あく と いちろう。 肥土伊知郎(あくといちろう)の妻や父や高校などプロフィールは?おすすめウィスキーも気になる【逆転人生】

肥土伊知郎の「逆転人生」!ウィスキー(秩父蒸留所)「イチローズモルト」購入は?

あく と いちろう

Contents• 肥土伊知郎(ウイスキー)が【逆転人生】に出演 2020年5月25日(月)放送の 【逆転人生】に イチローズモルトで知られている 株式会社ベンチャーウイスキー社長 肥土伊知郎(あくといちろう) さんが出演します。 \ウイスキーは、お好きです?/ 埼玉・秩父の小さな蒸留所が作る『あのウイスキー』の逆転劇! ウイスキーセットは、約1億円で落札。 世界から注目を集める『あのウイスキー』です。 3年連続で世界最高賞。 ウイスキーセットが約1億円で落札されるなど世界から注目を集める。 実家は日本酒の酒蔵。 父は洋酒ブームに触発され、ウイスキーの製造も始める。 その後、人気が低迷し消費量が激減。 父はウイスキーを諦めてしまう。 一方、伊知郎さんは父の原酒に可能性を感じる。 反発しあう親子。 息子の反骨心と執念が、奇跡の大逆転を呼び込む。 2007年 「秩父ザ・ファースト」がアメリカの専門誌で ジャパニーズ・オブ・ザ・イヤーを受賞。 肥土(あくと)というのは珍しい苗字ですね。 それにしても、 ウイスキーの受賞歴が華々しくて 世界で認められている美味しさなのですね! スポンサードリンク 肥土伊知郎(ウイスキー)の妻 肥土伊知郎(ウイスキー)さんの 結婚されている妻はどんな方なのでしょう!? 残念ながら、ネットで調べたところ 奥様の顔写真などは見つかりませんでした。 ですが! ご結婚はされています。 2018年に20歳を迎えたご長女がいらっしゃるとのこと。 娘さんとお父様のウイスキーで乾杯したのでしょうか。

次の

あく洗いの専門知識〜3つの洗浄法と使い分け〜

あく と いちろう

プロフィール 名前 :肥土伊知郎 あくといちろう 生まれ:1965年 出身 :埼玉県秩父市 最終学歴 :東京農業大学 祖父が創設した東亜酒造で酒造りに対する想いを 無意識のうちに育んできた幼少・青年時代。 だが、希望のであった酒造りは ウイスキーの技術者には大学院修士課程修了者のみを 採用していたため断念したという経緯があったようです。 そのためサントリーでは営業職を経験。 業績表彰を二回受けるほどの仕事ぶりだったようです。 「本当はものづくりをしたかった」という想いがかなえられるのは その思いが募っていた29歳の時、東亜酒造の経営が傾き、 父から家業を手伝うよう要請され、それに応える形で実家に戻った後だったようです。 スポンサードリンク 2. 肥土伊知郎さんのウィスキーの受賞歴が凄い!? 肥土伊知郎さんのお父さんはは洋酒ブームに触発され、 ウイスキーの製造も始めました。 しかし、 その後、人気が低迷し消費量が激減し、 父はウイスキーを諦めてしまいました。 しかし、その一方小さい頃からそのような環境で育った 伊知郎さんは父の原酒に可能性を感じたようです。 反発しあう親子。 息子の反骨心と執念が、奇跡の大逆転を呼び込む。 大学卒業後、一旦サントリーに入社し、営業を経験。 約7年後に家業に戻った時には 既にウイスキーブームは去り、ウイスキーの販売量は激減していた。 東亜酒造のウイスキーは、個性が強すぎ、 当時一般的だった水割りで飲むスタイルには 合わないという社内評であった。 しかし肥土伊知郎さんはこのウイスキーに目をつけた。 ストレートであれば独特な個性が 受け入れられるのではないかと直感的に感じたそうだ。 直感を確信に変えるために、 夜な夜な名店のマスターを訪ねて回り、確信を強めていったようです。 2007年に秩父蒸留所が完成し、 ウイスキー作りの免許が交付された 2008年2月から秩父蒸留所でウイスキー作りを開始します。 自分の信じたウィスキー作りを進める中 民事再生の申請など経験するも信じてウィスキー作りを 続けた結果、さまざまな受賞を獲得することになります。 スポンサードリンク 3. 肥土伊知郎さんのウィスキーが1億円 過去最高 で落札!? それほどの受賞を獲得する肥土伊知郎さん。 その受賞歴だけでも蒸留所稼働開始からの 年月を考慮しても凄いとおもうのですが、 さらに凄いトピックがおありとか!? それはなんと、 英競売会社ボナムズが香港で行った 競売の場において 「イチローズモルト」が競りにかけられ、 719万2千香港ドル(約9750万円)で落札されたとのこと。 落札したのはアジアの女性コレクター。 落札されたウィスキーは 1985~2014年に製造された 「イチローズモルト」シリーズの54本セット。 それぞれ異なるたるで熟成され、 ボトルのラベルにトランプのカードがデザインされている。 出典: 上記のの落札額は、ボナムズが15年に実施した 同シリーズの競売での落札額379万7千香港ドルの2倍弱。 海外で人気を集めていることがこの結果からも 分かりますね~。

次の

完売必至!?世界から注目されるウイスキー「イチローズ・モルト」って?

あく と いちろう

肥土伊知郎さんの「逆転人生」とはどのようなもの? 2020年5月25日放送の 逆転人生で、株式会社 『ベンチャーウィスキー』秩父蒸留所でウィスキー 「イチローズモルト」を製造・販売している肥土伊知郎(あくといちろう)さんが出演しました。 肥土伊知郎(あくといちろう)さんは、祖父が創設した東亜酒造を父から譲り受けたが、業績不振を立て直すことができず、日の出通商に営業譲渡を行いました。 そして、ウィスキー国内消費量が右肩下がりの冬の時代に、社長の職を投げうって自立することを決意し、ウィスキーの原酒400樽を引取ってのウィスキー販売と自前の蒸留所でのウイスキーの製造を手がける、株式会社 『ベンチャーウィスキー』を設立しました。 この間に原酒400樽のウィスキーをブレンドした 『キングオブダイヤモンズ』が、イギリスの 「ウイスキーマガジン」のジャパニーズモルト特集で最高得点の 「ゴールドアワード」に選ばれました。 その後に立ち上げた秩父蒸留所で蒸留した原酒を使った最初のモルトウイスキー 『秩父 ザ・ファースト』は、ジャパニーズウイスキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。 2018年と2019年と2020年はそれぞれ「イチローズ モルト&グレーン リミテッドエディション ジャパニーズブレンデッドウイスキー」と「イチローズモルト&グレーン ジャパニーズブレンデッドウイスキー リミテッドエディション2019」と「(同左)2020」が「ワールドベスト・ブレンデッドウイスキー・リミテッドリリース部門」にて、 世界最高賞を受賞した。 肥土伊知郎さんは埼玉県秩父の小さな蒸留所でウィスキーをつくり、その品質は世界が認めるまでになりました。 また2019年、 「イチローズモルト」シリーズの54本セットが香港で競売にかけられ、落札額はなんと国内ウイスキーでは過去最高となる 約1億円でした。 3年連続で世界最高賞を受賞した酒を生み出した肥土伊知郎さんのどん底から這い上がってきた反骨精神と執念を番組では紹介していました。 肥土伊知郎さんのプロフィールは? 肥土伊知郎さんが立ち上げた秩父蒸留所とは? 秩父蒸留所とはどんな 蒸留所? 肥土さんは、2004年には「ベンチャーウイスキー株式会社」を設立しました。 この時は父から引き継いだ400樽のウィスキーをブレンドしたり、樽替えしたりで販売していたようですが、いづれは自社で蒸留所を作らないと、ジリ貧になる思い勝負に出た肥土さんは、2007年に秩父に自社の蒸溜所を立ち上げました。 肥土伊知郎さんが、自身の蒸留所の場所に秩父を選んだ理由として、自らの故郷であり支援してくれる人々がいたことやさらに肥土家などが江戸時代から日本酒を造ってきた地であり、酒造りに適した環境であったことだそうです。 秩父蒸留所は、市街地から車で約30分ほどの小高い丘の上にあり、夏は高温多湿、冬は朝晩が氷点下にいたる寒さの厳しい環境です。 この厳しい環境は、ウイスキーの熟成に多大な影響を与えると言われています。 小さなミル、マッシュタン、ミズナラ製の発酵槽、スコットランド・フォーサイス社製のポットスチルで、ハンドクラフト(手づくり)にこだわりモルトウイスキーを生産しています。 貯蔵庫の床は土をむき出しにしました。 また、仕込みには天然のミネラルが溶け込んだ大血川渓谷水系の軟水を使用しています。 また近年では地元埼玉県産の大麦を使い、小ロットながらフロアモルティングを始めています。 短い熟成期間にも関わらず、フルーティでバランスの良いウイスキーが仕上がるようです。 創業年 2004年 蒸留所設立年 2007年 ポットスチルの数 2基 ウォッシュバックの数 8基 材質 ミズナラ 熟成庫の数 2棟 ウェアハウス貯蔵方式 ダンネージ式 蒸溜所面積 9,900㎡ 従業員数 7名 ビジターセンター 無 見学の予約 要(プロ向けのみ。 一般見学は行っておりません。 ) 英語でのツアー 可(但し、対応可能スタッフ不在時は不可となります。 ) 秩父蒸留所の情報&場所は? 2008年に蒸溜を開始した 「秩父蒸溜所」では、モルトウイスキー原酒をダンネージスタイル(樽を積み上げる形の熟成形式)の伝統的な貯蔵庫で、ウイスキーの熟成を行っています。 ひと樽ひと樽、個性的な熟成をする原酒の中には、シングルカスクに向いたものや、ブレンドに使用することで力を発揮するものなど、さまざまなタイプの原酒が育っていきます。 このうちブレンドで力を発揮する原酒を選び、キーモルトとして、全部で(国内・外合わせて) 9蒸溜所のモルト原酒と、2蒸溜所のグレーンウイスキーをブレンド。 さわやかで、華やかなウイスキーに仕上がりました。 <テイスティング コメント> 色は、明るく輝きのあるゴールド。 レモンピールやオレンジピールなど、爽やかな柑橘系の果物を感じるトップノート。 スイートで軽やかな中に、複雑で奥深い原酒のハーモニー、コクのある余韻を感じる。 好みの問題があるので、大々的に発表はしていないのですが、実は、ハイボールとの相性はバッチリです。 あえて、ある程度の加水をして、コクが出るようなブレンドにしてあります。 自然の状態にこだわりノンチルフィルター(冷却濾過なし)、ノンカラー(無着色)としました。 味わいは、一言でいうと リッチ&メロー。 やや甘く滑らかな味わいの中に、ふくよかなモルトのコクと、夏らしい爽やかさを併せ持っている。 46度で調節してあるが、度数を感じさせないバランスの良さ。 ブレンドの中にスコッチが数種含まれており、今までの羽生を原酒としたブレンドとは、少しスタイルが違い、またこれも面白い。 なおかつ、このレベルのウイスキーでこの価格は、驚異的!! 『イチローズ モルト& グレーン ホワイトラベル』 を購入してみました.

次の