おらこんな村いやだ 歌詞。 吉幾三さんの、「俺ら東京さ行ぐだ」の歌詞をmillion-koshien.kayac.com

俺ら東京さ行ぐだ 吉幾三 替え歌集

おらこんな村いやだ 歌詞

俺ら解説さするだ 1984年11月25日リリース。 の代表作にして、後の邦楽に多大な影響を与えたエポックメイキングな楽曲である。 現在の吉幾三のイメージといえば歌手であるが、70〜80年代の吉はコミックソングを中心に活動しており、この曲もである。 ユーモアのある歌詞と温かみのある津軽なまりの歌声、軽快なリズムに乗せられたという当時の邦楽として画期的な表現が評価され、大ヒットとなった。 プロデュースには同じく東北出身の演歌歌手、が関わっている。 なお、千は1984年の3月に吉から楽曲提供を受けた『津軽平野』をリリースしており、吉が作曲家として注目されていた時期でもあった。 日本のあるド田舎に生まれた若者が、大都会に憧れ地元を飛び出そうとする内容の歌であり、日本全国の田舎の若者の心を打ったことは想像に難くない。 歌詞の面白さもさることながら、この曲の最大の特徴はラップスタイルを取り入れているところである。 それまでもいくつかのアーティストが邦楽のラップを制作してはいたが、ラップ特有のプロテストソングも盛り込んだところにこの曲の持ち味がある。 なおこの歌の歌詞は(吉の出身地の)というわけではなく、東北方言をいろいろ混ぜ合わせた なんちゃって方言である。 津軽弁では 強いていうなら 「わ、東京さ行ぐでぁ」、「おらきゃ東京さ行ぐど」などと表現される。 2008年ごろからを中心にインターネット上で注目され、この曲と他のアーティストの楽曲とのやがインターネットユーザーによって多数制作・発表された。 吉は「」と呼ばれ、「IKZOブーム」が巻き起こった。 」を発表したほか、マッシュアップの制作者と合同で「IKZO CHANNEL 441. 93」 441. 2019年には全編津軽弁でのラップ『TSUGARU』を発表。 『俺ら東京さ行ぐだ』・『NDA! 』の流れを汲む楽曲となっている。 自身の 昔の楽曲との間にたまたま同調する部分があったのではないか」とコメントする一方で、2010年のインタビューでは「 IKZOブームは 全くわからん。 何やってんだか。 」ともコメントしている。 ただし、その後のインタビューでは「若い世代が自身の楽曲に親しんでくれる事自体は良い事」としており、基本的には 自身の 古い楽曲が若い世代に親しまれ、音楽業界が盛り上がることには好意的な反応を示している。 それでは皆様ご一緒に 余談っこあるだ 吉幾三の代表作と認知される本曲だが、ヒットしてしばらくした頃に、自身の出身地である金木町 現在は合併によりとなっている。 なお、の出身地でもある から 「青森県はそんな田舎じゃねえよっ!! 」と、本気で苦言を呈された。 また、全国各地から「自分たちの村をバカにするな!」と抗議が届いた。 吉は、自身の幼少期 1950〜60年代前半 は本当にこのような状態であったと冗談めかしてコメントしている。 もちろん、本作で歌われる村は吉の創作であり、どこか特定の地域をモデルにしたわけではないのだが、バラエティ番組にて行われた調査によれば、大陸共和国のが、世界で最もこの曲とシンクロする村らしい。 サビで歌われる3つのオチの内、2つは実現可能。 東京でベゴ 牛 飼うだ…にある(外部リンク)に行けば牛の飼育が体験できる。 東京で馬車引ぐだ…関連の行事を含め、都区内でを用いたイベントは割と行われている(外国の駐日大使が着任すると、皇居へ出向き信任状捧呈式を行うが、東京駅から皇居への移動について大抵の大使が馬車を選ぶといわれている たださすがにでは買えそうにない…。 一番サビ終了後、間奏に入る前に「がぁっ!」という掛け声が入るが、これは「行こう!」が「いが!」となり、さらに短縮されたもの。 気持ち「ンガッ」という感じで発音するとそれっぽく聞こえる。 関連タグだ ・・の歌。 同じ様に出身地をネタにしているが、その反応には差が 佐賀 ある。 関連記事 親記事.

次の

『俺ら東京さ行ぐだ』の歌詞を標準語に直すと悲しく感じる

おらこんな村いやだ 歌詞

昔から変な人に、好かれる。 好かれるというか、好まれる。 「アタシってぇ〜ぜんぜん好きじゃない人にめちゃくちゃ好かれるですぅ〜困っちゃいますぅ〜」とまんざらでもなさそうにしている人間と一緒にしないでくれ。 わたしはそうじゃない、そうじゃないんだ。 ただ毎日を一生懸命生きているだけなのに、突然目の前に見ず知らずの人間に理解不能な性癖を披露されるんだ。 変質者に遭遇したことなんて何度もある。 見ず知らずの男性に尻を触られたことも、見ず知らずの車に連れ込まれそうになったことも、見ず知らずの男性器を見せつけられたことも、当然ある。 でもそんなことは日常茶飯事すぎて、今更人に話してキャーキャー言うほどのことでもない。 自称ダーザインというおっさんに「あなたは…あなたは僕の女神です…」と言われて『永遠なんてなかった』というタイトルの全7部作の詩集のプレゼントされたこともある。 もらった詩集があまりにも不要だったのでブックオフに売りに行ったが、もちろん値段なんてつくわけもなかったので、今でも実家に保管してる。 膀胱炎になってしまい仕方なしにオムツを履いて複数のバンドが出演するライブイベントに行ったとき、ライブ中に顔の見えない屈強な男性に後ろから抱え込まれてオムツの中に手を突っ込まれ「ハァハァ…もしかして君もそういう趣味なの…?」と具をこねくり回されたこともある。 わたしが屈強な男に具をこねくり回されていたときにステージに立っていたザ50回転ズのことは今でも恨んでいるので、あれから一度も聴いていない。 通学中に全身チェック柄の服を身に纏った芸人のほっしゃんにそっくりのおっさんに長い時間目を見つめられながらものすごい強い力で尻を捻られたこともある。 痛かった、ものすごく痛かった。 あれからほっしゃんのことも嫌いになった。 最近ほっしゃんをテレビで観る機会が減って、わたしの心の平穏は保たれている。 すすきのを歩いていたら「君はドMだろう?僕にはわかるよ」と言われて女性の乳を釘でベニヤ板に打ち付けられ流血している写真を見せられながら「僕の3人目の奴隷にならないか?」と誘われ、恐怖のあまり「申し訳ございませんがわたしにはすでに忠誠を誓ったご主人様がおりますので…」と断って逃げたこともある。 忠誠を誓ったご主人様なんていねぇよバカ!!! 警察にも行った、お祓いにも行った。 なのに変わらない、なぜだ、なぜなんだ。 もうこんな生活いやだ!!! 北海道か?! 北海道という変態すらも全てを受け入れるほど広大な大地が悪いのか?!?! おらこんな村いやだ!!!!! 北海道を離れ、大阪に住み始めて早2ヶ月。 現在、友達がひとりもいないというアラフォーのおっさんから、わたしを口説こうとするメッセージとともに、毎日プロ野球の勝敗報告LINEが送られてきている。

次の

俺ら東京さ行ぐだ 吉幾三 歌詞情報

おらこんな村いやだ 歌詞

書籍レビューと小ネタを中心にコラムを綴るブログ『』で18日に公開された投稿が話題になっている。 吉幾三さんの名曲『俺ら東京さ行ぐだ』を標準語に直して紹介しているのだが、その内容が津軽弁で歌われた原曲より悲しく感じると話題を呼んでいる。 18日の投稿には「吉幾三『オラ東京さいくだ』の歌詞を標準語に直すと、なんかすごく悲しくなることを発見しました。 」として、内容を紹介している。 サビの部分だけ紹介すると、 「私はこの村が嫌いです。 私はこの村が嫌いです。 東京へ行ってまいります。 上京したらお金を貯めて、東京で畜産業を営みます。 」 まるで昭和初期の純文学を彷彿とさせる。 そして、この内容にコメントが次々と寄せられている。 「誰か歌ってくれ」 「…確かに悲しいし、わびしいなぁ。 」 「秀逸。 」 「泣いてしまいます」 「これ、中島みゆきに唄ってほしいな。 カルメン・マキでもいいけど。 」 「悲しすぎるw」 「さ、さみしい、、。 まっすぐな道で さみしい 山頭火 」 「これは確かに切ない。 」 「思わず噴き出してしまいます。 」 『』は1984年にリリースされた吉さんの代表曲。 近年、Youtubeやニコニコ動画などの動画共有サイトで、ユーザーによりテクノやヒップホップなどにアレンジされたり、また他のアーティストとのマッシュアップ(別々の楽曲を1つに重ね合わせる音楽手法 によりリミックスブームが訪れ、若い層にも広く知られている。

次の