ベレス コンボ。 MKLeoに学ぶベレト・ベレス立ち回り研究

【スマブラSP】ベレト/ベレスのコンボを実戦で使えるもののみ解説

ベレス コンボ

2020. 最近は退屈先生のおまけとしてしか出没してませんが、さぼっているわけではございません。 ペルソナが楽しすぎて ペルソナばっかりやっていたせいです。 やっと裏ボスも倒せたので、今度動画とって投稿してみようかと思ってます。 そして新キャラも出たことだし、スマブラに戻ります。 退屈先生が早速使い方開設を行ってくれたのですが、 突っ込みどころ満載!なので ここは上級者が的確に解説。。。 といきたいところですが。 僕自身も残念ながら初心者レベルなので、自分の備忘録ってことで突っ込みつつベレトの感想を書いてみます。 上級者には参考にならないと思うので、あくまでネタ記事の延長線上のものと思ってみてみてください。 キャラについて ベレトと ベレス、名前が似てますね。 ここは同意ですが、原作では 「男か女か選択できる主人公」という事だそうです。 同じ世界線にベレトとベレスが存在することはないはずです。 そして、「 ベレトとベレスはこの修道院に通う生徒」と言っていますが、 生徒ではなく教師です。 ちなみに性格も若干違うらしく、ベレスの方が若干おとぼけな性格らしいです。 弱攻撃 貴重な発生の早い技。 ほとんどの技の出が遅いので、密着状態や暴れ等の時に何かと頼ることになることが多いです。 ボタン連打で連打につながります。 連打は鞭のような剣(蛇腹剣)を振り回し、弱連打としては攻撃範囲が広くごまかしがききやすいです。 他キャラの弱連打は、前回避で後ろに回られることもよくありますが、ベレトの場合は少し離れていれば前回避に連打が刺さったりもします。 要は、弱連打の中ではインクリングとならんで優秀ってわけです。 とはいえ結局は弱連打なので外せば手痛い反撃をもらいます。 横強攻撃 発生、リーチ、当てた後の展開とかなり優秀な技です。 これも数少ない発生の早目な技なので、何かと使うと思います。 ただ、このキャラが得意としている間合いはこの剣の間合いの一個先のため、意識していないとスカることも多いです。 まぁでも近距離に詰められそうなときにはとりあえず置いておくと結構ささるのでおすすめです。 上強攻撃 これも優秀。 対空やコンボ始動技やコンボパーツとして重宝します。 コンボについてはYoutubeでググったほうがいいので詳しくは書きませんが、剣の後ろ側を当てたほうが色々つながりやすいです。 (狙うのはむづかしいけど) 至近距離で使ったり、対空で使ったりできます。 下強攻撃 これも優秀。 優秀しかいってないな こっちは横強に比べてリーチが長い分、発生が若干遅いです。 ただガードされても後隙はほとんどないため手痛い反撃は喰らわないし、当たれば上強や空上につなげられます。 このキャラクターって 自分の真上にいる相手に対してはかなり強いキャラクターなので、相手を上に飛ばせられるこの技はあたれば一気にターンをつかめます。 上強、空上、上スマは文句なく空中の相手を狩りやすく、斜め上方面に逃げて降りてくる相手も横Bで狩れます。 崖外に逃げているなら上Bでメテオも狙えるので、 相手を上に飛ばしたら積極的にお手玉狙いや着地狩りをしましょう。 横スマッシュ バナナ丸じゃなくてアラドヴァルです この技は発生遅い、後隙もそれなりにある、密着であててもろくに飛ばない、ですが 先端に当たるとめちゃくちゃ飛びます。 マルスと同じですね。 マルスより飛ぶと思う。 で、上シフト、下シフトできるのですが、上シフトが一番飛びます。 しゃがまれると当たらないけど。 また、先端ならガードされてもほぼ反撃は喰らいません。 使いどころは、かなりピーキーな性能ですがアホみたいにリーチが長いので、着地狩りや崖上がりしてくる相手に置いとく、がいいと思います。 崖上がりはその場上がり、回避上がりと、運良ければジャンプもまとめて狩れるので結構おすすめです。 もちろんタイミングがあえばですが。 発生はかなり遅いので、連戦して目が慣れてくると見てからジャスガ決められたりもします。 多用は控えましょう。 ゼロスーツサムスの上スマによく似てます。 横の判定は密着しかないので、対空で使うか密着時のガーキャン行動で使うと強力です。 結構飛ぶのでバーストも狙えます。 このキャラ、基本的には少し離れた中距離くらいの間合いが強いんですが、足遅いし機動力もからっきしなので早いキャラにはガンガン懐に潜り込まれます。 で、一度懐に入られてしまったらガーキャン空Nが結構使えるんですけどバーストできる技でもないしそこから展開が凄いおいしくなるわけでもなく、またすぐに懐に入られてしまう。。 という時に 一気に切り替えしできるのがガーキャン上スマです。 密着時に触れる技が少ないので、これはガーキャンでできるようになっておきましょう。 下スマッシュ ロマン技その1。 あ、いやこれは普通に使える状況はあると思います。 回避読んでおいといたり。 この技は めっちゃ遅いです。 後隙も半端ないです。 リーチも微妙です。 リスクの割には飛びません。 (飛ぶには飛ぶけど) 使い道は ガードブレイクです。 相手にガードさせてなんぼです。 ちょっとホールドすれば一発で割れます。 ベレトはリーチが長いから相手にガードを強いやすいし、投げバーストもないので対策してる相手はバースト圏内ではガードで固まることも多いです。 そんな時に不意をついて 弱2弾>下スマとかやると ブレイクできるかもしれません(試してない) 今のところ個人的にはネタ技に限りなく近いけど、投げバーストがない分今後の開拓でこの技に頼らざるを得なくなるかもしれませんね。 空中ニュートラル攻撃 クソ頼る 劣化パルテナだけど。 グルグル扇風機。 地味に2回はつながります。 何度も言ってるように 発生の早い密着で振れる技が全然ないので、これには頼りまくります。 ガードされてもめくったり、着地のときに攻撃判定がでるなんだっけ、なんとかってやつで相手のガード解除にささったりするのでお咎めなしが多いです。 何より、子リンク系とかサムスとかの回転率のいい飛び道具持ちにはこっちから攻めまくらないといけなくなるので、そうなるとコイツで固めつつちょっと引きながら先端強い技当てる、とかになりがちなんですよね。 地味に判定もあるので(めっちゃ強いとかはないけど)どうしても使わざるを得ない技だと思います。 空中前攻撃 空後と並んで 立ち回りの要。 空後よりこっちのほうが飛ばないけどリーチはあります。 これは先端当てる意識で、立ち回りで結構ブンブン振り回す技です。 置いといてもいいし、ガードさせてから読みあい仕掛けてもいいし。 要です。 小ジャンプから下りで出して、急降下までいれて小さいキャラにも当てれるようになっておきましょう。 要練習。 ジャンプ読みでのぼりで出すのももちろん重要です。 復帰阻止にも優秀。 真横に飛んでくる系の復帰技を綺麗に狩ってやりましょう。 バナナ丸じゃなくて アラドヴァルです。 空中後ろ攻撃 ポーズで笑いました。 バナナ丸じゃなくて アラドヴァルです。 空前と基本同じ。 バースト圏内はこっちのほうが多く使うかも。 ちょっと短いけど先端当てるとクソ飛びます。 空中上攻撃 お手玉最強クラス。 コイツが足早かったらこれだけで一度浮かせたらずっと狩り続けられそう。 ってくらい優秀。 でもいかんせん見た目に反して ガノン並みなのでお手玉し続けるのは厳しいです。 でも強いのは事実。 相手が上にいるときは積極的に狙いましょう。 そしてプレッシャーかけましょう。 そして嫌がって横回避を使ってきそうなところに、横スマや横B置いてやりましょう。 それだけでゲームセットです。 空中下攻撃 ゴリラダンク。 ウルトラ判定硬くてメテオあり。 崖端の上に置いといても崖を貫いて判定が届くこともあります。 ただ発生くそ遅いのでタイミング合わせるのはかなりの慣れが必要です。 そして着地隙も多いので気軽には触れません。 ただ、下スマほどではないけどこの技はガードをめっちゃ削れます。 空前なんかをガードさせた後にコイツをガードさせられれば、サクッとガードブレイクも狙えます。 まぁあんまり実用的ではないけどたまに狙うネタの一つにはいいかも。 通常必殺技 弓矢。 長押しはほぼロマン技。 ロマン技その2 いやたまに当たるけどね。 リンク族と交換してほしいくらい発生の遅い弓矢。 長押しすると2段階目の弓矢になりますが、めちゃめちゃ時間かかる上にタイミングずらすこともできないので慣れられれば確実にあたらないでしょう。 ほんとふいうち用。 まぁ、このキャラはできれば相手に攻めてきてもらったほうが戦いやすいので、遠距離ない相手に画面橋から牽制のために打って攻めさせるのには使えます。 あとは球が速くてリーチも長いので、画面外に飛ばした相手への追い打ちにも有効です。 ダウン奪った相手がすぐに転がり起き上がりする人には、ダウン後すぐ撃っておくとちょうど起き上がったところにささります。 相手にばれるまでは一生あたるのでちょっとおすすめ。 空前(hit)>弓矢 みたいなかんじで。 横必殺技 結構優秀。 横Bを押すとき、横をはじき入力するとすこし前進しながらのモーションに代わります。 パルテナの爆炎とかと同じ要領ですね。 空中でも出せます。 横はもちろん上にも下にも判定がでかいので、奇襲やお互いの攻撃が届かない間合いで垂直ジャンプで様子見してるような相手にはよく刺さります。 先端ガードさせれば反撃もうけづらいです。 また、復帰阻止の際に崖外に飛び出して振ったり、逆に崖上で待ってる相手なんかをどかすのにも使えます。 密着ガードされないよう振る間合いには気を付けましょう! 上必殺技 復帰技。 そしてメテオ技。 コンボパーツでもある。 復帰の距離としてはかなり長いので優秀です。 でもジョーカーと同じ感じで少しぶら下がってしまうので、そこを狩られやすい。 ただジョーカーとちがうのは、 高%のあいてに空中であたると相手を踏みつけてメテオになるという効果があるので安易に復帰阻止に降りてきた相手には制裁を加えてやりましょう。 また、相手を外に飛ばした後、上から帰ってくる相手には自分も外に飛び出してこの技を使うと結構メテオできます。 あとはネタっぽいけどガーキャンからもだせて発生も優秀なので、そこからコンボとかもできます。 立ち回りでもたまには使えるかも。 ただ外した時はそこそこ後隙があるのと、モーションが派手で反応されやすいので注意しましょう。 下必殺技 ロマン技その3。 こいつが真のロマン技。 まぁ、普通に冷静に集中してる人にはまず当たりません。 不意をついてもあたりません。 地味にスーパーアーマーがあるので、あせった相手には当たります。 意外と当たります。 ガードしてくれたら一撃でガードブレイク。 真面目な戦いでは5試合に1回くらいなら使ってもいいかも。 いやないか。 ないですね。 ちなみにベレトミラー(同キャラ戦)のとき、この技で相手を倒すと相手は高確率で次の復活直後にこの技振ってきます。 (むきになってるんだと思う。 ) 投げ技各種 あとは投げですね。 足遅いので投げでガンガン攻めるとかは無理ですけど、密着でガードを強いられる状況は多いのでまあ使います。 こっちの技は高火力なものがそろってるので、相手がガードで固まったところを投げで崩す意味でもよく使います。 投げ間合いはたぶん普通です。 めっちゃ短く感じるけど。 低%では下投げですかね。 下投げから空Nやら空前、前強とか。 あと上投げから空上とかも展開がいいです。 コンボが入らない%は上投げでいいかも。 空中から対地上が強い相手とかは前投げや後ろ投げで画面端に追い込みましょう。 ダッシュ攻撃 忘れてました。 いやほんとに。 優秀です。 先端ならガードされても反撃受けにくいです。 地味に飛びます。 着地狩りでよく刺さります。 武器判定なのもあって強いけど、だからって振りすぎは禁物です。 超個人的な総評 まだ出たばっかなので全然わからないんですが、強いか弱いかと聞かれたら 弱いと答えます。 プリンとか、ゲムヲとか、でかめで遅いキャラなんかにはかなり強く出れると思いますがこのゲームで強いと言われてる 「速いキャラ」と 「優秀な飛び道具持ち」がめっぽうきついです。 ただ、リーチとパワーはあるのでうまいことかみ合い続けると一方的に勝てることも多いです。 小難しいテクニックよりも空前や横スマを振るときの間合い管理と、当て感(センス)がいい人が使うとかなり強いキャラになると思います。 あと、公式の動画で 間合い管理が大事って言われてるんですが、そりゃそうなんだけど 足が遅すぎて間合いの維持はかなりきついです。 なので、間合いを常に保つっていうのはあきらめて、 ・間合いの外にいて攻めてこようとしている相手に空前や下強、横Bを置いとく、 ・懐に入られたら空Nや弱、横強で話すか転がって逃げるか、上スマで上に飛ばす ・上に飛ばしたらなるべくダメージ稼いで着地はちゃんと狩る ・復帰阻止は強いので積極的に ・常に相手の予想外の行動を心がける これらを意識してやってくと勝率あがるかもなとおもいました。 色々な行動がおそいので、セオリー通りの同じ立ち回りをずっとやってると すぐに動きを見切られます。 奇襲技は多いので、それらも混ぜていって 時にはリスクを恐れずにぶっぱも混ぜつつ思い切って立ち回るのがいいんじゃないかと思いました。 ・小回りの利くインファイター 何も考えずに突進は控えましょう。 ベレトの横Bや空前の先端が当たる間合いまでダッシュして一回ガードで待つ、そしてベレトの行動をみてインファイトに持ち込む が基本の流れだと思います。 基本的な技は密着でガードできれば反撃確定です。 不用意な横Bやスマッシュはしっかりリスク付けて気軽に触れなくさせましょう。 あとは空Nと弱連打以外にはその場回避も有効です。 ・サムス族、リンク族等の飛び道具キャラ 弓にだけ気を付けつつ飛び道具まきながらガン逃げがいいです。 (友達にはやっちゃだめだよ!) ただ、横Bなんかの奇襲が刺さる間合いまで近づかれたら気を付けましょう。 サムスや子リンクなんかは近距離なら十分勝てるので、殴り勝つのもありです。 でも中距離は基本ガード固めたほうがいいです。 殴り負けします。 ・でかくて遅いキャラ 殴り勝ちしたいですがリーチが厄介になりがちです。 歩きガードなどで警戒しつつ、うまく自分の間合いに持ち込みましょう。 ベレトは近距離では大した火力ないし、ガーキャン上スマに気を付ければ基本的にバーストもされにくいです。 ・他、共通 ベレトの復帰阻止をとがめられるキャラは積極的にいって大丈夫ですが、ベレトの上Bメテオにだけは要注意しましょう。 サムスならボム落としてるだけで詰ませられます。 横からの復帰は、横Bには警戒しておきましょう。 自分が復帰する場合は、上から帰りたいときはベレトの上Bに気を付けましょう。 当たる場所を通るときはN回避でかわせます。 横から帰るときが一番かられやすいかも。 空前、横Bに気を付けましょう。 タイミングずらせられればうまくいくかも。 下から帰るときは、パルテナみたいに空Nで回りながら降りてくることが多いですがそんなにバーストしないので当たってもあせらず。 特に内側に当たると崖メテオになりがちなので受け身は意識しましょう。 あとは空下にも気を付けたいですが、タイミングあっちゃったらもうどんまいです。 崖上がりは、ベレトが回避上がりの位置あたりにいるときに安易なその場上がりは絶対にやめましょう。 高確率で横スマか横Bがきて噛み合ったら即バーストです。 回避上がりも先端ヒットはしないけどもう一回崖の読みあいにさせられるのでNG。 基本的にはタイミングをずらす、一度相手の技を降らさせてすかすことが重要かなと。 以上になります。 VIP入って落ちてしてるレベルの初心者考察なのであんまり参考にはなりませんが、備忘録ついでなのでネタとして。。。 にしても楽しいですね!ベレト!正直強いとはまだ思えないけど、慣れてきたら強いと思えるんですかね? まぁそれでもこのゲームはうまい人が使えばどのキャラも強くなるっていうところが面白いところだと思うので、もう少し触ってみようと思います。

次の

スマブラの新キャラ「ベレト/ベレス」を解説してみるの訂正をしてみる

ベレス コンボ

万能であるがゆえに、一発で仕留める決定力に欠けるので、コンボを覚えてダメージを稼ぐ戦い方を覚えなければいけません。 ゲッコウガを使う場合は、慣れるまでじっくり練習しましょう。 ですのでゲッコウガを相手にする時は相手が引きステップをできなくなる距離まで追い詰めることが重要です。 ガードキャンセルの行動として「上スマッシュ」「上必殺技」「掴み」「ジャンプ攻撃」がありますが、ゲッコウガの上スマッシュは1ヒット目に横方向の判定がなく、上必殺技は攻撃としては使えず、掴みも遅く、空後以外の空中攻撃も遅いです。 したがって、ガード後の行動はジャンプか横回避になりがちなので、ゲッコウガのシールドを見たら、どちらかを狩れる技を強気に振っていきましょう。 相手が高パーセントになると、空Nをかすめて当てる必要があり、熟練の度合いが試されるコンボでしょう。 上強をかすらせて、地面に叩きつけて横スマッシュを決めましょう。 空前を出すタイミングや、DAを最速で発動させることが難しいので、上級者向けのコンボです。 ゲッコウガの技考察 ゲッコウガの弱攻撃 1vs1ダメ 発生F 弱1 A 2. 4 3. 0 弱2 2. 4 3. 0 弱3 3. 6 5. 0 百裂 連 0. 6 - 百裂 〆 2. 4 4. ゲッコウガの技はいずれも発生が遅いので、ゲッコウガの貴重な近距離択です。 ゲッコウガのダッシュ攻撃・強攻撃 1vs1ダメ 発生F ダッシュ (ダッシュ+A) 9. 6 7. 96 10 横強 無シフト 8. 76 10 横強 下シフト 9. 4 9. 8 5. 相手を上へ緩く吹っ飛ばすので、コンボ始動として使えます。 主にステップからの牽制として使用します。 着地後の暴れや、コンボの始動技として使います。 崖に捕まっている相手に使ったり、撃墜コンボの始動として使用します。 0 12 上スマ Hit2 16. 2 11 下アピール 0. ゲッコウガには、スマッシュ攻撃に頼らずとも撃墜はできるので、横スマッシュ単体で使うことはほとんどありません。 初段がヒットすれば、相手を上方向へ強く吹っ飛ばせますが、初段がヒットしなかった場合は、横方向へ弱く飛ばすだけとなります。 初段部分を当てるのは難しいので、基本的にコンボの〆として使います。 左右同時に攻撃するので、相手が横回避で回り込むのを拒否するのに使います。 ゲッコウガの空中攻撃 1vs1ダメ 発生F 空N (空中でA) 13. 2 12 空N 持続 7. 6 5. 0 空後 Hit2 3. 0 7. 0 空後 Hit3 7. 56 7. 56 19 空上 Hit6 3. 6 17 空下 持続 9. 空Nは当たった相手を緩く吹っ飛ばすため、そのまま上スマッシュや空後で追撃できます。 ゲッコウガの技は基本的に発生が遅いので、コンボとして繋ぐ場合は基本的に空後を使います。 基本的には上方向への追撃択として使いますが、1-5hit目の下方向への吹っ飛ばしを利用してコンボパーツとすることもできます。 空下は着地隙が大きいので、落下の速いゲッコウガが使用する機会はあまりありません。 長押しで溜めることができ、溜めた分だけ手裏剣が大きくなり、ダメージが上がります。 通常必殺技は溜め状態をキャンセルできないので、使用する状況には気をつけましょう。 ボタンを長押しすることで、影の位置を離すことができます。 ボタン長押し中はゲッコウガが歩きモーションになるほか、近距離では発生の遅さから当てにくいので、基本的には復帰の択の一つとして使います。 移動距離は長く、一度だけ方向を変えることも可能ですが、水流部分の怯みがなく、進行方向と逆に出すので注意しましょう。 カウンター成立後は好きな方向へ飛び出して反撃することができます。 ただし、ゲッコウガのカウンターは当身の部分の発生が遅いので、近距離での読み合いよりも復帰阻止に使ったほうが良いです。 ゲッコウガの投げ技 1vs1ダメ 発生F 掴み攻撃 1. 6 15 前投げ 投げ 6. 投げた後は、空上で追撃しましょう。 投げた後は空後で繋げられるので、ダッシュ反転空後を出す練習をしましょう。 自慢の素早さで距離を詰めてから発動しよう。

次の

【スマブラSP】ベレト・ベレスのキャラ解説、話題のコンボ、使用感や立ち回り情報の纏め

ベレス コンボ

蹴り2発目を当てた際連打または長押しで連続斬りつけ攻撃に派生する。 発生が速く近距離戦の要となる技。 攻撃範囲が広く、対空の要となる技。 リーチが長めで上強や横強につながる。 攻撃範囲が広く発生も速めで汎用性の高い技。 武器判定があり相手が空中にいる場合の決め技として使える。 ダメージと吹っ飛ばし力が非常に高いが発生が遅い。 発生は遅いがリーチがとても長く威力も高い。 発生がそこそこ速めで踏み込むためリーチも長い。 着地狩りや奇襲に使える。 発生・攻撃範囲・持続力に優れる強力技。 ガードキャンセルからの有力な攻撃手段。 武器判定があり相手が空中にいる場合の決め技として使える。 メテオが可能) 空中前攻撃:空中でA+前方向にスティック (槍に武器を変化させて前に振る。 リーチが長めだが攻撃範囲が狭くやや使いづらい。 ) 空中後攻撃:空中でA+後方向にスティック (槍に武器を変化させて後ろを突く。 リーチが長めだが攻撃範囲が狭くやや使いづらい。 長押しすると高威力で長射程の光線を放つ。 ガケに当てるとぶら下がって復帰できる。 スキが大きいが当てれば威力絶大。 はじき入力で出すと前進しながら斬り上げる。 ) 最後の切り札 神祖破天:スマッシュボール所持中にB (剣を伸ばして、前方の広範囲を攻撃。 最初の一撃で相手を3人まで巻き込める。 相手の重さや蓄積ダメージにもよるが横強や空中前がつながる場合もある。 ) 前投げ:掴んだ後に+前方向にスティック (剣を振って敵を前に飛ばす。 ) 後投げ:掴んだ後に+後方向にスティック (回転して敵を後ろに投げ飛ばして攻撃。 弾速が速く威力もあるのでシールドを削りやすいが、溜めてから撃つので相手にジャンプなどで簡単に回避される。 だが、ジャンプさせることはできるのでその間に接近する立ち回りができる。 また、復帰阻止に使うこともできる。 相手に接近したら近距離戦になりすぎないように注意。 相手にもよるが、キャラ1~1. 地上での移動速度が遅いため、相手の急な動きに対して距離調整するのは難しいができるだけ心掛けていこう。 前方の相手には攻撃範囲に優れる横強やコンボにつながりリーチが長い下強、 対空では攻撃範囲が広く自身の前後も攻撃できる上強が役立つ。 至近距離戦に持ち込まれた場合は発生の速い弱攻撃で暴れたり、 ガードキャンセルからの空中弱攻撃で対処しよう。 決め技としては地上の距離が離れている相手にはリーチの長い横スマッシュや横必殺技「魔槍アラドヴァル」の弾きが強力。 空中にいる相手には武器判定のある上スマッシュや空中上攻撃で撃墜を狙っていこう。 着地狩りや奇襲を仕掛ける場合は発生が比較的速いダッシュ攻撃が役立つ。 全体的に技の後隙が大きい弱点があるので、特に近距離での空振りは避けたい。 相手に確実に当たると思った時に技を振っていこう。 上必殺技の「魔剣 天帝の剣」での復帰はジョーカーと似ており、鞭のようにした剣を伸ばす。 復帰距離が非常に長く横復帰にも縦復帰にも使える。 せっかく復帰能力が高いので、復帰に使うだけでなく、 自ら空中移動して相手の復帰阻止をして足場に戻ってくる立ち回りもしやすい。 5キャラ分の距離が開いている状態は最悪。 もし、こちらがガードに成功すれば、使用ファイターにもよるがガードキャンセル攻撃を仕掛けるといい。 よって距離をとるのは比較的容易であり、飛び道具を撃っていけばダメージを稼ぐことができる。 飛び道具合戦に持ち込めばこちらが有利になることが多い。

次の