謙譲語で、「ます」は丁寧語のため、正しい表現になります。 「連絡します」は主にメールや電話で使うことのできる表現です。 「連絡します」の前に 「改めて」「追って」などをつけるとより丁寧な表現になります。 ・検査の結果が分かり次第ご連絡しますので、しばらくお待ちください。 ・その件に関しては、こちらから追ってご連絡します。 ・本日のミーティングの件は、社内で検討を行ったのち、改めてご連絡します。 何卒お願い申し上げます。 連絡いたします 「いたします」は、 「する」の謙譲語「いたす」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「連絡いたします」は非常に丁寧でビジネスシーンに適している表現になります。 「いたします」は、一般的に相手への敬意を払い「〜します」「〜させてもらいます」と自ら率先して相手のために何かをする、という意味合いで使います。 ただ「連絡いたします」に謙譲を表す「ご」をつけて、「ご連絡いたします」とすると二重敬語になってしまうので気をつけましょう。 例文 ・お世話になっております。 ・先日の打ち合わせの件でお伺いしたいことがあり、連絡いたしました。 ・連絡いたしました納期の件、その後いかがでしょうか。 ・来週の歓迎会の件で、連絡いたします。 ・来月度の会議の詳細について連絡いたします。 連絡申し上げます 「申し上げます」は 「言う」の謙譲語「申し上げる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「連絡申し上げます」は、取引先の会社やお客様に対してなど目上の相手へ使い、主にお礼や謝罪をするときに使うことが多い表現です。 「連絡いたします」と同様に、「連絡申し上げます」に謙譲を表す「ご」をつけて、「ご連絡申し上げます」とすると二重敬語になってしまうので気をつけましょう。 ・不良品の代替については発送日の確認が取れ次第、改めて連絡申し上げます。 ・その件については一旦確認をしてから、折り返し連絡申し上げます。 連絡差し上げます 「差し上げます」は 「与える」の謙譲語「差し上げる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「連絡差し上げます」は正しい表現ですが、「差し上げる」が「与える」「やる」という意味のため、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 例えば、「今日は都合が悪いので、明日にまた連絡差し上げます」といったように自分の都合に合わせて使用してしまうと上から目線に感じてしまいます。 「連絡差し上げます」は、 相手の都合に配慮して連絡をする場合に使う表現です。 明らかに自分の都合で連絡をする場合に使うのは不適切になります。 「連絡差し上げます」は、相手にとってメリットがある場合にのみ使用するようにしましょう。 また「ご連絡差し上げます」だと二重敬語になってしまうので気をつけましょう。 例文 ・こちらの方で準備が整いましたら連絡差し上げます。 ・お調べしてから連絡差し上げますので、お名前とご連絡先をお願いいたします。 ・本日いただいた質問に関しては、回答をまとめ次第、こちらから連絡を差し上げますので、何卒よろしくお願いいたします。 「ご連絡」の言い換え表現との違い 「ご連絡」に似た言葉がたくさん存在します。 その中でも特に間違えやすい類似表現との違いについて紹介します。 お知らせ 「お知らせ」は、 「知らせること、またその内容・通知」という意味になります。 「お知らせ」と「ご連絡」はほぼ同じ意味ですが使い方に違いがあります。 「ご連絡」は口語でも書き言葉としても使える表現ですが、「お知らせ」は書き言葉として使われることがほとんどです。 例文 ・お手すきの際に、お知らせくださると幸いです。 ・年末年始の営業予定についてお知らせいたします。 ご報告 「報告」とは、 「ある任務を与えられたものが、その遂行の経過・結果について述べること。 また、その内容」を意味しています。 「ご報告」は、上司や先輩など目上の相手に対して使います。 「ご連絡」は今現在も進行している事項を伝えるときに使い、「ご報告」は完了した事項を伝えるときに使います。 「ご連絡」はあくまでも物事の内容を簡単に伝えることを意味していて、「ご報告」は、物事の展開や結果などを伝えることを意味しています。 ・今年度の業績について、ご報告いたします。 ご一報 「一報」とは、 「最初の知らせ」「簡単に知らせること」を意味しています。 「ご一報」は、取引先に資料を提出したときや、メールを出したときに、反応を知りたかったり、読んだか確認したい場合に「ご一報ください」と使います。 「ご一報」の前に、「大変恐れ入りますが」「大変恐縮ですが」といった言葉をつけると、より丁寧な表現になります。 「ご一報」と「ご連絡」の意味はほぼ同じです。 違いとしては、「ご連絡」は電話やメールで使うことができますが、「ご一報」はメールではなく電話で使うことが多いです。 例文 ・メールをご覧になられたら、ご一報いただけますでしょうか。 ・今週中までに、ご一報いただけると幸いです。 「ご連絡させていただく」の英語 「I'll be in touch. 」など 「連絡する」の英語は様々な表現が考えられます。 ・I'll be in touch. ・I'll contact you later. ・I'll e-mail you soon. ・I'll call you later. ・I'll contact you. などなど、たくさんあります。 「あとで返信します」は、 ・I'll get back to you. といいます。 職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

次の