固定 資産 税 支払い。 固定資産税を少しでもおトクに支払うには?【2020年2月加筆】(豊田眞弓)

固定資産税の支払い納期はいつまで?延滞金率はいくら [税金] All About

固定 資産 税 支払い

ソフトバンクとヤフーの合弁によって誕生したサービスで、豪華な還元キャンペーンを積極的に打ち出し、多くのユーザーを獲得しています。 積極的な加盟店営業も強みの1つで、導入実績は220万か所を突破しており、決済利用率もNo1となっているサービスです。 使えるお店はコンビニチェーン各社やスーパー、ドラッグストア、飲食店、家電量販店、百貨店、ファッションなどさまざまで、Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払いにも対応するようになりました。 チャージ手段やチャージ・利用上限などは以下の表を参考にしてください。 チャージ上限(1回・1ヶ月) 利用上限(1回・1ヶ月) チャージ 銀行口座 50万円・200万円 50万円・200万円 Yahoo! カード」のみとなっています。 その他のクレジットカードに関しては「チャージ払い」ではなく、「クレカ払い」となり本人確認や認証設定に応じて利用上限が定められます。 なお、PayPayについてより詳しく知りたいという方はこちらの記事をご覧ください。 2.PayPayで固定資産税・都市計画税を支払うには では、PayPayで固定資産税・都市計画税を支払う方法について見ていきましょう。 (固定資産税と都市計画税はセットで支払いますので、以降、「固定資産税」と省略します。 ) PayPay内のどのような機能を使うのか、固定資産税を支払うための設定手順、利用手順も併せて確認します。 2-1.PayPayで固定資産税を支払うには「PayPay請求書払い」 PayPayで固定資産税を支払うには「 PayPay請求書払い」というサービスを利用します。 利用方法は簡単で、納付書に明記してあるバーコードをPayPayで読み取るだけで、納付が完了します。 PayPay請求書払いでは、固定資産税だけではなく、各種税金の他に社会保険料や公共料金の支払いにも対応しているので、さまざまな支払いをPayPay1つで行える利便性が魅力です。 2-2.PayPay請求書払いの設定手順 PayPayの請求書払いを利用するには、事前にPayPay残高にチャージしなければなりません。 クレジットカードによる支払いには対応していないので注意してください。 チャージ手順は下記の通りです。 アプリを起動し、トップ画面右側の「チャージ」をタップする• チャージ金額を設定し、チャージ方法(銀行口座など)を選択する• 内容を確認し「チャージする」をタップすれば完了 たったこれだけで済みます。 チャージしたら後は固定資産税の納付書を用意して、請求書払いを行うだけです。 詳しい利用手順については次で解説します。 2-3.PayPay請求書払いの利用手順 PayPay請求書払いで固定資産税を支払う手順は以下の通りです。 アプリを起動し、トップ画面から「スキャン」をタップする• 「利用可能な支払い先を確認する」をタップし、自分の自治体が固定資産税の請求書払いに対応しているかチェックする• 「請求書を読み取る」をタップし、スマホカメラで払込票のバーコードを読み取る• 支払い金額を確認し「支払う」をタップすれば支払いが完了します。 (1)まず、PayPayアプリのホーム画面にある「スキャン」をタップします。 (2)次に、固定資産税の払込票のバーコードを読み取ります。 (3)支払い金額を確認し、「支払う」をタップします。 この時点でPayPay残高から支払いが行われます。 (4)最後に、次のような完了画面に移動すると、無事に支払いは完了です。 画像の引用元: たったこれだけで固定資産税の納付が完了です。 コンビニや金融機関の窓口に行く必要もありませんし、面倒な手続きも不要です。 家にいながらスマホ1つで固定資産税の納付が可能なのでぜひ利用してみてください。 3.PayPayで固定資産税を支払うとどれくらいお得になるのか PayPayで固定資産税を支払うメリットは利便性だけではありません。 請求書払いを利用することで、 納付金額の0. 5%が還元されます。 還元率については下記を参照してください。 基本還元率:0. 前月に100円以上の決済を50回以上達成:+0. 前月に利用金額10万円以上達成:+0. 5% ボーナスの還元率を達成するのは条件が少し厳しいため、ここでは基本の還元率を元にPayPayで支払うとどれぐらいお得になるのかをみていきます。 そもそも、固定資産税・都市計画税は以下のような計算式で算出されます。 (ここでは、都市計画税を省略しています。 各種の特例は考慮していません。 ) 4.PayPayで固定資産税を支払う際の注意点 PayPayで固定資産税を支払う際の注意点を挙げていきます。 お得に請求書払いを活用するためにも注意点を必ずチェックしておきましょう。 4-1.利用できる県・市町村が限られている PayPayで固定資産税が支払える県・市町村は限られています。 全ての自治体で対応しているわけではないので注意してください。 「」から対応する自治体一覧がチェックできるので納付前に確認しておきましょう。 4-2.利用する際は事前チャージが必要 請求書払いを利用する前に支払い金額に足りるだけのチャージをしておく必要があります。 チャージ金額が足りないと正常に支払いが完了できません。 あらかじめ十分な額をチャージしておくようにしましょう。 また、上記でも紹介しましたが、PayPayではYahoo! カード以外のクレジットカードでPayPay残高にチャージすることができません。 その為、どうしてもクレジットカードでPayPay残高にチャージしたいという場合は「Yahoo! Japanカード」を発行しましょう。 5.まとめ この記事の要点を簡単にまとめますと、以下の通りです。 PayPayで固定資産税を支払うメリット• 利用額に応じて0. スマホがあればいつでもどこでも支払いが可能 PayPayで固定資産税を支払う際の注意点• 事前にチャージしなければならない• 固定資産税の支払いにクレジットカードは利用できない 以上です。 これらのメリットや注意点を踏まえて、PayPayで固定資産税の支払いを行っていただければと思います。 最後に、この記事を読んだ方にお勧めの記事をピックアップいたしましたので、よろしければご覧ください。 【関連記事】 ・ ・ ・ Ad Exchange.

次の

固定資産税とは?支払いの納期や計算方法は?

固定 資産 税 支払い

固定資産税とは 固定資産税とは、毎年1月1日に土地や家屋といった固定資産を所有している人に市町村(東京23区の場合は東京都)が課する税金です。 固定資産税は賦課(ふか)課税制度といって市区町村が自動的に税額を計算し、納税通知書を送ってくるということもその特徴のひとつです。 では、納税通知書が送られてきたら、いつまでに納めればいいのでしょうか?また納付が遅れた場合のペナルティや、支払えない場合の徴収猶予、減免という手続きについても押さえておきましょう。 固定資産税は毎年1月1日を基準として課税される 固定資産税は、毎年1月1日における固定資産の所有者に対して、固定資産の課税標準額をもとにして課税されます(参考「」)。 固定資産の課税標準額とは、固定資産税課税台帳に記載された額です。 納税通知書は、毎年1月1日の固定資産税課税台帳登録者に対して送られてきます。 したがって、固定資産税の基準日は毎年1月1日となっていて、この基準日のことを賦課期日といいます。 1月1日における固定資産の所有者が、固定資産税の納税義務者ということになります。 賦課期日である1月1日の固定資産の所有者に、その年の固定資産税の「全額」が課税されます。 年の中途でその固定資産を他に譲渡した場合でも、売却後の期間に応じた税額分を還付されることはありませんので、注意しましょう。 固定資産税は「普通徴収」で収める 固定資産税の納付方法は「普通徴収」といって、1月1日の固定資産の所有者に市町村から納税通知書が送られてきます。 ただし、固定資産を共有で所有している場合、別々に納税通知書が届くことはなく、東京都の場合でいえば共有者氏名が欄外に記載されるようになりました(下図参照)。 この場合、固定太郎は納税義務者ですが、固定花子も連帯納付義務を負うことになります。 平成21年度からの記載変更(出典:東京都主税局) 固定資産税の支払い納期はいつまで? 固定資産税の納期は年4期に分け、市町村ごとに条例で定めてよいとされています。 固定資産税の納税通知書は、遅くても納付期限の10日前までに納税義務者に送らなければいけないため、例えば6月末日が納付期限の場合の固定資産税は、6月初旬に納税通知書が送られてくるのが通常です。 ちなみに東京都23区内の場合、平成29年度の固定資産税の納付期間/納付期限は以下の4期です。 第1期:平成29年6月1日~6月30日/6月30日まで• 第2期:平成29年9月1日~10月2日/10月2日まで• 第3期:平成29年12月1日~12月27日/12月27日まで• 第4期:平成30年2月1日~2月28日/2月28日まで 固定資産税を滞納すると延滞金が発生 固定資産税は、納税通知書(あるいは固定資産税の納付書)に記載された期日が地方公共団体ごとの納付期限になります。 納付期限に遅れると、「延滞金」というペナルティが発生することがあります。 特に納付期限の翌日から1カ月以内に納付すれば延滞金の率が優遇されており、平成25年12月31日までが前年の11月30日を経過するときの商業手形割引率の年4%に割合を加えたもの、平成26年1月1日以降が前年の12月15日までに財務大臣が告示する割合に1%を加えたものとされています。 この割合のことを特例基準割合といいます。 納付期限の翌日から1カ月を経過する日までの期間:特例基準割合(下表参照)• その後の期間:年14. 3% 下表をみてもわかるとおり、平成25年12月31日までと平成26年1月1日以降では大きく異なっているので注意しましょう。 ただし下記のように条件があります。 納税者がその財産につき、震災、風水害、火災その他の災害を受け、または盗難にあったとき• 納税者本人や同一生計親族が病気にかかる、あるいは負傷したとき• 納税者の事業廃止、もしくは休止• 納税者の事業に著しい損失があったとき• 以上に掲げた事実に類する事実があったとき 徴収猶予とされる固定資産税も、全額ではなく、納付することができないと認められる金額が限度です。 天災その他特別の事情があり減免を必要と認められる場合• 生活保護法の規定による保護等の公的扶助を受けている場合• 上記以外の理由で、客観的にみて固定資産税を負担する能力がないと判断された場合 ただし、課税の公平さを期するためにも、固定資産税の減免措置を行うには条例上の根拠が必要です。 結局、延滞金がかからないようにすることも、徴収猶予も減免も、納税者からのきちんとした行動が必要だという点を覚えておきましょう。 【関連記事】•

次の

PayPayなら固定資産税がこんなにお得に支払えます!

固定 資産 税 支払い

固定資産税とは 固定資産税とは、毎年1月1日に土地や家屋といった固定資産を所有している人に市町村(東京23区の場合は東京都)が課する税金です。 固定資産税は賦課(ふか)課税制度といって市区町村が自動的に税額を計算し、納税通知書を送ってくるということもその特徴のひとつです。 では、納税通知書が送られてきたら、いつまでに納めればいいのでしょうか?また納付が遅れた場合のペナルティや、支払えない場合の徴収猶予、減免という手続きについても押さえておきましょう。 固定資産税は毎年1月1日を基準として課税される 固定資産税は、毎年1月1日における固定資産の所有者に対して、固定資産の課税標準額をもとにして課税されます(参考「」)。 固定資産の課税標準額とは、固定資産税課税台帳に記載された額です。 納税通知書は、毎年1月1日の固定資産税課税台帳登録者に対して送られてきます。 したがって、固定資産税の基準日は毎年1月1日となっていて、この基準日のことを賦課期日といいます。 1月1日における固定資産の所有者が、固定資産税の納税義務者ということになります。 賦課期日である1月1日の固定資産の所有者に、その年の固定資産税の「全額」が課税されます。 年の中途でその固定資産を他に譲渡した場合でも、売却後の期間に応じた税額分を還付されることはありませんので、注意しましょう。 固定資産税は「普通徴収」で収める 固定資産税の納付方法は「普通徴収」といって、1月1日の固定資産の所有者に市町村から納税通知書が送られてきます。 ただし、固定資産を共有で所有している場合、別々に納税通知書が届くことはなく、東京都の場合でいえば共有者氏名が欄外に記載されるようになりました(下図参照)。 この場合、固定太郎は納税義務者ですが、固定花子も連帯納付義務を負うことになります。 平成21年度からの記載変更(出典:東京都主税局) 固定資産税の支払い納期はいつまで? 固定資産税の納期は年4期に分け、市町村ごとに条例で定めてよいとされています。 固定資産税の納税通知書は、遅くても納付期限の10日前までに納税義務者に送らなければいけないため、例えば6月末日が納付期限の場合の固定資産税は、6月初旬に納税通知書が送られてくるのが通常です。 ちなみに東京都23区内の場合、平成29年度の固定資産税の納付期間/納付期限は以下の4期です。 第1期:平成29年6月1日~6月30日/6月30日まで• 第2期:平成29年9月1日~10月2日/10月2日まで• 第3期:平成29年12月1日~12月27日/12月27日まで• 第4期:平成30年2月1日~2月28日/2月28日まで 固定資産税を滞納すると延滞金が発生 固定資産税は、納税通知書(あるいは固定資産税の納付書)に記載された期日が地方公共団体ごとの納付期限になります。 納付期限に遅れると、「延滞金」というペナルティが発生することがあります。 特に納付期限の翌日から1カ月以内に納付すれば延滞金の率が優遇されており、平成25年12月31日までが前年の11月30日を経過するときの商業手形割引率の年4%に割合を加えたもの、平成26年1月1日以降が前年の12月15日までに財務大臣が告示する割合に1%を加えたものとされています。 この割合のことを特例基準割合といいます。 納付期限の翌日から1カ月を経過する日までの期間:特例基準割合(下表参照)• その後の期間:年14. 3% 下表をみてもわかるとおり、平成25年12月31日までと平成26年1月1日以降では大きく異なっているので注意しましょう。 ただし下記のように条件があります。 納税者がその財産につき、震災、風水害、火災その他の災害を受け、または盗難にあったとき• 納税者本人や同一生計親族が病気にかかる、あるいは負傷したとき• 納税者の事業廃止、もしくは休止• 納税者の事業に著しい損失があったとき• 以上に掲げた事実に類する事実があったとき 徴収猶予とされる固定資産税も、全額ではなく、納付することができないと認められる金額が限度です。 天災その他特別の事情があり減免を必要と認められる場合• 生活保護法の規定による保護等の公的扶助を受けている場合• 上記以外の理由で、客観的にみて固定資産税を負担する能力がないと判断された場合 ただし、課税の公平さを期するためにも、固定資産税の減免措置を行うには条例上の根拠が必要です。 結局、延滞金がかからないようにすることも、徴収猶予も減免も、納税者からのきちんとした行動が必要だという点を覚えておきましょう。 【関連記事】•

次の