ビットコイン おすすめ取引所。 ビットコインFXのおすすめ取引所を徹底比較!取引所選びで勝率が変わる?!

暗号資産(ビットコイン)取引所おすすめランキング。国内主要16社を徹底比較して6社をランキング形式で紹介

ビットコイン おすすめ取引所

「がよくわからない」という人は実は少なくない。 本記事では、金融庁からリリースされている「」を踏まえた上で、手数料/スプレッドのみならず、取扱仮想通貨や取引サービス、さらにはセキュリティー対策まで含め、様々な切り口で調査を実施している。 必要に応じて、ご自身の状況にあった仮想通貨取引所選びに活用して頂きたい。 また、万が一、仮想通貨(暗号資産)に関する何らかの詐欺・トラブル等に巻き込まれた場合に備え、金融庁から公表されているこちらのドキュメント「」や独立行政法人国民生活センターの公式HP内のこちらのページ「」に事前に目を通しておくことを推奨する。 際は、仮想通貨の仕組みや特徴について理解を深めた上で、下記の記載内容を判断材料の一つとして、自身にとって最適な取引所を決定することを推奨する(上記の5つの評価軸については、2019年1月に『』内で実施した仮想通貨投資家向けアンケート調査/2020年3月にCoinDesk Japanが独自に実施したオンライン調査の結果、導き出されたものである)。 参考:を利用すれば、価格下落局面においても、収益化の機会を得ることができるが、リスク管理の観点から、初心者の段階では、現物取引のみを行うことをおすすめする。 bitFlyer (ビットフライヤー) は、国内最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所として知られている。 CryptoCompareの仮想通貨・暗号資産取引所ランキングでは、世界第9位に選出されており、国内の仮想通貨取引所の中では、ナンバーワンの月間取引高を誇る。 スマホアプリが使いやすく、アプリ経由でFX取引を行うことも可能である。 創業者の加納裕三氏は、の代表理事を務めており、 グループ子会社のでは、ブロックチェーン技術の開発や普及に注力している。 取扱通貨の種類 9種類 手数料 取引所:0. 01〜0. 001BTC/販売所:0. 00000001BTC スマホ対応 スマホアプリでビットコインFXも取引可能 セキュリティ を他社に先駆けて導入 coincheck (コインチェック) を運営するコインチェック株式会社は2012年の創業。 2018年1月に大規模なハッキング事件(参考:)に見舞われたが、東証一部上場のの傘下で、経営再建を図り、平成31年1月11日に仮想通貨交換業登録を完了した。 サービスの使いやすさに定評があり、2019年12月時点で、スマホアプリの累計ダウンロード数は270万を記録している。 取引手数料は無料。 国内では最多となる12通貨に対応しており、国内ではでしか取り扱っていないアルトコインも少なくない。 代表取締役を務める蓮尾 聡氏は、の理事(非常勤)を務めている。 com証券を傘下に抱える合同会社DMM. comのグループ会社。 売買コストの低さとレバレッジ取引の種類の豊富さに定評がある。 スマホアプリでは様々な注文方法に対応していることで知られている。 DMM. com証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしており、サーバーの強度に関しては、国内屈指の水準を誇る。 現物取引が可能なのは、ビットコイン、イーサリアム、リップルのみであり、他のアルトコインはレバレッジ取引での売買となる点には注意されたい。 取扱仮想通貨 9種類 手数料 販売所:スプレッド 最低取引数量 0. 001BTC スマホ対応 注文・分析に優れたスマホアプリ セキュリティ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施 GMOコイン を運営するGMOコイン株式会社は、GMOクリック証券を傘下に抱える東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社。 GMOコインでは、取引手数料のみならず、入出金手数料もすべて無料となっており、売買コストの低さには定評がある、また、仮想通貨FXアプリ「」の使いやすさで初心者にも人気がある。 6年連続でFX取引高世界ナンバーワンを記録しているを通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしている。 取扱仮想通貨 7種類 手数料 取引所:-0. 0001BTC スマホ対応 複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ セキュリティ 24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理 TAOTAO(タオタオ) を運営するTaoTao株式会社は、国内を代表するIT企業の一角を占めるのグループ会社。 2020年2月29日時点で、口座管理料、取引手数料、入出金手数料、入出庫手数料がすべて無料となっている。 また、スプレッドが狭いことでも知られており、トレーダーを中心に人気の仮想通貨取引所である。 現物の取り扱いは、ビットコイン、イーサリアムのみとなっている点については、注意されたい。 0001BTC スマホ対応 現物とレバレッジ取引が可能 セキュリティ WAF(Web Application Firewall)を導入。 24時間365日のシステム監視体制 5ハッキング時の補償 5つ目のポイントは、「ハッキング時の補償」である。 仮想通貨取引所の中には、取引所がハッキングされた場合に、補償制度が設けられている取引所もある。 ただし、補償対象となるには、二段階認証が必須である等、いくつか注意すべきポイントがある。 0001BTC 複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ 24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理 3 8種類 取引所:0. 01〜0. 001BTC 販売所:0. 001BTC 注文・分析に優れたスマホアプリ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施 3 9種類 取引所:0. 01〜0. 001BTC 販売所:0. 00000001BTC スマホアプリでビットコインFXも取引可能 マルチシグを他社に先駆けて導入 詳細については、こちらの記事「」を参照のこと。 0001BTC 現物とレバレッジ取引が可能 WAF(Web Application Firewall)を導入。 24時間365日のシステム監視体制 2 7種類 取引所:-0. 0001BTC 複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ 24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理 3 6種類 現物取引 0. 0001BTC 専用のスマホアプリが用意されている。 マルチシグ(複数人署名)によるコールドウォレットと、物理的・仮想的に分散された鍵管理システムによるホットウォレット管理体制を構築 詳細については、こちらの記事「」「」を参照のこと。 順位 取引所名 取扱通貨の種類 手数料 最低取引数量 スマホ対応 セキュリティ 1 7種類 取引所:-0. 0001BTC 現物とレバレッジ取引が可能 WAF(Web Application Firewall)を導入。 24時間365日のシステム監視体制 3 9種類 販売所:スプレッド 0. 001BTC 注文・分析に優れたスマホアプリ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施 詳細については、こちらの記事「」を参照のこと。 順位 取引所名 取扱通貨の種類 手数料 最低取引数量 スマホ対応 セキュリティ 1 9種類 取引所:0. 01〜0. 001BTC 販売所:0. 0001BTC 現物とレバレッジ取引が可能 WAF(Web Application Firewall)を導入。 2020年1月29日現在において、取扱通貨の種類は5種類。 トレーディング上級者向けのツール「MT4」を搭載していることに特徴がある。 登録年月日: 平成29年9月29日 法人番号: 6011001109930 本店所在地: 東京都港区六本木3-2-1 代表電話番号: 03-6303-0314 取扱仮想通貨: BTC/BCH/ETH/XRP/LTC 取引所URL: 取引量で見たおすすめの仮想通貨取引所ランキング 取引量の切り口で見た仮想通貨取引所ランキングは下記の通り。 国内取引所ランキング 国内の仮想通貨取引所の取引高ランキングについては、こちらのページ「」を参照のこと。 ちなみに、2020年4月10日時点においては、国内では、bitFlyer(ビットフライヤー)、Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)、GMOコインがランキング上位を占めている。 海外取引所ランキング 海外の仮想通貨取引所の取引高ランキングについては、こちらのページ「」を参照のこと。 また、国内における直近の仮想通貨取引量については、のドキュメント「」必要に応じて、参照することを推奨する。 海外の仮想通貨取引所ランキング は、164の取引所を調査対象として、海外の仮想通貨取引所ランキングを作成している。 調査項目としては、法律面、情報提供、セキュリティ、チーム、投資監視、ネガティブレポート、市場の質などが挙げられている。 セキュリティとともに新たに追加されたネガティブレポートは、フラッシュクラッシュや異常な清算イベントなどの有無が対象となる。 ランキング:1-10位 順位 取引所名(前回順位)グレード 1位 Gemini(9位)AA 2位 itBit(6位)AA 3位 Coinbase(1位)AA 4位 Kraken(6位)A 5位 Bitstamp(3位)A 6位 Liquid(5位)A 7位 OKEx(14位)A 8位 Poloniex(2位)A 9位 bitFlyer(4位)A 10位 Luno(24位)A ランキング:11-20位 順位 取引所名(前回順位)グレード 11位 Bitfinex(15位)A 12位 Binance(8位)A 13位 coinfield(13位)B 14位 OKCoin(11位)B 15位 bitFleryEU(15位)B 16位 Cexio(23位)B 17位 ind. Reserve(20位)B 18位 HuobiGlobal(17位)B 19位 BitTrex(22位)B 20位 gopax(20位)B ランキング:21-30位 順位 取引所名(前回順位)グレード 21位 Bitso(34位)B 22位 HitBTC(60位)B 23位 CoinJar(32位)B 24位 Coincheck(18位)B 25位 BTCTurk(88位)B 26位 Coinone(27位)B 27位 Korbit(15位)B 28位 BTCMarkets(30位)B 29位 bitFlyerUS(29位)B 30位 ACX(35位)B アルトコイン取引所ランキング アルトコイン取引所ランキングについては、下記の通り。 リップル(XRP)取引所 リップル(XRP)を購入する上で、おすすめの取引所については、「」を参照のこと。 【参考】金融庁登録済:仮想通貨交換業者一覧 仮想通貨交換業者として金融庁から認可された取引所一覧を以下に記載する。 DMM Bitcoinは、アルトコインのレバレッジ取引を行うことができる点に特徴がある。 2020年1月26日時点において、レバレッジ取引に対応している仮想通貨は9種類である。 また、取引所毎に手数料/スプレッドや取扱通貨の種類も異なるため、いくつかの仮想通貨取引所の口座開設を行った上で、自分の投資スタイルに合う取引所を選ぶことをおすすめする。 各仮想通貨取引所の具体的な入金方法については、下記の通りである。 ビットフライヤー(bitFlyer)で入金する方法 ビットフライヤー(bitFlyer)で入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 コインチェック(Coincheck)で入金する方法 コインチェック(Coincheck)で入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)で入金する方法 DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)で入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 GMOコインで入金する方法 GMOコインで入金する方法については、こちらのページ「」を参照のこと。 仮想通貨投資で利益を得た場合にかかる税金 仮想通貨で利益を得た場合、税金を支払うことが義務付けられている。 ここでは、仮想通貨の税務上の取り扱いについて記載する。 仮想通貨と所得税 所得税の取り扱いについては、国税庁からのやによって、以前から税務上の取り扱いが公表されていたが、平成31年度税制改正を踏まえ、「所得区分は原則として雑所得であること」「取得価額の計算方法については、移動平均法または総平均法とすること」が明らかにされている。 また、所得の計算方法については、平成29年12月に国税庁から公表された「」において、詳細に記載されている。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 仮想通貨と法人税 法人税の取り扱いについては、により、法人税法上の取り扱いが明確化されており、これに従い、課税所得を算出し、実際の税額を計算することとなる。 具体的には、「法人が期末に保有する仮想通貨の評価方法については、活発な市場が存在する仮想通貨については、時価評価により評価損益を計上すること」「法人が仮想通貨の譲渡を行った場合の譲渡損益については、その譲渡に係る契約をした日の事業年度に計上すること」「仮想通貨の一単位当たり譲渡原価の算出方法については、移動平均法又は総平均法とすること」「法人が事業年度末に有する未決済の仮想通貨の信用取引等については、事業年度末に決済したものとみなして計算した損益相当額を計上すること」が明らかにされている。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 仮想通貨と消費税 消費税の取り扱いについては、によって、資金決済法上の仮想通貨の譲渡が行われた場合、支払い手段の譲渡として、2017年7月1日以後、非課税取引に該当することが明らかにされた。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 仮想通貨と相続税 相続税・贈与税の取り扱いについては、2018年11月に国税庁より公表された「」の中で取り扱いが明確化されている。 具体的には、仮想通貨を相続や贈与により取得した場合には、相続税又は贈与税が課税されることが定められている。 また、評価方法については、活発な市場が存在する場合には、相続人等の納税義務者が取引を行っている仮想通貨交換業者が公表する課税時期における取引価格によって評価することが定められている。 詳細については、こちら「」を参照のこと。 一方、販売所では、運営会社がビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)を一般ユーザーに対して販売する。 取引所では、ユーザー間で売買できるため、仮想通貨をより安く購入できる場合が多い。 ただし、欲しい金額で売買できるとは限らない。 販売所では、運営会社が手数料を上乗せしているため、取引所よりも購入価格が割高になっている場合が多い。 しかし、販売所の場合、価格水準がわかりやすく、より確実に購入できるといったメリットがある。 初心者にとっては、仮想通貨販売所の方が手軽に取引を開始できる可能性がある。 取引所の破綻にはどのように備えるべきか? 仮想通貨交換業者は、システムのセキュリティを強化するために、2段階認証や仮想通貨(暗号資産)の送付アドレスに複数の暗号鍵を必要とするマルチ・シグネチャなどを採用している。 また、2017年4月に仮想通貨(暗号資産)の利用者保護を目的として、仮想通貨交換業者は金融庁への登録が義務付けられるようになっており、仮想通貨取引所のセキュリティ体制はより一層強化されつつある。 ただし、仮想通貨に限らず、現代社会においては、ハッキングの可能性をゼロとすることは基本的には不可能である。 仮想通貨を保管する場合は、取引所内のウォレットに保管するのではなく、コールドウォレットを用意し、オフラインで保管することを推奨する。 海外の仮想通貨取引所は利用可能なのか? 仮想通貨(暗号資産)の取引によって利益を得た場合、納税の義務が発生する。 課税所得の区分は「雑所得」となり、課税方式は、「総合課税(累進課税)」となる。 仮想通貨(暗号資産)の取引で得た利益を含む「雑所得」が20万円以上である場合、確定申告が必要となる。 仮想通貨(暗号資産)による売買益の課税の仕組みや納税方法については、以下の記事を参照のこと。 ここでは、仮想通貨取引所選びを行う上で、特に有益と思われるアンケート結果を一部抜粋してお伝えする。 ・対象:30,979人の中から仮想通貨を認知している方を抽出 ・実施時期:2019年1月 ・調査手法:インターネット上におけるアンケート調査 ・有効回答数:2,166人 知っている仮想通貨 「仮想通貨の中で知っている銘柄は何ですか?」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「ビットコイン」と回答した割合が95. 仮想通貨を保有しようと思った理由 「仮想通貨を保有しようと思った理由は何ですか?」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「投機目的」と回答した割合が60. 知っている仮想通貨取引所 「知っている仮想通貨取引所の名前を具体的に教えてください」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「コインチェック」と回答した割合が50. 利用している仮想通貨取引所 「具体的にどの仮想通貨取引所に口座を開設していますか?」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「bitFlyer」と回答した割合が45. 仮想通貨取引所を選ぶ際に重視する基準 「仮想通貨取引所を選ぶ際に重視する基準は何ですか?」という質問に対する回答結果を以下に示す。 「サービスの使いやすさ」と回答した割合が47. 【参考】仮想通貨を購入した後は、自身で用意したウォレットで保管 した後は、ハッキングリスクを抑えるために、自身のウォレット内で仮想通貨を保管することを推奨する。 ウォレットの種類としては、ウェブウォレット、モバイルウォレット、デスクトップウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットなどが存在するが、利便性とセキュリティの高さの観点から、ハードウェアウォレットで保管することを心掛けたい。 主なウォレットの種類については、下記の通り。 ウェブウォレット ウェブウォレットとは、サービス提供者のサーバー内で仮想通貨を管理するタイプのウォレットのことを指す。 利便性の高さが特徴であり、インターネットがつながる環境下であれば、いつでもアクセスすることができる。 その一方で、セキュリティ面については、サービス提供者に依存することになる点には注意が必要である。 モバイルウォレット モバイルウォレットとは、iPhoneやAndroid上のアプリとして動作するタイプのウォレットのことを指す。 QRコードが利用できる点や持ち運びができる点が特徴であり、実際の店舗で利用する場合は、最も利便性が高いウォレットの一つであると言える。 一般的には、ウェブウォレットよりも安全性が高いと言われている。 デスクトップウォレット デスクトップウォレットとは、自身のPC上にインストールし、ローカル環境で管理するタイプのウォレットのことを指す。 ウェブウォレットよりもセキュリティ面で優れていることが利点として挙げられる。 ハードウェアウォレット ハードウェアウォレットとは、専用のハードウェア端末に仮想通貨を保管するタイプのウォレットのことを指す。 オフライン環境下で保存することは可能であり、セキュリティ面で優れていることが利点として挙げられる。 ただし、ハードウェアウォレット自体を紛失するリスクには注意する必要がある。 ペーパーウォレット パーパーウォレットとは、秘密鍵や秘密鍵を復元するためのパスワードを紙などの物理媒体に転記し、保存するタイプのウォレットのことを指す。 ハードウェアウォレットと同様、オフライン環境下で保存することが可能であり、非常に高いセキュリティ性能を誇る。 ただし、ペーパーウォレット自体を紛失するリスクには注意する必要がある。 仮想通貨/暗号資産は、日本円や米ドル等のように、国家がその価値を保証している「法定通貨」ではなく、インターネット上でやりとりされる「財産的価値」として、以下の性質を持つものと定義されている。 (1)不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米ドル等)と相互に交換できる (2)電子的に記録され、移転することができる (3)法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない• 仮想通貨/暗号資産は、価格の変動性が高く、価格が急落することで、保有者が損失を被る可能性がある• 仮想通貨取引所(交換業者)は、金融庁・財務局への登録が必要であり、利用する際は、登録を受けた事業者であるか否かを金融庁・財務局のホームページで確認することを推奨する• 仮想通貨/暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているか否かを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク/サイバーセキュリティリスク等)について、サービス事業者から説明を受け、十分に理解した上で取引を行うことを推奨する• CoinDesk Japanが、これらの仮想通貨/暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではない。 また、仮想通貨/暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではない。 仮想通貨/暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点に留意することを推奨する。

次の

仮想通貨/ビットコインの購入にオススメな取引所を徹底比較【2020年4月最新ランキング】

ビットコイン おすすめ取引所

取引所を比較するポイントって何? 1. 信頼性 安心安全 とサポート内容 2. 手数料 3. 取り扱い通貨 4. 口座開設や入金のスピード 信頼性 安心安全 とサポート内容 コインチェックの不正出金問題で連日ニュースを賑わしていたように、仮想通貨は不正出金などのトラブルが株やFXと比べて多いです。 不正出金される要因は、取引所自体のセキュリティの甘さに問題があることが多いため、セキュリティ設備の高い取引所を選びましょう。 現在、最も安全な取引所は、マルチシグ対応やコールドウォレット対応かつ、金融庁の認可がおりて不正時のサポートがある「ビットフライヤー」です。 各社大きな差はありませんが、毎日取引をしていれば、たった数100円の差で年間何十万といった手数料の差が出てしまうので、手数料は安いに越したことはありません。 取引所 BTC ETH LSK XRP XEM MONA 無料 販売 のみ 販売 のみ 販売 のみ - 販売 のみ 販売 のみ 販売 のみ - 販売 のみ - - -0. 2% 0. 2% 0. 1% 0. 1% 0. 1% 0. 1% 0. イーサリアムは何処の取引所も取り扱っていることが多いですが、リップルやネム、リスクなどのコインは取扱取引所が限定されてくるので確認が必要です。 口座の開設スピードや入金スピードが遅く、行動の足を引っ張ってしまっては何の意味もありません。 入金のスピードは、クイック入金に対応しているか確認しましょう。 銀行振込と異なり即入金が可能です。 口座開設のスピードは、銀行振込が可能になるまでの日数が一番早いビットフライヤーがおすすめです。 計7種類 おすすめポイントと特徴 ビットフライヤーは、三井住友銀行グループ・みずほフィナンシャルグループ・三菱UFJグループ・リクルート・第一生命・SBIグループ・GMOグループなど、大手企業が出資している仮想通貨取引所です。 以前はサーバーダウンが起きていましたが11月にサーバー負荷低減のアップデートをかけて改善。 100万円までのハッキング・盗難補償があったり、ビットコインをアマゾンギフトに交換できるなど痒いところに手が届いています。 デメリット 取扱通貨の種類が少ない点がマイナスポイント。 多種類の仮想通貨を取引したいトレーダーの方には不向きです。 もちろん有名な仮想通貨は一通り買えますので、初心者の方には不自由ないと思います。 こんな方におすすめ 「安全に仮想通貨取引をしたい人」 ビットフライヤーのセキュリティは世界一位の評価を受けており、安全性は抜群です。 それだけではなく、国内初のハッキングや不正ログインに対する保証も行ってくれるので、万が一の際も安心です。 GMOコインの特徴と評価 取り扱い通貨 BTC ETH BCH LTC XRP Bitcoin ビットコイン 、Ethereum イーサリアム 、Bitcoin Cash ビットコインキャッシュ 、Litecoin ライトコイン 、Ripple リップル など... 計5種類 おすすめポイントと特徴 GMOコインは、東証一部上場のGMOグループが母体であり、金融サービス提供の歴史が長くノウハウがあります。 アルトコインが割安で購入できるため、リップルやイーサリアム、ライトコインあたりを買うのであればGMOコインは必ず見ておきましょう。 現在、日本国内で唯一レバレッジ25倍で追証なしという特徴もあります。 デメリット 取扱通貨の種類が少ない点がマイナスポイント。 多種類の仮想通貨を取引したいトレーダーの方には不向きです。 もちろん有名な仮想通貨は一通り買えますので、初心者の方には不自由ないと思います。 こんな方におすすめ 「レバレッジ取引をしたい方」 GMOコインは、投資資金の何倍もの金額を賭けることが出来る、レバレッジを利用して取引をしたい方におすすめです。 日本国内で唯一レバレッジ25倍という特徴を持ち、手持ち資金がそこまで多くなくても、多くの利益をだせることが魅力です。 ザイフの特徴と評価 取り扱い通貨 BTC ETH BCH XEM MONA Bitcoin ビットコイン 、NEM ネム 、Ethereum イーサリアム 、Monacoin モナコイン 、Bitcoin Cash ビットコインキャッシュ など... 計5種類 おすすめポイントと特徴 ザイフは、代表がブロックチェーン推進協会(BCCC の理事を務めるなど、ブロックチェーン業界を最先端で牽引していることでも有名です。 マルチシグ、コールドストレージ、二段階認証とセキュリティが堅牢であり、その上高い販売手数料を払わずに「NEM」「Ethereum」などのアルトコインが購入できるため、非常にお勧めできます。 ザイフには「積立投資」で仮想通貨を購入する機能が用意されているため、貯金感覚で積み立てもできます。 デメリット UIが使いづらい点がマイナスポイント。 アプリの充実化も進んでいないので今後の発展に期待です。 1日~1週間内で売買を繰り返す短期トレーダーの方には不向きです。 こんな方におすすめ 「NEM ネム の取引をしたい方」 ザイフの代表、朝山貴生氏がNEM. io財団の理事を務めていることもあり、NEMを使ったザイフ限定のお得なキャンペーンなどを行う可能性があります。 マルチシグは仮想通貨毎に構築する必要がありますが、テックビューロ社(zaif にはNEM開発メンバーのうち3名が在籍しているので、NEMの取扱いに長けている取引所と考えられます。 4 DMM Bitcoinの特徴と評価 取扱通貨 BTC ETH XRP LTC ETC BCH XEM Bitcoin ビットコイン 、Litecoin ライトコイン 、Ripple リップル 、Ethereum イーサリアム 、Ether Classic イーサリアムクラシック 、Bitcoin Cash ビットコインキャッシュ 、ネム NEM・XEM など... 計7種類 おすすめポイントと特徴 DMM Bitcoinは、2018年1月に参入したばかりですが、ローラを起用したCMが話題性を呼び、今急成長を遂げている取引所です。 取扱通貨の種類が比較的多く、国内では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能な点が大きな特徴です。 その他にも、出金手数料や取引手数料が無料など、手数料では国内他社を圧倒しています。 デメリット 豊富な種類の仮想う通貨に対応しているDMMですが、現物取引が出来るのは「ビットコイン」「イーサリアム」の2種類のみです。 その他アルトコインの現物取引を行いたい方は、DMM Bitcoin以外の取引所を利用しましょう。 こんな方におすすめ 「取引を頻繁に行うデイトレーダー」 手数料が各種無料で、アルトコインのレバレッジ取引に対応しているので、手数料が頻繁に発生するようなデイトレーダーでも、手数料による損失も抑えることが出来ます。 5 ビットバンクの特徴と評価 取扱通貨 BTC ETH XRP LTC MONA BCH おすすめポイントと特徴 ビットバンクは、bitbank. ccとbitbank Trade2つの運営を行っています。 bitbank. ccは、ビットコインやライトコイン等の仮想通貨の現物取引ができます。 bitbank Tradeは、香港のOKCoinで取引します。 また、現物取引はなく、ビットコインで先物タイプのレバレッジ取引ができます。 また、全取引ペア手数料0円のキャンペーンを行っているので、取引をお得に行うことが出来ます。 デメリット コインチェックやビットフライヤーでは、初心者でも購入しやすい「簡単売買」が存在しますが、ビットバンクには販売所がないため、簡単にビットコインを買うことができません。 販売所では手数料が余計にかかってしまうとは言え、株やFXもしたことがない初心者の人には難しいかもしれません。 こんな方におすすめ 「取引になれた中級者向け」 ビットバンクは、アルトコインの取引所が設けられており、割安でアルトコインを購入することが出来ます。 しかし取引所での板注文は、販売所と違いユーザー間での取引になるので多少慣れが必要であり、仮想通貨を始めたばかりの初心者にはおすすめしません。 6 ビットトレードの特徴と評価 取扱通貨 BTC ETH XRP LTC MONA BCH Bitcoin ビットコイン 、Litecoin ライトコイン 、Ripple リップル 、Ethereum イーサリアム 、Monacoin モナコイン 、Bitcoin Cash ビットコインキャッシュ など... 計6種類 おすすめポイントと特徴 ビットトレードは、FXトレードフィナンシャル FXTF の関連会社で、FXのノウハウを仮想通貨取引に応用しているのが特徴です。 実際にレーダーチャートなどはカスタマイズ性が高く、FXをやっていた人であれば直感的に操作が可能です。 デメリット 知名度が低いので、肝心の取引相手が少ないのがデメリットです。 しかし、タレントの起用なども積極的に行っているので、利用者の増加は今後に期待です。 こんな方におすすめ 「取引にさらになれた上級者向け」 ビットトレードはFXのノウハウを仮想通貨取引に応用しており、レーダーチャートなどのカスタマイズ性が高いのが売りです。 それ故にカスタマイズなどを使いこなせなければ全く意味がなく、ただの難しい取引画面になってしまいます。 7 コインチェックの特徴と評価 取り扱い通貨 BTC ETH XRP LTC ETC BCH XEM DASH XMR LSK REP FCT ZEC Bitcoin ビットコイン 、Ethereum イーサリアム 、Bitcoin Cash ビットコインキャッシュ 、Ripple リップル 、Litecoin ライトコイン 、DASH ダッシュ 、Monero モネロ 、NEM ネム 、Ether Classic イーサリアムクラシック 、Lisk リスク 、Zcash ジーキャッシュ 、Factom ファクトム など... 計13種類 おすすめポイントと特徴 コインチェックは、国内ビットコイン取引高No. 1であり、取り扱い通貨の種類も国内取引所ではトップクラスです。 出川さんのCMで一気に有名になりましたが、2012年から運営実績があり他取引所より歴史があります。 サポート対応も速やかなうえに、ウェブ、アプリ共に使い勝手が抜群なので急速に広まっています。 デメリット 手数料 スプレッド が高い点がマイナスポイント。 1日~1週間内で売買を繰り返す短期トレーダーの方には不向きです。 逆に言うと、いまから仮想通貨を投資目的で長期保有する方にはデメリットにはなり辛いです。 NEMの流失事件でセキュリティの甘さが露呈しており、現段階ではお勧めできません。 しかし元々アプリやウェブ画面がシンプルで使い勝手が良く、ユーザー数も国内No. 1の取引所だったので、今後の信頼回復に期待です。 【番外編】バイナンスの特徴と評価 海外 取り扱い通貨 BTC ETH XRP LTC ETC XEM DASH XMR LSK BCH ZEC Bitcoin ビットコイン 、Ethereum イーサリアム 、Bitcoin Cash ビットコインキャッシュ 、Ripple リップル 、Litecoin ライトコイン 、DASH ダッシュ 、Monero モネロ 、Ether Classic イーサリアムクラシック 、Lisk リスク 、Zcash ジーキャッシュ 、Factom ファクトム 、NEM ネム など... 計100種類以上 2018年現在 おすすめポイントと特徴 バイナンスは中国の仮想通貨取引所であり、取引量は世界で5本の指に入り、24時間あたりの取引量で世界一になった実績があります。 またバイナンスには、100種類以上ものコインが上場し、取扱いがされています。 日本では多くてもコインチェックの13種類ですので、仮想通貨の種類で言えば規模が違います。 デメリット バイナンスは、日本円の取り扱いがないので、一度国内取引所で通貨を購入しバイナンスに送金する必要があります。 一旦仮想通貨を国内取引所で購入しないといけないため、最低でも2つの取引所でアカウントを作る必要があるので、多少面倒に感じるかもしれません。 手数料に拘る方がおすすめしている 手数料が国内取引所より圧倒的に安く、トータルコストが確実に抑えられます。 また国内ではまだ取り扱っていないような仮想通貨もあるので、これから化ける通貨などにも手を出しやすいため、仮想通貨の取引に慣れた方が使用している可能性が高いです。 ただし日本円入金が出来ず、ビットコインでの購入になるので、国内の取引所口座の開設も必須です。 取引所開設のポイント 複数開設が絶対的におすすめ。 投資の基本は複数の口座で複数の銘柄を購入することです。 これは投資先を分けることによりリスクを分散するためです。 法の整備がまだ整っていない仮想通貨の世界は、株やFXなどよりもリスクが高いです。 複数口座を開設し必ずリスクを分散しましょう。 投資の最終決定はご自身の判断でお願いいたします.

次の

【2020年ランキング】おすすめのビットコイン(仮想通貨)取引所を比較!|イケハヤ大学【ブログ版】

ビットコイン おすすめ取引所

ビットコイン(BTC)取引所の選び方!6つのポイント ビットコイン取引をはじめるにあたり、取引所の登録は欠かせません。 重要なポイントを6つに絞ってお届けしますので、ぜひ取引所選びの参考にしてみてくださいね。 手数料 手数料の話をする前に、 まずは取引所と販売所の違いを把握しておかなければなりません。 取引所というのは、ビットコインなど仮想通貨のユーザー同士で売買したい金額や数量を決め、合意となると取引成立となり、手数料は非常に安く、無料のところもあります。 ただし、デメリットとして自身が希望する金額や数量で取引が成立するとは限らないということを覚えておかなければなりません。 販売所の場合、仮想通貨を販売所から直接購入できるため、ユーザーは購入したい数量を指定して自身の好きなタイミングで取引を行うことが可能です。 しかし、販売所が設定している金額でしか購入できないため、手数料は取引所と比較すると割高となっています。 手数料のことを考えると、販売所よりも取引所で仮想通貨取引を行うことが賢明です。 取り扱い通貨 ビットコインは基軸通貨と呼ばれており、仮想通貨の代表格ともいえるのですが、ビットコイン以外の仮想通貨、つまりアルトコインにも将来性があり魅力的なものも多いのも事実です。 ビットコイン取引を行うにあたり、円以外にも対ドルも重要ですが、イーサリアムやリップルなどアルトコインの取り扱いが豊富な取引所を選ぶのもポイントです。 ビットコインの価格が急落したときも、 ほかの仮想通貨を保有しておけばリスクヘッジにもなります。 セキュリティー young hacker with hood and binary code マウントゴックス事件や、日本では記憶に新しいコインチェックのNEM580億円分の仮想通貨盗難事件がありました。 ハッカーにより攻撃を受けてまんまと盗み取られ、2018年3月、まんまと全て換金されてしまったようです。 この問題はホットウォレットといって、常にインターネットに接続した状態で顧客の資産を保存していたために起きてしまいました。 こうした問題を回避するには、 コールドウォレットや2段階認証などセキュリティーシステムが整った取引所に預けたり、 Ledger Nanoなどのハードウェアウォレットなど、自身のウォレットで管理するなどの対策が必要です。 万が一、ハッキング被害に遭ってしまった場合の金額保証について調べ、 取引所に預けるということは資産を失うリスクも覚悟しておかなければならないということを覚えておかなければなりません。 分析ツール トレードを行うとき、最も重要なのがチャートですよね。 取引所によって分析ツールが違うので、 自身に合った分析ツールで取引を行うことが大切になってきます。 例えばビットコインでFXを行う場合、テクニカル分析は最重要ですので、 トレンド線・移動平均線・ボリジャーバンド・MACD・ストキャスティクスなどプロ向けの分析ツールが豊富なところを選ぶと良いでしょう。 スマホ対応であるかやアプリ有無 値動きの激しいビットコインなどの仮想通貨取引を行っていると、外出先でも値動きが気になるところですよね? チャートがスマホでも見られるように対応しているか、 画面は見やすいかなど操作性も確認しましょう。 また、アプリがあればチャート分析だけでなく、ビットコインの売買も手軽に行えますし、売買のタイミングを逃しにくいのでアプリの有無も大切なポイントです。 上場企業が運営していたり、株主に大企業がいたりするなど資本が安定している取引所なら安心だといえます。 当然のことながら顧客の資産と分離されて管理しているかどうか、 万が一のことがあっても資産の返却される信託保全があるとさらに安心ですね。 ビットコイン取引所おすすめ5社! 第5位 DMMビットコイン DMMビットコインは、有名なDMMグループが運営する仮想通貨取引所です。 2018年1月に口座開設申し込みを開始するなど、ほかの取引所よりも参入が遅かったのですが、 圧倒的な知名度と取引ツールの使いやすさからDMMビットコインを選ぶ人が増えてきています。 仮想通貨について分からないことがあったら問い合わせフォームやLINEから気軽に相談できるのも初心者にはうれしいポイントですね。 手数料 入出金無料。 取引手数料無料。 (ただし、レバレッジ手数料が建玉ごとに0. ) 取扱通貨 現物取引:BTC・ETH レバレッジ取引:BTC・BTH・ETH・NEM・LTC・XRP・ETC セキュリティー インターネットに接続しないオフラインでのコールドストレージで保管。 SSL暗号化通信。 2段階認証。 顧客の資産の分別管理。 分析ツール DMM. com証券と同じ取引ツールを使用。 18種類のテクニカル指標搭載。 一目均等表・平均移動線・MACD・RSIなど。 最大で6画面のチャートを表示することができ、比較も可能。 スマホ対応・アプリ有無 スマホ対応。 アプリ有。 信頼性 資本金は2億9,000万円。 ネット証券会社やFX企業なども運営する大手企業が運営。 第4位 bitbank bitbankは、仮想通貨の現物取引ができるbitbank. ccと仮想通貨の先物取引ができるbitbank. tradeの2つの取引所があり、 ビットバンク株式会社が運営しています。 bitbankは、「BTCN」というビットコインなどの仮想通貨ニュースを配信していることでも有名。 また ブロックチェーン技術のために大学を設立するなど、業界の発展や拡大に力を注いでいます。 全ペア手数料無料キャンペーンなど お得で様々なキャンペーンを行っているのも特徴です。 手数料 取引手数料無料。 日本円:入金は振込手数料・出金は540~756円。 仮想通貨:入金無料・出金は有料で通貨によって違う。 取扱通貨 BTC・BTH・ETH・LTC・MONA セキュリティー インターネットに接続しないコールドウォレットを採用。 またビットコインセキュリティー専門の会社BitGOと連携しホットウォレットの安全性も確保している。 2段階認証。 マルチシグ対応でハッキング対策も万全。 分析ツール TradingViewを採用しているため、100を超えるテクニカル分析が行える。 高い機能性を備えているにも関わらずシンプルで軽いので、ストレスなくトレードすることが可能。 スマホ対応・アプリ有無 スマホ対応。 アプリ無。 信頼性 資本金は11億3,100万円。 第3位 QUOINEX QUOINEXと書いてコインエクスチェンジと読みます。 最大の特徴は、ビットコインの価格がほかの取引所に比べて低いということ。 上手く立ち回ることができれば差額利益を上げられる可能性がありますね。 セキュリティーも強固なシステムで安心。 信託保全も検討中とのことです。 380もの金融機関と提携しており、24時間いつでも入金が可能となっています。 さらに、 将来性が見込めると話題の「QASH」というトークン取引が行えるのもQUOINEXだけです。 手数料 各種手数料が無料。 マルチシグ対応。 4段階のステップで安心で安全な出金システム。 分析ツール TradingView・Cryptowatch搭載で世界最速の取引エンジンともいわれる。 チャート・板情報・注文パネル・ウォッチリストなどのパネルを自由にカスタマイズ。 豊富な機能で取引を行うことができる。 スマホ対応・アプリ有無 スマホ対応。 アプリ有(ただし、すぐ落ちるなど評判がやや悪い)。 信頼性 準備金含む資本金は約20億円。 ハイスペックな人材が運営しており、独自トークンのQASHを発行した際には150億円もの資金調達に成功している。 第2位 BITPoint BITPointの最大の特徴は メタトレーダー4を導入しているところ。 基本的にはFXを行うときに利用されるツールで、的確なトレードができると投資家の間で評判です。 BITPointはメタトレーダー4を日本で初めて導入している取引所になります。 セキュリティーについても、本人確認を徹底して行い、証券会社並みのセキュリティーで不正な取引を防ぎ、信託保全も2018年4月に導入予定です。 手数料 入出金手数料。 取引手数料無料。 取扱通貨 BTC・ETH・BTH・LTC・XRP セキュリティー 証券会社レベルの強固なセキュリティーを誇る。 SSL暗号化。 マルチシグ対応。 2段階認証。 不正な侵入の検知・防御。 分析ツール 日本で初めてメタトレーダー4(通称MT4)を導入。 高機能で使いやすく、主にFXで使用されている。 スマホ対応・アプリ有無 スマホ対応。 アプリ有。 MT4アプリのダウンロードでいつでもチャートが見られる。 信頼性 準備金含資本金44億3000万円。 上場企業であるリミックスポイントが親会社。 第1位 bitFlyer bitFlyer業務改善命令について 2018年6月22日 金 更新 現在bitFlyerは金融庁からの業務改善命令により新規登録を受け付けていません。 新規登録が再開するまでは他の取引所での口座開設をおすすめします。 bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量が国内最大の取引所です。 bitFlyerはセキュリティーの面でも世界トップクラスを誇り、 sqreenというウェブアプリケーションセキュリティプラットフォームが行った セキュリティ対策調査では世界NO. 1と評価されています。 大手ネットショップの楽天市場など100を超えるショップでお買い物をするとビットコインがもらえるなど、独自のサービスも魅力的ですね。 手数料 ビットコイン売買手数料0. 01~0. 15% 取扱通貨 BTC・BCH・ETH・ETC・MONA・LSK セキュリティー 世界一ともいわれる強度の高い通信セキュリティー。 SSL暗号化。 マルチシグ対応。 2段階認証。 分析ツール bitFlyer lightningという分析ツールで高速取引が可能。 チャットツールにはCryptowatchを採用。 スマホ対応・アプリ有無 スマホ対応。 アプリ有。 ビットコインFXも対応可。 信頼性 準備金を含む資本金は41億238万円。 株主にはメガバンクやIT系会社など12社が名を連ねる。 ポイント ZaifやGMOコインもおすすめでしたが、金融庁から2018年3月8日に業務改善命令が出され、2018年3月22日までに改善計画書を提出するように求められる事案が発生しました。 期日通り、改善計画書を提出したようですが、Zaifのホームページをチェックしても、どのように改善していくのか3月27日の時点ではまだ顧客に説明されていないため、本記事ではビットコイン(BTC)取り扱いおすすめ取引所から外すことにいたしました。 GMOコインについては、どのような改善計画書を提出したのかホームページにしっかりと記載されていたので顧客への対応がきちんとなされている印象を受けました。 ZaifもGMOコインも人気の取引所だったので、どのように改善していくのか今後も目が離せません。 ビットコイン BTC 取引所徹底比較まとめ ビットコイン(BTC)取引所を徹底比較してみましたが、気になる取引所は見つかりましたか? 国内に限らず海外の取引所も多数存在しているので、6つの選び方のポイントを参考にして選び、口座開設してみてくださいね。

次の