ディスカウント コスモス。 コスモス薬品

ディスカウントドラッグコスモス

ディスカウント コスモス

コスモスは、店内商品税込み価格表示なので消費者にとても優しいです。 ヤクルトは高いのでそれに似たものを買ってるんですが、 こちらは、 1本当たり12. 3円ととってもコスパが良いです! 野菜が安い! もやしは1つ27円 コスモスでは、少しですが野菜も取り扱いがあります。 もやしに関しては、 1袋19円です。 いりごま白 98円 メーカー:カタギ食品 とにかくよくゴマを食べます。 サラダに入れたりもするので 消費がハンパないのでこちらもコスパ重視です! 若鳥のたれづけから揚げ 268円 メーカー:ニッスイ 300g入りでおいしいです。 お弁当のおかずにしたり、一人のお昼ご飯のおかずにしてます。 お値段も手ごろなのでお試しで購入してみました。 個包になってるのでとても便利です。 市販のものよりも安いのでとても助かってます。 コスモスに置いてるリョーユーパンがおいしい! コスモス限定? 食パン 彩香 1斤 69円 商品名 彩香食パン メーカー リョーユーパン 内容量 6枚入 5枚入りもあり 価格 税込表示 69円 JANコード 6枚切り 4903380015335 カロリー 1枚当たり 169Kcal.

次の

ディスカウントドラッグコスモスのチラシ掲載店舗・企業|シュフー Shufoo! チラシ検索

ディスカウント コスモス

コスモスは、店内商品税込み価格表示なので消費者にとても優しいです。 ヤクルトは高いのでそれに似たものを買ってるんですが、 こちらは、 1本当たり12. 3円ととってもコスパが良いです! 野菜が安い! もやしは1つ27円 コスモスでは、少しですが野菜も取り扱いがあります。 もやしに関しては、 1袋19円です。 いりごま白 98円 メーカー:カタギ食品 とにかくよくゴマを食べます。 サラダに入れたりもするので 消費がハンパないのでこちらもコスパ重視です! 若鳥のたれづけから揚げ 268円 メーカー:ニッスイ 300g入りでおいしいです。 お弁当のおかずにしたり、一人のお昼ご飯のおかずにしてます。 お値段も手ごろなのでお試しで購入してみました。 個包になってるのでとても便利です。 市販のものよりも安いのでとても助かってます。 コスモスに置いてるリョーユーパンがおいしい! コスモス限定? 食パン 彩香 1斤 69円 商品名 彩香食パン メーカー リョーユーパン 内容量 6枚入 5枚入りもあり 価格 税込表示 69円 JANコード 6枚切り 4903380015335 カロリー 1枚当たり 169Kcal.

次の

ディスカウントドラッグコスモス祖師谷店

ディスカウント コスモス

2006年5月上場 本社所在地 〒812-0013 博多駅東2丁目10番1号 第一福岡ビルS館4階 設立 事業内容 医薬・化粧品、日用雑貨品、食品販売 代表者 (代表取締役会長) 横山英昭(代表取締役社長) 資本金 41億7856万6600円 発行済株式総数 20,000,400株 売上高 連結:6,111億37百万円 (2019年5月期) 営業利益 連結:247億75百万円 (2019年5月期) 純資産 連結:1,262億89百万円 (2019年5月期) 総資産 連結:2,735億61百万円 (2019年5月期) 従業員数 正社員:4,240人 平均臨時雇用者数:13,441人 在籍者総数:33,375人(2019年5月現在) 決算期 5月31日 主要株主 有限会社萬緑 38. にに上場。 に1部上場。 概説 [ ] 2019年2月末時点における店舗数は964店(九州エリア542店(調剤薬局1店舗含む)、160店、111店、124店、27店)。 なお、現在の店舗展開は公式サイトのを参照。 業界に先駆けて1994年に還元を始めたが、2003年5月のの成立にタイミングを合わせてポイント還元を廃止し、販売戦略に転換した。 徹底した小商圏ながら、店舗サイズは郊外型大型店舗クラスで展開しており、客の目的買いを満たす定番商品に出来るだけ絞りながら品揃えし、ドラッグストアでは手薄になりがちな食品も多数品揃えし(の掛かる・を除く)、滞在時間を減らし来客頻度を上げる方向を目指した大型のに近いスタイルも持ち合わせたドラッグストアになった。 これらの販売戦略が功を奏し、2001年から5年間で約4倍の店舗数に急成長している。 からは同じく九州を中心に小商圏ドミナント政策をとっているファミリーレストランのとタイアップキャンペーンを展開している(ただし九州限定で、九州外の店舗は対象外)。 なお、チェーン名は「 ドラッグストアコスモス」、「 スーパードラッグコスモス」と変移し、現在は「 ディスカウント ドラッグコスモス」となっている。 店舗の看板の旧チェーン名の付け替えは行われていない店舗も多く、外観では旧チェーン名のままの店舗もある。 ただし、レシートなどでは現行チェーン名で発行されている。 店舗での決済方法は現金のみで、やは利用出来ない(一部店舗除く)。 沿革 [ ]• (48年)2月 宇野回天堂薬局としてにて創業。 (昭和58年)12月 有限会社コスモス薬品設立。 (3年) 4月 会社名を 株式会社コスモス薬品に変更。 (平成12年)4月 宮崎県に本社を移転。 (平成16年)3月 九州地区外への初出店となる大内店()を開店。 (平成16年)11月 東京証券取引所市場上場。 (平成17年)4月 福岡県福岡市に本社を移転。 (平成17年)5月 四国地区への初出店となる竹原店()を開店。 (平成18年)5月 東京証券取引所市場第一部に上場。 (平成18年)11月 福岡県に自社所有物流センターを開設。 (平成22年)5月 関西地区への初出店となる東二見店()を開店。 (平成27年)11月 中部地区への初出店となる東日野店()を開店。 (平成30年) への初出店となる小浜木崎店()を開店。 (平成31年) への初出店となる広尾駅店()を開店。 店舗形態 [ ]• (富士薬品子会社モリキに吸収)• ・(ツルハに吸収)• (富士薬品子会社の後、東北セイムスに統合)• (富士薬品の子会社になった後、関東セイムス(ジャストドラッグの旧ライズ店舗はモリキに移譲)に統合、屋号は継続)• (富士薬品に事業譲渡)• (bigドラッグを経営していたがセイジョーに吸収合併)• (セイジョーに事業譲渡)• (住商ドラッグストアーズと経営統合)• (破産)• (ツルハにドラッグ事業譲渡した後破産)• (住商ドラッグストアーズに事業統合)• (アイロムロハスに店舗譲渡)• (店舗をリバースに譲渡)• ・(ドラッグマックスに吸収、現マツモトキヨシ甲信越販売)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (ウエルシア関東に経営統合)• (ウエルシア関東に吸収)• (ウエルシア関東に吸収)• (富士薬品、後にモリキに事業統合)• (ツルハに店舗譲渡)• ・・(合併して。 屋号は存続)• (東海セイムスに経営統合、屋号は継続)• (松ノ木薬品と合併)• ・・(ライフォートに吸収)• (共栄ファーマシーズに店舗譲渡)• (セガミメディクスに吸収合併)• (西日本セイムスに経営統合、屋号は継続)• (レデイ薬局と合併。 屋号は存続)• (破産)• (破産)• (スギ薬局に吸収)• (キリン堂に吸収)• 寺島薬局(ドラッグストア事業をウエルシア関東に事業譲渡、介護事業に特化してとなる)• ・・・(セガミメディクスに吸収、現ココカラファインヘルスケア、各社の屋号は存続)• (ツルハに吸収)• (ドラッグストア事業をモリスリテールに分社化した後、マツモトキヨシHDの子会社を経てマツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ココカラファインヘルスケアに吸収、屋号は存続)• (破産)• (富士薬品に吸収、屋号は存続)• (カワチ薬局に吸収、屋号は存続)• ・(ウエルシア薬局に吸収)• (富士薬品に吸収)• (マツモトキヨシ東日本販売に吸収)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収)• (マツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (マツモトキヨシに吸収)• (マツモトキヨシへ会社分割により承継、法人はマツモトキヨシファーマシーズに吸収)• (ツルハに吸収)• (ツルハに事業譲渡した後清算)• (ツルハに吸収)• (東北セイムスに吸収)• (九州セイムスに吸収、屋号は存続)• (スマイルドラッグに吸収)• (クリエイトエス・ディーに吸収• (親会社に事業譲渡の上ザグザグのフランチャイズ化)• (マツモトキヨシに吸収)• サンメディックに吸収• (ドラッグストア事業をサクラドラッグとして分社化しツルハに譲渡)• (モリキに吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に事業譲渡)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (富士薬品に吸収) この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の