ヨガ チェアポーズ 効果。 ヨガの逆立ちのポーズの効果、やり方とは?【ヨガインストラクター解説】

ヨガの逆立ちのポーズの効果、やり方とは?【ヨガインストラクター解説】

ヨガ チェアポーズ 効果

山のポーズから、天に伸びるイメージで 太陽礼拝Bの1番目のポーズ、「椅子のポーズ(ウトゥカタアーサナ)」。 見えない椅子に座っているように見えるので「椅子のポーズ」、または「腰かけのポーズ」とも言われます。 とはいえ、サンスクリット語の「ウトゥカタアーサナ」をそのまま訳せば「難しいポーズ」となりますが、見えない椅子に座り続けるためには強靭な脚力とスタミナが必要なのです。 太陽礼拝Aの最初のポーズ、腕を上に伸ばす「ウルドヴァ・ハスターサナ」との違いは、下肢がスクワットして体を支えていること。 とくに「ウトゥカタアーサナ」ではハムストリングと脊柱起立筋を強化するとともに、スタミナを養います。 肩をストレッチして胸を開く効果もあるので、肩こりにお悩みの方もぜひ! ・ビギナーは合掌のポーズの際、手を合わせなくともかまいません。 ・膝を曲げる際、膝は足指の真上位置に保ちます。 膝がつま先から前へ出ないように注意。 ・腿は内転させるように。 尾骨を1ミリでも下げて腰の付け根にスペースを与えるイメージで。 ・肩の力を抜きながら両腕を頭の上に。 腹部が飛び出したり、腰が反り返らないよう腹筋を意識。 ・骨盤をまっすぐにキープしながら、臀部は床に向けて下げ、頭は背骨の延長線上に。 ・前傾も後傾もしない骨盤のポジション、肘をまっすぐに伸ばすこと そして、深く腰を下ろす際に自分の限界を知ること。 「はじめは胸が開きづらく感じるかもしれませんが、太陽礼拝を続けるうちに可動域が広がり、肩が下がって胸がすんなりと開くようになります」とkazuya先生。 NGポーズ: 骨盤は後傾しないよう、床に対して垂直位置をキープ。 肘がピンと伸びていれば、合掌しなくてもよい。 【ヨガをはじめよう アーカイヴ】 (撮影 渡邊英守/文 倉石綾子).

次の

ねじった椅子のポーズ(パリヴリッタ・ウトカターサナ)のやり方と効果は?

ヨガ チェアポーズ 効果

山のポーズから、天に伸びるイメージで 太陽礼拝Bの1番目のポーズ、「椅子のポーズ(ウトゥカタアーサナ)」。 見えない椅子に座っているように見えるので「椅子のポーズ」、または「腰かけのポーズ」とも言われます。 とはいえ、サンスクリット語の「ウトゥカタアーサナ」をそのまま訳せば「難しいポーズ」となりますが、見えない椅子に座り続けるためには強靭な脚力とスタミナが必要なのです。 太陽礼拝Aの最初のポーズ、腕を上に伸ばす「ウルドヴァ・ハスターサナ」との違いは、下肢がスクワットして体を支えていること。 とくに「ウトゥカタアーサナ」ではハムストリングと脊柱起立筋を強化するとともに、スタミナを養います。 肩をストレッチして胸を開く効果もあるので、肩こりにお悩みの方もぜひ! ・ビギナーは合掌のポーズの際、手を合わせなくともかまいません。 ・膝を曲げる際、膝は足指の真上位置に保ちます。 膝がつま先から前へ出ないように注意。 ・腿は内転させるように。 尾骨を1ミリでも下げて腰の付け根にスペースを与えるイメージで。 ・肩の力を抜きながら両腕を頭の上に。 腹部が飛び出したり、腰が反り返らないよう腹筋を意識。 ・骨盤をまっすぐにキープしながら、臀部は床に向けて下げ、頭は背骨の延長線上に。 ・前傾も後傾もしない骨盤のポジション、肘をまっすぐに伸ばすこと そして、深く腰を下ろす際に自分の限界を知ること。 「はじめは胸が開きづらく感じるかもしれませんが、太陽礼拝を続けるうちに可動域が広がり、肩が下がって胸がすんなりと開くようになります」とkazuya先生。 NGポーズ: 骨盤は後傾しないよう、床に対して垂直位置をキープ。 肘がピンと伸びていれば、合掌しなくてもよい。 【ヨガをはじめよう アーカイヴ】 (撮影 渡邊英守/文 倉石綾子).

次の

自宅で簡単ヨガ チェアのポーズ

ヨガ チェアポーズ 効果

2017年12月17日• 椅子ヨガのメリット 誰でも取り組める 椅子ヨガの最大の特徴は、椅子に座ることができれば子供からお年寄りまで、どなたでも取り組むことができるというところでしょう。 加齢によって膝の具合があまり良くないという方や、肥満傾向にあって激しい運動が行えない方、体が硬い方でも、簡単にできるようにアレンジが加えられていると言われています。 また、自分の体の状態によって負荷を変えてできるというのも大きなメリットです。 場所を選ばない ヨガというと、基本的にはヨガマットなどを敷けるスペースが必要ですが、椅子ヨガの場合そのスペースは必要ありません。 椅子さえあればできるため、家のダイニングにあるイスや、オフィス、公園などでも取り組むことができます。 思い立ったらスグにできるので、とても継続がしやすいのが魅力的ですよね。 ストレスなく続けられる 椅子ヨガは座って行うゆるやかなヨガで、体に過度なストレスを与えることはありません。 激しく辛い運動方法では、いくらダイエットのためだからと言え、継続が難しくなり挫折を招く恐れがあります。 しかし、椅子ヨガではどれも椅子という支えがあるため、自分の体調やコンディションに合わせて、無理なく行えるのではないでしょうか。 ダイエットでは継続が一番の成功への近道となるので、自分のペースで行える椅子ヨガはおすすめです。 始める前に… 椅子ヨガを始める前に、体調がすぐれなかったり、ケガや痛みがある場合は行わないようにしましょう。 安全には十分に注意して行うようにしましょう。 また、ポーズをしているときには、自然な呼吸を意識して止めないことを心がけてください。 <基本の座り方> 1.背もたれには寄りかからずに、浅く腰を掛けます。 2.骨盤を意識しながら、背筋をまっすぐ伸ばします。 3.腕まわりの力は抜きましょう。 椅子ヨガポーズ3選 冷え性改善ポーズウエスト引き締めポーズ 1.基本の姿勢から、両脚を閉じて左足を右足のうえにのせて組みます。 2.左手をよこにまっすぐと伸ばして、右手は胸の前に合掌するように上げる。 3.息をゆっくりと吸いながら、上半身だけ前に倒す。 背筋をまっすぐに伸ばした状態を意識しましょう。 4.息をゆっくりと吐きながら、上半身を左側ににひねり、右肘を左膝に付けます。 5.合掌しながら目を閉じて、リラックスしながら3回程呼吸をしましょう。 6.反対側も同じように繰り返します。 これは、ウエストまわりをねじることで、ウエストラインのシェイプアップに繋がります。 他にも内臓機能や新陳代謝を良くしたり、腰痛にも効果が期待できると言われています。 冷え性改善ポーズ 1.まず、タオルを用意しましょう。 2.タオルの両端を両手で持ち、胸の前まで上げます。 両手の間隔は肩幅よりも広めにとりましょう。 3. ゆっくり息を吸いながら、両手を上に上にあげていきます。 4.上にあげきったら、息を吐きながら、そのままタオルを持った両手が頭の後ろまでくるように両肘を曲げながらおろしていきます。 胸を開いて、肩甲骨を寄せるように意識しましょう。 5.自然な呼吸を意識しながら3~5回程繰り返しましょう。 これは、血行が促進されて、肩こりや冷え性などの改善に効果が期待できます。 2.右手は太ももの上に置きましょう。 3.左手は腕をあげてまっすぐのばし、息を吸いながら耳の横に腕がくるまで伸ばします。 4.息をゆっくりと吐きながら、上半身を右側に傾けて左側の脇腹を伸ばしていきます。 5.伸びきったと思ったら、1回動きを止めて左上の方に目線を移しましょう。 6.目を閉じながら、ゆっくり3回程ほど呼吸します。 7.左右で3回ずつを目安に行いましょう。 体が歪んでいると、内臓機能や姿勢の悪化、肩こりや腰痛などを招く恐れがあります。 このポーズで、体の歪みを整えていきましょう! 最後に いかがでしたか?椅子ヨガは比較的体の負担にならないポーズが多く、いつでも簡単にできるという魅力があります。 毎日続けることが大切です。 負担にならないように、生活の中に取り入れていけるといいですね。

次の