動画 編集 ソフト youtuber。 YouTuberはどっち?動画編集ソフトPowerDirectorとFilmoraを比べてみた

YouTuber動画編集ソフトランキング!無料・有料別まとめ

動画 編集 ソフト youtuber

前置き 今回はBlenderでYoutuber風の動画編集ができるということを伝える記事を作ろうと思います 皆さん動画編集ソフトは何をお使いですか? 本格的に動画編集をするとなると、AdobeのPremiaやAfterEffectになると思うのですが、これらは有料ソフトなのでアドビに税を払わないといけません 学生時代はアドビのソフトが全部込みのCreativeCloudが学生料金で使えたので使っていたのですが、社会人になってこれが重税過ぎて払えないのでフォトショップを除いて解約してしまいました そこで無料ソフトを探すことになるのですが、 無料ソフトといえば、昔はWindowsに標準でWindowsムービーメーカーというものが付いていてそこそこ使えたのですが、最近はサポートされていないのでまともに動かなくなっていました AviUtlという無料ソフトがありますが、これは触ってみたのですがプラグインをたくさん入れないと何も機能しないような作りになっていたりUIが特殊だったりと個人的には微妙でした そのほかの無料の動画編集ソフトも色々ダウンロードして使ってみたのですが、どれもまともに動かないものが多くて最近は動画編集を半ばあきらめていました ここで救世主が現れたというわけです blenderのダウンロードはこちら Blenderで動画編集?? 皆さんこんな風に思っていると思います 「Blenderって3Dモデリングソフトなんじゃないの?」 「3Dモデリングソフトを無理やり動画編集に使うの??」 しかしそうじゃないんです Blenderには3Dモデリング用のウィンドウ、UV編集用のウィンドウ、3Dアニメーション制作用のウィンドウなどがあってそれをタブで切り替えられるのですが、そのひとつとして動画編集のウィンドウがさりげなく存在します しかも、それなりに機能がそろっていてちゃんと動く! 前述のとおり無料のソフトはまともに動かないものばかりなのでものすごくありがたい! 操作感的にはAfterEffectに近いです 機能はさすがにAfterEffectよりは劣りますが、AfterEffectより起動が速くて動作が軽いと思います 「Blenderって操作が独特で使いにくいんじゃないの?」 っていう声が聞こえてきそうですが、それについてもBlender2. 8のメジャーアップデートの際に操作感やUIの大幅な改善がなされており、かなり一般的な操作体系に寄ったので使いやすくなっています まとめると、• 機能がある程度そろっていてまともに動く• 動作が軽い• Blender独特のUIの分かりにくさも減っているはず といったところです ほんと最近のBlenderってすごいですね… ちなみに今回の記事で作れるようになる動画はこんな感じです(自分が練習で作った動画です) やってることとしては、• カット編集• 文字入れ• 効果音・BGM入れ• 画像入れ• フェードイン・フェードアウト といったところです あ、別に機能が少ないので Youtuber 風の動画ぐらいしか作れませんという意味でのタイトルではないです! (Youtuber 風の動画編集できました!という報告です) 使い方 動画編集ウィンドウを開く ここです! 設定画面画面を出す 動画編集を始める前にいくつか設定をしておいた方がいいです まず設定画面の出し方ですが、下の画像のどれかをクリックしてください そして、プロパティーエディタを出します Blenderの画面構成について 今回はそれほど必要でもないことですがBlenderが初めての方向けに説明すると、Blenderはウィンドウ内が複数のエディタで分かれていて(下画像)、 先ほどプロパティーエディタを出したように自由に切り替えることができます 先ほど動画編集ウィンドウを開くためにタブをクリックしましたが、 他のタブをクリックすると他のエディタで構成されたウィンドウが出てきます そこに「Video Editing」や「Default」(モデリング用の画面)や「Animation」など色々なタブが並んでいますが、そのどれを選択していても先ほどのように任意のエディタを出してカスタマイズすることができます(少し変わった実装ですが) また、各エディタの四隅をドラッグすれば画面の分割を増やしたり減らしたりすることもできます (エディタの四隅のどこかから内側にドラックすれば分割が増やせて、外側にドラッグすれば分割が減らせます 2つ以上のエディタがいっきに消えてしまうような方向にはドラッグ出来ないようになっているようです) 設定する 先ほど開いたプロパティエディタで設定をしていきます まず、「出力」のタブを開いてください そして下の画像のように設定します 分かる方は好きに設定してもらえばいいです いくつか注釈しておくと、「終了」フレームは動画の長さを決めます 動画の長さが決まっていない場合は最初はとりあえず適当に莫大な数値を入れておいて、完成して実際に出力する際に入力しましょう ファイルフォーマットは最初は. png 画像の形式になっているので、動画用の ffmpeg(.

次の

【YouTuber向け】動画編集ソフト、有料と無料どっちがおすすめ?現役ゲーム実況者が解説します【エンコードが速いと世界が変わる】|とりつめブログ

動画 編集 ソフト youtuber

動画編集ソフトを選ぶ基準は? まずは 動画編集ソフトを選ぶ基準をまとめていきます。 今回はYouTuberが使用するという前提ですね。 無料版?有料版? 最初に無料版か有料版かを決めましょう。 やっぱりお金がかからないに越したことはありませんが、有料版だとそれだけできることが多いです。 また有料版でも価格には結構差があるので、その場合の予算も決めておくことをおすすめします。 月額制のものもありますが、この先ずっと続けていくのであれば買い切りのものを買ってしまった方がいいでしょう。 自分のパソコンに対応しているか 自分のパソコンに対応しているかどうかは必ずチェックしておかなければならない項目です。 まずざっくりとMacかWindowsに分けられますが、両方に対応しているソフトもあれば片方だけのソフトもあるので注意してください。 操作はシンプルか?高度か? 動画編集ソフトには初心者向けのシンプルなものもあればプロ向けの高度なものもあります。 もちろんシンプルすぎてできることが少なくても、高度すぎて意味がわからなくてもダメ。 しかし初心者だとその基準がわからないと思うので、後で紹介するランキングでは「YouTuberに必要な機能が揃っていて、かつ難しすぎない」という前提でおすすめソフトを紹介します。 動作が軽いと編集もサクサク また動作が軽いソフトだと編集もストレスなくサクサク進みます。 ここはパソコンのスペックにも大いに左右されるのでソフトだけで決まることではないのですが、少しでも軽くなるに越したことはありませんよね。 せっかくパソコンはハイスペックなのに動画編集ソフトがノロマだと非常にもったいないです。 知名度が高いと操作方法を調べやすい 最後に、できるだけ知名度が高い動画編集ソフトを選ぶようにしましょう。 なぜかというと、 操作方法がわからなくなった時に調べやすいからです。 人気なソフトであればあるほど細かく丁寧にまとめられているので、初心者にとってはここも重要な基準ですね。 【無料版】YouTuberにおすすめの動画編集ソフト 無料ソフト最強『AviUtl』• 有料ソフトに匹敵する機能性• プラグインで色々カスタムできる• 動作が重い• 4K非対応• 対応OS:Windows ここからは実際におすすめの動画編集ソフトを紹介していこうと思いますが、まずは無料ソフトとは思えないほど機能が優れている 『AviUtl』! 有料ソフトに匹敵する、というよりそこらへんの有料ソフトよりはむしろこちらの方が優れているくらいです。 ただ動作が重いと度々言われていて、パソコンのスペックにもよりますが、編集の際にストレスを感じてしまうこともあるかもしれません。 しかしそうは言ってもこの機能面の高さは無料ソフトの中でも最強と評判で、プラグインを導入すればより自分好みにカスタマイズすることも可能。 Windowsユーザーの動画初心者はとりあえずこれを試してみればよいのではないでしょうか? Macユーザーに最適『iMovie』• もともとMacに入っている• 直感的な操作で使いやすい• 動作が重い• 4K非対応• 対応OS:Mac Macユーザーであればもともと入っていてすぐ使える 『iMovie』がおすすめです。 動画編集に必要な基本的な操作は網羅していているのですが、直感的な操作で動画編集初心者でも比較的すぐ慣れることができます。 Appleらしい無駄がなく洗練されたソフトという印象ですね。 ただ後で紹介する有料ソフトの『Final Cut Pro X』の下位互換で、いくつかの機能はどうしても制限されてしまいます。 また無料版なので仕方ないですが、動作が重いというデメリットも。 【有料版】YouTuberにおすすめの動画編集ソフト トップYouTuber御用達『Final Cut Pro X』• YouTuberに必要な機能が一通り揃っている• サクサク編集できる• 『iMovie』の上位互換• 無料体験:30日間• 対応OS:Mac はじめしゃちょーを始めとした数多くのトップYouTuberも愛用している 『Final cut Pro X』! お値段はちょっと高めの34,800円ですが、一度購入してしまえばずっと使用することができます。 機能的には先ほど紹介した『iMovie』の上位互換で、YouTuberに必要な機能は一通り揃っています。 しかし『iMovie』と同じく直感的な操作は健在で、サクサク編集してたくさん動画を投稿したい人には特におすすめ。 Macを使っている人は始めは『iMovie』、慣れてきて本格的な編集がしたくなったらこの『Final Cut Pro X』を使用するというパターンも良いと思います。 プロも使用するハイエンドソフト『Adobe Premiere Pro』• プロも使うハイエンドモデル• とにかく高度な編集ができる• コースの種類が豊富• 学割もある• 無料体験:7日間• 動画編集ソフトとしてはこれ以上ないくらいの機能を備えたハイエンドモデルですが、月額2,480円なのでかなり高いんですよね…。 一応年単位で支払いをすると月2,180円で少し安くなります。 またこの値段はあくまで『Premiere Pro』単体での値段で、他にも『Photo Shop』や『After Effects』などがまとめて使えるコースや学割制度もあるのですが、ちょっとコースが豊富すぎるので詳しくはで確認してみてください。 また機能面が優れている分操作が難しいというところが難点で、良くも悪くも上級者向け。 しかし高機能というのは間違いなく大きな魅力で、ヒカキンや瀬戸弘司もこちらを使用しています。 低価格・高パフォーマンス『Filmora』• とにかくコスパが良い• 初心者にも使いやすい• おしゃれな編集ができる• 無料体験:無期限• しかしおしゃれな素材が揃っているので、価格と機能のバランスが良いソフトですね。 ちなみに無料版もあるのですが、その場合は動画にロゴが映り込んでしまう上、商用での利用不可、つまりYouTubeに投稿した際に広告を入れることができないということです。 その代わり使用期限はないので、購入する前に存分にお試しすることができます。 まとめ YouTuberにおすすめの動画編集ソフトを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 最後に今回紹介したソフトをおさらいし、それぞれどんな人に向いているのかまとめてみます。 AviUtl:無料で編集したいWindowユーザー向き• iMovie:無料で編集したいMacユーザー向き• Adobe Premiere Pro:超本格的で凝った編集がしたい人向き•

次の

iPhoneでYouTuberデビュー!動画編集は無料アプリで大丈夫!

動画 編集 ソフト youtuber

YouTuberになりたい方• YouTuber風の動画編集ソフトを知りたい方 👉 YouTuber用動画編集ソフトの選び方 動画編集ソフトは世の中にかなりの数あるので、まずは自分に合っているソフトの選び方をご紹介します。 MacかWindows、自分の持っているPCに対応しているかどうかを最低限確認しましょう。 また、中にはスマートフォンアプリでYouTuber動画を撮ろうとする方もいらっしゃると思います。 そういった、自分の使用するデバイスに対応しているかをまずは見ておきましょう。 使いやすいかどうか 本気で動画制作をするプロ用の動画編集ソフトと、これから初めて動画編集を経験する人向けの初心者用ソフトでは、大きく使用感が違います。 初心者なのに、プロ向けの動画編集ソフトを使用しても、オーバースペックで使い切れないですし、反対に上級者が初心者用を使っても物足りません。 また、ご自身のPCのスペックも考慮して購入しましょう。 コストパフォーマンスの良さ 自分が求めているレベル、作りたい映像の種類に対して、最適な値段かどうかもチェックしましょう。 もし、本気で今後YouTuberを目指すのであれば、それなりの価格帯の動画編集ソフトを買ってもいいと思います。 一方で、スライドショーレベルの映像であれば、PCにデフォルトで入っているソフトでも十分なことが多いです。 上記を踏まえて、ネット上の情報を調べて比較検討し、自分にマッチしたソフトを選んでみてください。 初めて使ったスマホ用の動画編集ソフトがiMovieだったという方も多いはず。 MacにもPC版がインストールされていますが、こちらの項目ではiPhone版について解説します。 💔iMovie(スマホ)の残念なところ• テロップが入れにくい• フォントが少ない• エフェクトが少し古い感じがする YouTuberとして、あまりテロップがない動画を作るならいですが、ツッコミや会話が多いタイプの動画を撮影する場合は扱いにくい印象です。 しかし、無料かつ、直感的な操作ができるので、初めての動画編集にはおすすめです。 基本無料で、テロップを入れるのも簡単。 動画のコントラストや明暗の調整などもサクサクできちゃいます。 💔VILLOの残念なところ• スマホアプリということもあり、手軽だが、編集に時間はかかる• 高度なアニメーションは有料 さくっとした短め動画や、旅先の様子などをアップするYouTuberなどならいいですが、テロップが多い、モノ紹介や会話がメインの動画、長い動画をアップしたいYouTuberには向いていないかもしれません。 女性に人気のアプリです。 テーマや音楽を選ぶだけで簡単に動画を作ることができます。 💔Fimoraの残念なところ• アニメーションの追加購入が有料• あまりに高度な編集はできない 有料ではあるものの、テロップなども入れやすく、使い勝手がいいソフトです。 初心者向けの結婚式用ムービーから、会話調のYouTuber動画まで幅広く使い勝手がいいです。 「YouTuberとして食べてはいけなくても、そこそこのめり込んで趣味でがんばるぞ」という方にはおすすめ。 Macユーザーで、動画を仕事にしたい人にはおすすめです。 iMovieの有料版のような仕様なので、基本的に使いやすいです。 💔FinalCut Proの残念なところ• Windowsでは使えない• 動画編集、映像制作をしているクリエイターの9割以上が使用しているとも言われています。 動画編集の仕事の求人を見るとだいたい必要なスキルセットにAdobe Premiere Proと書かれています。 YouTuberとしてはもちろん、映像クリエイターとしてクライアント向けに動画制作などもやりたいと考えている人はこちらがおすすめです。 💔Adobe Premiere Proの残念なところ• 有料(月額課金)• 初心者にはそれなりに難しい• 少し重い Adobe Premiere Proを使っているYouTuber ラファエル/ヒカル/水溜りボンド/アバンティーズ/ポッキーなど YouTuberにはFinal Cut ProとAdobe Premiere Proはどちらがおすすめ? 本格的に動画編集をするYouTuberにはFinal Cut ProかAdobe Premiere Proのどちらがおすすめなのでしょうか。 Windowsユーザーであれば、必然的にAdobe Premiere Proになります。 しかし、Macユーザーであれば、好みや作りたい動画の種類によるでしょう。 将来的にYouTuberだけでなく、映像制作会社などに就職して、バリバリ映像制作の現場で活躍したい!という方は、映像制作会社の就職時の希望スキルとしてAdobe Premiere Proが必要になることが多いので、Adobe Premiere Proを選ぶべきでしょう。 iMovieでの映像編集に慣れ親しんだ方はFinal Cut Proのほうが最初は使いやすいです。 いずれも無料体験が可能なので、まずは、無料版から試してみるとよいでしょう。 1度本気で映像編集を学びたいあなたへ YouTuberとしてのレベルアップはもちろん、将来的に映像編集を仕事にしたい!という方は多いと思います。 短期集中で、まずは映像編集の基礎を固めて、YouTuberとしても映像クリエイターとしてもワンランク上を目指したい!好きなことを仕事にしてみたい!という方におすすめの講座があります。 デジハリ・オンラインスクールのここがすごい• 映像業界のプロフェッショナルから指導が受けられる• オンラインなので在宅でも勉強可能!• 映像編集技術はもちろん、マーケティング観点も身につく講座• 就職サポートもあり• 独学と違って、フィードバックを受けて効率的に成長できる、三日坊主になりにくい! 本気で映像を勉強したい!でも、時間に融通の効く講座がいい!という方にはもってこいの内容となっています。 趣味としてレベルアップしたい人も、将来的に映像業界への転職・就職を考えている方も、まずは講座をチェックしてみてください。 デジハリ・オンラインは、クリエイターのたまごのあなたを全力で応援します!👍 👉.

次の