ゼロワン スーツ アクター。 『仮面ライダーゼロワン』スーツアクター縄田雄哉が語るヒーローの在り方「ただカッコいいだけのアクションではいけない」 (1) 考えていたプランをぜんぶ捨てたゲンム

「仮面ライダー」ゼロワンで主演スーツアクターがバトンタッチ 高岩成二から縄田雄哉へ

ゼロワン スーツ アクター

現在公開されている映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』は、平成仮面ライダー20作を記念した『仮面ライダージオウ』 2018年 と、令和の最初を飾る『仮面ライダーゼロワン』 2019年 がメモリアルな共演を果たす作品となった。 タイムジャッカー・フィーニスの暗躍により仮面ライダーゼロワンの歴史が切り替わり、人間のために働くはずのヒューマギアが逆に人間を制圧する世界へと変貌した。 普通の高校生として平和に過ごしていた常磐ソウゴだったが、歴史を正しい流れに修正するべく、ふたたび仮面ライダージオウに変身。 ゼロワンと力を合わせて、最大の"敵"に挑んでいく。 縄田雄哉 なわた・ゆうや。 1982年、福岡県出身。 JAE ジャパンアクションエンタープライズ に属し、俳優・スーツアクターとして映画、テレビドラマ、舞台、イベントに多数出演する。 『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE最後ノ審判』 2018年 のアマゾンネオアルファ、『仮面ライダージオウ』 2018年 の仮面ライダーゲイツを経て、『仮面ライダーゼロワン』 2019年 でゼロワンのスーツアクターとなり、活躍を続けている。 撮影:大門徹 映画の公開を記念して、マイナビニュースでは仮面ライダーゼロワンのスーツアクターを務めているJAEの縄田雄哉にインタビューを敢行。 平成仮面ライダーシリーズで歴代の"主役"仮面ライダーのほとんどを演じてきたレジェンドスーツアクター・高岩成二の後を受けて『ゼロワン』に抜擢されたときの驚きと喜び、ゼロワンが繰り出す超絶アクションの秘話、そして縄田が常に意識している「ヒーローを演じるうえで大切なこと」など、熱いアクション魂を感じさせるトークの数々をお楽しみいただこう。 JAEに入った最初のころは「スーパー戦隊シリーズ」の兵隊役でした。 初めて名前のついたキャラクターを演じたのは『魔法戦隊マジレンジャー』 2005年 あたりの怪人役ですね。 映画の『スーパーヒーロー大戦』シリーズで歴代ヒーローが大勢出てくるときに、いくつかのヒーローを演じたことがありましたが、レギュラーの役をいただいたのは『仮面ライダーエグゼイド』 2016年 の仮面ライダーゲンムです。 それから映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』 2018年 を経て、『仮面ライダージオウ』 2018年 の仮面ライダーゲイツ役になりました。 変身後のゲンムも、やがて「ゾンビゲーマー レベルX」にレベルアップして非常にクセの強いアクションが特徴となりましたが、やはり岩永さんのハイテンションに合わせる形であのようになったのでしょうか? 『エグゼイド』で檀黎斗が上半身裸になった諸田 敏 監督回 第22話「仕組まれたhistory! 」 があったでしょう。 僕はゲンムを演じる際、事前に台本を読んで「こういう感じかな」とだいたいの演技プランを立てていたんですが、あのときの変身シーンは自分が思っていたのとまったく雰囲気が違っていたので、考えていたプランをぜんぶ捨てて、その場で岩永くんのテンションを引き継いで演じました 笑。 ゲイツを演じる際には、岳くんがどんな思いでいるか、何をやろうとしているかを汲んでいこうと常に意識していました。 ゲイツは1年間レギュラーで演じた仮面ライダーだったので、とても思い入れが強いですね。 動きにくい、重いというのは確かにありましたが、それでも思いっきりやればそこはなんとかなるといった感じでした 笑。 予めご了承ください。

次の

『仮面ライダーゼロワン』スーツアクター縄田雄哉が語るヒーローの在り方「ただカッコいいだけのアクションではいけない」 (1) 考えていたプランをぜんぶ捨てたゲンム

ゼロワン スーツ アクター

仮面ライダーゼロワンのスーツアクターは誰? ai企業の社長を務める飛電或人が主人公の仮面ライダーゼロワンでは、 「仮面ライダーエグゼイド」でも脚本を務めた高橋悠也が脚本を担当し、 監督は「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」の杉原輝昭が担当。 ではスーツアクターは誰なのかというと、現在のところ詳しい発表がありません。 ただ仮面ライダーゼロワンのアクションシーンを見たネット民の特定が進み、 これまでに、2001年からほぼ毎年に渡って仮面ライダーのスーツアクターを務めている 高岩成二さんではないか?との憶測が広がっています。 仮面ライダーアギト• 仮面ライダー龍騎• 仮面ライダー555• 仮面ライダー剣• 仮面ライダーカブト• 仮面ライダー電王• 仮面ライダーキバ• 仮面ライダーディケイド• 仮面ライダーG• 仮面ライダーW• 仮面ライダーフォーゼ• 仮面ライダーウィザード• 仮面ライダードライブ• 仮面ライダーゴースト• 仮面ライダーエグゼイド• 仮面ライダービルド• 仮面ライダージオウ.

次の

仮面ライダーバルキリーのスーツアクター(中の人)は誰?プロフィールも

ゼロワン スーツ アクター

」と、ほぼこんなようなことを言われたものです。 「いや、ちょっと違うんだけどなー」と思いつつ、理解してもらえないところがあり、そのままにしていた時期もあります。 あと、よく言われるのが「あれ、ピンクの中身おっさんなんでしょ? 」というもの。 「孫悟空の声、おばさんでしょ? 」「いや、そういうことじゃないんだ」っていうのと同じ気持ちです。 「野沢雅子さんすごいよな! あの人じゃなきゃ孫悟空じゃないよ! 」って思うでしょう? それと同じです。 これを「スーツアクター」という言葉でバシッと理解してもらいやすくなった点ではすごくいいなとは思いました。 今ではその"スーツアクター"を目指している人はたくさんいますし、憧れの仕事になっていると思います。 永徳さん(現在放送中の『仮面ライダーゼロワン』では、仮面ライダーサウザー、仮面ライダー迅を担当。 平成ライダーでも数々演じてきた人です)みたいに、ヒーローが好きで現場に行った人でも、舞台などで素顔でお芝居をしたりCMに出たりなど幅が広がっている気がします。 声優さんが顔出したり、歌を出したりなど、キャラクターに乗せずにその人個人で活躍したり、逆に役者さんが「声優」としてキャラクターに乗せたりするのと同じような気がします。 高岩成二さんという役者さんが「スーツアクター」として仮面ライダーというキャラクターに乗せているときもあれば、高岩成二さんという役者さんでのお芝居をするときがある。 みたいなことですかね。 って文化はありました。 小学6年生だった僕が後楽園ゆうえんち野外劇場に通っていた当時、大人のオタクのお兄ちゃんと仲良くなり、そこからいろんなオタクお兄ちゃんお姉ちゃんを紹介してもらって、いろいろ教えてもらいました。 」「さっき出待ちしてたときにいたからね。 はたから見たら大人に子どもが混じって異様な光景だったと思います(笑)。 しかし本当に周りに理解されなかった。 ただでさえ戦隊、仮面ライダーが好きっていうと馬鹿にされる対象だったんで、スーツアクターに関しては「何? 」「意味が分かんない」「中おっさんだろ」とか、悲しいですがそんなレベルでした。 子どもだった僕には、うまく伝えられる言葉も知識もなかったからただただ悔しかったです。 そんな僕からすると、『電王』のイベントで、高岩さんがポーズ決めて、会場から大きな歓声が上がるたびにガッツポーズでした。 ここまで書いた話はあくまでも僕の視点から見た歴史や感じたことなので、もっともっと深く関わってきた方からしたら違う意見も沢山あると思います。 「スーツアクター」という言葉ひとつにいろんな思いがあるってことだけを、知らない方に知ってもらいたいなーって、しいはしの余計なお世話で書きました。 ありがとうございました。 あ、真面目にツラツラ描きすぎましたね、えっと、ボケなきゃ、えーっとですね、あ! 文字数が!! もう入らない!! ヤバい!! くそー!! またねーーーーー!!!!!! しいはしジャスタウェイ.

次の