カノンコード マリーゴールド。 カノンコードとは (カノンコードとは) [単語記事]

カノン (パッヘルベル)

カノンコード マリーゴールド

カノン進行 ザ、王道のコード進行。 カノン進行です。 ヨハン・パッヘルベル作曲の「カノン」の進行として有名です。 カノンってどんな曲だっけ、という方のために。 ざっくり作ってみましたので聞いてみて下さい。 本来はニ長調ですが、わざとハ長調にしています。 C G Am Em F C F G という進行です。 あー、これね。 と思いました? このカノン進行、安定して好まれる進行と言われるだけあって、 使われている曲はたくさんあるようです。 例えば、スピッツ「チェリー」のAメロは完全にカノン進行です。 ちょっと歌ってみました。 うちのブログ、メインはボイトレブログなんですけど、 最近は音楽理論のことばかり更新しているので、たまには歌ってみようと思いまして。。 で、この曲もハ長調です。 先ほどのカノンの調をハ長調にしておいたのは、この曲に合わせてみよう、と思ったからなのですが、 聞き比べてみてどうでしょうか。 テンポもリズムも違いますし、 カノンは1小節に2つのコードが進行するのに対し、 チェリーの場合は1小節に1つのコードで進行していきます。 では、ほかのコード進行も見てみましょうか。 王道進行 王道の進行です。 いわゆる、J-Popでの王道の進行、ということで 王道進行と呼ばれます。 一旦終止するんだけど、なんとも終わりきらない、そんな感じ。 偽終止、というやつですね。 先ほどと同じくスピッツの曲で挙げると、「ロビンソン」のサビなど。 ト長調です。 DM7 E7 C m7 F m 原曲は最初のDにM7は付かないみたいですが、進行としては同じということで。 小室進行 むっちゃ個人名やん。 一時代を築いた感のある、小室哲哉さんの名前をそのまま使った進行。 小室さんの曲によく使われている、ということで 小室進行です。 別に、小室さんの曲に限らず使われているんだと思うんですが、 特に小室さんがよく使ったということと、小室さんの曲がそれだけ売れた、ということなんだと思います。 懲りずにスピッツでやりますと、「楓」のサビ。 変ト長調ですかね。 王道進行、小室進行を使った曲をメドレーでまとめてくれてる動画がありました。 まずは王道進行。 つづいて小室進行。 結構いろんな曲ありますねー。 まとめ ということで、カノン進行、王道進行、小室進行でした。 定番のコード進行は、積極的に使えばいいと思うのと、 そこから、代理コードや、7th、9thの音を加えたりなど味付けをすると さらに違った展開を作ることもできるので、下敷きとして使うといいと思います。 そのまま使ったとしても、リズム、メロディの乗せ方を変えるだけでも全然違う曲になります。 同じコード進行でこれだけ違う曲が生まれるのですからね。 まずはド定番のコード進行で遊んでみる、という練習のしかたもアリかと。 それではまたー。 ボイトレのことからスプラトゥーンのこと、個人的なことなど、お気軽にどうぞ。

次の

カノンコードとは (カノンコードとは) [単語記事]

カノンコード マリーゴールド

とても、なめらかな響きが印象的です。 曲によって キーが違うので、一般的には アルファベットであらわすよりも数字で表します。 カノン進行はなぜ美しいのか? 先ほどのコード進行を楽譜で表してみましょう。 赤線のように、 トップノートが1音ずつつながっています。 トップノートとは一番高い音のことです。 さらに、ベースの音も1音ずつつながるようにすると、このようになります。 ベース音が変わるので本来のベース音でなくなるコードがあります。 これを オンコードと呼びます。 オンコードによって、ベース音がなめらかにつながるのです。 このように、 コードの構成音が1音ずつ変化することを クリシェと言います。 このクリシェがカノン進行を美しくしていた秘密だったんですね。 カノン進行が使われている名曲 カノン進行が使われている名曲を紹介していきます。

次の

カノンコードとは (カノンコードとは) [単語記事]

カノンコード マリーゴールド

セブンスコードが使われることが少なく、トライアドで構成されていることが多いのが特徴です。 私の講座ではよく語っていますが、コード進行を作る際には、 トップノートの動きを意識することが大切です。 トップノートとはそのコードの一番高い音のことで、一番目立つ音でもあります。 特にカノン進行ではトップノートの動きが大切ではないかと思います。 これからそれを詳しく解説します。 ピアノで考えてみましょう。 左手はコードのルート音を鳴らす前提で話を進めます。 右手で押さえるコードについて考えましょう。 Cというコードは「ド・ミ・ソ」の3つの音で構成されています。 それが「ド・ミ・ソ」なのか「ミ・ソ・ド」なのか「ソ・ド・ミ」なのかによって、 コードの響きが大きく変わるのです。 特にカノン進行はコードトーンが順次進行で進むことが多く、 いわゆるクリシェで進行する可能性が非常に高いのです。 理論書やネットの情報ではベースラインをクリシェにするコード進行パターンを解説することが多いですが、 ベースライン以外もクリシェになることも多々あるのです。 楽譜と音源を作りましたので一回聴いてみましょう。  上の楽譜のコードはCから始まっています。 このCは右手だけ見ると第1転回形になっています。 これが クリシェのことです。 絶対にクリシェにしなければいけないということではなく、途中でコードの構成を変えても問題ありません。 ただし、クリシェの響きは非常に美しいので使用頻度も高いのです。 次に第2転回形ではどのような響きになるのか聴いてみましょう。 非常に美しく優れたコード進行ですね。 では基本形から始まるカノン進行はどうでしょうか。  いかかでしょうか? 前の2つのカノン進行とコードネームはまったく同じですが、 響きはあまり美しいとはいえないと思います。 実はわざとちょっと悪い響きになるように作りました。 トップノートの動きによって響きが大きく異なることを知って欲しかったからです。 トップノートがジグザグに動くのはあまりいい響きがしないのです。 もちろん感じ方は人それぞれですから、こちらの進行のほうが好きでも問題ではありません。 いずれにしてもコード進行を作る際に、同じコードネームであってもトップノートの動かし方で サウンドが大きく異なることを覚えてください。 市販されている理論書ではそのあたりのことがあまり詳しく書かれていません。 ギターを弾いている人は特に注意してください。 コード進行をジャカジャカ弾いているだけでも楽しいですが、 トップノートの動きを意識するとより美しいコード進行が作れますよ。 カノン進行のベースラインをクリシェで彩る こんどはベースラインをクリシェで 下行させてみましょう、 こちらの進行も美しいですし、有名なコード進行です。  ベースラインはクリシェでも普通にルートを鳴らすのも、 どちらも優れているので状況に応じて使い分けましょう。 アルペジオでもカノン進行を使えます。 アルペジオというのは分散和音のことで、 コードをまとめて鳴らすのではなく、バラバラに演奏することです。  カノン進行を発展させてみる 発展させてみる、と言ったのはいいですが、カノン進行は完成度が高いので 代理コードを入れるくらいがちょうどいいのではないでしょうか。 最後から2番目の IVをIImやIIm7にしてもいいということです。 例えばセカンダリードミナントを入れたり、それをツーファイブに分けたり 裏コードなど経過和音を使うことも出来ます。 ただしカノン進行の完成度が高いので、あまりいじると 魅力が損なわれてしまうので、 使うなら一部に留めておくといいでしょう。 部分的に転調するコードを入れるとオシャレな響きになると考える人もいますが、 全くそんなことはありません。 オシャレにならないというより、実戦であまり使えないのです。 セカンダリードミナントや裏コードはスパイスのように、 隠し味としてちょこっと使われるのがいいのです。 過度に使うと、くどい響きになってしまいます。 実際、プロが作った曲を聴いてもカノン進行を そのまま使った曲の方が圧倒的に多いです。 短調版カノン進行 短調の曲でもカノン進行が使えることを知っていますか?案外知らない人もいると思います。 短調の勉強ってKey in Am(イ短調)で教えていることが多いですよね。 これが短調に苦手意識を持たせてしまう原因だと思います。 短調の学習はKey in Cの同主短調であるKey in Cmで学習すると効率よく学べますよ。 興味がある方は読んでみてください。 短調のカノン進行は以下のようになっています。 それではさっそく聴いてみましょう。  長調のカノン進行とは違う独特の魅力を感じます。 私は結構好きな進行です。 あまり使ったことはありませんが 😥 最後はVmでもいいです。 Vm7も可能ですね。 このあたりは自由に試して見ましょう。 ベースラインをクリシェにしたパターンも聴いてみましょう。  代理コードも積極的に使ってみましょう。 上手くいかないこともありますが、 新しい発見があればあなたのコード進行パターンがまた一つ増えますからね。 プロが作った曲でカノン進行を聴いてみよう! ここからはJPOPでカノン進行が使われている曲を紹介します。 多少、代理コードが使われていますがカノン進行の魅力は十分に伝わると思います。 カノン進行の勉強に限らず、プロが作った曲をたくさん聴いて学習すると得られる知識は非常に多いです。 集中して一つの音も聞き逃さないように深く研究しましょう。 カノン進行は長いコード進行ですので、全部使わずに前半部分だけを使い後半部分を別のコード進行にするのもいいですよ。 あいみょん『マリーゴールド』 今大人気のあいみょんのヒット曲『マリーゴールド』でも サビでカノン進行が使われています。 その曲の一番目立つサビでカノン進行に合わせて美しいメロディーを 乗せることが出来れば、良い曲が作れるでしょう。 Glay『SOUL LOVE』 Glayの『SOUL LOVE』ではサビの最初の部分で使われています。 良い曲ですよね。 カノン進行と美しいメロディーがみごとに融合しています。 XJAPANの『ENDOLESS RAIN』もサビでカノン進行が使われています。 私が大好きな曲なので紹介しちゃいました 😆 名バラード曲です。 機会があればぜひ聴いていただきたいと思います。 Key in Cでカノン進行を使うとベースラインに苦労するかもしれません。 ベースの最低音は通常Eなので後半でDm7を使う場合は気をつける必要があります。 このENDOLESS RAINのようにベースのクリシェのフレーズを どこかで1オクターブあげるのがいいでしょう。 カノン進行はバラードでもポップスでもロックでも使えるのです。 必ず深く学び、しっかりと習得しましょう。 今回紹介した曲以外にもカノン進行が使われている曲はたくさんあるので調べて聴いてみましょう。 その際にはコード進行だけでなく、アレンジも同時に学ぶのがいいでしょう。

次の