外務 省 行動 課。 欧州局|外務省

外務省 海外安全ホームページ

外務 省 行動 課

感染症危険情報(レベル3) 各国に対する感染症危険情報の発出 (レベルの引き上げ又は維持) 2020年5月22日 1 新型コロナウイルス感染症については,世界保健機関(WHO ) が ,3月11日,この感染症がパンデミックと形容されると評価し た 後も , 世界的な広がりを見せて います。 5 月 22 日現在, 188 か国・地域で 500 万人以上 の感染が確認され,全世界の死亡者数は 32 万人 以上 となっ てい ます。 新興国 や途上国 を中心に依然として感染拡大が継続しており,警戒が必要な状況が続いています。 2 このような状況を受け, 1万人あたりの感染者数や輸入症例等を含む様々な状況 を 総合的に勘案し, 11 か国 に対して発出している感染症危険情報をレベル3(渡航は止めてください。 (渡航中止勧告))に引き上げます。 4 在留邦人及び渡航者の皆様におかれては,感染の地理的拡大の可能性に注意し,現地の状況が悪化する可能性も念頭に,各国の出入国規制や検疫措置の強化に関する最新情報を確認するとともに,感染予防に万全を期してください。 危険度 (1)レベル3:渡航は止めてください。 (渡航中止勧告)(レベル引き上げ) (アジア)インド,パキスタン,バングラデシュ (中南米)アルゼンチン, エルサルバドル (欧州) キルギス,タジキスタン (中東・アフリカ)アフガニスタン ,ガーナ,ギニア,南アフリカ (2)レベル3:渡航は止めてください。 (渡航中止勧告)(継続) (アジア)インドネシア,韓国,シンガポール,タイ,台湾,中国,フィリピン,ブルネイ,ベトナム,マレーシア,モルディブ (大洋州)オーストラリア,ニュージーランド (北米)カナダ,米国 (中南米)アンティグア・バーブーダ,ウルグアイ,エクアドル,コロンビア,セントクリストファー・ネービス,チリ,ドミニカ共和国,ドミニカ国,パナマ,バハマ,バルバドス,ブラジル,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ (欧州)アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,アルバニア,アルメニア,アンドラ,イタリア,ウクライナ,英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,北マケドニア,キプロス,ギリシャ,クロアチア,コソボ,サンマリノ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,チェコ,デンマーク,ドイツ,ノルウェー,バチカン,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベラルーシ,ベルギー,ポーランド,ボスニア・ヘルツェゴビナ,ポルトガル,マルタ,モナコ,モルドバ,モンテネグロ,ラトビア,リトアニア,リヒテンシュタイン,ルクセンブルク,ルーマニア,ロシア (中東)アラブ首長国連邦,イスラエル,イラン,エジプト,オマーン,カタール,クウェート,サウジアラビア,トルコ,バーレーン (アフリカ)カーボベルデ,ガボン,ギニアビサウ,コートジボワール,コンゴ民主共和国,サントメ・プリンシペ,ジブチ,赤道ギニア,モーリシャス,モロッコ (3)上記(1)(2)に含まれる国・地域を除く現在感染症危険情報レベル2の全ての国・地域 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。 3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え,必ず在留届を提出してください。 ( ) また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。

次の

外務省海外安全情報

外務 省 行動 課

(1)履歴書1通(履歴書様式例( )/( ):市販のJIS規格履歴書可) (海外にお住まいの方は日本の住所等連絡先を明記。 これまでの高校卒業以降の学歴,職歴を1か月単位で全て記入して下さい。 更に,英検,TOEFL,TOEIC等,各種語学検定を受けている場合には,受験年月及び結果・得点等も履歴書に記入して下さい。 職務経歴書の追加は任意です。 (2)卒業(修了)証明書等(大学・大学院。 入学・卒業日が記載されたもの。 (3)戸籍謄本1通(発行日から3か月以内のもの)• (4)研究成果,執筆論文等がある場合は,その写し (注1)上記申請書類のうち,(2)及び(3)の書類については,応募締切までに入手が間に合わない場合には,その旨応募時に明記してください。 応募後,第一次選考を通過した場合には,第二次選考実施日に持参してください。 (注2)戸籍謄本は受験者の外国国籍の有無を確認するために提出を求めるものですが,仮に最終合格者として採用が内定した者について,当該戸籍謄本のみでは外国国籍の有無が確認できない場合には,さらに戸籍・国籍関係の追加書類を求める場合があります。 (注3)提出いただいた応募書類は返却しません。 (1)次のいずれかに該当する者は,今回の募集に応募できません。 ア 日本国籍を有しない者又は外国の国籍を有する者。 イ 禁錮以上の刑に処せられ,その執行を終わるまでの者またはその刑の執行猶予の期間中の者その他その執行を受けることがなくなるまでの者。 ウ 一般職の国家公務員として懲戒免職を受け,当該処分の日から2年を経過しない者。 エ 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他団体を結成し,又はこれに加入した者。 オ 平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている者(心神耗弱を原因とするもの以外)• (2)最終的に採用内定者に選考された場合,現在職に就いている方は,採用時に当該所属先から退職していただく必要があります(国家公務員法に基づく兼職・兼職制限等が適用)。 (3)採用内定者には健康診断を受診(自己負担により任意の医療機関で実施)していただきます。 (受診結果により内定が取り消される場合があります。

次の

任期付外務省職員の臨時募集(中・東欧課(中・東欧諸国との外交に関する業務))|外務省

外務 省 行動 課

感染症危険情報(レベル3) 各国に対する感染症危険情報の発出 (レベルの引き上げ又は維持) 2020年5月22日 1 新型コロナウイルス感染症については,世界保健機関(WHO ) が ,3月11日,この感染症がパンデミックと形容されると評価し た 後も , 世界的な広がりを見せて います。 5 月 22 日現在, 188 か国・地域で 500 万人以上 の感染が確認され,全世界の死亡者数は 32 万人 以上 となっ てい ます。 新興国 や途上国 を中心に依然として感染拡大が継続しており,警戒が必要な状況が続いています。 2 このような状況を受け, 1万人あたりの感染者数や輸入症例等を含む様々な状況 を 総合的に勘案し, 11 か国 に対して発出している感染症危険情報をレベル3(渡航は止めてください。 (渡航中止勧告))に引き上げます。 4 在留邦人及び渡航者の皆様におかれては,感染の地理的拡大の可能性に注意し,現地の状況が悪化する可能性も念頭に,各国の出入国規制や検疫措置の強化に関する最新情報を確認するとともに,感染予防に万全を期してください。 危険度 (1)レベル3:渡航は止めてください。 (渡航中止勧告)(レベル引き上げ) (アジア)インド,パキスタン,バングラデシュ (中南米)アルゼンチン, エルサルバドル (欧州) キルギス,タジキスタン (中東・アフリカ)アフガニスタン ,ガーナ,ギニア,南アフリカ (2)レベル3:渡航は止めてください。 (渡航中止勧告)(継続) (アジア)インドネシア,韓国,シンガポール,タイ,台湾,中国,フィリピン,ブルネイ,ベトナム,マレーシア,モルディブ (大洋州)オーストラリア,ニュージーランド (北米)カナダ,米国 (中南米)アンティグア・バーブーダ,ウルグアイ,エクアドル,コロンビア,セントクリストファー・ネービス,チリ,ドミニカ共和国,ドミニカ国,パナマ,バハマ,バルバドス,ブラジル,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ (欧州)アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,アルバニア,アルメニア,アンドラ,イタリア,ウクライナ,英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,北マケドニア,キプロス,ギリシャ,クロアチア,コソボ,サンマリノ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,チェコ,デンマーク,ドイツ,ノルウェー,バチカン,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベラルーシ,ベルギー,ポーランド,ボスニア・ヘルツェゴビナ,ポルトガル,マルタ,モナコ,モルドバ,モンテネグロ,ラトビア,リトアニア,リヒテンシュタイン,ルクセンブルク,ルーマニア,ロシア (中東)アラブ首長国連邦,イスラエル,イラン,エジプト,オマーン,カタール,クウェート,サウジアラビア,トルコ,バーレーン (アフリカ)カーボベルデ,ガボン,ギニアビサウ,コートジボワール,コンゴ民主共和国,サントメ・プリンシペ,ジブチ,赤道ギニア,モーリシャス,モロッコ (3)上記(1)(2)に含まれる国・地域を除く現在感染症危険情報レベル2の全ての国・地域 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。 3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え,必ず在留届を提出してください。 ( ) また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。

次の