わがまま ボディ 意味。 わがままボディとは?男性の意見やモテボディの作り方を紹介

意味のあるわがままボディと、意味のないわがままボディ

わがまま ボディ 意味

わがままボディの意味は、グラビアアイドルのような体型です。 つまり「バランスが取れていて豊満な体つき」を指します。 日本人男性はスリムな体型でかつ、肉付きがいい、いわゆる「ボン・キュッ・ボン」の体型を好む傾向にあります。 デブは嫌ですが、締まるところは締まっていて出るところはしっかり出ている体型です。 スリムかどうかは、カロリーをコントロールできているか、運動をきちんとしているかという部分にもよると思うのですが、胸が大きいとか、お尻の肉付きがいいというのは、努力でそのように作りこむのはちょっと難しいかもしれません。 そういう意味ではわがままボディは誰しもが努力で手に入るものではないのです。 わがままボディの発祥と由来|「豊満」と「放漫」の変換違いという説がある わがままボディの発祥と由来は所説ありますが、有力な説としては「豊満」と「放漫」の変換違いという説があります。 これは「ほうまんぼでぃ」という変換が本来であれば「豊満ボディ」になるはずが、どこかで間違えて「放漫ボディ」と変換してしまったという説です。 しかし変換しなくても言わんとしてることは何となくニュアンスで分かる気もします。 胸が大きくて、ウエストにはお肉が付いてなくて、お尻にはお肉が付いているなんて、女性が「わがままボディ」なのではなく、単なる男性の「わがまま」だって思っちゃいます。 わがままボディとはどんな体型なのか? わがままボディとは全体的に豊満な体型 わがままボディとは全体的に豊満な体型を指します。 わがままボディは基本的に胸とお尻にお肉が付いていることが条件なのでウエストがどのくらいくびれていたらわがままボディと言えるのかは、それをジャッジする男性次第になるのでしょう。 それでも肉付きが良くないただスリムなだけの女性はわがままボディと言われません。 世界基準で見れば、豊満な身体をしている女性の方が魅力的だとされる国が多くなっています。 それはウエストに関係はありません。 私も最近聞いてびっくりしたのは、ベリーダンスというお腹を揺らして踊るダンスがあるのですが、あのダンスはお腹が出た女性が踊るスタイルが、本来のスタイルだということです。 てっきり引き締まったウエストをくねらせるからいいのかと思っていたのですが、ベリーダンスというのは本来はお腹のお肉を揺らして踊るものなのだそうです。 引き締まったウエストがいいのか、ほどほどの肉付きがいいのかは人それぞれの好みなのかもしれませんが、日本人の女性を見る価値観が特殊なのかもしれません。 わがままボディとは全体にバランスよくメリハリがある体型 わがままボディとは全体にバランスよくメリハリがある体型を指します。 わがままボディは豊満さが求められるのと同時に、メリハリがある体型が求められます。 胸は大きい、ウエストは締まっている、そしてお尻にはお肉が付いていることです。 このメリハリがわがままボディの条件だと言われています。 しかし、私はこのメリハリという部分に疑問を感じます。 胸が大きいのがいいのは何となく分かります。 そしてウエストがくびれていた方がいいのもわかります。 しかしお尻が大きいのはいいと言う人とそれが嫌な人に明確に分かれるのではないかと思います。 プリっとした可愛いお尻の方がいいという男性も少なくないと思います。 特集:芸能界で大絶賛のダイエット方法! 食べたものをスルスル溶かしてくれる酵素があるんです! ダイエットって大変、、美味しいごはんをガマンしたり、運動しないといけない。 でももうそんな時代は終わったんです!『食事制限もナシ』『辛い運動もナシ』で簡単に痩せれる方法があります!その方法は、テレビでも話題殺到の超簡単な飲むだけダイエット!あなたが痩せないのは、実は酵素の不足が原因だったのです! 溜め込んだものをスルッと酵素力でサポートし、"美ボディ"を実現しましょう!楽天ランキング5冠を達成した、芸能人も御用達の神サプリ。 しかし、まだ「わがままボディ」の「わがまま」が指す意味合いにピンと来ていない人も少なくないのではないかと思うので、もうちょっと「わがまま」の意味合いを掘り下げていきたいと思います。 わがままボディのわがままの意味とは、グラマラスでビキニが似合う女性を指します。 ビキニを着用すると、女性はその体型が露わになります。 そのため、胸の大きさ、ウエストのくびれ、そしてお尻への肉付きを誤魔化すことなど一切できずに、その体型が丸わかりの状態となるのです。 つまりビキニが似合うということは、その体型をみたしているということなので、ここで言う「わがままボディ」の「わがまま」の部分の条件を満たしていると言えるのです。 「わがままボディ」の「わがまま」の意味には「豊満」という意味が含まれていますが、この「豊満」は「はちきれんばかりに豊満」という、ビキニを身に着けていればそれが外れるかハラハラするくらいにはち切れん様子を意味しています。 胸やお尻がはち切れんばかりであれば、ウエストの数字自体が細くはない数字の水準であっても、相対効果で細く見えることでしょう。 つまり、「わがままボディ」を使う際にはいかに豊満さの度合いがはち切れんばかりにハラハラする水準まで到達しているかが大切になると言えるでしょう。 これまでビキニの話をしてきましたが、わがままボディを持つ女性の身体のラインは着衣のままでも分かります。 つまり着痩せしている状態ではその身体を「わがままボディ」とは表現ができないわけです。 もちろんゆったり目のワンピース等、身体のラインが隠れる服もありますが、身体のラインがしっかり出ている服を着用しているのであれば、その豊満な身体のラインが分かるくらい、胸の膨らみとお尻の肉付きがあって、お腹のラインが出ていないと分かることが「わがままボディ」が真に意味する体型と言えるでしょう。 ちなみに女性が水着やビキニを着る時に、その選び方を間違うと従来の体型よりも相手に悪く映ってしまい、損をすることもあります。 そんな悲しいことにならないように、水着とビキニの選び方を説明している関連記事を紹介しますので、時間がある時に確認してみてください。 豊満でメリハリのある体型の定義にはくびれたウエストが挙げられます。 くびれたウエストは男性から見た理想体型の必須条件と言っても過言ではありません。 バストの大小の好みは分かれることはありますが、ウエストはくびれがある細い方が美しく感じる男性が多数を占めます。 女性からみてもくびれたウエストは憧れです。 またくびれたウエストはわがままボディの条件の中で女性の頑張りが一番反映される部分でもあり、またわがままボディの由来と発祥になっている「豊満」という要素において胸とお尻のボリュームに対してバランスを取る重要なパーツです。 ウエストのくびれがわがままボディの良し悪しを決めると言っても過言ではないでしょう。 わがままボディの由来と発祥が「豊満」という言葉なので、その言葉のイメージ通りのグラマラスさがまず第一に求められますし、身体にメリハリがあるともっと男性が理想とする体型に近づくことでしょう。 わがままボディの由来と発祥である「豊満」という要素は丸みと優しい柔らかさを持ったものであり、それは男性にはない要素です。 男性は女性に対して、自身に欠けている要素を求める心理が本能的にあるため、男性が女性に対してわがままボディを求めるのは、男性として生まれ持ったものであるとも言えるのです。 わがままボディにおける女性のイメージは「男性にモテる体型」 わがままボディになりたくない女性の意見に「わがままボディはだらしない」というものがあります。 通常わがままボディは理想体型を意味するものではあるのですが、基本的にふくよかなわがままボディは一歩間違うとぽっちゃりを意味することにもなります。 そのため「わがままボディはだらしない」からそうなりたくはないと、ネガティブに考える女性が実際にいることも事実なのです。 わがままボディの由来と発祥である「豊満」の意味合いが強くなりすぎると、確かにだらしない体型になりかねないのでそういった意味では、わがままボディは諸刃の剣と言えるかもしれません。 しかしわがままボディが重要な要素を占めるのはどこが豊満でどこが締まっているかという話ではなく「健康的に見えるかどうか」です。 若干肉付きが良すぎかなと思えても、健康的に見えればそれは豊満ボディなのです。 逆にスリーサイズが条件を満たしていても不健康そうに見える身体は、豊満ボディとは言えないのです。 わがままボディは男性にモテたい女性が憧れる体系です。 わがままボディを手に入れることで、自分に対する自信も素敵な彼氏も手に入るようになるのです。 そのため、一生懸命お腹の肉を落とそうとしているのです。 また、胸が大きく見えるように、そしてお尻は肉付きが良く引き締まるように、努力を重ねていくのです。 世の女性の多くが、グラマラスでメリハリのあるわがままボディを手に入れたいと思っているのです。 わがままボディの由来と発祥は「豊満」という言葉から来ているため、良く言えばグラマラスということなのですが、悪く言うと太っているという捉え方もできます。 そのため、グラマラスでメリハリのある体型をした女性であっても、その胸の大きさにコンプレックスを感じることも少なくないのです。 そのため、スリムな方が女性は綺麗だと強く思っている女性にとっては、わがままボディよりも、もっとスリムな体系への憧れを持つため「わがままボディって言われたくない」となるのです。 わがままボディの由来と発祥は「放漫」という言葉から来ているため、この言葉が示すように、わがままボディは不必要に男性の目を引くことがあります。 「男の子が私のことをジロジロ見て来るんだよね」なんて悩みは一部の女子から見ると本当に羨ましいことなのですが、わがままボディを持つ女性にはそれが悩みなのです。 また服のサイズがないということも胸が大きくてサイズが見つからないことを言っているので、女子に対して嫌味を言っているように聞こえるかもしれません。 わがままボディを持っている女性は輝いているものですが、それをわざわざ体型が出にくい服でかくすことや、その魅力をアピールしないことが「持て余す」状況です。 世の中にはわがままボディを望んでも手に入らない女性がたくさんいるのに、そのわがままボディを使うことなく隠したりアピールしなかったりすることに見ている人は戸惑いと憤りを覚えているのです。 わがままボディは努力なしでは手に入らないものですし、適度な運動とバランスが取れた食生活によって成り立つものです。 そのため、維持をするのはとても大変です。 これは単純なフィジカル面もありますし、年齢を重ねていけば代謝が落ちていきますので、その中でわがままボディを維持していくのは並大抵の努力ではできないことなのです。 「わがままボディを維持する」という使い方には、わがままボディを維持するための苦労が込められているのです。 わがままボディは男性からも女性からも憧れの体型 わがままボディは男性からも女性からも憧れの的になる体型です。 もちろん先天的な要素もありますが、努力によって手に入る可能性はグッと上がってくるのです。 また、わがままボディになろうとする女性、わがままボディを維持しようと頑張る女性は外見が綺麗なだけではありません。 わがままボディでいることには、その女性が輝こうとする努力が伴うものなので内面も磨かれていくのです。 わがままボディを手に入れて、外面も内面も輝く素敵な女性を目指しましょう!•

次の

わがままボディの意味や由来は?豊満でメリハリのある体型の定義3つ

わがまま ボディ 意味

よくグラビアアイドルを表す表現として 「わがままボディ」 という言葉が使われますが、これの由来は何なのでしょうか? 意味としてはナイスバディということでわかるのですが、由来と、できれば初出が知りたいです。 ネットで調べたり、知人と話し合った結果 1・魅力的な肉体を持っている女性はワガママ。 あるいは(男性に対し)ワガママが言えるというイメージから 2・バストサイズ的に、着る服を選ぶことから、体自体がワガママ のいずれかと思うのですが、いかがでしょうか。 他に、「肉感的である」というところから、エロい意味での「欲しがり=ワガママ」という意見も聞きました。 皆様の意見をお伺いしたいです。 よろしくおねがいします。 A ベストアンサー これは、広い云い方では「地口」と言い、江戸時代に非常に流行しました。 「合点承知之介」というのに似たものは、「冗談は由之介」というようなものがあります。 「合点承知」の場合は、前の表現に関係なく、付け足しているようですが(ただ、「承知した、俺は、合点承知之介だ」というような意味で地口になっているのでしょう)、「冗談は」の場合は、「冗談はよしてくれ」と続く所を、「よしてくれ」の代わりに、「由之介(よしのすけ)」となっているのです。 「その手は桑名の焼く蛤」というのは、桑名の名産が、江戸時代は蛤で、東海道の旅行をすると、桑名の焼き蛤を食べるのが有名だったのです。 ふうてんの寅さんが、論理的には支離滅裂だが、連想の仕方が面白い言葉を、戸板に水と語呂良く並べたてるのも地口の一種で、江戸時代は、庶民も相当な言葉の教養を持ち、俳諧、狂歌、川柳などで、遊んだのであり、たくさんの地口や面白い表現が作られ、それが、現在まで残っているのです。 「東海道中膝栗毛」などには、こういう地口が一杯載っているようです。 しかし、言葉遊び的な要素は、昔からの文学の技巧にあったとも云えます。 和歌で、「松」と「待つ」をかけるなどは、常套の技法でした。 「そういうことも有馬山」というのは、江戸時代ですが、これも、「そういうこともあります」の最後を、「有馬山」にかけているのです。 枕詞というのも、一種の地口かも知れません。 滑稽さというようなものではありませんが。 「山鳥の尾のながながし夜をひとりかもねむ」などは、付け言葉が後に付くのと反対に、前に付いているとも云えます。 語呂合わせではありませんが、美人を、「何々小町」と、何々に地名などを付けて呼ぶのは、小野小町から来ていますが、「土左衛門」が水死体というのは、江戸時代にそういう名の力士がいて、よく似ていたので、そうなったのだという話があります。 明治時代に作られた、教育目的の話のなかで、登場人物の名が、その職業を表すというようなものもありました。 例えば、商人の名が、金尾貯蔵(かねおためぞう)とかいうような類です。 日本だけでなく、中国にも、西欧にも、こういう言葉の冗談・洒落・地口の類はありました。 ディッケンズの「クリスマス・カロル」の主人公はスクルージと言いますが、あの名は、英語の動詞に、強欲に奪うとか何かそういう意味の言葉があり、それに音が類似しているのです。 また、「羊たちの沈黙」や「ハンニバル」に出てくる、狂った天才、ハンニバル・レクター博士を、「カンニバル・ハンニバル」というように呼びます。 ハンニバルは、Hannibal で、紀元前にローマと戦ったカルタゴの将軍の名前から来ていますが、カンニバルは、cannibal で、これは「食人種」という意味です。 ハンニバルという人の悪い綽名で、カンニバルと呼ぶことはあるのですが、レクターの場合、文字通り、「人食いハンニバル」です。 その他、語呂合せの類とか、もっと複雑な言葉の洒落や地口が、世界中の文化であります。 infoweb. infoweb. htm これは、広い云い方では「地口」と言い、江戸時代に非常に流行しました。 「合点承知之介」というのに似たものは、「冗談は由之介」というようなものがあります。 「合点承知」の場合は、前の表現に関係なく、付け足しているようですが(ただ、「承知した、俺は、合点承知之介だ」というような意味で地口になっているのでしょう)、「冗談は」の場合は、「冗談はよしてくれ」と続く所を、「よしてくれ」の代わりに、「由之介(よしのすけ)」となっているのです。 「その手は桑名の焼く蛤」というのは、...

次の

わがままボディの意味や由来は?豊満でメリハリのある体型の定義3つ

わがまま ボディ 意味

よくグラビアアイドルを表す表現として 「わがままボディ」 という言葉が使われますが、これの由来は何なのでしょうか? 意味としてはナイスバディということでわかるのですが、由来と、できれば初出が知りたいです。 ネットで調べたり、知人と話し合った結果 1・魅力的な肉体を持っている女性はワガママ。 あるいは(男性に対し)ワガママが言えるというイメージから 2・バストサイズ的に、着る服を選ぶことから、体自体がワガママ のいずれかと思うのですが、いかがでしょうか。 他に、「肉感的である」というところから、エロい意味での「欲しがり=ワガママ」という意見も聞きました。 皆様の意見をお伺いしたいです。 よろしくおねがいします。 A ベストアンサー これは、広い云い方では「地口」と言い、江戸時代に非常に流行しました。 「合点承知之介」というのに似たものは、「冗談は由之介」というようなものがあります。 「合点承知」の場合は、前の表現に関係なく、付け足しているようですが(ただ、「承知した、俺は、合点承知之介だ」というような意味で地口になっているのでしょう)、「冗談は」の場合は、「冗談はよしてくれ」と続く所を、「よしてくれ」の代わりに、「由之介(よしのすけ)」となっているのです。 「その手は桑名の焼く蛤」というのは、桑名の名産が、江戸時代は蛤で、東海道の旅行をすると、桑名の焼き蛤を食べるのが有名だったのです。 ふうてんの寅さんが、論理的には支離滅裂だが、連想の仕方が面白い言葉を、戸板に水と語呂良く並べたてるのも地口の一種で、江戸時代は、庶民も相当な言葉の教養を持ち、俳諧、狂歌、川柳などで、遊んだのであり、たくさんの地口や面白い表現が作られ、それが、現在まで残っているのです。 「東海道中膝栗毛」などには、こういう地口が一杯載っているようです。 しかし、言葉遊び的な要素は、昔からの文学の技巧にあったとも云えます。 和歌で、「松」と「待つ」をかけるなどは、常套の技法でした。 「そういうことも有馬山」というのは、江戸時代ですが、これも、「そういうこともあります」の最後を、「有馬山」にかけているのです。 枕詞というのも、一種の地口かも知れません。 滑稽さというようなものではありませんが。 「山鳥の尾のながながし夜をひとりかもねむ」などは、付け言葉が後に付くのと反対に、前に付いているとも云えます。 語呂合わせではありませんが、美人を、「何々小町」と、何々に地名などを付けて呼ぶのは、小野小町から来ていますが、「土左衛門」が水死体というのは、江戸時代にそういう名の力士がいて、よく似ていたので、そうなったのだという話があります。 明治時代に作られた、教育目的の話のなかで、登場人物の名が、その職業を表すというようなものもありました。 例えば、商人の名が、金尾貯蔵(かねおためぞう)とかいうような類です。 日本だけでなく、中国にも、西欧にも、こういう言葉の冗談・洒落・地口の類はありました。 ディッケンズの「クリスマス・カロル」の主人公はスクルージと言いますが、あの名は、英語の動詞に、強欲に奪うとか何かそういう意味の言葉があり、それに音が類似しているのです。 また、「羊たちの沈黙」や「ハンニバル」に出てくる、狂った天才、ハンニバル・レクター博士を、「カンニバル・ハンニバル」というように呼びます。 ハンニバルは、Hannibal で、紀元前にローマと戦ったカルタゴの将軍の名前から来ていますが、カンニバルは、cannibal で、これは「食人種」という意味です。 ハンニバルという人の悪い綽名で、カンニバルと呼ぶことはあるのですが、レクターの場合、文字通り、「人食いハンニバル」です。 その他、語呂合せの類とか、もっと複雑な言葉の洒落や地口が、世界中の文化であります。 infoweb. infoweb. htm これは、広い云い方では「地口」と言い、江戸時代に非常に流行しました。 「合点承知之介」というのに似たものは、「冗談は由之介」というようなものがあります。 「合点承知」の場合は、前の表現に関係なく、付け足しているようですが(ただ、「承知した、俺は、合点承知之介だ」というような意味で地口になっているのでしょう)、「冗談は」の場合は、「冗談はよしてくれ」と続く所を、「よしてくれ」の代わりに、「由之介(よしのすけ)」となっているのです。 「その手は桑名の焼く蛤」というのは、...

次の