アナザー ゴッド ハーデス。 アナザーゴッドハーデス【天井・ゾーン・狙い目・ヤメ時 解析まとめ 撤去日】

アナザーゴッドハーデスは目押しが必要?ミスや失敗しないためのコツ

アナザー ゴッド ハーデス

ペナルティ情報 通常時の変則押し、押し順ナビ発生時の押し順ミス時はペナルティの可能性あり。 通常時は必ず左リールから停止させ、ナビ発生時は慎重に押そう。 リール配列 通常時 基本的に全リール適当押しでOK。 ただし、 ペナルティの関係上AT中限定。 [Bisty(ビスティ)] 2020年7月6日(月)導入開始• [Spiky(スパイキー)]• [BELLCO(ベルコ)]• [WORLD(ワールド)] 2020年5月18日(月)導入開始• [PIONEER(パイオニア)]• [ACROSS(アクロス)]• [Carmina(カルミナ)] 2020年5月11日(月)導入開始• [D-light(ディ・ライト)]• [YAMASA(山佐)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SanThree(サンスリー)] 2020年4月20日(月)導入開始• [ACROSS(アクロス)]• [Daito(大都技研)] 2020年4月6日(月)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NET(ネット)] 2020年3月23日(月)導入開始• [Enterrise(エンターライズ)] 2020年3月16日(月)導入開始• [BALTEC(バルテック)]• [OKAZAKI(岡崎産業)]• [Sammy(サミー)] 2020年3月2日(月)導入開始• [BELLCO(ベルコ)]• [SANYO(三洋物産)]• [SANYO(三洋物産)] 2020年8月3日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [Sammy(サミー)] 2020年7月20日(月)導入開始• [Daiichi(大一商会)]• [TAKEYA(竹屋)]• [TAKEYA(竹屋)]• [SANKYO(三共)]• [SANKYO(三共)]• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [MARUHON(マルホン工業)] 2020年6月15日(月)導入開始• [NISHIJIN(西陣)] 2020年5月18日(月)導入開始• [SANKYO(三共)] 2020年5月11日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [Daiichi(大一商会)]• [JFJ(ジェイエフジェイ)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NISHIJIN(西陣)].

次の

アナザーゴッドハーデス‐奪われたZEUSver.‐

アナザー ゴッド ハーデス

最初に、たった6k投資で、高継続ワンチャン。 そこから、全回転ゴッド揃いや、ハーデス登場しまくりで、たった数時間で5,000枚オーバー。 5号機で、こんな爆裂台が生まれたか! と思い、その後も打ち続けたのですが…… 当然、コテンパンにされまくりでした。 今では完全引退しているので、どうでもいいと思っていますが、しかし、この台を作った人たちは本当に天才だなと思います。 そして、最後の最後にタッチが流れる仕掛けを考えた点まで含めて、完璧なプランニングだと思います。 そして、どうでもいいトリビア情報を混ぜておきますと、私の友人の話ですが、ハーデスのグラフィックだかイラストを担当していたデザイナー女性と出会い系で会ったことがあるそうです。 ハーデスの開発チームの一人は、出会い系ユーザーだったようです。 (本当、どうでもいい話。 ) 旧基準機のルール 旧基準機については、2021年1月末までには、完全撤去される運びのようです。 (来年の全日遊連の統計データ発表が楽しみです。 ) 完全撤去で完全引退しませんか? 2021年には、今までの人気機種はほとんど絶滅します。 ちょうど良い機会ですので、「辞めよう」と思っている人は、この機会にすっぱり辞めてみてはどうでしょうか。 また、6号機関連の新しい知識や情報を学ぶくらいなら、世間一般の普通の趣味を学んでいったほうが、人生という面では最終的に充実するかと思います。 (もちろん、すべては自己責任なので、最後の判断はお任せいたします。 ) 参考リンク 詳しくは下記のサイトの方々がまとめてくれていますので、気になる方はぜひ読んでみてください。

次の

アナザーゴッドハーデスは目押しが必要?ミスや失敗しないためのコツ

アナザー ゴッド ハーデス

【その1】ATの初当り状況がとにかく重要 設定推測でまず注目したいのは確定役を除いたATの初当り当選率。 ATは全役で抽選が行われているため、契機不明のいわゆる「謎当り」が多いほど偶数設定の期待度アップ。 内部モード移行率も基本は偶数・高設定優遇となるので、設定4・6は深いハマリが発生しにくい。 また、黄7および小役履歴でのダイヤ連続時のAT当選率にも注目しておこう 内部モードによる影響を受けないのでサンプルが比較的サンプルが集めやすい。 下段共通黄7からの移行率は比較的設定差が大きめなので要チェックだ。 移行率には設定差があり、高設定ほど通常以上からスタートしやすい。 AT中の内部モードは液晶ステージによって示唆されるので、オケアノスステージ以外から始まることが多ければチャンスだ。 データカウンターの履歴などを参考に、コンスタントに初当りが引けているかに注目しよう。 初打ちゲーム性指南 【その1】ジャッジメント 上乗せ特化ゾーン を勝ち取れ! AT中の目玉である3種類の上乗せ特化ゾーンはAT初当り時およびAT中に突入の可能性あり。 中でもハーデスは平均300G以上と、最も大量ゲーム数上乗せに期待できる。 ゴッドシリーズ初の自力チャンスゾーンとなるヘルゾーンは、通常時およびAT中に突入。 通常時は初当り、AT中ならゲーム数上乗せ特化ゾーンのトリガーとなるため、その役割は非常に重要だ。 シリーズ伝統の消灯フリーズに加え、コンボ・デジャヴ・全回転の3種類のフリーズアクションを新たに追加。 どれも発生すればATロング継続の大チャンスとなるぞ! 基本的な構成はこれまでのシリーズ機同様となっているが、新たに「冥界モード」を搭載している。 冥界モードは移行しにくくATにも当選しづらいが、AT当選時は恩恵がある特殊なモードだ。 モード移行抽選は全役で行われる。 上記以外の特徴は以下の通りだ。 ・冥界モードは低確A・Bからのみ移行の可能性あり ・冥界モードは超天国に移行する可能性あり ・天国Bおよび超天国の転落先は低確A・B以外 また通常時は内部モードとは別に、ヘルゾーン抽選に関わる高確率モードが存在。 モードは4種類あり、上位のモードならヘルゾーンの連続にも期待できる。 またヘルゾーン高確率モードは、特定の液晶演出で滞在が示唆されるぞ。 当選時はヘルゾーンに即突入する。 なお、ヘルゾーン高確率モードはチャンス役を契機に移行するだけでなく、AT間で400Gor800G消化した場合にも移行する。 図解ゲームチャート 液晶およびリールで展開する衝撃の全回転フリーズが発生すれば激アツ。 発生時は1:1:1の割合で紫7・冥王・GODのいずれかが確定する。 出現率は21845. 3分の1 全設定共通 だ。 なお、紫7・冥王・GOD揃い時の特典は以下の通り。 AT中に成立した場合は基本的にペルセポネ 例外あり。 ジャッジメントはペルセポネorハーデスの割合がアップ。 AT「ゴッドゲーム」は1Gあたりの純増枚数が約2. 初当り時は必ずジャッジメント 上乗せ特化ゾーン からスタートし、ATの初期ゲーム数が決定される。 消化中は、チャンス役あるいはジャッジメントからのゲーム数上乗せにてロング継続を狙う流れだ。 ゲーム数直乗せ時の上乗せゲーム数は10・20・30・50・100・200・300Gの7パターン。 AT中は内部状態が上乗せのカギを握っており、液晶ステージによって内部状態を示唆される。 基本のステージはオケアノスステージ・エリニュスステージ・ハーデスステージの3種類。 ストックしたジャッジメントはAT終了後に前兆を経由して放出される。 ジャッジメント AT初当り時およびAT中に突入する上乗せ特化ゾーン・ジャッジメントは、ケルベロス・ペルセポネ・ハーデスの3種類。 上乗せ性能・最低保証G数など、それぞれ異なった特徴があるぞ。 チャンス役が成立すれば30G以上の上乗せが確定。 平均上乗せゲーム数は約75G。 1契機あたりの上乗せゲーム数は10・20・30・50・100・200・300G。 さらにレバーONからリールが逆回転するとコンボフリーズ 0G連上乗せ 確定。 平均上乗せゲーム数は約150G。 チャンス役時の上乗せゲーム数は10・20・30・50・100・200・300G。 コンボフリーズ発生の可能性もあるので大量ゲーム数上乗せの期待度大。 平均上乗せゲーム数は約300G。 チャンス役時の上乗せゲーム数は10・20・30・50・100・200・300G。 ただしチャンス役 紫7・冥王揃いのガセカットイン含む 成立時は必ず継続。 全回転フリーズから紫7や冥王絵柄が揃った場合は「超」パターン突入のチャンスとなるぞ。 コンボフリーズ チャンス役成立後のフリーズから発生する上乗せアクション。 レバーONにて前ゲームと同じ演出・同じチャンス役が出現し、30・50・100・200・300Gいずれかの上乗せを獲得できる。 なお、AT中は小役履歴にダイヤが表示されるとデジャヴフリーズ高確の期待度アップ。 赤いダイヤが表示されている間はデジャヴフリーズ高確濃厚となるので、上記チャンス役の成立を祈ろう。 AT中・各役のゲーム数上乗せ期待度 通常時は全役で内部モードの移行抽選が発生。 内部モードは全7種類で、成立役ごとに細かく傾向は分かれるが大きな特徴としては以下が挙げられる。 上段or中段or特殊リプレイおよび右上がり黄7成立時の発生ならモードアップ確定だ。 全ての数値を把握するのは大変だが、AT抽選に関わる重要な要素なので成立役ごとの傾向だけでも押さえておこう。 高確率状態中は上段リプレイ AT中は上段押し順黄7も 成立時にヘルゾーン突入抽選が行われる 当選時は当該ゲームでヘルゾーンが発動。 一部の移行率には設定差も設けられている。 また、設定変更時やAT終了後400or800G消化時にも移行抽選が行われる。 上段リプレイはヘルゾーン当選のチャンスとなるが、同時に転落の可能性もある。 当選率は成立役・内部モードによって異なる。 いずれの契機でも基本的に上位のモードほどAT当選率はアップするが、冥界モードだけは特殊で、チャンス役成立時のAT当選率が天国モードよりも高い。 冥界モードは滞在割合がかなり低いが、AT当選時は必ずハーデスとなるので、「484」や「848」といった冥界モード滞在を示唆する出目が頻発している間はチャンス役成立に期待しよう。 設定4や設定6はいずれの小役でも当選率が高いため、契機不明のいわゆる「謎当り」が発生しやすい。 AT確定となる紫7・冥王・GODは全回転フリーズを経由すると各振り分けが優遇される。 なお、AT当選時のループストック抽選にて当選したジャッジメントのストックは「小役契機・ダイヤ4連〜以外」と同数値の振り分け率が参照される。 各役成立時・ヘルゾーン当選率 ヘルゾーン中は全役でAT ジャッジメント の抽選が行われる。 ヘルゾーン中は内部的に期待度が異なる5種類の抽選テーブルが存在し、背景の色によって抽選テーブルが示唆される テーブル1が青、テーブル2・3が黄、テーブル4・5が赤に対応。 上段リプレイ・押し順黄7成立時の当選率がテーブルによって大きく異なる点に注目しよう。 またチャンス役はいずれも期待度が高めで、チャンス目や右上がりor中段黄7はAT当選の大チャンスとなる。 AT中のヘルゾーンも通常時と同じ傾向となるが、チャンス役成立時の当選率がテーブル1〜4で同数値となることと、押し順黄7は中段よりも上段の方がアツい 通常時は中段も下段も同数値 ところがポイントだ。 コンボフリーズ中・紫7or冥王揃い時の上乗せゲーム数振り分け AT中の上乗せ当選率に関わる内部モードは「低確」「通常」「天国」「超天国準備」「超天国」の5種類で、全役でモード移行抽選が行われる。 基本的にモードは1段階ずつアップしていくイメージとなるが、超天国モードは超天国準備モードからしか移行しない点に注意しよう 天国から超天国準備や超天国には移行しない。 モードアップのメイン契機はチャンス役で、上乗せには結びつきにくい下段共通黄7が最もモードアップに期待できる。 モード転落契機は上段リプレイで、成立時は下記の割合でモードがダウンする。 当選時は最低でも30Gの上乗せが確定するぞ。 なお、デジャヴフリーズ当選時は一部が「プレミアムデジャヴフリーズ」となる。 当選時の振り分けは下記の通りだ。 また、同じ演出でも通常時とAT中では対応役が異なるモノも存在。 いずれもインパクト抜群のアクションだが、対応役まで覚えておけばさらにアツく楽しめるぞ。 多彩なパターンが用意されているので、覚えておけばよりアツくAT中を楽しめるぞ。 ゲーム数上乗せ確定となる強攻撃時は、上乗せゲーム数の多い中段リプレイや中段黄7に期待したい。 カットインは強パターンなら激アツだ。 またカットインからの絵柄揃い時は、パターンや筐体振動の有無でコンボフリーズ発生期待度も変化する。 基本的には前作の法則が当てはまる。 パターンは多く用意されているが、ヤメ時の判断などに活用できるのでしっかりと覚えておこう。 - 機種画像あり アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.

次の