史上 最悪 の メリー クリスマス。 #1 最悪のメリークリスマスを、君に。

米株安が進行、史上最悪のクリスマス・イブに トランプ氏はFRBを批判

史上 最悪 の メリー クリスマス

もくじ• 史上最悪のメリークリスマス あらすじ 約10年ほど引きこもり続けている美佐子さん。 その両親は、そんな美佐子さんを「施設に連れて行って欲しい」という依頼をします。 しかし、その依頼の時に、両親は嘘をついていました。 母親は、毎週1回美佐子さんの様子を見に行っているといっていました。 ところが、本当は両親は 4年前から顔すら会わせていないのです。 これは、美佐子さんの父親が人目や体裁を気にしていて、見栄を張ったのです。 そして、美佐子さんの病気や現在の様子などを、誰にも知られないよう処理してもらおうと、企んでいたのです。 これは、もはや押川に手に負えない仕事であり、警察も必要なほどの一大事でした。 なので、押川はしかるべき処置をするのですが、すべてが明るみになったため、父親は大激怒します。 一方、アシスタントの実吉は、自分の請けた仕事とあって、責任を感じてしまうのですが…!? 「子供を殺してください」という親たち20 話ネタバレ 実吉は、依頼主の両親に騙されたことに対し、ショックを受けます。 美佐子さんの部屋は、4年も放置されていたため、ゴミだらけで、酷く荒れていたのです。 しかも、その荒れ具合を両親は知っていたし、美佐子さんの様子も知っていました。 それなのに、「週に1回は見に行っている」などと嘘をついて、見栄を張ってごまかしていたのです。 実吉は、この依頼を受けたことを後悔し「私の責任だ…」とふさぎ込んでしまいます。 一方、部屋の中に入って様子を確認する押川は、冷静に辺りを見回していました。 すると、あとから警察が続いて部屋に入ってきて、押川に声をかけてきました。 「あなたが、移送会社の方ですか」 「これはもう民間のレベルではありませんので、お引き取り下さい」 そんな警察の言葉に、押川も 「わかりました。 よろしくお願いします」と言うしかありません。 これにて、美佐子さんの件はすべて警察に任せておけば、一応、解決…になります。 ところが、この一件により、 父親は大激怒します。 今まで隠してきた 娘の実態が、全て明るみになったことが許せなかったのです。 そんな最低の父親は、「貴様ぁ!」と言いながら、押川に殴りかかってきます。 その場にいた警察によって、押さえつけられますが、父親はわめき続けます。 そして去り際にこんなことを言いうのです。 「何もかも!貴様の責任だ!!」 「覚えとけよ!!絶対に訴えてやるからな!!」 もちろん、押川にも怒りはあります。 しかし、それを表に出すことなく、静かにその場を後にするのです…。 押川を訴える父親 そして、その惨劇からの翌日。 押川の事務所の元に、弁護士からの電話がかかってきました。 あの父親は、本当に弁護士に訴えてきたのでした。 なんでも、 「契約したとおりに病院に連れていけなかったから、債務不履行です」などと言ってきました。 さらに、 「警察沙汰にするなど、事を大きくしたため、人権侵害しました」などと訴えてきました。 そんな的外れな主張に、押川は 「ははっ」と笑ってしまいます。 それから押川は怒涛の反撃で、思う存分言い返します。 とうとうと正論を述べていき、弁護士を終始圧倒し続けます。 そして、 「本来なら措置入院レベルの現場だぞ!」「法を違えてるのは両親の方だ!」と、ズバっと言い切ります。 こうした怒りは、全て美佐子さんを思っての事でした。 そして、そんなひどい事を何食わぬ顔でやってのける両親に対する怒りでもありました。 しかも、それでいて料金も未払いという…。 こうした主張を聞いて、弁護士は折れ、料金を支払うよう相談すると言って電話を切りました。 それから押川はため息をついて、実吉の机の上にあって「退職届」に目をやりました。 実吉はずっと今回の件に責任を感じ、「もう事務所にはいられない…」と判断したのです。 そんな風にふさぎ込みながら、公園のベンチでたたずんでいました。 そんな時、押川から不在着信がある事に気付きました。 留守番電話になっているようで、実吉はそれを再生します。 すると、そこから押川からの真摯なメッセージが聞こえてきました。 今回の案件は、最初からきな臭いにおいしかしなかったこと。 しかし、それを知っていて、あえて依頼を受けたこと。 父親にとって、厄介払いだったとしても、確実に医療にながった事。 そして、昔の実吉のように、いつか必ず元気になってもらいたい、という事…。 最後には 「わかったら今すぐ事務所に戻ってこい」と、締めくくるのでした。 実吉は涙を流し、それからは、いつものトキワ精神保健事務所の姿があったのでした…。 「子供を殺してください」という親たちの 20話の感想 ~「子供を殺してください」という親たち の感想~ 世間体を気にするあまり、大切なことを見失っている父親が描かれていました。 今回に限らず、そういった親だからこそ、依頼主になりえるんだな、と思いました。 親が「自称まとも」だと、「まともでない子供」を認めたくないし、受け入れることが出来ないのでしょう…。 だから放置したり、挙句の果てには厄介払い、なんて手段に出てしまうんですね。 でも、それが「まともな人がする事」とは言えませんよね。 「子供よりも世間体の方が大事」っていう時点で、自分の感覚を疑うべきだと思いました。 まとめ 相変わらず重たい話ばかりですが、反面教師になる作品です。 自分は子供に対して、どう向き合うか、非常に考えさせられます。 親の責任とは何か、出来ることは何か、どんな時でも助けてあげられるのか。 この漫画を通して、新たな発見や考え方が得られるので、本当にありがたいです。 それでは最後に、無料立ち読みの方法も紹介します。 『「子供を殺してください」という親たち』を無料試し読みするには「まんが王国」というサイトを利用します。 まずは公式ページをタップします。 すると、漫画が表示されるので、 「試し読み」をタップで完了です。 気になる漫画も「無料」で読むことが出来る場合もあるので、チェックするのもオススメです!.

次の

聖飢魔Ⅱ 悪魔のメリークリスマス <PV>

史上 最悪 の メリー クリスマス

画像の引用元:ダイ・ハード-Yahoo映画-より こんばんは!ジェームズ・ボンドの1番弟子でーす! 今年のクリスマスも特に何も無かった、、、。 まぁ毎年のことなんだが、、、。 もう最近はクリスマスに恋人と過ごしたら負けだと思っている!逆に!! 何に対しての逆なのかは僕もわからない。 そしてクリスマスイヴは彼女とデートあるから、お先に失礼します的なノリで定時に帰った。 何の用事も無いのに!!、、、で見栄を張って足早に帰ってきたので特にすることがない、、、ということでダイハードを見た! やっぱりマクレーン刑事は陰キャの味方だなぁ!だってクリスマスイヴに裸足で通気口の中を這いずり回ってるんだぜ。 クリスマスにテロリストと闘うことを思えば1人のクリスマスだってマシに思えるさ! いや思おう!無理やり!強引に!!半泣きで!! ということで、この記事を見ている方も、おそらく陰キャだろうということでダイハードを紹介するぞ!! 誰もが知るアクション映画の金字塔。 これほどおもしろいアクション映画シリーズは他にない。 強いて言えばリーサル・ウェポンシリーズくらいかな? なぜジョン・マクレーンは、こんなにも人気があるのか? これまでのアクション映画には無かった弱い部分もガッツリ見せるヒーロー!シュワルツェネッガーやスタローンは人間離れした容姿のおかげで親近感・現実感は無い。 だがウィリスなら、、、!もしかしたら自分もなれるかもしれない!自分もテロリストと闘えるかもしれない!、、、そう思わせてくれる等身大の魅力があった!もちろん、マクレーンになれるわけでもないしテロリストと闘えるわけもないのだが、、、。 そんなマクレーンを等身大に見せる重要な役割を担うのが妻のホリー。 僕が思うにダイハードシリーズの魅力の1つは 最初から微妙だった夫婦関係だと考える。 妻のホリーはナカトミコーポレーションという日系企業の社員。 ただの社員じゃない。 幹部社員だ!部長だぞ!!ハッキリ言ってNY市警のマクレーンより稼いでいるだろうな。 そんな夫婦なので当然、力関係としてはホリーのほうが強い。 ホリーの仕事の拠点はカリフォルニア。 子どもたちも、そっちに住んでる。 一方、マクレーンはNYで1人で生活、、、待てよ、、、これマリッジストーリーじゃん!!最近、NETFLIXでスカーレット・ヨハンソン&アダム・ドライバーのマリッジストーリーを見たばかりなので同作がダイハードと酷似していることにクリスマスイヴに 1人で驚いていた!そして、こんなことに気が付けるオレすげーカッケーっていうわけのわからない優越感にクリスマスイヴに1人で浸っていた。 いやね、、、誰も気にかけてくれる人がいないんで自分で自分を褒めるしかないんですよ。 もう末期ですけどね。 話が脱線したが、とにかくマクレーン夫妻では妻の方が権力が強い。 それにホリーは会社では旧姓を名乗っている。 これもマクレーンは気に喰わないようで、なんでやねん!マクレーンの性を名乗れや!と言うものの即却下。 ホリー曰く日本の会社は結婚している女を昇進させないとのこと。 図星過ぎて何も言えませんな(笑)。 一瞬だけど日系企業に対して皮肉を挟んでくあたり上手いなぁと感心しますね。 ただ、本当のことなので、こっちとしても頷くしかない。 久しぶりに夫婦水入らずだというのに早速マクレーンとホリーは口論に!KY過ぎるDQNカップルが間違えて部屋に入って来てしまい気まずくなったところでホリーはパーティのスピーチのため部屋を後にする。 ホリーがスピーチを終えて部屋に戻ってきたら口喧嘩の第2ラウンドだ!ってことで飛行機のオッサンに教えてもらった裸足で指を丸めて絨毯を歩けば落ち着くという振興団体の儀式みたいなのを真に受けてニヤニヤしていた矢先、ドヤ顔でエレベーターから現れたスネイプ先生率いる武装集団十数人に、あっという間にナカトミプラザのビル丸ごと占領されてしまうのだった、、、。 このテロリストグループも中々個性的なメンツで一筋縄ではいかない猛者ばかり。 リーダーのハンスは大変だっただろうなぁ、、、なんせ中学生くらいからそのまま大人になったオッサンばかりを率いなければならない。 修学旅行の引率先生みたいな気分だったに違いない。 テロリストの優秀メンバーはテオ。 この手の集団に必ず1人は居るコンピューターに強い奴!コイツが居ないとセキュリティを突破できない!金庫を開けられない!最重要キーマンだ!最後はアーガイルの猫パンチを喰らって気絶していた。 アーガイルの殴った後のドギマギしている様子を見てくれ! コイツ、リムジン乗って陽キャに見せかけた陰キャだ!そして多分、童貞だ!あの挙動不審っぷりは陰キャ確定!僕も、よく会社であんな感じになるからわかるのだ!同じ種族だ! そして最も手を焼く不良メンバーがカールですよ!マクレーンに弟を殺されて全ての計画を無視する勢いで暴れまわってましたからね(笑)。 ってか兄弟で同じテロ組織に入ってんじゃねえよ!違う組織に入れよ!マリオとルイージみたいなことしてんじゃねえよ!風貌も明らかにDQNで銀髪で長髪、全身黒い服。 名探偵コナンのジンみたいな明らかに怪しい野郎だ!見た目どおり頭もあまり良くない模様。 中盤の銃撃戦で マクレーンが裸足だというハンスの言葉の真意を理解できていなかった。 直後にハンスが呆れた顔で 撃て!ガラスだ!と手取り足取り教える始末。 冒頭の飛行機のオッサンの裸足のくだりは、ここの伏線だったのか!こりゃーあの飛行機のオッサンもテロリスト説浮上してきたな。 そして特異な風貌で見る者を圧倒させるアル・レオンの存在も忘れちゃいけない。 若い頃から何歳なのかわからない。 年齢不詳。 長髪に髭。 顔つきはアジア系だよな?リーサル・ウェポンでは電気拷問するオッチャンとかもやっててロクにセリフが無い役でも完璧にこなす職人気質な俳優ですよ! あと名前知らんけど最後にハンスと一緒に撃たれた奴。 受付してた奴。 アイツも中々おもしろい。 イピカイエーのくだりでハンスとマクレーンが笑ってる時も、 なんで2人が笑っているのかよくわからないが、とりあえず笑っておこう感。 僕も会社の忘年会で、とりあえず笑っておけ!みたいになることが多々ある。 やはりダイハードは陰キャに寄り添う映画。 骨身に染みますな~。 ちなみに過去に裸になってエアガンをガムテープで背中に貼りつけるを実践してみたのだが、思ったよりはがす時が痛い。 マクレーンも、あんなに痛かったのだろうか。 他にもマクレーンとアル・パウエルの無線のやり取りなんかも粋でしてマクレーンがパウエルにホリーに謝っておいてくれと伝えるシーン。 愛してるとは腐るほど言ったが、すまんと謝ったことは1度も無い。 重くズッシリとくるセリフですな。 結婚が長く続く秘訣は ありがとうと ごめんなさいが、お互いに素直に言えること。 そんなの当たり前じゃん!と思うかもしれないが、こんな基本的なことができない人は多い。 良い場面だなぁ!と感慨深くなっていた僕だが、よく考えたらこの無線はハンスたちも聞いているはずだ。 一体全体ハンスは、このやり取りをどんな心情で聞いていたのだろう(笑)。 パウエル巡査も最後に恐怖を克服し、銃が撃てるようになってよかった!カールは、その当て馬に使われて死ぬっていうとんでもなく雑な扱いだったけどな! まとめ 相変らず自分の書きたいことをタラタラと垂れ流す感想になってしまったがダイ・ハードの魅力が伝わっただろうか? クリスマスイヴは如何にも用事があるように見せかけて定時帰り!そしてダイハード見るだけ!余裕があったら2も見ろ! 国はクリスマスイヴはダイハード、クリスマスはダイハード2を見なければいけない!を日本国憲法に追加記載すべき! そうしたら誰も惨めな思いをすることのない真の意味で基本的人権が尊重される時代が来るだろう!.

次の

米株安が進行、史上最悪のクリスマス・イブに トランプ氏はFRBを批判

史上 最悪 の メリー クリスマス

謎のウイルスに襲われた電脳世界、そしてミルキーピア存続の危機! オールスターキャスト総出演の最終話 アミューズネットを吹き荒れる謎のウイルス赤死病の猛威。 その原因は特定できず、ネットパトのチェックも効かない。 またまたミルキーピア探偵局は、赤死病対策に乗り出すも、苦戦の連続。 加えてこれまで蓄積したネット潜りの疲労に体調を崩して苦しむ片山秀人。 復讐と因縁。 さまざまに絡み合うものがほどけたときに現われたものは……。 ドタバタ電脳SF小説「ミルキーピア物語」シリーズのうち、SFマガジン1995年1月臨時増刊号に掲載され、そのまま単行本にまとめられなかった幻の作品が、電子オリジナルとして登場! 本書はその第11弾にして完結編。 1000枚を超える以下のエピソード(前・後編)のほか、作者口上、幕間まんがも併せて収録している。 横浜国立大学大学院中退。 テクニカルライターを経て、1986年『赤い涙』(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。 主な著書に『ミルキーピア物語』シリーズ、『地球SOS』(早川書房)、『よろず電脳調査局ページ11』(徳間書店)、『電脳祈祷師』(学習研究社)、『展翅蝶』(エニックス)など。 また、2013年子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀空想科学小説」企画立案。 同シリーズ『何かが来た』(岩崎書店)。 日本SF作家クラブ会員、日本児童文学者協会会員、日本文藝家協会会員。 日本SF作家クラブ第17代会長。

次の