お気に召していただき幸甚に存じます。 「幸甚」の読み方や意味は?正しい使い方と例文を紹介

「幸甚」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

お気に召していただき幸甚に存じます

「光栄」の意味と類語 「光栄」の意味は「名誉に思うこと、栄えあること」 「光栄」の意味は、 ・業績や行動を褒められたり、重要な役目を任されたりして名誉に思うこと ・栄えあること、栄えさせること となります。 「光」も「栄」も「ほまれ・名誉」を意味しています。 「栄えて光る」と書くことから、「光栄」は「周囲から認められる・褒められる=自分自身が光り輝き栄えること」と解釈できます。 「光栄」は名誉に感じること・はえあること・誇りにできると思うことを表します。 「光栄」の類語は「名誉」「栄誉」「栄光」など 名誉(めいよ) (意味:能力や行為について、すぐれた評価を得ていること) 「名誉ある賞を受賞する」 栄誉(えいよ) (意味:栄えあるほまれ、輝かしいほまれ) 「県代表の栄誉を担う」 栄光(えいこう) (意味:輝かしいほまれ。 大きな名誉) 「苦労の上にやっと栄光を手に入れた」 栄冠(えいかん) (意味:勝利や成功などの栄誉) 「全国優勝の栄冠に輝く」 名声(めいせい) (意味:良い評判、ほまれ) 「彼女はたった1年で名声を博した」 「光栄」の対義語は「屈辱」「恥辱」など 屈辱(くつじょく) (意味:屈服させられて恥ずかしい思いをさせられること) 「ひたすら屈辱に耐える」 恥辱(ちじょく) (意味:体面、名誉などを傷つけること) 「とんでもない事件を起こした弟は一家の恥辱である」 辱め(はずかしめ) (意味:地位や名誉などを傷つける。 汚す) 「彼のしたことは一家の名を辱める行為だ」 赤っ恥 (意味:人の前で受けるひどい恥) 「彼女の発言で赤っ恥をかいた」 汚名 (意味:悪い評判。 不名誉な評判) 「裏切り者の汚名を着させられた」 不義理 (意味:義理を欠くこと。 また、そのさま) 「多忙でついつい不義理になってしまう」 無念 (意味:悔しいこと。 また、そのさま) 「結局、無念な結果に終わった」 不名誉 (意味:名誉を傷つけること。 また、そのさま) 「不正行為をするというのは不名誉である」 「光栄です」の使い方と例文 「光栄です」はビジネスで目上の人に感謝や喜びを伝える時に使う 「光栄です」は感謝や喜びを伝える言葉です。 たとえば「目上の人に褒められた」「賞を受賞した」「大役を引き受けた」「名誉に思う人の来訪を受けた」ときなどです。 「光栄です」は褒められて嬉しい気持ちや、仕事などで特別な地位を与えてもらったときの喜びを表す表現です。 また「お会いできて光栄です」などと言いますよね。 しかし、この表現を使う際は注意が必要です。 目下の人などに使うと、違和感があるので使用するときは注意が必要になります。 例文 ・よく出来ていたよ。 ー 光栄です。 ・チームリーダーを任せたいと思っているんだが。 ー 大変光栄です。 ・君の作品が優秀賞に選ばれたよ。 ー 光栄に存じます。 「嬉しいです」の代用としてよく使われる 「光栄です」は「嬉しいです」といった意味でも使われます。 ビジネスシーンで「嬉しいです」というと少し稚拙な響きがあるので、 「嬉しいです」の代用として「光栄です」を使うと便利です。 例文 ・ご一緒できて光栄です。 ・お目にかかることができて光栄です。 「大変光栄です」「光栄の至りです」「至極光栄です」などと強調する 感謝の気持ちをもう少し強めたい場合には「大変光栄です」「光栄の至りです」「至極光栄です」という表現が使えます。 偉い人に直接褒められたり、大きな事の関係者に任命された際など、より光栄な気持ちを強調したいときに用います。 例文 ・社長のお言葉は身に余る光栄です。 ・あなたのような素晴らしい方にお会いできて、光栄の至りです。 ・この度は御社の創立記念パーティーに招待いただき、至極光栄に存じます。 「ありがとうございます。 光栄です」と感謝の言葉と併用することも 「光栄です」には感謝の気持ちが強く込められています。 例文 ・お褒めの言葉をいただきありがとうございます。 光栄に思います。 ・厚かましい希望を快くお引き受けくださりありがとうございます。 身にあまる光栄です。 「お会いできて/お役に立てて/そう言っていただけて/一緒に働けて光栄です」と具体的に言うことも 「光栄です」を使う場合、何が光栄だったのかを具体的に伝えることもあります。 「〜できて」「〜していただき」「〜して」に続けて「光栄です」といいます。 また、 「光栄です」を使う場合は、前後は敬語を用いて表現しましょう。 「光栄です」だけでも十分丁寧ですが、「思う」の謙譲語を使い「光栄に存じます」ともよく言います。 例文 ・このような賞をいただくことができて、大変光栄に存じます。 ・今回の企画でチームリーダーという大役を任せていただき、大変光栄です。 ・このような賞をいただくことができて、大変光栄に存じます。 「光栄です」の言い換え 「恐縮です」は「身も縮まるほどありがたいです、申し訳ないです」 「恐縮」の意味は 「身も縮まるほどに恐れ入ること。 感謝や謝罪の言葉として用いる」です。 一般的に、「恐縮です」は相手に迷惑をかけたり厚意を受けた際に、謝罪もしくは感謝の気持ちを込めた言葉として使われます。 「恐縮です」は相手から褒められた場合にも使うことができます。 ただ、単に「ありがとうございます」と言うと少々物足りなく、傲慢な印象を与えてしまいますが、「お褒めいただき恐縮です」と言えば、謙遜さを表現でき印象が柔らかくなります。 「光栄です」は名誉に思うこと・誇りに思うことを伝える表現で、 「恐縮です」は身も縮まるほどありがたく思う・申し訳なく思うことを伝える表現です。 どちらも似ている表現ですが、意味合いが少々異なります。 それぞれ、上手く使い分けられるようにしておきましょう。 例文 ・この度はご多忙中にも関わらず、わざわざお時間を割いていただきまして大変恐縮です。 ・メールにて大変恐縮ですが、お礼のご連絡とさせていただきます。 「恐れ入ります」は「心が苦しいほど、ありがたく思う」 「恐れ入る」という言葉には、「相手にたいして申し訳なく恐縮している気持ち」を言い表す言葉であると上述しましたが、そこから転じて「 心が苦しいほど、ありがたく思う」という意味合いもあります。 つまり、自分からみて目上である人に対してのお礼の気持ちを言い表す言葉であるということです。 また、目上の人に褒めてもらったというような場面で「ありがたいお言葉恐縮です」というようなニュアンスで「恐れ入ります」と返します。 「ありがとうございます」とストレートに伝えるよりも、「恐れ入る」という「申し訳ない」というニュアンスのある言葉を使用することで、謙虚な気持ちを表現を込めることができます。 例文 ・恐れ入ります。 素晴らしい結果をのこせたのも皆様のご協力あってこそです。 ・この度はこのような素敵な会に声をかけていただき恐れ入ります。 お陰様で素敵な時間を過ごすことができました。 「痛み入ります」は「相手の親切や好意に対して感謝すること」 「痛み入る」には 「相手の親切や好意に恐縮し、感謝すること」という意味があります。 「痛み入ります」は、他人からの好意や親切に感謝しつつも、自分には(その親切が)もったいないと思い、胸が痛くなるほど申し訳なくなるということを表しています。 「痛み入ります」は目上の相手に対しての敬語として使われる言葉で、「謝罪」の気持ちではなく、あくまでも「感謝」の気持ちを表します。 ・身に余る程お褒めのお言葉をいただき、痛み入ります。 ・この度の急な申し出を引き受けていただき、ありがとうございます。 皆様のお気遣い痛み入ります。 「幸甚に存じます」は「この上なく幸せです」 「幸甚」は「 こうじん」と読みます。 「幸甚」の意味は「 常にありがたく、幸せに思うこと」です。 「幸甚」は「もし〜してくれたら嬉しい」というニュアンスで使用され、「ありがたい・嬉しい」といったポデティブなことを表す言葉です。 また、「幸甚」は、「対応してくれたらこの上なく幸せです」といった相手を立てる表現であるため、目上の人にも使用することができる表現です。 「幸い」と同様に、 ビジネスシーンでは依頼する際や、お礼を伝える時、贈り物をする場面などで使用されます。 例文 ・この度は貴社の展示会にお招きいただき幸甚に存じます。 ・誠に恐れ入りますが、至急お返事いただければ幸甚に存じます。 「かたじけなく存じます」の意味は「大変ありがたく、もったいなく思います」 「かたじけない」の意味は、 ・過分の恩恵や好意を受けて)身にしみてありがたい。 感謝にたえない ・(尊貴さがそこなわれるようで)もったいない。 恐れ多い。 恐縮だ ・恥ずかしい。 面目ない です。 相手の身にあまる程の親切や好意に対して、ありがたく思うこと・ありがたくて逆に申し訳ないことを表します。 「かたじけない」は相手に何かをしてもらい、『ありがたく思う』『ありがた過ぎてかえって申し訳ない』という意味で使用される言葉です。 「かたじけなく存じます」は「大変ありがたく、恐れ多い、もったいなく思います」という意味合いで使用される言葉です。 例文 ・こんなにたくさんのものをいただけるなんて、御親切かたじけなく存じます。 ・入院中は格別のご厚意を賜り、誠にかたじけなく存じます。

次の

「幸甚」の意味と正しい使い分け、上手な使い方

お気に召していただき幸甚に存じます

・幸甚に存じます ・幸甚です ・幸甚の至りです 「幸甚」という言葉を用いる際の注意点2つ 「幸甚」という言葉を用いる際に注意することが次の2つです。 乱用しすぎない 2. 親しい間柄の人には用いない 幸甚は乱用すると軽い意味になる 「幸甚」は「この上ない幸せ」という意味があるため、メールや手紙で毎回書くと、言葉の重みがなくなり、形式だけで心がこもっていないように取れられてしまいます。 無理をいってやってもらったことや融通を効かせてもらって本当に助かったことがあることに使うとよいでしょう。 また以下では感謝の気持ちを表す言葉や、感謝の表し方について解説しています。 人に対して感謝の念を表せるビジネスパーソンを目指しましょう。 親しい間柄の人には用いない 「幸甚」はビジネスメールや、手紙などの書き言葉で用いられることから、普段の言葉使いよりも固く感じます。 そのため、 目上の人でもよく知っている親しい間柄の人に対して用いると、仰々しい、よそよそしいと感じてしまう場合があります。 このような場合には言葉を置き換えましょう。 置き換えの言葉については、最後の項目で述べています。 ただし、形式を大切にする人や礼儀を重んじる人に対しては、ある程度親しくても「幸甚」という言葉を使った方が喜ばれるかもしれません。 相手の人柄や関係性を見て、「幸甚」にするか「〜有り難いです」などにいい換えるか決めるとよいでしょう。 何に対して幸甚なのか明確にする ここまでの説明や例文でもわかりますが、幸甚だけでは何に対して、もしくはいつまでに行動すると幸せを感じるのか、はっきりしない表現になってしまいます。 ですから、特にビジネスシーンでは、幸甚を使う場合には「何に対して」と「いつまでに」も加えて注意して使いましょう。 「明日までにお返事をいただけると幸甚です」とすると、返事がいることがはっきり伝わるでしょう。 また以下では人間関係の改善に役立つ情報を解説しています、職場仲間との距離の取り方に不安がある方は是非ここで見直してみましょう。 「幸甚」を使った例文集 手紙やメールで使われることの多い「幸甚」という言葉ですが、実際に文章ではどのように用いられるのでしょう。 以下、9つ例文を挙げています。

次の

「幸甚(こうじん)」の意味・類語ビジネスでの正しい使い方と例文9選

お気に召していただき幸甚に存じます

「素晴らしいご縁をいただき、幸甚に存じます(幸甚です/幸甚に存じます/幸甚でございます)」この言葉、「幸いに存じます」と何が違うんだろう?そう考える方も多いと思います。 ビジネスの場面では未知の言葉とも向き合っていかなければいけません。 「幸甚に存じます」の使い方と例文 「幸甚」の読み方と意味 ここでは、幸甚の意味と使い方について、例文を交えて、ご紹介いたします。 書き言葉で使われることの多い「幸甚(こうじん)」は、とても嬉しい様、幸せな意味で使われます。 この記事を読んで、「幸甚」を正しく使用しましょう。 「ご笑納いただければ幸甚に存じます。 」 相手に応じた「使い分け」と、使いすぎないことが肝要 「幸甚」は「これ以上ありがたいことはございません」という意味合いを伝える表現なので、使いすぎると他人行儀なイメージや大げさな印象を与えかね 1.「幸甚」の読み方や意味とは? この際は 「恐れ入りますが していただけましたら、幸甚でございます。 」 「ご出席いただけましたら、幸甚に存じます。 」 のように、幸甚です、だけでなく語尾も丁寧にすることが必要です。 かしこまった敬語なため、使う時には注意が必要な言葉になります。 今回は、幸甚ですの意味から正しい使い方、丁寧な例文、言い換えできる類語、幸いですとの違い、「幸甚です」以外の敬語まで詳しく解説します! ビジネスメールや手紙などで、きちんとした文章にて相手に要望やお願いをする場合、失礼に当たらないよう丁寧さを心がけたいもの。 そういう時に覚えておくと便利な言葉が「幸甚」です。 幸甚の言葉の意味や読み方・使い方を紹介するので、参考にしてください! 「幸甚に存じます」 「幸甚に存じます」は相手の行為に対して、感謝や御礼の気持ちを意図する表現です。 状況によって「幸甚に存じます」がやや堅苦しいと思う場合は、「幸甚です」「幸甚でございます」と言い換えてもよいでしょう。 場合によっては「幸甚でございます」という表現よりも更に丁寧な言い方をする必要のある相手とのやり取りもあるでしょう。 その場合には、以下のように「幸甚に存じます」という使い方をします。 通常は 「幸甚に存じます」の形で用いられ、ほぼ定型句となっています。 しかし、幸甚が幸福の最上級的表現でありながら、さらにそれを強調する「幸甚の至り」という表現もあるようです。 使い方の表現としては以下のようなものがあります。 ・幸甚に存じます ・幸甚です ・幸甚の至りです 「幸甚」という言葉を用いる際の注意点2つ 「幸甚」という言葉を用いる際に注意することが次の2つです。 乱用しすぎない 2. その為、「幸甚です」や「幸甚に思います」という言い方よりも「幸甚に存じます」という言葉が非常に丁寧な言い方となります。 「幸いに存じます」の意味と使い方|例文でビジネス例文を解説! お気づきの点がございましたら、ご一報いただけますと幸甚でございます。 いくつか案がございますが、ご意見を伺えましたら幸甚に存じます。 勉強会の講師としてお招きできれば幸甚でございます。 「幸甚」を使った言い回しの中で、一番使われるのは「幸甚に存じます」かもしれません。 【例文】 弊社の創立記念パーティーにご出席いただけましたら幸甚に存じます。 粗品ではございますが、お気に召していただけましたら幸甚に存じます。 「幸甚の至り」とはどのような意味なのでしょうか?また、どのように使うのでしょうか?このぺージでは、「幸甚の至り」という言い回しの意味や使い方、類語などをご紹介しています。 また、例文を通して具体的な使い方についても考察しているので、参考にしてみて下さい。 幸甚に存じますという言葉に焦点を当てて、その意味や使い方についての記事となっております。 ビジネスシーンでもよく使われる言葉として、幸甚に存じますの認知度も高まっています。 類語や言い換え表現も取り上げております。 正しい言葉の使い方を学べる記事です。 「幸甚」という言葉について、読み方や便利な使い方などを解説します。 大昔に漢語として日本に伝わった「幸いなること、甚だしい」という意味を持つ言葉の、ビジネスシーンでの有効な使い方などを例文を挙げて説明し、また類語や言い換えなど「幸甚」の耳寄りな情報を紹介します。 使い方の表現としては以下のようなものがあります。 ・幸甚に存じます ・幸甚です ・幸甚の至りです 「幸甚」という言葉を用いる際の注意点2つ 「幸甚」という言葉を用いる際に注意することが次の2つです。 乱用しすぎない 2. 場合によっては「幸甚でございます」という表現よりも更に丁寧な言い方をする必要のある相手とのやり取りもあるでしょう。 その場合には、以下のように「幸甚に存じます」という使い方をします。 「恐れ入りますが、至急お返事いただければ幸甚です」 「お引き受けいただければ幸甚に存じます」 「ささやかな会ではございますが、ご出席いただけましたら幸甚の至りに存じます」 「このような機会をいただきまして、幸甚の至りに存じます」 使い方としては「御社の見解をお聞かせ頂けると幸甚に存じます。 」や「身に余るお言葉を頂戴し幸甚の至りでございます。 」といった表現が一般的です。 また、幸甚と同じ意味合いで使用できる言葉に「幸い」があります。 「幸甚に存じます」 「お恥ずかしい限りではございますが、ご教授いただけますと幸甚に存じます」 「心ばかりの品でございます。 ご笑納いただけますと幸甚に存じます」 このように、語尾を丁寧にすることでさらに相手への気持ちが伝わるでしょう。 似た意味を持つ「幸い」(読み方:さいわい)と「幸甚」(読み方:こうじん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。 どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。 お引き受けいただければ幸甚に存じます。 自分よりも目上の方に、何かをしていただいた後に、心からの敬意と感謝の気持ちを込めたお礼の言葉として使います。 例:「お気遣いをいただき、幸甚の至りでございます。 「幸甚」のもつ「大変助かる」「この上なく助かる」と言った思いを表すことができます。 ケース2「感謝の気持ちを伝えたい時」 「お招きいただき幸甚に存じます」 「このようなお気遣いをいただき、幸甚の至りでございます」 こうじん【幸甚】とは。 意味や解説、類語。 [名・形動](多く手紙文で用いて)この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま。 「幸甚の至り」「幸甚に存じます」 — goo国語辞書は29万語以上を収録。 政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。 「幸いです」という言葉は丁寧な印象を受けますが、よりよい敬語表現があるのです。 「幸いです」という言葉のよりよい敬語表現と、「幸い」という言葉の状況に応じた使い分けについてご紹介しますので、是非チェックしてみてください。 「幸甚に存じます」の文例. 」 例2:展示会の案内状で、新作をご覧いただきたいという気持ちを伝えたいとき 使い方としては「御社の見解をお聞かせ頂けると幸甚に存じます。 」や「身に余るお言葉を頂戴し幸甚の至りでございます。 」といった表現が一般的です。 また、幸甚と同じ意味合いで使用できる言葉に「幸い」があります。 お気に召していただければ幸甚です。 株式会社の評判など、ご存じの範囲内で結構でございますから、お教えいただけましたら幸甚に存じます。 失礼ながら、お祝いのしるしまでに別送の品をお届けしますので、ご受納いただければ幸甚に存じます ご参加の有無を 月 日までにご連絡いただけますと幸甚に存じます。 お忙しいとは存じますが、この度の式典にご出席いただければ幸甚の至りでございます。 この言葉は相手に好印象を与える言葉ですが、1つの招待状や案内状では1回使えば十分です。 「幸甚」を使った例文 ・この案件に関して、率直なご意見をお聞かせいただければ、幸甚に存じます。 ・弊社でのビジネスミーティングに、是非ご出席いただければ幸甚でございます。 ・お送りした商品が、少しでもお役に立てば幸甚の至りです。 幸甚 こうじん 「ありがとうございます」という言葉をより丁寧に伝えようと思った経験はあるでしょうか?この言葉は主にビジネスの場で用いる言葉ではありますが、そういった場面で用いることがで 「幸甚に存じます」の用例・例文集 — パーカー・パイン氏には、今夜九時にご足労願えれは幸甚に存じます。 ご多忙のところ申し訳ございませんが、ご一報いただければ幸甚に存じます。 いずれにせよ、私といたしましては、今後二度と再びこのような行為を繰り返せとはお求めにならぬと 「幸甚」とは「こうじん」という読み方をします。 さまざまな類語や同義語のある言葉です。 こちらではビジネスで知っておくべき「幸甚」という言葉の意味や使い方を例文を交えて解説しています。 意味や使い方を理解して、正しく「幸甚」を活用してください。 手紙やメール文、式典でのあいさつなど、かしこまったシチュエーションで用いる(少しばかり仰々しい)表現です。 ビジネスメールでよく登場する言葉のひとつに、「幸いです」と「幸甚です」が挙げられます。 あなたはこの2つの意味を、正しく理解して使っていますか? シニアマナーojt インストラクターとして接遇マナー研修等で活躍されている赤名麻由子さんに、正しい「幸いです」「幸甚です」の使い.

次の