ゼ ビ アックス ローション。 ゼビアックスローションとニキビについて!使い方や効果をまとめてみた

ゼビアックスローションの効果・効能と副作用について解説

ゼ ビ アックス ローション

ゼビアックスローションとは? まずは名前の由来からいきたい所ですが、 Zebiax:ゼビアックスには特にないようですね。 一般名は オゼノキサシンになります。 ゼビアックスローションの作用を簡単にお話すると 「皮膚の感染症の原因となる細菌を死滅させる 」となります。 ここではまずにきびについてお話しします。 尋常性ざ瘡(ニキビ)とは? 尋常性ざ瘡は医療用語で、一般的には ニキビを指します。 ここではニキビがどのようにできるか説明していきましょう。 思春期やストレス、睡眠不足、不規則な食生活等の影響により男性ホルモンの分泌が活発になります。 男性ホルモンは皮脂の分泌を盛んにする作用を持ちます。 これにより皮膚の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが乱れ、毛穴に角質が詰まってしまう角化異常が起こります。 すると角質が蓋となり、毛孔(毛穴)が閉塞してしまいます。 毛孔が閉塞すると皮脂を外に排出できなくなるため、毛包(毛根を包む袋)内にどんどん皮脂が溜まっていきます。 この状態を 微小面皰(びしょうめんぽう)といいます。 いわゆるニキビの一歩手前の状態です。 ここで アクネ菌(P. acnes)について説明します。 アクネ菌はニキビの原因菌として有名ですね。 アクネ菌は皮膚や毛包内の常在菌です。 常在菌とは読んでそのまま 「常に存在する菌」です。 アクネ菌は皮膚や毛包に常在することで他の有害な菌を死滅させたりするなど、皮膚のバリア機能としての役割も担っているのです。 ただ何事も程々が一番。 増え過ぎると問題が起こります。 実はアクネ菌は皮脂が大好物なんです。 おまけに酸素がない状態で増殖する嫌気性菌になります。 皮脂の分泌が盛んになり、かつ毛包内には酸素がない。 アクネ菌にとってはまさに夢のような環境のわけです。 これによりアクネ菌が異常に増殖します。 アクネ菌は細菌性リパーゼと好中球走化因子を作り出します。 細菌性リパーゼは皮脂を遊離脂肪酸とグリセリンに分解する酵素であり、この遊離脂肪酸が毛包の炎症を引き起こします。 また好中球走化因子は文字通り好中球を遊走、つまり毛包に好中球を呼び寄せます。 好中球が生み出す活性酸素もまた毛包の炎症を引き起こします。 以上により毛包が肥大して膨れ上がります。 すると皮膚が盛り上がり、面皰となります。 微小ではなくなった面皰、これが ニキビです。 ゼビアックスローションはアクネ菌に対して強い抗菌活性を持つため、化膿性炎症を伴うざ瘡に適応があるのです。 表在性皮膚感染症とは? 表在性皮膚感染症とは 黄色ブドウ球菌や レンサ球菌などの細菌が毛穴や傷口などから侵入することで炎症を起こす病気であり、化膿性皮膚炎、伝染性膿痂疹、膿痂疹、毛嚢炎、毛包炎、毛瘡などの総称になります。 上記の中で伝染性膿痂疹はいわゆるであり、外用薬としてはフシジンレオ軟膏やゲンタシン軟膏が主に処方されています。 ただゲンタシン軟膏は最近耐性化が進んでいると言われており、効果が期待できない場合があります。 ゼビアックスローションはとびひの原因菌である黄色ブドウ球菌や化膿レンサ球菌に対して強い抗菌活性を持つため、今後とびひの治療に用いられるかもしれません。 その結果細胞分裂が阻害され、黄色ブドウ球菌やアクネ菌などの細菌を退治することができるのです。 DNAジャイレースはDNAをらせん状(コイル状)に畳んで細胞内へ収納する酵素です。 DNAジャイレースがないと細菌はDNAを収納できなくなり死滅します。 DNAジャイレースはヒトにはありませんので細菌に選択的に作用することができます。 こちらは複製が完了したDNAを細胞分裂後の娘細胞に分け与えるために、親細胞からDNAを切断する作用を持ちます。 ゼビアックスの特徴としては 1日1回の塗布でよいことが挙げられます。 これは国内臨床試験で1日1回塗布と1日2回塗布を比較したところ、有効性と安全性が同程度であったためです。 他にキノロン系の外用薬としてはアクアチムがあります。 アクアチムは1日2回の塗布が必要となります。 またアクアチムローションはざ瘡(化膿性炎症を伴うもの)にのみ適応があります(他の剤形は表在性皮膚感染症に適応があります)。 ゼビアックスの効果判定は表在性皮膚感染症で1週間、ざ瘡で4週間使用した時点で行います。 この時点で効果が認められない場合は継続使用しても効果がない可能性が高くなります。 これはアクアチムも同じです。 ゼビアックスローションの副作用 承認時までの臨床試験において757例中35例(4. 6%)に副作用が認められており、主なものは塗った部位のそう痒感8例(1. 1%)、乾燥8例(1. 1%)、刺激感7例(0. 9%)等が報告されています。 アクアチムローションは承認時の臨床試験において総症例170例中、塗布時の刺激感が18例(10. 6%)に認められています。 ローション剤のみを比較すると刺激感についてはゼビアックスの方が少ないようです。 ちなみにアクアチムクリームは総症例4,174例中副作用は60例(1. 44%)に認められています。 アクアチム軟膏は副作用発現頻度が明確となる臨床試験を実施していません。 それではゼビアックスローションについては以上とさせて頂きます。 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

ゼビアックスローションの効果・使い方・化粧水塗っていい?

ゼ ビ アックス ローション

(成分名:オゼノキサシン)は2016年1月に発売されたニキビや皮膚の感染症に対する薬(塗り薬)であり、皮膚科などのクリニックで医師から処方してもらう処方薬です。 ゼビアックスローションの成分であるオゼノキサシンは抗菌剤であり、従来ニキビの治療に使用されていた塗り薬のと同じ系統、とも近い系統と言えます。 今回の記事では新薬であるゼビアックスローションの特徴や、ニキビに対する効果、副作用などについて、アクアチムやダラシンTとも比較しながら確認していきたいと思います。 ゼビアックスの特徴は1日1回で効果のある抗菌成分 ゼビアックスローションの最も大きな特徴として挙げられるは1日1回の使用で効果が認められている点です(アクアチムとダラシンTはいずれも1日2回)。 1日1回とされている根拠や、その他の特徴についても確認していきましょう。 ゼビアックスの効能効果と用法用量 まずはゼビアックスローションの効能効果ですが、製薬会社が作成している添付文書では以下の通りです。 <適応菌種> オゼノキサシンに感性のブドウ球菌属、アクネ菌 <適応症> 表在性皮膚感染症、ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの) まず適応菌種についてですが、ニキビの原因菌として多いのがアクネ菌であり、ゼビアックスはこのアクネ菌に対して適応を持っています。 また、ニキビを専門用語で言うとざ瘡(ざそう)と言い、もちろんゼビアックスローションはこちらの適応も持っていて、 ニキビに対して保険が効く薬となります。 続いて用法用量は以下のとおりです。 本剤の適量を1日1回、患部に塗布する。 なお、ざ瘡に対しては洗顔後、患部に塗布する。 前述の通り、 ゼビアックスローションは1日1回の使用で済む点が大きな特徴ですね。 ニキビに使う際は必ず洗顔後に使用することになっているためご注意ください。 ゼビアックスが1日1回で効果がある根拠は ゼビアックスローションは同じ抗菌成分のアクアチムやダラシンTと違い、1日1回の使用で済むとされていますが、その根拠は実際の患者さんを対象とした臨床試験(治験)で確認されています。 ゼビアックスローションを1日2回使用した患者さんとゼビアックスローションを1日1回使用さ患者さんのニキビに対する効果を確認した結果、 1日1回の使用でも1日2回した患者さんと比べ、効果の差はないことがわかっています。 この点から、ゼビアックスローションは1日1回でも十分な効果があるとされ、使用方法が1日1回となっています。 従って、強い効果を求めるあまり、自己判断で1日複数回使用しても効果は変わらず、副作用がでやすくなってしまうだけという可能性もありますので、必ず用法用量を守るようにしましょう。 ゼビアックスの効果の強さは? 続いてゼビアックスローションの効果の強さについても確認していきましょう。 ゼビアックスはアクアチム、ダラシンTよりも強い抗菌力をもつ 効果の強さを考える場合、ゼビアックスローションは抗菌剤のひとつですので、その抗菌力が一つの観点になります。 結論から言いますと ゼビアックスは抗菌力が強いため、強い効果が期待できる薬です。 抗菌力を見る上で指標のひとつになるのがMIC(最小発育阻止濃度)というものです。 MIC(最小発育阻止濃度)とはその抗菌薬が細菌の発育を阻止できる最小の濃度であり、この値が低ければ少ない薬の量でも細菌に効果があるということになりますので、MICの値が低いほど抗菌力が強い薬となります。 ニキビの原因になるアクネ菌に対するゼビアックスローション(オゼノキサシン)と、ニキビに使用される抗菌剤のアクアチム(ナジフロキサシン)、ダラシンT(クリンダマイシン)のMIC値(MIC90)は以下の通りです。 06 ナジフロキサシン 0. 5 クリンダマイシン 8 上記のとおり、ゼビアックスローションが一番低い値となっており、すなわち抗菌力が強いと言えますね。 このように抗菌力という観点で見ると ゼビアックスはかなり強い効果を持つことが想定されます。 実際の患者さんに対するニキビ治療薬としての可能性は? では実際のニキビの患者さんに対して、ゼビアックスローションはどの程度効果が見られるのでしょうか 結論としては 実際のニキビの患者さんにもまずまずの効果(ニキビが半分以下に減る)が認められています。 この点に関しては実際のニキビの患者さんにゼビアックスローションを使用した臨床試験(治験)の結果を見ていきたいと思います。 ニキビの患者さん約200人に対して、ゼビアックスローションを使用すると炎症性皮疹(いわゆる赤ニキビ)の数が54. 減少率が5割以上ということであり、ニキビの数が半分以下になると捉えてよそさそうですね。 しかし、この試験では同時にアクアチムの成分であるナジフロキサシンも比較対象として使用されており、ナジフロキサシンを使用した約200人の患者さんでも、炎症性皮疹数の減少率が53. ゼビアックスが54. 前述した抗菌力という面ではゼビアックスローションの方がかなり強いという印象でしたので、この臨床試験の結果は少し期待外れな面もありますが、患者さんがそれぞれ200人程度の結果でありますので、今後のより大多数の患者さんが使用した結果を調べる調査などが行われれば、もう少し変わってくるかもしれませんね。 ゼビアックスローションには1日1回の使用で効果が見られるというメリットもありますので、高い抗菌力と合わせて 今後ニキビ治療の救世主になってくれるポテンシャルは十分にあると考えて良さそうです。 ゼビアックスの副作用について ゼビアックスローションの副作用などの安全面についても少し見ていきたいと思います。 製薬会社からの情報によればゼビアックスローションに見られる主な副作用は痒感(かゆみ)が1. これらの副作用は外用剤でしたらおおかれすくなから認められるような副作用ですので、そこまで大きな問題と考えなくて良さそうです。 重篤な副作用なども発売の時点であまり報告されてないようですので、ゼビアックスローションを実際に処方された場合はまずは安心して使用いただけるかと思います。 ただし、現時点では限られた数の患者さんに使用された結果ですので、今後多くの人に使われた場合にまだ知られていない副作用などが見つかる可能性も残っています。 ゼビアックスローションに限らず、新薬を使用する際には念のため、 体調の変化などは少し気を配るようにしましょう。 ゼビアックスのその他の特徴は? ゼビアックスはその他にもいくつか特徴を持った薬です。 その内容を見ていきましょう。 ゼビアックスの価格はアクアチム、ダラシンTと同じくらいの適正価格 ゼビアックスローションの価格はズバリ適正な価格と言えます。 その理由としては同じ系統の薬であるアクアチムやダラシンと1日使用量でのグラム(もしくはミリリットル)あたりの薬価(薬の価格)がほぼ同じだからです。 3つの薬の薬価は以下のようになってます。 ゼビアックス:82. 20円/g アクアチム:41. 10円/g ダラシンT:42. 30円/mL ゼビアックスが2倍くらい高いように見えますが、ゼビアックスは1日1回の使用となり、使用量がアクアチムやダラシンTの半分となりますので、実際にはほぼ同じ価格と言えます。 ゼビアックスローションは1本あたり20mL(g)の包装となりますので、1本買うとおおよそ82. 2円となりますね(実際には薬を受け取る際は10円単位で計算したり、薬局の基本料など取られるため、もう少し費用がかかります)。 ゼビアックスは塗った後に垂れにくい 1日1回の使用で効果が有る他、ゼビアックスローションは 塗った後に垂れにくいローションという特徴も持っています。 この特徴からゼビアックスローションは指先にとって塗るという使い方ができます。 最後に 今回はニキビ治療における新薬のゼビアックスローションについてその特徴や効果、他のニキビ治療薬との比較などを確認してきました。 現時点ではその効果は未知数なところもありますが、ニキビ治療の抗菌薬としては久しぶりの新薬であり、ニキビ治療の救世主となるような活躍を期待したいところですね。 ゼビアックスローションについて気になった場合は皮膚科などのクリニックで相談するようにしましょう。 そしてもし実際にゼビアックスを処方された際には医師の指示をしっかりと守り正しい用法用量で使用するように心がけましょう。

次の

赤ニキビに使われる薬!ゼビアックスローションの使い方・効果・副作用を詳しく解説

ゼ ビ アックス ローション

それ本当にニキビに効く薬?ニキビ薬の仕組みと使い方を解説! 思春期ニキビ、大人ニキビといろいろな名前がついていますが、いくつになってもニキビは憂鬱のタネですよね。 「早く治したい!」というのは、ニキビができたことがある人なら誰でも共感できるのでは?どう見られているかは年齢関係なく気になるものです。 でも、「気になるのになかなか治らない」のもニキビに悩んでいる人に共通の問題かもしれません。 あれこれ調べて試してみたけど治らない…なんて方に朗報です。 今回は薬剤師がニキビの定義から薬の使い方までを解説します。 ニキビに効く薬に差はあるの? 「ニキビ」は、医学的な正式名称は「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」と言います。 皮膚科医師がニキビ治療を行う上で、参考とする資料として日本皮膚科学会が「尋常性ざ瘡治療ガイドライン」を作成しています。 このガイドラインは、過去の研究・論文をまとめて、ニキビのさまざまな治療方法を評価し、推奨治療から全く意味のない治療方法までランク付けをしているものです。 ニキビ治療の方法は、民間療法も含めて多くの方法ものがありますが、 ガイドラインは 2016 年に改訂されたばかりで、現時点では最新で最も信頼のおけるものになります。 ガイドラインによるとニキビに効く薬には、有効成分によって効果(おススメ度)に差があることが分かります。 市販薬のニキビ治療薬は、残念ながらガイドラインでは推奨される治療方法の最低ランクのものしかなく、最も推奨される薬で治療をするためには皮膚科を受診するしかありません。 ニキビは下手な治療を行うと跡が残ってしまいますから、顔に1個だけのニキビであっても皮膚科を受診して、ガイドライン推奨の治療を受けることが望ましいと考えます。 まず、何らかの原因(ホルモンバランスの乱れ、ストレス、睡眠不足、疲労など)で、アクネ菌が毛穴の中で増殖するとニキビの初期段階である「白ニキビ」や「黒ニキビ」ができます。 その後さらにアクネ菌が繁殖すると毛穴の中で炎症が起こって「赤ニキビ」になり、アクネ菌であふれ化膿して炎症が拡大すると「黄ニキビ」になります。 赤ニキビと黄ニキビが炎症性のニキビで状態が悪い(症状が進んでいる)ということになります。 ただし、 ガイドライン上の軽度・重度とは、顔に出来ているニキビの数のことを指し、炎症性のニキビかどうかを表すものではありません。 ニキビ治療ガイドラインで最も推奨される治療薬はこれ (1)ディフェリンゲル ニキビの状況、軽症・重症を問わず、この薬がまず最初に使用される塗り薬です。 ディフェリンゲルは、皮膚の目に見えない小さな毛穴に作用し、毛穴のつまりを取り除く効果があり、白ニキビなどの初期ニキビを減らします。 また炎症を抑える作用もあり、赤ニキビや黄ニキビへと症状を進めるのを防ぐ働きがあります。 「出来上がったニキビ」には効果はあまり期待できませんし、塗ったらすぐにニキビが無くなるものでもありません。 効果を実感するためには数週間かかります。 肌が赤くなる、かゆい、乾燥する、ヒリヒリするといった副作用が多いのが特徴ですが、しばらくすると落ち着くため、我慢できる範囲であれば我慢して使い続けることになります。 (2)ベピオゲル 殺菌成分「過酸化ベンゾイル」によって、ニキビの原因となるアクネ菌を消毒する塗り薬です。 また、皮膚のターンオーバーも促し、新しい皮膚への再生を促進させニキビの成長を抑制します。 白ニキビから黄ニキビまで、ニキビの範囲に関係なく使用できる薬ですが、やはり1日、2日で治るものではありません。 刺激性が強いため、肌がヒリヒリするなどの副作用がありますし、アトピーなど肌の弱い方には使えません。 さらには、紫外線にあたると過敏になりやすく、使い方には注意が必要な薬です。 (3)デュアック配合ゲル べピオゲルの「過酸化ベンゾイル」と抗生物質の「クリンダマイシン」が合わさった塗り薬です。 アクネ菌退治に特化しており、ニキビの症状が進んでいる赤ニキビや黄ニキビへの効果があります。 副作用や注意点はベピオゲルと同じです。 冷蔵保存がいる薬です。 (4)ゼビアックスローション 「オゼノキサシン」という抗生物質が有効成分の塗り薬です。 細菌増殖を抑制する薬ですから、細菌感染が進んでいないと効果が発揮できません。 従って、ニキビ症状の初期では効果は期待できず、赤ニキビや黄ニキビに使用されます。 この薬が肌に合わない方以外は、特に副作用はなく安心して使える薬です。 (5)ダラシンTゲル 抗生物質「クリンダマイシン」を配合した塗り薬です。 デュアック配合ゲル内の抗生物質と同じ成分です。 この薬もゼビアックスローションと同じく、副作用はそれほど気にすることはありませんが、ニキビの状態が進んでいる時しか効果は期待できません。 (6)アクアチム 抗生物質「ナジフロキサシン」を配合した塗り薬です。 効果や副作用は、ゼビアックスローションやダラシンTゲルと同じです。 ガイドラインで選択肢の一つとして推奨される市販薬 「イブプロフェンピコノーム」という炎症を抑える成分が配合されている市販薬が複数あります。 イブプロフェンピコノームは、ガイドラインでは炎症が起こっている赤ニキビや黄ニキビには有効とされています。 皮膚科を受診できない場合は、市販薬を使ってみるのもいいでしょう。 ニキビのために日常で行うこと (1)洗顔は1日2回 ガイドラインでは、 1 日2 回洗顔することは、市販薬のニキビ治療薬と同じレベルで推奨されています。 スクラブ入りの洗顔剤、消毒剤入りの洗顔剤など、現時点ではどのような洗顔剤を使っても変わりないとされています。 皮脂を取り除けるよう、洗顔剤を使いながら 朝・晩の洗顔を必ず行うようにしましょう。 (2)化粧品は、ノンコメドジェニックで ニキビ予防に良いとされるノンコメドジェニック化粧品は、ガイドラインでも推奨されています。 ニキビがいつもできる女性は、こうした化粧品を選択してみるといいでしょう。 (3)チョコやピーナッツなどの食べ物は関係ない チョコやピーナッツなど油ものの食べ物でニキビが増える話って結構聞きますよね。 でもガイドラインによると、残念ながら 食べ物とニキビは関係が無いとのことです。 (4)自分でニキビはつぶさない 実は、ニキビをつぶすことはガイドライン上では推奨されています。 でも これは医師によって、専用の道具・設備をもって行った場合です。 自分で行うと皮膚の傷が大きくなって、跡が残りやすくなりますのでやらない方がいいですよ。 まとめ ・医師がニキビ治療の参考にするガイドラインがあり、複数ある治療方法での推奨度が示されている。 ・推奨の治療方法を受けるためには、基本的には皮膚科を受診する必要がある。 ・皮膚科受診をしたとしてもニキビ治療は時間がかかり、1日2日で治るものではない。 ・ニキビ予防のためには、1日2回の洗顔とニキビにやさしい化粧品を選択することが重要である。 ・ニキビをつぶすのは自分では行わず、皮膚科で実施してもらう。

次の