中華スープ 作り方。 生姜スープの人気な作り方は?コンソメ・中華・和風味の色々な野菜や白菜を使った作り方を紹介!

中華粥のレシピ(作り方)

中華スープ 作り方

だしとは大まかには、 旨味成分を含む汁状の調味料を言う。 中華料理ではだしのことを湯 タン 、 だしをとることを吊湯 ティアオタン 、 熬湯 アオタン 、製湯 チータン などと言う。 鶏、豚、牛、魚介類など複数の材料を組み合わせ、 特定の材料に偏らないバランスの取れただしを 取ることが特徴。 中国料理におけるだしのとり方のポイントは、 あくをよく取り除き、香味野菜 ねぎやしょうがなど で しっかりと臭みをとることである。 特徴としては 1.材料をだしがらとしない場合が多い取り出して 別の料理に使うためだしがらにするまで煮出さない。 江西料理や広東料理の壷で蒸すスープではだしがらとなる。 2.浮いた油を取らない — 特殊な場合でない限り油を取らない。 3.くさみ抜き — だしが動物性の場合、ネギや生姜の薄切りを入れる。 だしの種類 1.素湯(スータン) 植物性の材料で取った湯。 緑豆、大豆、 大根、ニンジン、セロリ、シイタケなどを使用する。 2.葷湯(フンタン) 牛、豚、鶏の肉や骨、中華ハム、乾し鮑、乾し貝柱、 乾しアゲマキガイ、スルメ、ヒラメの干物などを使用する。 3.清湯(チンタン) 上質で澄んだスープのこと。 塩、酒で味をつけた 食欲を誘う為のスープであり、 彩りも大切であるため灰汁は丁寧にとる。 4.上湯(シャンタン) 清湯の中でも高級とされるスープ。 金華ハムと丸鶏、牛肉、豚肉を 長時間煮込み、塩で味を調えたスープ。 材料は大ぶりに切り、ゆでてあくを除き、水洗いする。 寸胴鍋に入れ水を張り、強火で沸騰直前まで加熱したあと、 弱火にして香味野菜を加え、 あくを除きながら長時間煮たてて出しをとる。 5.白湯(パイタン) 白いスープ。 魚介類や豚骨などを強い火力で長時間煮込み、 白濁させて仕上げる。 日本ではラーメンのスープに用いられ知名度が上がった。 簡単な方法は、上湯や哨湯をとった残りの材料に水を加え、 さらに強火で沸騰させる方法である。 理としての湯 中国および韓国には、 料理名として「湯」の文字が多く使用されている。 それらは単なるスープではなく煮込んだ様々な具材とともに 提供され食されるもの、あるいはスープである湯に、 食材を加えて調理し提供されるものなどさまざまである。 スープである湯と料理としての湯の概念の区別は、 かならずしも明確にされているとは言えない。 また、生薬を煮出した薬も「湯」と呼ばれ、 中には甘い味を付けるものもあるが、 生薬は料理にも入れる場合があるため、 それらの境界には曖昧な部分がある。 ガラの取り方 1.水5~6リットルを寸胴鍋に沸かし、 葱、生姜、粒胡椒を入れる。 鶏骨を洗い、脂肪・内臓をよく洗う。 残っていると綺麗なスープが取れずにごってしまう。 2.お湯湧いた所に鶏骨を入れる。 あくを取る。 そしてよくボイルする。 最低でも4時間はかかる。 豚ガラ・・・濃厚な味で少し癖がある。 豚ガラというものは、 6時間以上煮込まないと、 豚ガラの 「隋(ずい)」の部分の優良なコラーゲンが出てこない。 スープの作り方 1.椎茸、胡瓜3等分に切る。 包丁を親指で抑え、 平行に切れるように安定させる。 切る厚さ、大きさを均等にする。 葱をみじん切りにする。 ぺティナイフを使い、 葱を回しながら切り目をつけていく。 押すようにして切っていく。 2.お湯を沸かし、臭みを取る為に胡瓜と椎茸は さっとボイルしておく。 清湯 鶏ガラスープ を6カップ温める。 酒を入れる。 ボイルした胡瓜と椎茸を入れる。 塩、味の素10回、砂糖 かくし味 、うすくち醤油を入れる。 卵を溶いておく。 おたまを使い「の」の字を書くようにして ゆっくり卵を流していく。 すぐに混ぜないでしばらく置いてからまぜる。 最後にごま油を入れて完成。

次の

中華粥のレシピ(作り方)

中華スープ 作り方

知って得する「中華粥」情報 よりおいしいスープを作るには? 骨つき肉 骨つき肉からおいしいだしが出ます。 骨つき鶏もも肉のぶつ切りで煮てみましょう。 骨から鶏の身がスッとはずれるくらいになったら、鶏を取り出し、食べやすい大きさに手で裂いてお粥の上にトッピングします。 干し貝柱 干し貝柱(ホタテ貝の貝柱)もよく用いられます。 干し貝柱はきれいに洗ってぬるま湯につけてもどし、ほぐして使います。 戻し汁はいいだしが出ているので捨てないで、スープに使います。 前の晩に水に浸けておいてもいいです。 貝柱の水煮の缶詰 干し貝柱は高いので、ホタテの貝柱の水煮の缶詰を利用する人も多いです。 汁ごと加えます。 インスタントのおいしい中華スープは? ウェイパー ウェイパー(味覇)という調味料が、中華スープの素として売られています。 プロも使うおいしいだしだそうです。 中華粥のよくある質問 レシピに関連したよくある質問の答えです 中華粥の特徴や、日本のお粥との違いは? スープで炊く 日本のお粥は、水だけで炊きますが、中華粥は、鶏や干し貝柱などの スープの旨みで煮込みます。 米粒の原型がなくなる 日本の粥に比べて米が原型を残していないのも特徴。 どの程度まで煮込むかは、地域によって異なりますが、なかでも広東粥は、半分形が無くなる程度まで煮込むことが多い。 中華粥は日本のドロッとしたお粥と違って、サラサラした食感になります。 デンプンが溶け出るのでとろみはつきますが、ゆるくてトロッとしたスープといった感じです。 トッピング 日本は梅干しですが、中華粥はいろいろな具をトッピングしていただきます。 かき混ぜながら煮る 日本の粥の場合は、炊くときにかき混ぜると米が崩れ、粘りが出て味が落ちるので、あまりかき混ぜません。 吹きこぼれない程度の強火で、米が自然に対流するように炊きます。 中華粥の場合は、お米の形が崩れてもいいので、かき混ぜながら煮ます。 米と水の割合は? 中華粥の水分量は、五分粥と同程度。 体積比で 米1に対してスープ10の割合です。 例:米1合は体積180ccなので、水1800cc)1対12の緩い粥を好む人も多いです。 水加減は計って、最初からジャストの分量で煮た方が良いようです。 水分が減ったら適宜足せるので、おかゆの硬さを好みに加減できます。 米を研いだ後、1時間水に浸して水分を充分含ませておくといいでしょう。 米を研いだ後、水浸しないですぐにザルに上げる場合は、水分量をもう少し増やしましょう。 トッピングの具材は何? 中国では、鶏肉、ピータン、豚レバー、揚げパン(油条)、ゴマ、落花生、くこの実、揚げワンタンなどがトッピングされます。 魚の刺身をのせた魚粥もあります。 トッピングを和風にアレンジ ピータンの代わりにゆで卵、豚レバーの代わりに焼き豚、揚げパンの代わりに油揚げ、揚げワンタンの代わりにコーンフレーク、ザーサイの代わりに高菜漬けなどで代用できます。 揚げワンタンの作り方は? ワンタンの皮を半分に切り、さらに1cm幅に切る。 180度の油でカラッと揚げる。 薬味は? ネギ、生姜、香草(パクチー) 定番の付け合わせ(トッピング)は? 揚げパン(油条) 油条とは 中国の家庭で日常的に食べられている揚げパンのことを、 油条 北京語でヨウティアオ といいます。 小麦粉を練って油で揚げたもので、細長くねじれた形をしています。 味は付いておらず、皮はサクサクと軽く、中はモチモチとしてコシのある食感が特徴。 朝食の定番の具で、温かい 豆乳に浸して食べます。 油のコクがあるので、あっさりした粥にちぎって入れて食べます。 中華粥も朝ごはんの定番メニューのひとつ。 実際マロンの知り合いの中国人の方は、横浜中華街で毎朝中華粥を食べて一日を始めておられます。 花を咲かすとは? 米粒の原型がなくなるまで長時間煮込むことで、花が咲いたように、 米粒が割れた状態になります。 出来上がりの目安になります。 一見すると砕かれた米粒、道明寺粉かなと思うような感じです。 短時間で花を咲かせる方法は? お米が割れて、「花が咲いた」ようになるのが中華粥の特徴。 本来は3〜4時間煮ますが、水気を切ったお米を油で炒めることで、短時間で花を咲かせることができます。 作り方• お米1合を洗って、30分ザルに上げる。 最初に鶏を煮たスープに加え、鍋底にくっつかないように、混ぜながら沸騰させる。 弱火にして50〜60分炊く。 米が割れてきたら火を止める。 塩を入れて味付けをする。 人によっては、炒めないで乾いたお米に、油をまぶすだけの方もおられます。 といで水気を切ったお米に油をまぶし、30分置いてなじませ、温めたスープに入れて炊きます。 米を油で炒めたり、なじませておく理由 米を油でコーティングすると、火の通りが早くなります。 油で炒めると米が潰れず、よりふっくらとし、口当たりもよくなります。 つやをよくしたり、甘味やコクも出ます。 米が溶けにくくなるので、粘りを防ぐ効果もあるようです。 花もよく咲くようになるそうです。 カロリーは上がりますが、満足感や腹もちをよくしてくれるメリットがあります。 さらにダイエットの工夫ができる? やはり、ドロドロより噛み応えのあるお粥の方が血糖値の上昇を抑えられます。 ほうじ茶で煮るのように、お米を洗ったらザルに上げないで、すぐにスープに投入。 吹きこぼれない程度に強火で一気に煮る。 出来上がったらコップ1杯の水を加える。 そうするとサラッとした噛み応えのあるお粥になります。 冷やご飯で作りたい ドロドロしたお粥を食べたい時は、冷やご飯をそのまま入れましょう。 米が割れやすく花が咲きやすいです。 サラッとさせたい場合は、洗ってぬめりをとるか、電子レンジで加熱してから入れ、短時間で煮ましょう。 店の中華粥が見てみたい 下の写真は、和風にアレンジされたホテルの中華粥。 上にのっているのは揚げパンと桜の花の塩漬け。 トッピングは向こうに見えるように、小皿に盛られています。 温度は熱々ではありませんが、ぬるいわけでもありません。 こだわりの料理長なので、考え抜かれた温度だと思います。 トッピング トッピングは和風にアレンジ。 右端はザーサイの千切り。 青いのは大葉の千切り、赤いのは梅干しと何かのお漬物、白ごま入りの高菜漬け、大根の漬けものでした。

次の

美味しいラーメンスープ!美味しいラーメンスープの作り方厳選5選!|RecipeMemo[レシピメモ]

中華スープ 作り方

・作り方 1,玉ねぎをオニオンスライスにするような形に切り、豚バラ肉は5センチ角に切る。 豚バラ肉をボウルに入れ、しっかりと塩・コショウを刷り込む。 炊飯器に玉ねぎを3分の2敷き、その上に豚バラ肉を入れ、その上から残りの玉ねぎをかぶせて炊飯器のスイッチを入れる。 炊き上がったら木べらなどでバラ肉をくずし、醤油を入れてから5合目の目盛までお湯を注ぐ。 炊飯時に醤油を入れない理由は、香りが飛んでしまうため。 このタイミングで入れると良い感じに香りが出て、美味しく仕上がるのです。 もし濃いめが好きな方はここで醤油の量を調節してください。 もやしを茹でる。 麺を茹でる。 丼にスープと麺を入れ、最後にくずした豚バラ肉ともやしを乗せて完成! お好みでメンマや味付け玉子を入れても良いですね。 お湯を沸かし塩ラーメンの麺を茹でる まずスープに使う熱湯は400cc必要です。 事前に沸かしてポットなどに入れておけば熱々を注げます。 また、別に塩ラーメンの麺を茹でるためのお湯を沸かし麺を茹でます。 麺の固さは袋の表示に従ってお好みに仕上げてくださいね。 Wスープ塩ラーメンスープを完成する 2のラーメンどんぶりに400ccのポットのお湯を注ぎ、残りの【塩ラーメンスープ材料】の白ゴマを指でひねりつぶしながらどんぶりに入れ、さらにコショウを少々振り入れ塩ラーメンのスープを完成させます。

次の