白 ニキビ。 顔の『白ニキビ』を1日でも早く治す方法! 鼻・あご・おでこ

市販薬で白ニキビを改善 白ニキビには飲み薬が効果的だった!!

白 ニキビ

初期ニキビの特徴は、白くプツっとした吹き出物が出ることです。 専門用語ではコメドと呼びます。 まだ炎症は起きていない非炎症性皮疹であり、アクネ菌の本格的な増殖が始まっていないので、この段階で治療をすれば重症化して痕が残る…といったリスクはありません。 可能な限り、このタイミングで治すことがニキビケアの鉄則といえます。 白ニキビの真実〜この段階で治せば満足! 白ニキビと赤く炎症を起こしたニキビの違いはどこにあり、どんな条件が揃うと炎症を起こしてしまうのでしょうか?まずは、そういったニキビのメカニズムについて解説することにしましょう。 そもそも白ニキビというのは、角栓が詰まった毛穴の中に皮脂が溜まっている状態。 この中にアクネ菌が入り込んで増殖すると、赤く炎症を起こして赤ニキビになるわけです。 炎症を起こしていない以上、皮膚組織が大きなダメージを受けているわけではないので、この状態のうちに治してしまえば痕が残ったり、痛みや痒みが出ることもありません。 炎症を起こさないために必要なケアは? 白ニキビは、角栓が詰まった毛穴の内部に皮脂が溜まったもの。 となると、皮脂分泌を抑えれば良いのでしょうか?もちろん、悪化の可能性を低減するという意味で一定の有効性はあるでしょう。 要するに、皮脂分泌を減らすことでニキビの悪化を抑えるわけですね。 抜本的治療で白ニキビを解決! 毛穴を縮小させて柔軟性をなくし、簡単に角栓詰まりを起こしてしまう原因は男性ホルモンにあるのです。 女性の体内にも一定量の男性ホルモンが存在しており、この男性ホルモン量が増加してしまうと、毛穴が収縮して角栓による詰まりが発生しやすくなります。 さらに男性ホルモンには皮脂分泌の増加、肌本来のバリア機能を低下させる性質もあり、ニキビの悪化につながります。 よって、男性ホルモン優位の状態にならないよう、ホルモンバランスをコントロールすることが抜本的な治療となり得るわけです。 具体的なケア方法を紹介! 男性ホルモンを抑制するためには、常に女性ホルモン優位の状況を維持することが必要。 そこで、女性ホルモンであるエストロゲン、あるいは類似作用を持つイソフラボンといった成分を用いてホルモンバランスを整えることで大人ニキビの改善が望めるのです。 また、すでに発生している白ニキビについては面皰圧出やホルモン療法による皮膚科の治療が最適。 これは白ニキビ表面に針で穴を開け、さらにアクネプッシャー(面皰圧出器)という道具で中身の皮脂を抜く治療です。 これによって、肌表面を傷つけることなく、白ニキビを除去することが可能となります。

次の

キミのニキビはどのタイプ?|ビフナイト|小林製薬

白 ニキビ

炎症の度合いやニキビの質、できる場所も人それぞれなのに、使うお薬はみな同じ……。 これって漢方ではありえないこと! 漢方ではその人にあったケアがを考え、肌の表面だけでなく内側からもキレイにすることが可能です。 漢方でニキビの繰り返しをストップ&体質改善しませんか? ということで、今回は漢方で考えるニキビの対処法と、タイプ別の漢方薬に迫ります! ニキビを「3つの色」で分類する! 肌は内臓の鏡。 内側からキレイに元気に! 漢方ではニキビの分類もいろいろあるのですが、今回は赤・青・白と3つの「ニキビの色」に着目し、代表なタイプに分けてみました。 まずは色別のチェックリストで、多く当てはまるタイプを選んでください。 痒みや膿をともなう場合も ニキビは体内の余計な熱に、外界の刺激が加わることで発生するものですが、3つのタイプのうち、一番炎症性が強いのが赤ニキビタイプなのです。 この場合、「清上防風湯」(せいじょうぼうふうとう)が代表的な漢方として挙げられます。 余分な熱を取りながら、膿を出し、皮膚のかゆみや痛みを改善するのに優れています。 化膿性の炎症によく用いられる漢方ですね。 この漢方は血液循環を良くする「桂枝茯苓丸」に、むくみを取り、美肌効果の高いヨクイニン、つまりハトムギを加えた処方です。 顔はほてるのに足は冷えるといった症状の人にもいいですね。 また、ニキビだけでなく、シミやソバカスにも適し、女性の悩みに多く対応できる漢方でもあります。 つまり白ニキビタイプは、栄養や血液が不足していたり、過労や虚弱体質で、元気が足りないタイプ。 なので、ニキビが出来ても勢いがなく、ツヤや突起も少ないのです。 代表的な漢方では、貧血症状にもいい「当帰芍薬散」(とうきしゃくやくさん)や、体力アップをはかる「十全大補湯」(じゅうぜんだいほとう)などがあります。 たとえば、ストレスによってニキビが増減するようなタイプは「加味逍遥散」(かみしょうようさん)をベースに、イライラを抑えてホルモンのバランスを調える方剤が向きます。 また、混合タイプといって、複数の症状が重なっている場合も多く、漢方を選ぶときには、きちんとした漢方の専門家に診てもらうことが大切です。 ちなみに、ニキビが出来やすい人は胃腸の機能が弱い人が多く、食生活や生活習慣をかえるだけでも、かなり改善できるのも事実です。

次の

顔の『白ニキビ』を1日でも早く治す方法! 鼻・あご・おでこ

白 ニキビ

記事の目次• 白ニキビはどうしてできるの? 白ニキビというのは、毛穴に皮脂や汚れが詰まった状態です。 通常毛穴の皮脂は放っておいても、洗顔すれば落とすことができます。 ですが何らかの原因で毛穴の出口が塞がってしまうと、皮脂や汚れが排出されずたまってしまいます。 この状態が白ニキビです。 白ニキビはできはじめのニキビで、言わば赤ちゃんニキビといったところです。 白ニキビをそのまま放っておくと、黒ニキビや赤ニキビになってしまいます。 黒ニキビは白ニキビの角栓が酸化して黒くなった状態で、赤ニキビはアクネ菌が原因で炎症を起こしている状態です。 また白ニキビと間違われやすい黄ニキビは、炎症を起こして膿が溜まっている状態なので白ニキビとは全く違うので注意しましょう。 白ニキビの即効性のある治し方 白ニキビはできはじめのニキビなので、放置せずに適切な対処をすればひどくなる前に治すことが可能です。 ですが対応を間違えてしまうと、赤ニキビや黄ニキビになってしまうこともあります。 白ニキビをすぐにきれいに治すためにはどうすれば良いのでしょうか。 薬を使用 赤ニキビや黄ニキビになってから薬を使う人は多いですが、初期段階の白ニキビのうちに薬を使う人は少ないかもしれません。 白ニキビのうちに適切な薬を使えば、悪化を防げると考えられます。 白ニキビができる時は肌の調子が悪くなっている可能性が高いので、飲み薬はビタミンを中心としたものを選びましょう。 ビタミン不足になっていると肌荒れやニキビになりやすく、肌の調子を回復させるためにも薬を飲むと効果が期待できます。 塗り薬は赤ニキビ用のものとは成分が全く違います。 赤ニキビは炎症を起こしているので、消炎作用のある塗り薬を使います。 白ニキビの場合は炎症を起こしているわけではないので、ピーリング作用のある成分で毛穴の詰まりを解消したり、炎症を起こさないように殺菌作用のある成分を含んでいます。 白ニキビを潰す 白ニキビは毛穴に皮脂や汚れが詰まっているだけなので、潰して中身を出してしまえばすぐに治ります。 ですがうまく潰さないと、傷になってしまったり炎症を起こして赤ニキビになってしまうこともあります。 白ニキビを潰す時には、コメドプッシャーなどの道具を使うようにしましょう。 指で押し出すと爪で傷が付いてしまったり、芯を全て出しきれないこともあります。 ピンセットは肌に傷を付けてしまうので使わない方が良いです。 最初に使う道具はしっかり消毒し、手もきれいに洗っておきましょう。 針などを使ってニキビの盛り上がった部分に穴を開けてから、コメドプッシャーで押すとうまく潰すことができます。 道具や手が汚かったり芯を出しきれないと、炎症を起こしてしまうので気をつけましょう。 白ニキビの即効性のある治し方のデメリット 白ニキビを早く治すことのできる方法には、少なからずデメリットがあります。 肌質によっては向いていないこともあるので、メリットとデメリットを理解して自分に合った方法を選ぶのが良いでしょう。 薬を使用するデメリット 市販薬には基本的に重篤な副作用はありませんが、正しく使わないと効果がなかったり肌に負担をかけてしまうことがあります。 白ニキビは大量に発生してしまうこともありますが、その場合肌全体に塗りたくるようなことはしてはいけません。 ニキビだけに塗る、治ったら塗るのをやめるというのが原則です。 ニキビがない場所に塗ったり治っても塗り続けると良くない理由は、薬の成分にあります。 白ニキビ用の薬には殺菌作用があるので、皮膚の常在菌まで殺してしまいます。 常在菌がいない状態になると皮膚のバリアがなくなってしまうので、余計にニキビや肌荒れを起こしやすくなります。 常在菌がいなくなってしまうと元に戻るまで時間がかかるので、気をつけて使いましょう。 白ニキビを潰すデメリット 白ニキビを潰すと一見ニキビが無くなったように見えますが、潰す時にどうしても傷ができてしまうので注意しましょう。 潰してしまった場合は、きちんと消毒をしないと逆に悪化する恐れがあります。 心配な場合は、潰さないように注意して過ごした方が早く治ることもあります。 ピーリングのデメリット ピーリングは薬品などを使って皮膚の表面を剥がしているので、どうしても肌に負担が大きいです。 ターンオーバーが正常に行われておらずに古い角質が剥がれ落ちていない場合に行えば効果的ですが、きちんとターンオーバーが行われているのにピーリングを行うのは健康な肌を削っていることになります。 また敏感肌の人は赤くなったりヒリヒリすることもあり、自分の肌質をきちんと理解せずに使うのは危険です。 「お肌のピーリングは、乾燥肌の方は注意して取り入れましょう。 白ニキビが目立つ箇所や、Tゾーンなど皮脂の分泌が活発な部分のみ取り入れる方法もおすすめ。 ピーリング後はしっかり保湿して水分を補うように意識してみてください。 」 白ニキビの日常的なケア 白ニキビはできやすく治りやすいニキビですが、なるべくできないようにするのが一番です。 普段のケアでもうまくやれば予防は可能なので、正しいケアをしっかりと覚えましょう。 毎日丁寧に洗顔をする! ニキビができてしまう主な原因。 それは毛穴に皮脂などが詰まることで汚れがたまり、角栓ができてしまうことにあります。 ですから毎日丁寧に汚れを洗い流すことが大切になってきます。 しかし、汚れを落としたいからといって強くゴシゴシと洗うのは禁物。 逆に皮膚が傷ついてしまい、肌荒れの原因などにもなってしまいます。 また必要な皮脂まで落としてしまうと、逆に皮脂の分泌が増えてしまいニキビができやすくなります。 きちんと石鹸を手で泡だててから、やさしくなでるように洗ってあげてくださいね。 栄養をきちんと摂る ビタミンにはコラーゲンの生成を助けたり肌の状態を整える効果が期待できます。 また胃腸の調子が悪いと肌の状態も悪くなるので、ビタミンだけでなく色々な栄養をバランス良く摂り、全身の状態を良くする必要があります。 免疫機能が低下している時にはニキビも治りにくくなるので、食事やサプリメントなどで補うようにしましょう。 夜10時くらいには寝て8時間以上寝る 肌のターンオーバーがきちんと行われないと、古い角質が剥がれ落ちにくくなり毛穴が詰まりやすくなります。 ターンオーバーは加齢により衰えていきますが、睡眠不足によっても周期が遅れていきます。 ターンオーバーは成長ホルモンが分泌されることによって促されます。 成長ホルモンは夜眠っている間に分泌されるので、夜寝る時間が遅かったり睡眠時間が短いと不足してしまいます。 また時間だけでなく眠りの質にも気を遣いましょう。 なるべく触らない ニキビが気になって触ってしまう人は多いですが、刺激によってニキビが悪化してしまうこともあります。 また手には雑菌が多いので、白ニキビが炎症を起こしてしまう原因にもなります。 手だけでなくおでこのニキビにかかる前髪なども良くないので、髪型の工夫も大切です。

次の