バレー セッター と は。 セッターの役割 チームを支える司令塔

セッターを入れたローテーションを理解しよう【バレーボール6人制】

バレー セッター と は

世界最小・最強セッター 「竹下佳江」 女子バレー日本代表のセッターといえば、やっぱり真っ先に思い浮かぶのが竹下佳江さんだろう。 2000年代前半から実に10年以上も日本の司令塔として活躍した選手だ。 159cmと小柄な体格ながら、常に全体を見渡す視野の広さ・アタッカーが打ちやすいところへ的確にトスを出す技術、中心選手としてみんなをまとめるリーダーシップ、セッターとして必要なものがすべて揃った世界最高レベルの選手だった。 そんな彼女も、日本代表としての道のりは決して順調ではなかった。 1997年に初めて日本代表に選出されると、2000年にはレギュラーセッターに抜擢。 しかし、初めてレギュラーに定着したシドニーオリンピック予選では、3勝4敗で6位という結果に終わってしまい、「159cmのセッターが世界に通用するわけがない」とバッシングの的になってしまったのだ。 翌年のグラチャンバレーでも日本代表に選出されたものの、この時の責任を感じて2002年に一度バレーから離れ、地元の北九州に帰って介護の仕事に就こうとハローワークに通っていた時期もあったほどだ。 しかしその後、JTマーヴェラスの一柳昇監督から「JTのVリーグ昇格に挑戦しよう」と口説かれて復帰。 当時JTはV1リーグという2部リーグのようなところに所属していたが、復帰後はすぐさまチームの中心となり、Vリーグ昇格に貢献する。 以降も全日本のセッターとして選出され続け、オリンピックとワールドカップには3度、世界選手権にも2度出場。 ロンドンオリンピックでは28年ぶりのメダル獲得に貢献する活躍を見せた。 スピード感あふれるトス回し!「中田久美」 続いて紹介するのは中田久美さん。 昔からバレーを見ているという方にはおなじみの方かもしれない。 大林素子さんらと同時期に活躍していた選手で、とにかくスピード感のある攻撃的なトスが武器。 大林さんは14歳の時に日立の練習を見学した際、初めて中田さんにトスを上げてもらったそうだが、速すぎてまったくミートできなかったと語っている。 初めての全日本入りは1980年、何と15歳の時だった。 当初はセンタープレーヤーだったものの、すぐに才能を見出されてセッターへ転向。 そして83年からはレギュラーを獲得し、同年のアジア選手権では見事優勝に貢献する活躍を見せる。 翌84年のロサンゼルスオリンピックでも銅メダルを獲得し、順調に日本代表セッターの座を不動のものとしていたのだが、ここで中田さんに試練が……。 なんと86年に右膝前十字靭帯断裂の大けがを負ってしまうのだ。 懸命のリハビリを経て翌年に復帰、さらに88年のソウルオリンピックにも出場を果たすが、結局この右膝は引退まで完治しなかった。 その後、92年のバルセロナオリンピックにも出場し、女子バレーの選手としては史上初となる3度目のオリンピック出場。 しかし怪我のこともあり、なかなか以前のようなスピード感のあるプレーができず、この年で引退となった。 その後、95年に一度現役復帰するも、97年に日立を退社後は完全に引退。 現在は解説や講演会など、全国各地でバレーに関する活動をされている。 新たな日本の司令塔となるか?「宮下遥」 最後に、今後期待のセッターを紹介しよう。 宮下遥選手だ。 竹下さんが引退した後に日本のセッターを務めている。 2009年11月にVリーグデビューを果たしたのだが、15歳2か月でのデビューは史上最年少の記録。 そして4か月後の10年3月に全日本のメンバーに選出されたことからも、大きな期待が寄せられているのがうかがえる。 当初は中道瞳選手らとレギュラーの座を争っていたが、14年ごろから正セッターに定着した。 まだまだトスさばきや状況判断力は竹下さんに及ばないものの、177cmという高身長は大きな魅力。 サーブ・レシーブ・ブロックにも定評があり、総合的なポテンシャルは日本のセッターの中でもNo. 1だろう。 現役時代は名セッターとして知られていた眞鍋監督をして「今日本で一番のセッターであることは間違いない」と言わしめるほどだ。 そのかわいらしいルックスも相まってか、すでに日本代表の中でもトップクラスの人気を誇っている。 竹下さんや中田さんのように、10年以上日本の司令塔として君臨してくれるのだろうか。 期待していこう。

次の

バレーのセッターのコツ!トスやサインの方法について

バレー セッター と は

世界最小・最強セッター 「竹下佳江」 女子バレー日本代表のセッターといえば、やっぱり真っ先に思い浮かぶのが竹下佳江さんだろう。 2000年代前半から実に10年以上も日本の司令塔として活躍した選手だ。 159cmと小柄な体格ながら、常に全体を見渡す視野の広さ・アタッカーが打ちやすいところへ的確にトスを出す技術、中心選手としてみんなをまとめるリーダーシップ、セッターとして必要なものがすべて揃った世界最高レベルの選手だった。 そんな彼女も、日本代表としての道のりは決して順調ではなかった。 1997年に初めて日本代表に選出されると、2000年にはレギュラーセッターに抜擢。 しかし、初めてレギュラーに定着したシドニーオリンピック予選では、3勝4敗で6位という結果に終わってしまい、「159cmのセッターが世界に通用するわけがない」とバッシングの的になってしまったのだ。 翌年のグラチャンバレーでも日本代表に選出されたものの、この時の責任を感じて2002年に一度バレーから離れ、地元の北九州に帰って介護の仕事に就こうとハローワークに通っていた時期もあったほどだ。 しかしその後、JTマーヴェラスの一柳昇監督から「JTのVリーグ昇格に挑戦しよう」と口説かれて復帰。 当時JTはV1リーグという2部リーグのようなところに所属していたが、復帰後はすぐさまチームの中心となり、Vリーグ昇格に貢献する。 以降も全日本のセッターとして選出され続け、オリンピックとワールドカップには3度、世界選手権にも2度出場。 ロンドンオリンピックでは28年ぶりのメダル獲得に貢献する活躍を見せた。 スピード感あふれるトス回し!「中田久美」 続いて紹介するのは中田久美さん。 昔からバレーを見ているという方にはおなじみの方かもしれない。 大林素子さんらと同時期に活躍していた選手で、とにかくスピード感のある攻撃的なトスが武器。 大林さんは14歳の時に日立の練習を見学した際、初めて中田さんにトスを上げてもらったそうだが、速すぎてまったくミートできなかったと語っている。 初めての全日本入りは1980年、何と15歳の時だった。 当初はセンタープレーヤーだったものの、すぐに才能を見出されてセッターへ転向。 そして83年からはレギュラーを獲得し、同年のアジア選手権では見事優勝に貢献する活躍を見せる。 翌84年のロサンゼルスオリンピックでも銅メダルを獲得し、順調に日本代表セッターの座を不動のものとしていたのだが、ここで中田さんに試練が……。 なんと86年に右膝前十字靭帯断裂の大けがを負ってしまうのだ。 懸命のリハビリを経て翌年に復帰、さらに88年のソウルオリンピックにも出場を果たすが、結局この右膝は引退まで完治しなかった。 その後、92年のバルセロナオリンピックにも出場し、女子バレーの選手としては史上初となる3度目のオリンピック出場。 しかし怪我のこともあり、なかなか以前のようなスピード感のあるプレーができず、この年で引退となった。 その後、95年に一度現役復帰するも、97年に日立を退社後は完全に引退。 現在は解説や講演会など、全国各地でバレーに関する活動をされている。 新たな日本の司令塔となるか?「宮下遥」 最後に、今後期待のセッターを紹介しよう。 宮下遥選手だ。 竹下さんが引退した後に日本のセッターを務めている。 2009年11月にVリーグデビューを果たしたのだが、15歳2か月でのデビューは史上最年少の記録。 そして4か月後の10年3月に全日本のメンバーに選出されたことからも、大きな期待が寄せられているのがうかがえる。 当初は中道瞳選手らとレギュラーの座を争っていたが、14年ごろから正セッターに定着した。 まだまだトスさばきや状況判断力は竹下さんに及ばないものの、177cmという高身長は大きな魅力。 サーブ・レシーブ・ブロックにも定評があり、総合的なポテンシャルは日本のセッターの中でもNo. 1だろう。 現役時代は名セッターとして知られていた眞鍋監督をして「今日本で一番のセッターであることは間違いない」と言わしめるほどだ。 そのかわいらしいルックスも相まってか、すでに日本代表の中でもトップクラスの人気を誇っている。 竹下さんや中田さんのように、10年以上日本の司令塔として君臨してくれるのだろうか。 期待していこう。

次の

ミーハー排球道場 第2回ツー・セッター

バレー セッター と は

スポンサーリンク バレーのポジションの役割!リベロに求められる性格は? バレーのポジションの役割として、リベロに求められるものについてお話しします。 リベロは 後衛専門のレシーブする選手です。 スパイクを打つことも、トスを上げることも許されていません。 そのためバレーの試合の中でのリベロの役割は、 レシーブを正確に受けてその後のプレーを楽にするということになります。 またバレーの試合ではリベロの選手に限っては 交代の回数が無制限です。 加えて 審判の許可を得ずして交代し、コートに入ることが可能。 そのためリベロには、 監督の指示をチームメイトに伝える役割もあるのです。 バレーのリベロ!このポジションに求められる性格は? バレーのポジションの中で、リベロに求められる性格は 負けず嫌い という要素が非常に強いと思います。 リベロには、チームで 最もレシーブが上手くなる役割があります。 そのためレシーブを率先して取りに行かなくてはなりません。 難しいレシーブにも負けず、決して諦めません。 負けん気で食らいついていくことで、 チームに活気と試合の流れを引き込むのです。 リベロはレシーブを後ろに弾いてしまわぬように、ボールの勢いに負けないように練習を重ねます。 バレーのポジションの役割!ウイングスパイカーはどうなの? バレーのウイングスパイカーの役割は、 オールラウンドプレーヤーになることです。 まず相手チームからのサーブをレシーブします。 ドカン! という強烈なアタックでも良いですし、ブロックを逆に利用するしなやかな攻め方でもOKです。 バレーのウイングスパイカーというポジションの役割は、 攻守にわたる素早い動きにあったのです。 このウイングスパイカー、どんどん攻撃に加わって攻撃専門になると・・・。 それは オポジットといわれるポジションです。 バレーのポジションの役割!オポジットとは バレーのポジションの中で、オポジットの役割は 攻撃の大黒柱です。 バレーの試合中 攻撃のみを行うのです。 ですので後衛に回ったときでもレシーブに参加せず、バックアタックに専念します。 スパイクで得点できなくても 攻撃的な気持ちを維持できる性格を自分で作っていきましょう。 オポジットは、 強い気持ちでチームを引っ張る役割でもあるのです。 チームメイトのモチベーションも上げていきましょう。 オポジットは一昔前 スーパーエースと呼ばれていました。 クイック攻撃• おとり ということが挙げられます。 スパイクの クイック攻撃もやはり、背が高いと有利になります。 ブロックの時とまったく同じで、 スパイクの高さまでに到達する時間が早いほうが有利になるからです。 バレーのミドルブロッカー!このポジションに求められる性格は? バレーのポジションで、ミドルブロッカーに求められる性格は 諦めない心です。 ブロックの真ん中に位置し、レフトのスパイクにもライトのスパイクにも向かっていきます。 そのため「ブロックに間に合わない」といったタイミングも多くあります。 そんな時でも 相手スパイカーにプレッシャーをかけるため、迅速に移動しなければなりません。 ミドルブロッカーには 粘り強い性格が必要なのです。 バレーのポジション!セッターの役割と求められる性格 バレーのポジションで、 一番多くボールに触れる役割を持っているのが セッターです。 レシーブしたボールは、セッターの上げるトスを経由してスパイクされるからです。 バレーは セッター次第でゲームが決まると言っても過言ではありません。 セッターのバレーの試合における役割で、スパイカーが打ちやすいボールを上げることがあります。 またセッターは 攻撃の組立を考えるチームの司令塔の役割も担っています。 セッターが バレーの試合をコントロールするのです。 そのためセッターには チームメイトのスパイカーの個性を熟知する役割もあります。 それぞれのスパイカーが求めるトスはどういうものか、会話することも必要なのです。 加えて、乱れたレシーブでもアタッカーが打ちやすいトスを上げられる体力と技術も必要です。 バレーのセッター!このポジションに求められる性格は? バレーのセッターに求められる性格には.

次の