市川市 テスラ。 公用車にテスラ、市長断念…高額費用に市民反発 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

加藤浩次 市川市の米テスラ社製“高級”公用車に「もっと国産である。この車に乗る必要ない」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

市川市 テスラ

Contents• 市川市公用車にテスラ採用のニュース! 千葉県市川市は米電気自動車大手テスラのセダンとSUV(スポーツ用多目的車)の2台を市長、副市長の公用車として採用することを決めた。 現在使用中の国産車と比べ割高だが、環境重視の姿勢をより明確に打ち出す。 ただ、自治体が外車を採用するのは珍しく、論議を呼びそうだ。 市は2台のうち1台について、公用車の車種をテスラのSUV「モデルX」(3列6人乗り)に限定し、一般競争入札を今月6日に実施した。 7月から8年間の長期リース契約が条件。 車両価格は約1100万円だが、リースは月額13万2千円になる。 現在の車種より月額で約6万8千円高いが、市企画部は「電気代と燃料代の比較などを考えると維持費は安い」と説明する。 もう1台はセダンの「モデルS」(5人乗り)で、後日入札し、9月からリース契約する予定だ。 市は地球温暖化対策実行計画の中で、2025年度に二酸化炭素を13年度と比べ20%削減する目標を掲げている。 電気自動車は「市が率先して対策に取り組む姿勢を示す広告塔の役も担う」(同部)と強調する。 市によると、テスラ車の公用車採用は米国カリフォルニアやマレーシアである。 ただ、「高額の外車は市民の理解を得られるのか」という懸念の声は市役所や市議会にもくすぶる。 引用>> 市川市も思い切ったことしましたね! 確かに市長や副市長と言った行政トップや、企業のトップはある程度、高級車を乗ること自体は私は批判しませんが、 車両価格1,100万円とは驚きです!8年間の長期リース契約で現在のリース契約のほぼ倍の値段がかかるようです。 確かに、環境配慮した電気自動車を市が率先して取り組むのは、非常に素敵なことではありますよね。 ただ、市民としては、ここまでの高額車になると、その環境の部分より、最初に「金額!」がどうしても目入って、環境のことなんて、頭から吹っ飛んでしまいます。 それが、ごくごく一般人の感覚だと思います。 市川市公用車に決まったテスラ車ってどんなの? テスラ車「Model X」 (Model X:引用>>テスラジャパン) (Model X:引用>>テスラジャパン) こちらがテスラのモデルXのSUVです。 (ファルコンウィングドア:引用>>テスラジャパン) ドアもSUVでは珍しいファルコンウィングドアになっている車です! テスラ車「Model S」 (Model S:引用>>テスラジャパン) こちらがセダンタイプのテスラモデルSの車です。 (Model Sの価格:引用>>テスラジャパン) 価格が!非常に高額になっていますね! スポンサーリンク - 市川市民や全国の反応は? 「維持費は安い」と言うだけでなく具体的な数字をあげて説明しないと理解されないと思うな 市川市、テスラ車を公用車に 環境重視でも「高額」懸念(朝日新聞) - goo ニュース — しのけん turmeric88 市川市長並びに副市長用の公用車に、テスラ車を導入するとのこと。 車のことはわからないので何とも言えませんが、市民感覚として費用対効果を数字で示していただきたいと思います。 国産車じゃダメですか? — 長福丸 XGeZYhOuLwkFUIh この他にもTwitterでは、なかなか厳しいお言葉が飛び交っております! 私も費用対効果が感じられるなら、それでも良いと思いますが、今の報道だけでは、この価格帯の高級外車を公用車にするメリットは感じられないような気がします。 追記:テスラの費用一部を村越市長が負担!給与減額へ! 温暖化対策の一環としてアメリカのメーカーの高級電気自動車を新たな公用車として導入した千葉県市川市の村越市長は、市民から「高額すぎる」という批判が相次いでいることを受けて、リース料金の値上がり分を事実上、自身の給与から支払う方針を固めました。 (中略) 村越祐民市長は1か月のリース料金の値上がり分に相当する8万5000円を毎月の自身の給与から減額するとして、そのために必要な条例の改正案を次の議会に提出する方針を固めました。 また、来月導入する予定だったもう1台の「テスラ」の電気自動車はキャンセルする方針です。 村越市長は、市内での再生可能エネルギーの普及に力を入れていて、公用車のリース料金を事実上、これまでと同じ金額にすることで電気自動車の意義などを議論できる環境を整えたい考えです。 引用>>NHK NEWS WEB この騒動は一体、なんなのでしょうか?(笑) もはや喜劇です(笑).

次の

千葉県市川市、公用車「テスラ問題」 市長2台目見送り表明 :日本経済新聞

市川市 テスラ

千葉県市川市の「テスラ騒動」 公用車にテスラはそんなにぜいたく? なぜ、ここまで大きな騒動になってしまったのでしょう? 昨今、テレビやネットで千葉県市川市での「テスラ問題」が話題です。 この話はなぜ、ここまで大きな騒動になってしまったのか? ちょっとピンポイントのローカルネタで恐縮ですが、ご紹介します。 なぜなら批判の的にされているのは、あのイーロン・マスク氏が最高経営責任者(CEO)をつとめる米電気自動車(EV)、テスラの高級EV車。 やっぱり気になります。 千葉県の市川市の市長と副市長の公用車に、TESLA製の「モデルS」とSUV(スポーツ用多目的車)の「モデルX」の2台を導入することをめぐり、市民から「公用車として高額過ぎる」「税金の無駄遣い」とといった声が上がり、見直しを求める声が上がりました。 市川市の説明 7月17日に市川市クリーンセンターにて記者会見が行われ、村越祐民市川市長による説明がありました。 それによると、市川市は低炭素社会の実現をアピールするため、EV導入を決定したのだとのこと。 市川市クリーンセンターを近い将来にバイオ発電なども併用する新施設にするなどの計画があり、公用車テスラはそうした環境政策の一環、なのだそうです。 また、新しいまちづくり政策「いちかわ未来創造会議」における自動運転やシェアリングエコノミーなどの次世代技術や新規ビジネスモデルについて、同会議の会員であるTESLA社との連携を視野に入れているという説明と合わせ、テスラ導入の正当性を主張しました。 結局、モデルSについては購入保留に すでに7月上旬には、副市長用に車両価格1110万円のモデルXのリースを開始していますが、現時点でテスラ問題を引き起こしてしまったことを真摯に受け止めて、テスラモデルXの月額リース料14万5000円と旧公用車のクラウンハイブリッド同6万円との差額、8万5000円分を市長の給与の一部として市に返還する手続きを、9月の市議会定例会で議題に上げるとしました。 また、市長用として8月末に納車予定だったモデルSについては「入札を延期する」と語りました。 この市川市のTESLA問題を少し整理してみますと、地球温暖化対策に前向きな取り組みの一環としてエコカーを選択することへの批判はさすがに今の時代少ないようです。 しかし市民感情としてはその車種が1000万円を超える高級外車だから「税金の無駄遣い」との反対意見が噴出したと思われます。 でもTESLAでいいんじゃないでしょうか?公用車がTESLAとは、もし街で見かければ少しうれしい気分になりそうですし、子どもたちにも夢を与える気がします。 などというとお気楽すぎるでしょうか。 岡山で輸入車をお探しならハートアップワールドへ! マニアックな輸入車もお探しします!! テスラを始め、ベンツ、BMWなどなど…気になる輸入車がある時は、ぜひ一度ハートアップワールドへお越しください。 広くて清潔な事務所や、十分な設備を投入したサービス工場を完備しております。 岡山県北、県南、県外からも多くのお客様に可愛がっていただいており「知る人ぞ知るクルマ屋さん」になっています。 充電設備も完備しておりますので、お時間がありましたらぷらっと寄っていただいて輸入車好きのスタッフとお話しだけでもお気軽にどうぞ!! ハートアップワールドのサービス ハートアップワールドでは『ガラスコーティング』をオススメしております。 ハートアップワールドは、自動車のメンテナンス・修理や販売、車検、板金塗装、 オイル交換、カスタマイズ・チューニングなど、自信があります。 また、輸入車や電気自動車(EV)、クラシックカー・旧車、カスタムパーツなども取り扱っています。 お探しの方は是非、お声掛けください。 ハートアップワールドはあなたのお車の『総合案内所』を目指します。 お気軽に何でもご相談下さい。 それでは本日も、お客様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております!•

次の

加藤浩次 市川市の米テスラ社製“高級”公用車に「もっと国産である。この車に乗る必要ない」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

市川市 テスラ

気になるニュース・気になる内幕。 今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。 ………… ローカル過ぎる話題だが、批判の的にされているのは、あのイーロン・マスク氏が最高経営責任者(CEO)をつとめる米電気自動車(EV)メーカー、テスラの高級EV車だけに見過ごすわけにもいかないようだ。 千葉県の市川市の市長と副市長の公用車にテスラ製の高級セダンの『モデルS』とSUV(スポーツ用多目的車)の『モデルX』の2台を導入することをめぐり、市民から見直しを求める声が上がっているという。 きょうの毎日などが「米テスラ高級EV公用車に批判」などと、社会面で大きく取り上げている。 それによると、市川市は低炭素社会の実現をアピールするため、EV導入を決定。 7月上旬には、副市長用に車両価格1110万円のモデルXのリースを開始した。 費用は月約14万円で期間は8年間。 これまでのトヨタの『クラウン』は月約6万円で月額が2倍以上となったという。 このため、市民や議会から「高額だ」と批判が噴出。 村越祐民市長は「説明不足だった」として、もう1台の車両価格1020万円のモデルSについては入札を延期することを決定。 すでに納車された1台については、これまでの国産車との差額分8万5000円分を自身の給料から減額して補てんする考えを示したそうだ。 この市川市の公用車導入の問題を少し整理すると、地球温暖化対策に前向きな取り組みの一環としてエコカーを選択することについての批判は少ないようだが、市民感情としてはその車種が1000万円を超える高級外車だから「税金の無駄遣い」との反対意見が噴出したと思われる。 もし、最初から日産自動車の『リーフ』などを選択していたら、批判の声も上がらなかったのではないだろうか。 もっとも、リーフは大衆車であるのと「差額は自腹でも」という市長の発言からみると、最初から「テスラありき」との思惑も透けて見える。

次の