祇園祭。 京都人が「祇園祭だけは、やめるわけにはいきまへんやろ」と話す深いワケ そもそもの目的が「疫病退散」

祇園祭の山鉾巡行は中断と再開の歴史 応仁の乱で中止、本能寺の変で延期も|社会|地域のニュース|京都新聞

祇園祭

山鉾巡行中止を発表する会見の冒頭であいさつする八坂神社の森壽雄宮司(右)と祇園祭山鉾連合会の木村幾次郎理事長=20日午後1時58分、京都市東山区・八坂神社 日本三大祭りの一つ祇園祭の山鉾巡行について、祇園祭山鉾連合会(京都市中京区)と八坂神社(東山区)は20日、同神社で記者会見し7月17日の前祭(さきまつり)と同24日の後祭の山鉾巡行を中止すると発表した。 同連合会によると、組み上がった山や鉾を試し曳きする「曳き初め」は行わない。 また山鉾建ては6月上旬まで様子を見て決める。 一方で仮に山鉾建てを行ったとしても夕方には山鉾町の全行事を終了するほか、会所への関係者以外を立ち入り禁止とする。 厄除けちまきについて同連合会は「祇園祭に関わる一つの文化。 なんとか授与していきたい」とした。 また例年、神幸祭(7月17日)と還幸祭(同24日)では神輿渡御が行われるが、実施せず八坂神社境内で神事を行う。 神輿渡御の中止は1946(昭和21)年以来、74年ぶり。 八坂神社の森壽雄宮司は祇園祭の起源に触れながら「苦渋の決断だった。 誠に残念だが、お祭りはいつの時代も柔軟な考えで継承されてきた。 ぜひ柔軟な考えで臨みたい」と話した。 祇園祭は、葵祭(5月15日)、時代祭(10月22日)とともに京都三大祭りの一つに数えられる八坂神社の祭礼。 例年は7月1日に行われる長刀鉾の稚児によるお千度に始まり、31日の疫神社夏越祭まで1か月続く。

次の

2019年【京都・祇園祭】日程や見どころ・楽しみ方ガイド!周辺グルメ紹介も必見!

祇園祭

祇園祭2020日程 祇園祭2020日程(宵山・山鉾巡行・屋台・・・)を紹介しています。 祇園祭2020日程は7月1日から31日です。 祇園祭2020では7月17日に山鉾巡行(前祭)、7月24日に山鉾巡行(後祭)が行われます。 山鉾巡行(前祭)では長刀鉾を先頭に山鉾23基、山鉾巡行(後祭)では橋弁慶山を先頭に山鉾10基と鷹山(唐櫃巡行)が巡行します。 【6月上旬頃 長刀鉾稚児発表】 長刀鉾稚児は10歳前後の男子が家来役の禿(かむろ)の男子2名とともに選ばれます。 長刀鉾稚児はかつて長刀鉾町から選ばれていたが、最近は京都市内から選ばれているそうです。 結納の儀などが行われます。 【7月1日~ 吉符入】 吉符入は神事始めの意味があり、山鉾町などで祇園祭に関する打合せが行われます。 (通常非公開)山鉾町では御神体を祀り、八坂神社の神職からお祓いを受け、無事を祈願します。 (日程は山鉾町で異なります。 ) 【7月1日10:00~ 長刀鉾町お千度】 長刀鉾稚児(ちご)1人・禿(かむろ)2人などが八坂神社を訪れ、選ばれたことを報告し、神事(祇園祭)の無事を祈願します。 稚児は神の使いとされ、現在山鉾に搭乗する唯一の生稚児(いきちご)です。 【7月1日~ 二階囃子】 囃子方がある山鉾町では吉符入(きっぷいり)後の夜から町会所の二階で祇園囃子(コンチキチン)の稽古が始まります。 (日程は山鉾町で異なります。 )なお7月以前から祇園囃子を稽古する山鉾町もあります。 【7月2日10:00~ くじ取り式】 京都市役所の市会議場で山鉾巡行(前祭・後祭)の順番を決めます。 (往復はがきによる申込)くじ取らずの9基(前祭5基・後祭4基)の山鉾を除いた24基(前祭18基・後祭6基)の山鉾巡行順を決めます。 くじ取り式後に山鉾連合会社参が行われます。 ・ 【7月5日15:30頃~ 長刀鉾稚児舞披露】 長刀鉾稚児が長刀鉾保存会2階で太平の舞(稚児舞)を披露します。 両手に握ったバチを交差させ、体を大きく、優雅に旋回させて胸に抱いた鼓を叩きます。 太平の舞は山鉾巡行のコースを清め祓い、疫病の退散を祈願します。 【7月7日14:00~ 綾傘鉾稚児社参】 綾傘鉾稚児6人などが八坂神社を訪れ、選ばれたことを報告し、神事(祇園祭)の無事を祈願します。 本殿を時計回りに3周し、正面と背面(裏正面)で祈願するお千度も行われます。 【7月10日~14日 山鉾建て(前祭)】 長刀鉾など山鉾23基を組み立てます。 日程は山鉾によって異なります。 釘を1本も使わず、荒縄などによる縄絡みと言われる伝統技法で組み立てます。 大型の鉾は横倒しにされ、その後ウィンチなどを使って引き起こされます。 【7月10日10:00~ 神用水清祓式】 四条大橋で神輿洗(みこしあらい)の水を鴨川から汲み上げ、四条大橋下流の鴨川東岸で神事を行います。 桶6つ分の神用水の内、3つの桶は神輿洗まで祭壇で奉安され、別の3つの桶は仲源寺に移されます。 【7月10日16:30~ お迎え提灯】 提灯・山鉾町の囃子方などの行列が八坂神社から市役所(本能寺)まで巡行し、芸能(小町踊・鷺踊・祇園踊など)を奉納してから八坂神社に戻って、石段下で神輿を迎えます。 その後八坂神社でも芸能を奉納します。 【7月10日18:00~ 神輿洗】 3基の神輿の内、中御座神輿を八坂神社から四条大橋まで運び、神用水で祓い清めます。 榊によって振り掛けられた水を浴びると厄除けのご利益があるとも言われています。 【7月12日14:00~ 山鉾曳き初め】 山鉾を山鉾巡行さながらに動かします。 一般人でも曳くことができます。 函谷鉾14:00・鶏鉾14:30・月鉾15:00・菊水鉾15:00・長刀鉾15:30から行われます。 長刀鉾では稚児による太平の舞も本番さながらに行われます。 【7月13日11:00~ 長刀鉾稚児社参】 長刀鉾稚児が八坂神社を訪れ、正五位少将・十万石大名の位を授かります。 稚児は社参後から神のお使いとされ、公の場では地上を一歩も歩かず、男性強力(ごうりき)の肩に担がれて移動します。 【7月13日14:00~ 久世駒形稚児社参】 久世駒形稚児(くぜこまがたちご)2人が八坂神社を訪れ、稚児の証しである杉守りを受け取り、神事(祇園祭)の無事を祈願します。 久世駒形稚児は神の化身とされ、馬に乗ったまま本殿に乗り付けることができます。 【7月13日12:00~ 山鉾曳き初め舁き初め】 山鉾を山鉾巡行さながらに動かします。 一般人でも曳くことができます。 蟷螂山12:00・放下鉾15:00・船鉾15:00・岩戸山15:00から行われます。 放下鉾・船鉾・岩戸山は新町通で一斉に行われます。 【7月14日(13日)~16日 ちまき販売(前祭)】 山鉾町で厄除けちまきなどを購入することができます。 なお13日午前中にオープンする山鉾町もあります。 (売り切れ注意)ちまきなどを購入すると山鉾に搭乗できる場合があります。 ただ長刀鉾・放下鉾は女人禁制です。 【7月14日~16日 宵山(前祭)】 夕方から山鉾23基の駒形提灯が灯され、祇園囃子が奏でられます。 長刀鉾・函谷鉾・月鉾・船鉾・鶏鉾・放下鉾・菊水鉾・岩戸山・四条傘鉾・綾傘鉾で祇園囃子が奏でられ、綾傘鉾・四条傘鉾で棒振り踊りが行われます。 烏丸通・室町通・新町通などに屋台露店が立ち並びます。 【7月14日~16日 御朱印集め(前祭)】 山鉾町で御朱印(朱色のスタンプ)を集めることができます。 御朱印集めでは志納金が必要な場合などがあります。 なお八坂神社では7月だけ祇園祭の起源とされる御霊会朱印が授与されます。 【7月14日~16日 屏風祭(前祭)】 山鉾町周辺の町屋などで家宝の屏風などが披露されます。 (有料の場合あり)旧家・老舗などが屏風・書画・調度品・美術工芸品など秘蔵の家宝を虫干しを兼ねて飾ります。 【7月15日15:00~ 伝統芸能奉納】 八坂神社で日本舞踊など伝統芸能が奉納されます。 今様歌舞楽・一絃琴・琵琶・狂言・地唄舞・箏曲・尺八・詩吟などの伝統芸能が能舞台で奉納されます。 【7月15日夕方~ 宵宮神賑奉納行事前夜祭】 八坂神社の石段下に祇園甲部(ぎおんこうぶ)の舞妓・芸妓によるビアカウンターが設けられ、ビール・会話を楽しむことができます。 その他のイベントが行われることもあります。 【7月15日20:00~ 宵宮祭】 八坂神社の境内の灯りを消し、祭神の神霊を本殿から3基の神輿(中御座神輿・東御座神輿・西御座神輿)に移します。 宵宮祭は撮影禁止です。 【7月16日夕方~ 宵宮神賑奉納行事】 八坂神社の石段下で祇園甲部(ぎおんこうぶ)の舞妓による京舞などが奉納されます。 かつて京舞・鷺舞・舞楽・京太鼓・祇園祭音頭踊・大石太鼓・獅子舞・祇園太鼓などが奉納されました。 【7月16日18:30~ 石見神楽】 八坂神社で石見神楽(いわみかぐら)が奉納されます。 八坂神社の祭神・素戔嗚尊(すさのおのみこと)が8つの頭と8本の尾を持つ八岐大蛇(やまたのおろち)を退治し、天の村雲の剣を得る大蛇(おろち)などが奉納されます。 【7月16日21:00頃~ 日和神楽(前祭)】 囃子方がある山鉾町が祇園囃子を奏でながら御旅所(Otabi Kyoto)に行き、祇園囃子を奉納して晴天を祈願します。 長刀鉾・函谷鉾・月鉾・船鉾・鶏鉾・放下鉾・菊水鉾・岩戸山・四条傘鉾・綾傘鉾が行います。 【7月17日9:00~ 山鉾巡行(前祭)】 長刀鉾など山鉾23基が四条烏丸から四条通・河原町通・御池通の順に巡行します。 神輿渡御・神幸祭(しんこうさい・おいで)に先立って行い、山鉾巡行で祓い清めます。 注連縄切り・太平の舞・くじ改め・辻回しが行われます。 【7月17日16:00~ 神幸祭】 神輿3基(中御座神輿・東御座神輿・西御座神輿)が八坂神社から氏子町を回って、御旅所(Otabi Kyoto)に向かいます。 3基の神輿は別々のルートを回り、御旅所に向かいます。 神輿の到着時間も一定ではありません。 【7月18日~21日 山鉾建て(後祭)】 橋弁慶山など山鉾10基を組み立てます。 日程は山鉾によって異なります。 釘を1本も使わず、荒縄などによる縄絡みと言われる伝統技法で組み立てます。 大型の鉾は横倒しにされ、その後ウィンチなどを使って引き起こされます。 【7月20日15:00~ 山鉾曳き初め舁き初め】 山鉾を山鉾巡行さながらに動かします。 一般人でも曳くことができます。 ただ八幡山は見るだけです。 北観音山15:00・南観音山15:00・大船鉾15:00・八幡山16:00から行われます。 観音山・南観音山・大船鉾は新町通で一斉に行われます。 【7月21日(20日)~23日 ちまき販売(後祭)】 山鉾町で厄除けちまきなどを購入することができます。 なお宵山(前祭)期間中や20日夜にオープンする山鉾町もあります。 (売り切れ注意)ちまきなどを購入すると山鉾に搭乗できる場合があります。 【7月21日11:00~ 舁山舁き初め】 山鉾を山鉾巡行さながらに動かします。 橋弁慶山が舁かれます。 ただ舁くことはできず、見るだけです。 電線を持ち上げる珍しい光景を見ることができます。 【7月21日~23日 宵山(後祭)】 夕方から山鉾10基の駒形提灯が灯され、祇園囃子が奏でられます。 屋台露店・歩行者天国なし。 北観音山・南観音山・大船鉾で祇園囃子が奏でられます。 初日のオープニング・セレモニーでは舞妓による舞の披露などが行われます。 【7月21日~23日 御朱印集め(後祭)】 山鉾町で御朱印(朱色のスタンプ)を集めることができます。 御朱印集めでは志納金が必要な場合などがあります。 なお八坂神社では7月だけ祇園祭の起源とされる御霊会朱印が授与されます。 【7月21日~23日 屏風祭(後祭)】 山鉾町周辺の町屋などで家宝の屏風などが披露されます。 (有料の場合あり)旧家・老舗などが屏風・書画・調度品・美術工芸品など秘蔵の家宝を虫干しを兼ねて飾ります。 【7月23日20:30頃~ 日和神楽(後祭)】 囃子方がある山鉾町が祇園囃子を奏でながら御旅所(Otabi Kyoto)に行き、祇園囃子を奉納して晴天を祈願します。 北観音山・南観音山・大船鉾が行います。 【7月23日23:00頃~ 南観音山あばれ観音】 南観音山の本尊・楊柳観音像を蓮台にぐるぐる巻にして、山鉾町内を回ります。 日和神楽が終わった直後に行われ、町内を3周走り回ります。 あばれ観音は南観音山だけで行われています。 【7月24日9:30~ 山鉾巡行(後祭)】 橋弁慶山など山鉾10基と鷹山(唐櫃巡行)が烏丸御池から御池通・河原町通・四条通の順に巡行します。 神輿渡御・還幸祭(かんこうさい・おかえり)に先立って行い、山鉾巡行で祓い清めます。 くじ改め・辻回しが行われます。 【7月24日10:00~ 花傘巡行】 花街の屋台などの行列が八坂神社から四条通・寺町通・御池通・河原町通を巡行し、八坂神社に戻って、舞踊などを奉納します。 花街は隔年で二花街が参加し、歌舞伎踊り(先斗町)・小町踊り(祇園東)・雀踊り(祇園甲部)・コンチキ音頭(宮川町)を奉納します。 【7月24日17:00~ 還幸祭】 神輿3基が御旅所(Otabi Kyoto)から氏子町・御供社(又旅社)を回って、八坂神社に戻ります。 3基の神輿は別々のルートを回り、八坂神社に戻ります。 神輿の到着時間も一定ではありません。 【7月25日11:00~ 狂言奉納】 八坂神社で茂山狂言が奉納されます。 狂言大蔵流・茂山忠三郎社中による狂言が能舞台で奉納されます。 かつては鎧・痺・伯養・附子・茶壺・蝸牛などが奉納されました。 【7月28日10:00~ 神用水清祓式】 四条大橋で神輿洗の水を鴨川から汲み上げ、四条大橋下流の鴨川東岸で神事を行います。 桶6つ分の神用水の内、3つの桶は神輿洗まで祭壇で奉安され、別の3つの桶は仲源寺に移されます。 【7月28日18:00~ 神輿洗】 3基の神輿の内、中御座神輿を八坂神社から四条大橋まで運び、神用水で祓い清めます。 榊によって振り掛けられた水を浴びると厄除けのご利益があるとも言われています。 【7月31日10:00~ 疫神社夏越祭】 八坂神社の境内摂社・疫神社(えきじんじゃ)の鳥居に茅の輪が取り付けられ、護符が授与されます。 茅の輪くぐりができます。 7月1ヶ月に渡って行われる最後の行事です。 【7月上旬10:00~ みやび会お千度】 京舞井上流家元や祇園甲部(ぎおんこうぶ)の舞妓・芸妓などが八坂神社を訪れ、技芸の上達や神事(祇園祭)の無事を祈願します。 お千度終了後に本殿でお祓いを受け、楼門前で記念撮影が行われます。 【7月上旬14:00~ はも道中】 木桶に入れた淡路島産のはも・クイーン淡路・島原の葵太夫などが八坂神社から四条通を練り歩きます。 八坂神社ではもの骨きりの実演が行われたり、淡路島の郷土料理・はもすきが振舞われたりします。 当サイトの情報はあくまで参考情報です。 イベントの内容などが変更になっている場合もあります。

次の

祇園祭 京都通百科事典

祇園祭

豪快な辻回しを披露する函谷鉾(2019年7月17日、京都市下京区) 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、日本三大祭りの一つ祇園祭のハイライトの一つである山鉾巡行の中止が20日、発表された。 祇園祭の歴史をたどると山鉾巡行は中止と再開を繰り返している。 祇園祭そのものは平安時代の869(貞観11)年、京都をはじめ各地で疫病が流行したことから、厄災除去を願って始まったとされる。 山鉾巡行は鎌倉時代に始まったと言われ、室町時代には応仁の乱(1467~77年)で30年以上中断した。 安土桃山時代、織田信長が殺害された本能寺の変のあった1582(天正10)年には祇園祭自体が11月に時期を変えて行われた。 江戸時代に入ると、将軍や上皇の死去で祭り自体がたびたび延期された。 幕末には蛤御門の変(1864年)で巡行を支える山鉾町一帯が火災に遭い、翌年の前祭巡行は行われなかった。 1879(明治12)年にはコレラ流行のため、祇園祭は11月に実施された。 86年、87年、95年にも同様にコレラ流行を理由に延期されている。 戦中と戦後直後の1943年から47年にも第二次世界大戦の影響で山鉾巡行が取りやめとなった。 直近では阪急電鉄の地下工事のため1962(昭和37)年の山鉾巡行が中止されている。

次の