ボンゴレ ビアンコ。 ロッソとビアンコの意味と違い!赤と白って?ボンゴレロッソ/ビアンコは?

【ボンゴレビアンコ】業務スーパーの冷凍殻付きあさりで簡単パスタ!

ボンゴレ ビアンコ

スパゲッティ・アッレ・ヴォンゴレ フルコース 発祥地 地域 関連 提供時温度 熱々 主な材料 ヴォンゴレ( vongole、 ボンゴレとも)は、などのを使った(本来は料理)のである。 の vongole は、本来はアサリ類・類などののを指すヴォンゴラ( vongola)の複数形で、料理のことはでは spaghetti alle vongole(ヴォンゴレスパゲッティ)などとよぶ。 種類 [ ] 代表的なものに名物の「スパゲッティ・アッレ・ヴォンゴレ」(spaghetti alle vongole)がある。 本場では産の( )や( )などが使用されるが、近年ではから移入されたアサリも多く利用され、日本でもアサリを用いるのが一般的であるが、どれもの二枚貝である。 を使ったヴォンゴレ・ロッソ(ロッソ=)と、使わないかクリーム仕立てのヴォンゴレ・ビアンコ(ビアンコ=)にわけられるが、を潰していない中間的な物も良く見られる。 基本的にのようにトマトピューレ等は使わず、フレッシュもしくは缶詰のトマトで作られる。 などのを使った「ヴォンゴレ・ヴェルデ」(ヴェルデ=)やを使った「ヴォンゴレ・ネロ」(ネロ=)を供する店も出てきている。 使用するパスタは、や、、等のロングパスタである。 なお、アサリ類の代わりに(ムール貝、ではコッツェcozze)を使用することも多くあり、アサリ類と混ぜることもある。 この場合ヴォンゴレとは言わずに「海の幸(フルッティ・ディ・マーレfrutti di mare)」と呼ぶ習わしである。 イタリアでは総じてムラサキイガイよりもアサリ類の方が高価として扱われる。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

【ボンゴレビアンコ】業務スーパーの冷凍殻付きあさりで簡単パスタ!

ボンゴレ ビアンコ

調理当日に購入を あさりは必ず鮮度のいいものを選びます。 できれば調理当日に購入してすぐに砂抜きし、その日のうちに使いましょう。 ボンゴレには、大きいあさりの方が食べやすいのでおすすめです。 あさりを2つ手に取って軽く叩き合わせ、高く澄んだ音がしたら生きている証拠。 死んだあさりは鈍い音がするので、それらは取り除きましょう。 1個でも死んだあさりが混ざると全体の味に影響するので、すべての貝を確認します。 そうすることで身をふっくらキープするのと同時に、殻などが割れて食べるときに口の中に入るのを防ぎます。 それでは、実際にレシピを見ていきましょう。 【決定版】シェフ直伝。 ボンゴレ・ビアンコの作り方 <材料>(1人分)• あさり(殻つき・)…200g• パスタ(スパゲッティーニ、1. 6mm)…80g• イタリアンパセリの葉(粗みじん切り)…5本• 白ワイン…30ml• オリーブオイル…30ml <作り方> 1. オイルがふつふつとしてきたらすぐに弱火に落とし、ときどきフライパンを揺すりながらオリーブオイルにじっくりにんにくの香りを移していきます。 「にんにくはみじん切りにせずそのままつぶしたものでも大丈夫ですが、みじん切りの方が風味が強くなります。 赤唐辛子は、辛いのが好きな方は最初から、苦手な方は後から加えるといいでしょう」 5分ほど熱したあとのにんにくオイル。 うっすらきつね色になるぐらいが目安です。 パスタを茹でる 鍋にたっぷりの湯を沸かしておき、にんにくを熱し終わったタイミングでパスタを茹で始めます。 「湯に対して1%の量の塩(材料外)を加え、しっかりとパスタに下味をつけます。 パスタを茹でる際の塩は、ミネラルの多い岩塩がおすすめです」 3. 「仕上げに加えることの多いイタリアンパセリですが、ハーブの香りをオイルに移すために、このタイミングで加えます。 ただし、焦げやすいのでさっと加熱するだけにとどめてください」 4. あさり、白ワインを加えて蒸し煮にする あさりと白ワインを加えて中火にし、ふたをして蒸し煮にします。 「あさりは短時間で一気に口を開かせた方がふっくら仕上がるので、火加減は中火程度にしましょう」 5. あさりの口が開き始めたら火を止める あさりの口が1、2個開いたら火を止め、ふたをしたまま余熱で全部の口が開くまで待ちます。 「加熱しすぎないことで、あさりの身が縮むのを防ぎます」 6. あさりを一度取り出す あさりの口が開いたらいったん取り出し、冷めないようにラップをかけておきます。 「殻つきのあさりをフライパンにいれたままの状態でパスタと和えると、殻が割れたり、あさりの身が飛び出したりすることがあります。 また、パスタソースが乳化しづらくもなるので、一度取り出しておきましょう」 7. パスタを加える パスタは表示時間の2分前にあげ、湯をきって 6のフライパンに加えます。 中火でときどき混ぜながらソースをからめます。 「あさりの汁を吸わせたいので、パスタはアルデンテの1歩手前で湯からあげるようにしましょう。 やや固めのパスタをあさりの汁で煮るイメージなので、絶えず混ぜる必要はありません。 6で取り出したあさりから汁が出てきたら、フライパンに戻し入れてください」 8. 水分量、塩味を調整する 水分が少なくなってきたら味見をして、塩気が十分なら水を、味が足りなければパスタの茹で汁を加えて調整します。 「あさりの状態によって塩気が異なるので、必ず味見をしてから加えましょう」 フライパンの水分量の目安。 「フライパンを傾けたときにソースが滴るぐらいの水分量を目安にします」 9. 残りのイタリアンパセリ、オリーブオイルを加える パスタの固さがアルデンテになったら、残りのイタリアンパセリ、オリーブオイルを加え、フライパンを揺すりながらトングなどで全体を混ぜ、ソースを乳化させます。 「アルデンテの目安はパスタのしなり具合と見た目の透明感で判断できます。 難しい場合は1本味見してみるといいでしょう。 最後に加熱していないEX. オリーブオイルを加えることで、オイルの香りをプラスします」 10. あさりを戻す 6のあさりを戻し入れ、軽く温めたらボンゴレ・ビアンコの完成です。 あさりの旨み引き立つ! ボンゴレパスタのできあがり にんにくの香りが食欲をそそるボンゴレ・ビアンコ。 あさりの旨み、辛さ、にんにくの風味がしっかり主張し、意外とパンチがあることにびっくり! あさりの身はふっくらやわらかく、旨みがしっかり残っています。 具のあさりも、あさりのエキスを吸ったパスタもおいしい、まさにプロの仕上がりです。 トマト缶を加えればボンゴレ・ロッソに! トマト風味の「ボンゴレ・ロッソ」も簡単に作れます。 上記レシピの工程 6のあさりを取り出したタイミングで、トマト缶(カットタイプ)100gを入れ、5分ほど煮詰めたら、あとの手順はビアンコと同じ。 あさりの味わいにトマトの酸味、旨みが加わって、止まらないおいしさです! 食材も作り方もシンプルだからこそ、ちょっとしたひと手間で差がつくボンゴレ。 プロのコツを取り入れて、ご家庭でもレストランのような仕上がりを目指してみてください。

次の

貝の旨みがたっぷり! ボンゴレビアンコを美味しく作るための科学

ボンゴレ ビアンコ

調理当日に購入を あさりは必ず鮮度のいいものを選びます。 できれば調理当日に購入してすぐに砂抜きし、その日のうちに使いましょう。 ボンゴレには、大きいあさりの方が食べやすいのでおすすめです。 あさりを2つ手に取って軽く叩き合わせ、高く澄んだ音がしたら生きている証拠。 死んだあさりは鈍い音がするので、それらは取り除きましょう。 1個でも死んだあさりが混ざると全体の味に影響するので、すべての貝を確認します。 そうすることで身をふっくらキープするのと同時に、殻などが割れて食べるときに口の中に入るのを防ぎます。 それでは、実際にレシピを見ていきましょう。 【決定版】シェフ直伝。 ボンゴレ・ビアンコの作り方 <材料>(1人分)• あさり(殻つき・)…200g• パスタ(スパゲッティーニ、1. 6mm)…80g• イタリアンパセリの葉(粗みじん切り)…5本• 白ワイン…30ml• オリーブオイル…30ml <作り方> 1. オイルがふつふつとしてきたらすぐに弱火に落とし、ときどきフライパンを揺すりながらオリーブオイルにじっくりにんにくの香りを移していきます。 「にんにくはみじん切りにせずそのままつぶしたものでも大丈夫ですが、みじん切りの方が風味が強くなります。 赤唐辛子は、辛いのが好きな方は最初から、苦手な方は後から加えるといいでしょう」 5分ほど熱したあとのにんにくオイル。 うっすらきつね色になるぐらいが目安です。 パスタを茹でる 鍋にたっぷりの湯を沸かしておき、にんにくを熱し終わったタイミングでパスタを茹で始めます。 「湯に対して1%の量の塩(材料外)を加え、しっかりとパスタに下味をつけます。 パスタを茹でる際の塩は、ミネラルの多い岩塩がおすすめです」 3. 「仕上げに加えることの多いイタリアンパセリですが、ハーブの香りをオイルに移すために、このタイミングで加えます。 ただし、焦げやすいのでさっと加熱するだけにとどめてください」 4. あさり、白ワインを加えて蒸し煮にする あさりと白ワインを加えて中火にし、ふたをして蒸し煮にします。 「あさりは短時間で一気に口を開かせた方がふっくら仕上がるので、火加減は中火程度にしましょう」 5. あさりの口が開き始めたら火を止める あさりの口が1、2個開いたら火を止め、ふたをしたまま余熱で全部の口が開くまで待ちます。 「加熱しすぎないことで、あさりの身が縮むのを防ぎます」 6. あさりを一度取り出す あさりの口が開いたらいったん取り出し、冷めないようにラップをかけておきます。 「殻つきのあさりをフライパンにいれたままの状態でパスタと和えると、殻が割れたり、あさりの身が飛び出したりすることがあります。 また、パスタソースが乳化しづらくもなるので、一度取り出しておきましょう」 7. パスタを加える パスタは表示時間の2分前にあげ、湯をきって 6のフライパンに加えます。 中火でときどき混ぜながらソースをからめます。 「あさりの汁を吸わせたいので、パスタはアルデンテの1歩手前で湯からあげるようにしましょう。 やや固めのパスタをあさりの汁で煮るイメージなので、絶えず混ぜる必要はありません。 6で取り出したあさりから汁が出てきたら、フライパンに戻し入れてください」 8. 水分量、塩味を調整する 水分が少なくなってきたら味見をして、塩気が十分なら水を、味が足りなければパスタの茹で汁を加えて調整します。 「あさりの状態によって塩気が異なるので、必ず味見をしてから加えましょう」 フライパンの水分量の目安。 「フライパンを傾けたときにソースが滴るぐらいの水分量を目安にします」 9. 残りのイタリアンパセリ、オリーブオイルを加える パスタの固さがアルデンテになったら、残りのイタリアンパセリ、オリーブオイルを加え、フライパンを揺すりながらトングなどで全体を混ぜ、ソースを乳化させます。 「アルデンテの目安はパスタのしなり具合と見た目の透明感で判断できます。 難しい場合は1本味見してみるといいでしょう。 最後に加熱していないEX. オリーブオイルを加えることで、オイルの香りをプラスします」 10. あさりを戻す 6のあさりを戻し入れ、軽く温めたらボンゴレ・ビアンコの完成です。 あさりの旨み引き立つ! ボンゴレパスタのできあがり にんにくの香りが食欲をそそるボンゴレ・ビアンコ。 あさりの旨み、辛さ、にんにくの風味がしっかり主張し、意外とパンチがあることにびっくり! あさりの身はふっくらやわらかく、旨みがしっかり残っています。 具のあさりも、あさりのエキスを吸ったパスタもおいしい、まさにプロの仕上がりです。 トマト缶を加えればボンゴレ・ロッソに! トマト風味の「ボンゴレ・ロッソ」も簡単に作れます。 上記レシピの工程 6のあさりを取り出したタイミングで、トマト缶(カットタイプ)100gを入れ、5分ほど煮詰めたら、あとの手順はビアンコと同じ。 あさりの味わいにトマトの酸味、旨みが加わって、止まらないおいしさです! 食材も作り方もシンプルだからこそ、ちょっとしたひと手間で差がつくボンゴレ。 プロのコツを取り入れて、ご家庭でもレストランのような仕上がりを目指してみてください。

次の