ラグラージ ハイパー リーグ。 【ポケモンGO】ハイパーリーグのラグラージはどの技構成が環境に刺さるのか!?

【ポケモンGO】ハイパーリーグの最強ランキング|ゲームエイト

ラグラージ ハイパー リーグ

ポケモン 技 解放技 ギラティナを先頭に配置したパーティ あまえるを覚えるフェアリータイプやハガネール以外のポケモンに対して比較的安定して戦えるギラティナを先頭に配置したパーティ。 レジスチルはフェアリー対策 1体目のギラティナが不利なフェアリータイプに対して有利なレジスチルを採用。 また、3体目は相手の控えにいるラグラージやレジスチル対策としてニョロボンを採用している。 相性によって控えと交代 基本の動きは初手のギラティナで有利な状況を作りつつ、苦手なポケモンが来たらそれぞれレジスチルとニョロボンで対応する。 ギラティナとニョロボンはあまえるを覚えるポケモンに弱いため注意が必要。 ギラティナを軸にしたパーティ3 ポケモン 技 解放技 ギラティナを先頭にしたパーティ 初手のギラティナは技の種類と耐久で様々なポケモンと対等に戦うことができる。 ギラティナは ハガネールとあまえるを覚えたポケモンには不利なのでアーマードミュウツーと交代しよう。 レジスチルはフィニッシャー レジスチルはギラティナが苦手なあまえるを覚えたポケモンに強い。 ラスターカノンもきあいだまも等倍以上の相手にはHPの半分は削れることが多いため、フィニッシャーとしての役割が向いている。 アーマードミュウツーも幅広く活躍 アーマードミュウツーも等倍以上の相手にはかなりのダメージを与えられるサイコブレイクを主な技として戦う。 このパーティは様々なポケモンに広く戦える3匹で構成されているため、 何を使えば良いのか迷った時におすすめ。 レジスチルのラスターカノンには注意しよう。 ラグラージは汎用性が高い ラグラージは汎用性が高く、みず・くさ・ドラゴンタイプの相手以外に対しては等倍以上のダメージを与えられるハイドロカノンが強力。 またレジスチルに対しても有利に戦えるのも魅力。 アーマードミュウツーは等倍同士に強い アーマードミュウツーは耐久性能が高く、ゲージ技の種類も豊富なためゲージ技を読まれにくい。 ゴースト技構成のギラティナやあくタイプの相手との相性は良くないが、 等倍同士の場面などで大いに力を発揮するぞ。 ギラティナはレジスチルとの相性がいい 初手のレジスチルが不利なラグラージ、ニョロボン、ほのおタイプなどに有利に戦えるギラティナを2体目に配置。 初手の不利な対面を返すことが主な役割。 技は相手のシールドを剥がすために、ゲージを貯める速度の早いシャドークローを採用している。 メガニウムは汎用性が高い 3体目のメガニウムは幅広く戦えるポケモン。 みずタイプにはもちろん、レジスチルに対して効果抜群のじしんや耐久力の高さが強みとなっている。 弱点を突かれるほのお、かくとう、じめんタイプには不利だが弱点を突かれなければほとんどポケモンに対応可能。 タイプ相性を覚えて ラスターカノンときあいだまどちらを打つか瞬時に判断できるかが重要。 ピクシーはギラティナ対策 対ギラティナ対策がメイン。 はがねタイプとどくタイプ以外には対等以上に戦うことができる。 ゲージの貯まる速度が遅いためシールドを使うタイミングに注意。 ラグラージははがね対策 ピクシーの不利なはがね対策がメイン。 ゲージ技のハイドロカノンとじしんの両方を今ひとつで受けられるポケモンが少なく、有利な状況を作りやすい。 初手のギャラドスはメルメタルなどのはがねタイプとあまえるを覚えるフェアリータイプ以外には対等に戦える。 交代しても不利になりにくい 1体目のギャラドスを交代をしても不利になることが少なく、不利な相手が少ないギャラドスは交代することが少ないため立ち回りが安定する。 レジスチル・ラグラージは相性がいい レジスチルとラグラージは相性補完が良い。 初手のギャラドスで1体目を倒す・シールドを消費させられるため、 残りの2匹で有利なポケモンを当てられる可能性が高く安定して戦える。 解放技はハイドロポンプを採用し、少ないエネルギーで発動できるかみくだと使い分けて発動しよう。 バクフーンはレジスチル対策 レジスチルなどのはがねタイプ対策としてバクフーンを採用。 通常技はひのこではなく、 ゲージを貯める効率のいいシャドークローを採用している。 メガニウムはじしんを覚える メガニウムはみずタイプの対策以外に、じしんを覚えるため、でんきタイプやはがねタイプに対しても有利に戦える。 バクフーンが倒されてた後でもレジスチルに対して攻めることができる。 技構成はギラティナの弱点をつけるドラゴンテール、かみくだくを採用しているぞ。 リザードンはレジスチル対策 ハイパーリーグの環境で使用されるレジスチルなどのはがねタイプに対して強く出れるリザードンを採用。 はがねタイプのメルメタルはいわなだれを覚えるため、リザードンの弱点をつかれる可能性があるので注意しよう。 フシギバナはみずポケモン対策 ハイパーリーグで使われやすいニョロボン・ラグラージ・スイクン・カメックスなど水ポケモンの対策として有効だ。 フシギバナは弱点がほのお・こおり・ひこう・エスパーの4つのため、れいとうビームなどのこおり技に特に気をつけよう。 ニョロボンを軸にしたパーティ ポケモン 技 解放技 ニョロボンを先頭に配置したパーティ 初手のニョロボンはみずタイプだがゲージ技はこおりタイプとかくとうタイプの技を採用。 環境に多いレジスチルにかくとう技、ギラティナにこおり技で効果抜群を取れる。 アローラベトベトンはギラティナ対策 ギラティナ対策がメイン。 また、ニョロボンが苦手なフェアリータイプとくさタイプにも有利に戦える。 そのため ニョロボンと3匹目のジュカインとの相性の補完が良い。 ジュカインはみず対策 アローラベトベトンがラグラージやニョロボンなどのみずタイプに負けてしまうため、そのカバーする役割。 また、アップデートによりタネマシンガンの上方修正が来たため、 以前より早くゲージ技を打てるようになった。 シュバルゴを軸にしたパーティ ポケモン 技 解放技 シュバルゴを先頭に配置したパーティ 先日強化されたドリルライナー、クレセリアやアーマードミュウツーなどのエスパータイプの弱点をつけるメガホーンと優秀な技構成のポケモン。 また、弱点がほのおタイプのみとなっている点も魅力だ。 2匹目にクレセリアを採用 2匹目のクレセリアもくさむすびの習得と、ムーンフォースの強化により、 シーズン2から使用者が増えているポケモン。 また、シュバルゴで出し負けた際の交代先として優秀。 ラグラージははがね対策 クレセリアが苦手なはがねタイプの対策として採用。 高火力で必要なエネルギーの少ないハイドロカノンはもちろん、じしんも等倍以上で当てれば相手の半分以上のHPを削れる高火力技となっている。 ポケモンGOの他の攻略記事.

次の

【ポケモンGO】まろが選ぶハイパーリーグ3体パーティ(まろパ)

ラグラージ ハイパー リーグ

リザードンはほのおのうず、ブラストバーン、ドラゴンクロー トゲキッスはあまえる、つばめがえし、かえんほうしゃ ピクシーはあまえるコメットパンチ、ムーンフォース にしています。 シーズン1で相手を降参させまくったけど、げんしのちからが修正され使いづらくなったあまあまパーティをシーズン2でもう一度使いたいと思い、採用しました。 最初はトゲキッスの部分をグランブルにしていましたが、ピクシーとタイプが被っている、耐久がない、シュバルゴが流行していてひこうタイプのトゲキッスがほしいといった理由で、3試合ほど使ってトゲキッスに戻しました。 その代わり、トゲキッスのわざをげんしのちからからつばめがえしに変更しています。 コンセプト レジスチルのラスターカノン、きあいだまに耐性を持っていて、一方的に攻撃できるリザードン 高火力でゴリ押せるあまえるを覚えたトゲキッスとピクシー トゲキッスとピクシーはギラティナに対して非常に有利に戦えるポケモンで、シールドがあれば多くのポケモンをあまえるでゴリ押せます。 この2匹を裏に用意することで、出し負けた時にトゲキッスかピクシーを出してレジスチルを誘い、レジスチルをリザードンで起点にし、後続のポケモンに削りを入れたあと、トゲキッスかピクシー残ったほうでゴリ押していくコンセプトです。 メリット このパーティを使ってTIMEUPになったことは1度もありません ハイパーリーグではギラティナやレジスチル、クレセリアといった高耐久でわざの回転が早いポケモンが多く、3つのリーグで1番TIMEUPになりやすいリーグといえますが、このパーティは基本あまえるでゴリ押していくのでTIMEUPになるというケースはほぼありません(使っている私でも1度も起きていません)。 むしろ3匹目を見た瞬間降参してくることが非常に多いです なので、1試合が非常に時間のかかるハイパーリーグをすぐに終わらせることができます。 また、出し負けたらフェアリーに引いてレジスチルを誘う、出し勝ってレジスチルが逃げたらフェアリーで追う という やることがシンプルなのもメリットです。 ある意味忙しい人向けのパーティといえます。 デメリット クレセリアやアーマードミュウツーにめっちゃ弱いです たとえ相手の初手がレジスチルで出し勝ってもこの2匹に引かれたら、そのまま追えばだいたい返り討ちに合います。 クレセリアは調整されたムーンフォースが非常にやっかいで、アーマードミュウツーはサイコブレイクが非常に痛く、処理の仕方を誤ると役割が崩壊してしまう恐れがあります。 これが理由で、 やることはシンプルですが脳死プレイはできません また、上記ポケモン以外にも メルメタルやエンペルトにもすごく弱いです この2匹は環境の中心ではないので見かけることは少ないと思いますが、もしセット中に頻繁に見かける場合はパーティを変えるかいなくなるのを待ったほうが良いでしょう。 勝ちパターン その1.

次の

ハイパーリーグのパーティ選択どうする!?傾向と対策について適当に考えてみた。

ラグラージ ハイパー リーグ

ガマゲロゲは 「みず」「じめん」タイプのポケモン。 弱点は 「くさ(2重弱点)」のみで、 「ほのお」「いわ」「でんき」「どく」「はがね」タイプに耐性を持っています。 ・使用可能な通常技• マッドショット(じめん)• あわ(みず) ・使用可能なゲージ技• だくりゅう(みず:3ゲージ)• だいちのちから(じめん:2ゲージ)• ヘドロばくだん(どく:2ゲージ) ガマゲロゲの使い道は? ガマゲロゲの使い道を紹介します。 みずタイプ最強のラグラージと同じような使い方が可能 ガマゲロゲはみずとじめんの複合タイプなので、みずタイプ最強クラスのポケモンであるラグラージと同じような使い方が可能。 HPが高く、攻撃と防御はやや低いというステータスを持っているので、レイドバトルやジムバトルで使用するというよりは、スーパーリーグやハイパーリーグで真価を発揮。 みずタイプのわざ以外を見ると、「じしん」と「ヘドロウェーブ」という重めの技を覚えるラグラージに対して、「だいちのちから」と「ヘドロばくだん」という軽めの技を覚えるので、その部分で差別化できているかなという印象です。 だくりゅうの攻撃ダウンが強力 唯一のみずタイプゲージ技として、ゲージが溜まるのが最速クラスのゲージ技「 だくりゅう」を覚えるのですが、通常技を「 マッドショット」に設定することで、凄まじいスピードでゲージ技を使用可能。 また、だくりゅうには一定の確率(3割程度)で相手の攻撃ステータスを減少させるという特殊効果があるので、うまくハマればかなり有利に立ち回ることも可能です。 弱点が1種類のみ みずとじめんというタイプ構成は、弱点がくさタイプ(2重弱点)のみとなっていて、ほとんどのタイプのポケモンからのダメージを等倍以下に抑えることが可能。 不利になる場面が少ないというのは、選出されるポケモンが不明な「 GOバトルリーグ」において大きなアドバンテージとなるので、上記で紹介しただくりゅうを使用しつつ、強めな姿勢で攻めるのもいいかも。

次の