挨拶文 6月 コロナ。 新型コロナウイルスへの対応についての挨拶文と感染症対策の例文ひな形

6月の書き出し例文

挨拶文 6月 コロナ

PTA広報誌に掲載する挨拶文にも使えます 地域によっては緊急事態宣言が解除され、それに伴い休校も解除されはじめました。 子どもたちの元気な声が聞こえるようになったことはとてもうれしいことです。 初めてPTA会長になる方も、せっかく引き受けたのに、なかなか学校に行けない日々が続いていると思います。 ただ、学校も少しずつ日常を取り戻していくと思いますので、そうなるとおそらく挨拶の依頼がくるのではないかと思います。 3密は避けなければいけないので、人前での挨拶ではなく、PTA広報誌や会報に載せる挨拶文になるかもしれないので、そちらをイメージして作成しています。 PTA会長としての挨拶文にどのようなテーマを入れるか まずは、先に挨拶文に入れるテーマを決めていくと、スムーズに作っていくことができるので、テーマを先に考えます。 この休校期間中、子どもたちはとてもさみしい思いをしていたのではないかと思います。 あたりまえのことがあたりまえではなくなり、友だちと遊ぶこともできなくなってしまいました。 また、子どもに限らず、大人も自宅でのテレワークを余儀なくされ、人恋しさを感じる人もいるのではないでしょうか。 ですから今回は 「 人とのつながりの大切さ」をテーマにした挨拶文にしたいと思います。 それ以外にも、• あたりまえのありがたさ• 時間の大切さ などのテーマも含ませています。 休校明けのPTA会長の挨拶文例 それでは実際の挨拶文をご紹介したいと思います。 この数か月間、子どもたちは日常の何気ない時間を奪われ、とてもさみしい思いをしたと思います。 子どもたちだけではなく、私自身も、そのような「あたりまえに過ごしていた何気ない時間」が、どれだけありがたいことなのかを実感しています。 それと同時に「人と人とのつながりの大切さ」を感じています。 これからの時代は「テレワーク」や「オンライン授業」などが急速に普及していくことが予想されますが、やはり直接会ってコミュニケーションをとることも大切です。 特に子どもたちは、勉強も遊びも、友だちと一緒の方がより楽しく感じられるはずです。 子どもたちが人と人とのつながりの大切さを学ぶために、小学校は非常に重要な役割を担っており、オンラインでは学べないことがたくさんあります。 子どもたちにとって大事な小学校生活を、PTA活動を通じて支えていき、少しでも多くの思い出が作れるようにしてあげたいと思いますので、今年度もPTA活動へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。 参考程度に見ていただき、ご自身の言葉や思いに置きかえて自由に変更してみてください。 まとめ 今年度は、小学校を代表する行事の中止が余儀なくされるかもしれません。 子どもたちの気持ちを考えると、思い出に残る大事な行事がなくなることが、とても可哀そうで仕方ありません。 PTA活動を通じて、少しでも多くの子どもたちの笑顔を作ってあげてくれることを願っております。

次の

6月の書き出し例文

挨拶文 6月 コロナ

新型コロナウイルス感染症の拡大を踏まえた 定時株主総会の臨時的な招集通知モデルのお知らせ 昨今の新型コロナウイルス感染症の拡大により、企業活動においても様々支障が生じております。 4月28日現在、全国に緊急事態宣言が発せられ、外出や他者との接触を極力避けるよう要請されている中、3月末決算の株式会社におきましては、定時株主総会の開催につき大変な苦慮をなされているものと存じます。 例年通りの株主総会を開催した場合、会場において、いわゆる三密の状態が生じることは避けられず、また、株主総会の準備段階におきましても、従業員等関係者の密な接触が危惧されます。 この国難ともいえる非常事態におきましては、株主、従業員等の健康・安全を第一に考え、さらなる感染拡大を防止すべく、株主総会の開催につきましても、平時とは異なった対応を検討する必要があるものと存じます。 そこで、この度、株主に事前の議決権行使を促しつつ定時株主総会に来場いただく株主の数を一定程度限定することを想定した招集通知の記載モデル(モデルA)、及び、感染拡大防止の観点をさらに強め、原則として会場への来場をご遠慮いただくことを想定した招集通知の記載モデル(モデルB)を作成いたしましたので、ご参考までにお知らせいたします。 なお、両モデルは、4月28日時点における各種情報を踏まえ、6月に定時株主総会の開催を予定している企業を念頭に、決算作業が予定通り進行することを前提とし作成しております。 また、両モデルは、各社が定時株主総会の開催方法を検討するうえでの一つの検討材料を提供するものであり、株主総会の予定通りの開催を慫慂するものではございません。 加えて、今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況及び政府の方針によっては、その時の事情に従った対応が必要になるものと思われます。 両モデルの作成にあたりご協力いただきました森・濱田松本法律事務所の澤口実先生、石井裕介先生をはじめとする同所の先生方に厚く感謝申し上げますとともに、両モデルが企業の皆様の一助となりましたら幸いでございます。 【臨時的な招集通知モデル】• (来場いただく株主の数を一定程度限定することを想定)• (株主の来場を原則ご遠慮いただくことを想定).

次の

「時候の挨拶」「季節の挨拶」の書き方とビジネス例文!月別も紹介

挨拶文 6月 コロナ

PTA広報誌に掲載する挨拶文にも使えます 地域によっては緊急事態宣言が解除され、それに伴い休校も解除されはじめました。 子どもたちの元気な声が聞こえるようになったことはとてもうれしいことです。 初めてPTA会長になる方も、せっかく引き受けたのに、なかなか学校に行けない日々が続いていると思います。 ただ、学校も少しずつ日常を取り戻していくと思いますので、そうなるとおそらく挨拶の依頼がくるのではないかと思います。 3密は避けなければいけないので、人前での挨拶ではなく、PTA広報誌や会報に載せる挨拶文になるかもしれないので、そちらをイメージして作成しています。 PTA会長としての挨拶文にどのようなテーマを入れるか まずは、先に挨拶文に入れるテーマを決めていくと、スムーズに作っていくことができるので、テーマを先に考えます。 この休校期間中、子どもたちはとてもさみしい思いをしていたのではないかと思います。 あたりまえのことがあたりまえではなくなり、友だちと遊ぶこともできなくなってしまいました。 また、子どもに限らず、大人も自宅でのテレワークを余儀なくされ、人恋しさを感じる人もいるのではないでしょうか。 ですから今回は 「 人とのつながりの大切さ」をテーマにした挨拶文にしたいと思います。 それ以外にも、• あたりまえのありがたさ• 時間の大切さ などのテーマも含ませています。 休校明けのPTA会長の挨拶文例 それでは実際の挨拶文をご紹介したいと思います。 この数か月間、子どもたちは日常の何気ない時間を奪われ、とてもさみしい思いをしたと思います。 子どもたちだけではなく、私自身も、そのような「あたりまえに過ごしていた何気ない時間」が、どれだけありがたいことなのかを実感しています。 それと同時に「人と人とのつながりの大切さ」を感じています。 これからの時代は「テレワーク」や「オンライン授業」などが急速に普及していくことが予想されますが、やはり直接会ってコミュニケーションをとることも大切です。 特に子どもたちは、勉強も遊びも、友だちと一緒の方がより楽しく感じられるはずです。 子どもたちが人と人とのつながりの大切さを学ぶために、小学校は非常に重要な役割を担っており、オンラインでは学べないことがたくさんあります。 子どもたちにとって大事な小学校生活を、PTA活動を通じて支えていき、少しでも多くの思い出が作れるようにしてあげたいと思いますので、今年度もPTA活動へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。 参考程度に見ていただき、ご自身の言葉や思いに置きかえて自由に変更してみてください。 まとめ 今年度は、小学校を代表する行事の中止が余儀なくされるかもしれません。 子どもたちの気持ちを考えると、思い出に残る大事な行事がなくなることが、とても可哀そうで仕方ありません。 PTA活動を通じて、少しでも多くの子どもたちの笑顔を作ってあげてくれることを願っております。

次の