ご 回答 いただけ ます と 幸い です。 「幸いです」の意味とは?目上への敬語表現と類語を例文で紹介

「幸いです」という書き方。

ご 回答 いただけ ます と 幸い です

ビジネスメールでよく見かける「幸いです」という言葉。 便利な言葉ですが、その意味と正しい使い方を、あなたはご存じでしょうか。 目上の人に対して使ってもいい表現なのか、ほかにどんな言い方があるのか。 今回は、「幸いです」の正しい使い方や言い換えについて解説します。 ビジネスメールで多用される「幸いです」でも実は目上の人には失礼? つまり、「幸いです」という言葉には 「出来ればで構いませんので」というニュアンスが含まれているのです。 そのため、「必ず実行してもらいたい」場合に使うべき言葉ではありませんので、注意しましょう。 「幸いです」という言葉は、とても丁寧な表現のように思えますが、実は、目上の人に対して使うには、相応しくない表現とされています。 「幸いです」という言葉は、丁寧で柔かい表現ではあるものの、その言葉でもって締めくくられると、どこか一方的に要望を述べられて終わっている感があり、相手に失礼な印象を与えかねないからです。 また、目上の人に対して何かを依頼するならば、謙譲語を用いるべきです。 では、どんな表現が相応しいのでしょうか。 「幸甚」は、「この上なく幸せ」「非常にありがたく思う」という意味ですから、「幸いです」よりもさらにうれしいということを示す丁寧な表現と言えます。 同僚や対等な立場にある相手に対しては「幸いです」を、相手が目上の人の場合には「幸甚です」を用いると良いでしょう。 同僚や対等な立場にある相手に…… ・「本日中に提出していただけると幸いです」 目上の人に…… ・「明日までにお返事いただけると幸甚です」 「幸いに存じます」「幸甚に存じます」 「幸いです」よりも「幸甚です」の方がより丁寧な表現ですが、文章がとても硬い印象になってしまいます。 丁寧かつ柔らかい表現にしたいのであれば、「幸いに存じます」がおすすめです。 また、より強い敬意を表したいのであれば、「幸甚に存じます」とするのも良いでしょう。 ちなみに、「存じます」は「思います」の謙譲語ですから、どちらも目上の人に対して使うのに相応しい謙譲表現になります。 ・「プレゼンの資料を今一度ご確認していただけると幸いに存じます」 ・「なお、懇親会の席にもご出席いただけると幸いに存じます」 より強い敬意を表す場合…… ・「お時間の許す限り、ご高覧賜りましたら幸甚に存じます」 ・「新しいプランを作成して参りましたので、再度検討していただけると幸甚に存じます」 「助かります」「ありがたいです」 「幸いです」のよりくだけた表現に、「助かります」「ありがたいです」があります。 同僚や対等な関係にある相手に、メールや文書で依頼するのであれば「幸いです」を使うのが一般的ですが、電話や会話では「助かります」「ありがたいです」を用いても良いでしょう。 ただし、かなりくだけた表現になりますので、距離感の近い相手に限定して使うようにしましょう。 距離感の近い同僚や対等な立場にある相手に おもに口語 …… ・「この資料、明日までにまとめてもらえると助かります」 ・「明日の仕事、代わってもらえるとありがたいです」 今回は、「幸いです」の使い方と類語をご紹介しました。 「~してください」という断定的な言い方を避けた柔かい表現ではある反面、「してもしなくてもいい」という非常に曖昧な言葉でもあります。 また、目上の人に使う場合には注意が必要です。 そのことを理解した上で、正しく賢く使い分けするようにしましょう。

次の

「幸いです」という書き方。

ご 回答 いただけ ます と 幸い です

「幸いです」の読み方・意味 「幸いです」の読み方は「さいわいです」 「幸いです」は「 さいわいです」と読みます。 「幸」という字は「幸せ(しあわせ)」や「幸(さち)」「幸福(こうふく)」など様々な読み方があります。 「幸い」は、「こうしてくれると嬉しい・ありがたいこと」を表す言葉です。 つまり「幸いです」は、 「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」といった意味になります。 「幸いです」の使い方・例文 「幸いです」の使用場面としては、 ・何かをお願い・依頼する場合 ・贈り物をする場合、利益や便宜を提供する場合 になります。 「〜していただけると幸いです」はビジネスシーン依頼をするときに使うことができる 「幸いです」は、ビジネスメールなどで相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも 「〜していただけると幸いです」「〜していただけたら幸いです」などといった方が、柔らかい印象になります。 依頼する場合の「幸い」の例文 ・来週までにご連絡いただけると幸いです。 ・本日の感想、アンケートについて回答していただけると幸いです。 ・ご都合の良いときに、ご確認いただけると幸いです。 ・是非ともご参加いただければ幸いです。 ・面倒なことをお頼みしてすみません。 参加していただければ幸いです。 ・ご多忙中とは存じますが、ご教示いただければ幸いです。 ・勝手ながら、この件について今月中に回答をいただけましたら幸いです。 「幸いです」は贈り物をするときに使う 「幸いです」を贈り物をする場合に使う場合は、自分が行ったことに対して 「 相手が 喜んでくれたら満足です」といった意味になります。 単に、自分が嬉しいという表現ではなく、あくまでも相手の好意的な反応を期待して使用します。 贈り物をする場合の「幸いです」の例文 ・心ばかりの品ではございますが、ご笑納いただければ幸いです。 ・お中元のご挨拶代わりに、お菓子の詰め合わせを送らせていただきました。 お口に合えば幸いです。 ・果物を詰め合わせてクール便で送りました。 気に入ってもらえたら幸いです。 ・変わりばえいたしませんが、時節柄お役に立てば幸いです。 ・先日はお忙しい中をわざわざお越しいただき、誠にありがとうございました。 またのお越しの際に楽しんでいただけたら幸いです。 「幸いに存じます」は「幸いです」の謙譲語 「幸いです」よりもさらに丁寧な言い回しに「幸いに存じます」があります。 「幸いです」は「幸い」に丁寧語の「です」がついた言葉です。 尊敬語でも謙譲語でもありません。 そのため、かしこまったシーンで使う場合や相当な目上の相手に使う場合は「幸いに存じます」を使いましょう。 「幸いに存じます」は「思う」の謙譲語「存じます」が用いられています。 自分の立場をへりくだり相手に敬意を示すことができます。 「幸いに存じます」といった謙譲語があるため、相手によっては「幸いです」だけでは失礼であると捉えられてしまう場合があります。 目上の相手への言い回しには十分に注意しましょう。 「幸いに存じます」を用いた例文 「大変申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちいただけますと幸いに存じます」 「こちらの資料をご高覧いただければ幸いに存じます」 「大変恐縮ですが、ご一読いただけましたら幸いに存じます」 「心ばかりの品ではありますがお送りいたしました。 「幸い」は急ぎの依頼や必ずやってほしいことに対しては使わない 「幸いです」は軽いお願いのときに使用する言葉です。 何かを強くお願いするときは「お願い申し上げます」「していただけますでしょうか」と言い換える必要があります。 「幸いです」は「こうしてくれたら嬉しい」程度にしか伝わらないことがあるため、相手への要求度合によって使い分けることが必要です。 「幸いです」は、期限が迫っておらず、相手の判断に委ねられる依頼に対して使うのが適切になります。 「幸い」は軽い表現だと思われる可能性がある 「幸い」は「幸福・幸せ」という意味があるため、メールや手紙で何度も使うと、言葉の重みがなくなり、形式通りで心がこもっていないように思われてしまいます。 無理をいって本当に助かったことがあることに使うと良いでしょう。 また相手によっては「幸いです」だと軽い印象を与えてしまうこともあります。 そういうときは「ありがたく存じます」「幸甚に存じます」という表現を使います。 相手や使用する場面によって、「幸いです」あるいは以下で紹介している言い換えを使い分けることが良いでしょう。 「幸いです」の言い換え(類語) 助かります 「助かります」は、「相手の助力に対してありがたい・嬉しい」という意味になります。 「助かります」は、「何かをしてくれると助かる」という意味で依頼する時と、「何かしてくれて助かった」という意味でお礼する時に使う言葉で、「幸いです」よりもカジュアルな表現になります。 「助かります」を目上の相手に対して使うのは不適切になります。 理由としては「助ける」は「他人を補佐して,事がうまく運ぶようにすること」です。 つまり「相手が自分を助ける」という場合、自分が主で相手が補佐をいうことを表していることになるからです。 「助かります」は同等や目下の相手に対して使うのが適切になります。 ・手伝っていただけると助かります。 ・明日までにお返事をいただけると助かります。 幸甚です・幸甚に存じます 「幸甚(こうじん)」は、 「何よりの幸せ」「非常にありがたく、幸せに思うこと」を意味しています。 「幸甚」の「甚」は、「普通の程度をはるかに超えているさま」を表すことから、「幸甚」は「この上ない幸せ」「幸せの極み」を指すことになります。 「幸いです」と同じように用いることができますが「幸いです」よりも丁寧な表現になります。 「幸甚」は、手紙などで目上の人に何かを依頼するとき・お礼をするときに使います。 例文 ・お引き受けいただければ幸甚です。 ・誠に恐れ入りますが、至急お返事いただければ幸甚に存じます。 ありがたく存じます 「ありがたい」は、「人の好意などに対して、めったにないことと感謝するさま」という意味で、 「相手からすでに受けた好意に対して喜ばしく思っていることや感謝の気持ち」を表します。 「幸いです」とはニュアンスが違い、「依頼に何かをしてくれるとありがたい」ではなく、「何かをしてくれたことに対して感謝の気持ちを表すこと」になります。 「ありがたく存じます」は、ややかしこまった言い方になるため手紙やメールで使うことの多い言葉です。 例文 ・わざわざご足労いただき、誠にありがたく存じます。 ・親切なお心遣いありがたく存じます。 ・ご配慮を賜ったことをありがたく存じます。 僥倖(ぎょうこう) 「僥倖(ぎょうこう)」の意味は、 ・思いがけない幸い、偶然に得る幸運 ・幸運を願い待つこと になります。 「僥倖」は、「突然、幸せが舞い込んできたとき」や、「思いがけずに喜ばしいことがあったとき」に使います。 本来得るはずもない喜びことなども「僥倖」と表すことができます。 また「幸せを願い望むこと」といった意味では、あとは幸運を願うほかできない時など、「何かを達成し叶えたいことがあるが自分自身ではこれ以上何も出来ず、あとは祈るのみ」といった時に使います。 「幸い」は「幸福・幸い」を表しているのに対して、「僥倖」は「思いがけない幸い・偶然に得る幸運」を表します。 ニュアンスが全く異なるので注意しましょう。 例文 ・危篤である父に対して、今は僥倖することしかできない。 ・あの企画が成功したのは僥倖によるものだった。 ・僥倖を求めて宝くじを買っている。 「幸いです」の英語表現 「幸いです」の英語表現を考えていきます。 していただけると幸いです」は、 ・It would be grateful if you would... ・I would appreciate it if you could... ・It would be much appreciated if you would... と表現します。 仮定法を使っています。 「もし... できたなら」「もし... していただけるなら」のように「if」の後に「would」「could」を使い現実可能を低く言うことで謙虚の表現になります。 かなり細かいですが、「would」より「could」の方がほんの少しだけ丁寧になります。

次の

「幸いです」の意味とは?ビジネスで使える敬語の言い換え表現を紹介

ご 回答 いただけ ます と 幸い です

「幸いです」は相手にお願いするときに使う 「幸いです」は、主に相手に何かを依頼するときに用います。 しかし使うのは、軽いお願いのときに限られます。 何かを強くお願いするときには、「お願い申し上げます」などを用います。 また、贈り物を渡す際も同様に、「貰っていただければ嬉しいです」という意味を込めて、「幸いです」を多く使います。 必ずやってほしい時には幸いですを使わない 「幸いです」は、お願いする方がやってくれるとうれしいだけで、相手も幸せとは限りません。 先にも紹介しましたが、ビジネスシーンで必ずやってほしいことをお願いする時には、「幸いです」を使うのは避けるようにしましょう。 「幸いです」は目上の人には相応しくない 「幸いです」は、やわらかく丁寧な表現ですが、実は目上の人に対しては使わないのが無難です。 「幸いです」の言い切りに一方的な印象を持つ人もいるので、言い換えるのがいいでしょう。 謙譲の気持ちを込めて、「幸いに存じます」としたり、シンプルに「お願い申し上げます」などとできるでしょう。 「幸いです」の類語、代替できる言葉 「幸いです」の類語:「助かります」 「幸いです」のいい換え表現として「助かります」があります。 「助かります」は「幸いです」よりも砕けた表現です。 使用上の注意点として、 「助ける」には「本人が主体的にやっていることをお手伝いする」という意味があり、目上の人に「助かります」を使うことは失礼に当たります。 距離感の近い同僚、友人などに使うのがよいでしょう。 「幸いです」の類語:「幸甚です」 「幸甚 こうじん です」は「幸いです」よりも丁寧な表現です。 「幸甚です」は、「この上なく嬉しい・幸せだ」という意味を持ちます。 相手に対して敬意を払う表現であるため、目上の方にも使用できます。

次の