法事 何 回忌。 法事・年忌法要は何回忌まで?ご先祖を供養する為ではない?|仏事のいろは(浄土真宗)と暮らしの雑学

法事の回忌、法要はいつまで行う? 数え方や服装、香典など

法事 何 回忌

法事の回忌はいつまでやるもの? 故人の祥月命日のなかで、 決まった年数で行う法要のことを 年忌法要と言います。 亡くなってから満1年を1周忌、 満2年を三回忌、以降七回忌、十三回忌、 十七回忌…と続き、 三十三回忌もしくは五十回忌で 弔い上げ となるケースが多いようです。 とは言え、参列する親族も高齢化しますし、 実際には、 法要という形式で行うのは 十三回忌ぐらい迄ではないでしょうか。 以降は、法要という形式をとらず 親族が静かに供養するケースが 少なくないようです。 ただ、 家庭や地域によって、 その 習慣は大きく異なりますから 分からない場合は、詳しい親戚や お寺に相談するのが一番でしょう。 私の実家では、七回忌までは 親戚を呼んで行い、 以降は家族のみでお墓参りと 食事会という形式をとっていました。 法事の回忌にはどんな意味がある? 法事とは、 故人の霊を慰め 冥福を祈るための行事です。 冥福を祈るとは、 冥土での無事・幸福を指します。 回忌を行うことは、 故人の供養はもちろんですが、 親戚・知人が集まることで 故人が築きあげた絆を再確認 する意味もあります。 故人を思い、和やかに談笑するだけでも、 供養になるのかも知れませんね。 回忌の数え方とは? 亡くなってから満1年が1周忌、 満2年が三回忌、満6年が七回忌、 満12年が十三回忌…と続きます。 数え方は、1周忌のみが 亡くなってから1年後。 その後の回忌は、 亡くなってからの 満年数+1=回忌 と覚えておけばいいでしょう。 回忌の日取りの決め方はある? 命日に法事ができればベストですが、 実際には参列者やお寺の都合で そうもいかないことが多いでしょう。 その場合は、先送りせず 前倒しで行うというのが しきたりだそうです。 大体一か月以内で、多くは土日に決める ことが多いでしょう。 大安や仏滅といった六曜を気にする方 もいるかも知れませんが、 基本的に仏事とは関係ないことですので、 気にしなくてもいいそうですよ。 我が家の場合は、お寺から 希望日の候補を2~3聞かれ、 あとは寺から日程の通達が来ます。 半年程前には決まっているので、 予定も立てられますし、 お寺からハガキが届くので 忘れることもありません。 法事の回忌の案内状はいつごろ出せばいい? 法事の回忌の案内状は、 遅くとも1ヶ月位前には出しましょう。 相手の方の都合もありますし、 会食を手配する場合は予約の都合上 早めに確認した方がいいでしょう。 ちなみに、私は 1ヶ月半ぐらい前に 出すようにしています。 早すぎても忘れられてしまいそうですしね。 案内状の例文については、 こちらの記事を参考にしてみてください。 まとめ 法事の回忌はいつまでやるもの? 施主側も、参列者側も気になるこの疑問について• 回忌はいつまでやる?その意味とは?• 亡くなって2年で三回忌?回忌の数え方• 回忌の日取りはどう決める? といった内容で答えをまとめてみました。 回忌に対する考えは、 その家の風習や地域性が大きく影響するため 一概には言えないのが難しいところ。 この記事を参考にしつつ、 最後はローカルルールに合った やり方で回忌を行ってくださいね。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・親の急死でとにかく処分したかった ・親の遺産で不動産売却の知識がなかった ・どうやって売るか?知らなかった ・個人で売買の交渉をする自信がない など、不動産売却の知識がないために 安く買い叩かれているのが現状です。 そんな時は、 『無料の不動産一括見積もり』オススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で家・土地の値段がわかる ・自分で見積もりを取る必要がない ・信頼できる業者しかいないから安心 ・査定経験がない女性や年配の方にも親切 ・『比較』するから高額査定が期待できる また下取り相場が見れるので、 『買い叩かれる心配がない』ですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。

次の

法事・法要とは?初七日/49日/初盆/1周忌/3回忌~の基礎知識

法事 何 回忌

法事とは? 亡くなった人に対して行う供養を「追善供養(ついぜんくよう)」といいます。 法要はこの供養、つまりは僧侶にお経をあげてもらうことを指し、法要後の会食までを含む行事全般を「法事」といいます。 僧侶にお経をあげてもらうことも、その後の会食も、供養をするために親族や近親者が集まることを総称して法事と言われる方も多いのではないでしょうか。 法要と法事はそれぞれ指す事柄が異なりますが話し言葉として「法事」と言ったほうがしっくりくるような気もしますね。 関連記事: 関連記事: 忌日法要と年忌法要 法事として行われる追善供養には、亡くなってから7日ごとに行う「忌日法要(きびほうよう)」と、 何年目というふうに数えて行う「年忌法要(ねんきほうよう)」があります。 忌日法要 忌日法要は亡くなった日を含めて49日までの間、7日ごとに行われるもので、まず最初に行うのが「初七日(しょなのか)」です。 初七日は最近では葬儀と同日に行うことが増えていますので、その場合は葬儀から7日後は「二七日(ふたなのか)」法要となります。 この7日ごとに行う忌日法要は人が集まりやすい曜日に固定して行う場合が多く、 毎週土曜日なら土曜日で49日までの法要は曜日を固定して行ってもかまいません。 時間や曜日はお寺や親族と相談してできるだけ早めに周知するのがよいでしょう。 宗派やその家の事情など様々な理由で35日や49日までは7日ごとの法要を行わないという場合もあります。 100日後に行う法要 49日法要が済んだら一周忌までに「百ヶ日法要(ひゃっかにちほうよう)」を行います。 百ヶ日法要は49日の忌明け後、はじめて行われる大きな法要となりますが、親族や近親者のみで行うケースも増えています。 またこの百ヶ日法要にあわせて偲ぶ会やお別れ会といった集まりを行う場合も多く、それだけ節目となる大事な法要でもあります。 というのも百ヶ日は「卒哭忌(そっこくき)」ともいい、仏教では49日で極楽浄土へ無事に到着したと考えられ、故人が旅立ってから100日経ったのでそろそろ悲しんで泣くのは卒業しようという意味合いがあります。 「卒」は文字通り卒業、「哭」は声をあげて泣き叫ぶことを表します。 年忌法要 100日を過ぎたら行う各法要を一覧にしました。 百ヶ日 (ひゃっかにち) 故人の命日から100日目。 49日のすぐ後にあるのが百ヶ日法要です。 この頃を過ぎると結婚式など慶事に出席しても良いと考える方もいらっしゃいます。 百ヶ日は「卒哭忌(そっっこくき)」ともいい、「卒」は文字通り卒業、「哭」は声をあげて泣き叫ぶことを表し、仏教では四十九日で極楽浄土へ無事に到着したと考えられ、故人が旅立ってから100日になり、そろそろ悲しんで泣くのは卒業しようという意味合いがあります。 一周忌 (いっしゅうき) 満1年目で、亡くなった翌年をいいます。 のし紙に記載する際などに「一回忌」と間違われることもありますが、一回忌は葬儀のお勤めのことを言います。 というのも、数え年と同じ数え方をするためで、亡くなった年が「1」とされるからです。 一周忌にあたる翌年のお勤めは、いうなれば二回忌となりますが、亡くなってから一年経った、つまり一周したということから「一周忌」という表現になっており、周忌と表現するのはこの時のみとなっています。 三回忌 (さんかいき) 満2年目 七回忌 (ななかいき) 満6年目。 この七回忌の頃から法要の規模を縮小していき、遺族や親族のみで行う場合が多いです。 十三回忌 (じゅうさんかいき) 満12年目 十七回忌 (じゅうななかいき) 満16年目。 地域や家々によっては省略する場合もあります。 二十三回忌 (にじゅうさんかいき) 満22年目。 地域や家々によっては省略する場合もあります。 二十七回忌 (にじゅうななかいき) 満26年目。 地域や家々によっては省略する場合もあります。 三十三回忌 (さんじゅうさんかいき) 満32年目で、弔い上げ(とむらいあげ)とも言われており、一般的にはこの弔い上げをもってそれ以降の法要はせず、年忌法要は終了とするということになります。 仏教の世界では33年経てば、どんな人でも無罪となり極楽浄土へ行くことができると考えられており、この三十三回忌をもって亡くなった個人としてではなく、先祖の霊として祀られるようになります。 地域や家々によっては、五十回忌を弔い上げとする場合もあります。 三十七回忌 (さんじゅうななかいき) 満36年目。 地域や家々によっては省略する場合もあります。 四十三回忌 (よんじゅうさんかいき) 満42年目。 地域や家々によっては省略する場合もあります。 四十七回忌 (よんじゅうななかいき) 満46年目。 地域や家々によっては省略する場合もあります。 五十回忌 (ごじゅっかいき) 満49年目で、三十三回忌を弔い上げとしなかった場合は、この五十回忌を弔い上げとします。 この時、五十回忌の法要ができた、つまりはその家や子孫の繁栄を表す証のようなものであり、めでたいと捉えることから、のしの水引を紅白にする地域もあります。 この場合の水引は「結びきり」となりますが、通常お祝い事に使用されるものとは違い、水引の右上にある「熨斗」が無いものを使用しましょう。 五十回忌とは 五十回忌とは故人の没後49年目の祥月命日のことで、三十三回忌を弔い上げとせず四十七回忌まで法要を続けて来られた場合は、この五十回忌を最後に弔い上げとし、これをきかっけに寺院へ永代供養をお願いします。 故人の死から49年にもなると、故人をよく知る人は少なっている場合が多いですが、親族などが集まる最後の法要となりますのでできる限りたくさんの親族を集めて行われる傾向にあります。 五十回忌は「最後の仕上げ」といってもいいでしょう。 故人の死後49年が経過しても親類が集まり法要を営むということは「その家や子孫の繁栄を表す」と考えることなどからもにぎやかで盛大に行われるケースが多くあります。 法要の後は会食の席を設けるのが一般的で、こちらもできるだけ多くの親族に法要後の会食の席まで参加してもらい賑やかにかつ盛大に行います。 五十回忌までの法要は家族のみで小規模で行ったり、中には法要自体を省略することがあったとしてもこの弔い上げとなる五十回忌は大勢の親族と盛大な会食で締めくくる場合が多いです。 のし紙は紅白? 行事としては「仏事」である年忌法要では、粗供養や参列者への引き物の品物に掛けるのし紙は通常であれば「黒白」や「黄白」などの仏事用を使用します。 しかし、五十回忌法要の場合は仏事用ではなく「紅白」の水引ののし紙を使う地域もあります。 これは弔い上げとなる五十回忌法要ならではの習わしです。 家や親族など絶えることなく続く繁栄の象徴である五十回忌法要では「無事に五十回忌まで勤め上げた」ということでおめでたい一面もあるといえます。 お寺への引き物は必要? 僧侶の分の引き物をお布施とは別に用意するケースがほとんどですが、お布施を少し多めにして別途引き物は用意しないという場合もあります。 僧侶へのお布施などの待遇や、のしの水引や五十回忌の営み方などについては地域や宗派で異なりもありますのでお寺や親族と相談して決めるのがよいでしょう。 何回忌まできっちり法要を営む? 回忌ごとにきっちりと抜けることなく法要を営むのが理想ですが、昨今では七回忌もしくは十三回忌までは法要をし、その後は三十三回忌まで省略するというケースも増えています。 また、最後の法要とする弔い上げも五十回忌ではなく三十三回忌にするということもめずらしくありません。 遺族間やお寺と相談してできる限りの供養をしましょう。 弔い上げ(とむらいあげ) 三十三回忌または五十回忌を最後とし、これ以上年忌法要を行わないことをいいます。 両親などが亡くなり33年も経つとその子供も高齢となって 年忌を続けることが難しくなるところから区切りとして年忌を打ち切ることをいいます。 祥月命日(しょうつきめいにち) 故人が亡くなった月日と同じ月日のことで、祥月は故人が亡くなった月をいい、命日は亡くなった日でえすので死亡した月日を祥月命日といいます。 法要を行うにあたり遺族は出席者に対して供養のしるしとして引き物を用意します。 また、法要に参加しなくてもお供え物を頂いている方にも供養のしるしにお返しを贈るとよいでしょう。 こちらもぜひご覧ください: 法要に参加した方には持ち帰ってもらうため直接感謝の言葉を伝えられますが、事情によりお返しの品を宅配する場合は礼状を添えるとより丁寧です。 礼状などは引き物を購入するお店に依頼すると用意の手間も省けるのでおすすめです。 とても親身になって挨拶状や礼状などの文章をご提案くださったお店を参考までにご紹介させて頂きます。 私の場合は香典返しで利用した際の印象がよかったので法事など弔事関連でのギフトが必要な時にはこちらのお店にお願いすることにしています。 商品は正直どちらのお店でも代わり映えはしないですが、挨拶状や礼状といった自分では用意が難しいなと思うものも状況に合わせてご提案下さるので非常に助かっています。 しかも商品を買ったら礼状などの印刷物は無料なのが嬉しいですね。 無料なのにきちんと文章の校正もして頂けるので本当に安心してお願いできます。 五十回忌まで法要を続けられることはとても素晴らしいことだと捉えても間違いではありません。 gifcon2 日本には様々な行事があり、そのすべてに"マナー"が存在していることはお気づきでしょうか? 誰が決めたとも分からない、この暗黙のルールのようなマナーについて、2005年から約10年間ギフト業界で企画・販売などを経験し、現在はその知識を元に主に冠婚葬祭の贈答マナーについてアドバイザーとして活動しております。 当ブログでは、特に振る舞いなどに配慮が必要な「弔事」における今さら聞けない一般常識をケース別にご紹介しています。 決してマナーに囚われすぎるのではなく、突然の出来事にも臨機応変に「大人の対応」ができる常識人を一緒に目指していきましょう。 com.

次の

法要はいつまで? 法事はいつまで? 法要・法事・回忌

法事 何 回忌

回忌の数え方・計算の仕方 年忌法要の呼び名の「回忌」とは、亡くなった命日からの数え方です。 まず亡くなってから満1年経つと一周忌といいます。 その次は二周忌となりますが、2年目以降は亡くなってからの年数に「1」を加えて「回忌」と呼びます。 つまり 「三回忌」は、亡くなってから満2年目のことをいいます。 その後は主に3と7が付く年に年忌法要を行います。 年忌法要での服装は? 遺族や親戚など故人に近い場合は、 三回忌までは基本的にはお通夜や葬式と同じく喪服を着用するのが一般的です。 七回忌からは親族のみで行われる場合が多く、案内状にも「平服でお越しください」と書かれている事もあります。 しかし法要でいう平服とは普段着の事ではなく、略喪服の事なので注意が必要です。 略喪服とは ダークグレーや紺などのシックな色合いの服装の事で、男性は無地か柄の少ないスーツ、女性は無地に近い織り柄、チェック、ストライプなどのワンピースやアンサンブルになります。 十三回忌以降もカジュアルな格好はふさわしくなく、特に僧侶を呼んで読経をしていただく場合などは失礼にならない程度の服装で参加しましょう。 年忌法要の香典の相場は? 香典の相場は故人との関係性によって決まっており、多ければ良いというものではありません。 一周忌と三回忌では、故人が両親か兄弟の場合は1~5万円、祖父母の場合は5千~3万円、叔父や叔母、甥や姪の場合は5千~1万円とされています。 その他の親戚や友人、仕事関係者などは3千~1万円が相場です。 七回忌以降は親族のみで行われる事が多く、一周忌や三回忌と比べ、半分~7割程度の金額が相場とされています。 また法要の後に 食事がある場合は、5千~1万円を上乗せして包むのが一般的です。 回忌法要の食事はどのようにふるまう? 回忌法要の後の食事は「お斎(おとき)」と言い、施主が参列者を招待して行います。 参列者や僧侶に感謝の思いを示すものであり、故人を偲ぶ目的もあります。 僧侶によってはお斎に参加されない方もいますが、その場合は「御膳料」をお包みするのが通例です。 お斎では精進料理を出すのが正式な形でしたが、最近ではホテルでのお斎も増えてきています。 ただし鯛などお祝い事のイメージがある料理は不向きなので、事前にお斎で利用する旨を伝えてメニューは確認しておきましょう。 お斎が終わる時間になったら、引き出物と呼ばれる返礼品を参列者のお膳の前に配っていきます。 配る場合は最初に僧侶に渡しますが、人数が大勢の場合は初めからお膳の横に置いておくのもマナー違反ではありません。 回忌法要のお布施はいくらくらいが相場? 法事の回忌法要のお布施の相場としては、 一周忌で3万~5万円、三回忌以降は1万~3万円とされています。 ただしあくまでも相場であり、宗派や地域によっては異なる場合があるので、失礼がないように他の檀家さんなどに聞ける場合は事前に聞いておきましょう。 また、可能であれば僧侶に聞いてしまうのが確実となります。 ただし直接聞いても「お気持ちで結構です」と言われてしまうので、「他の方はお布施をどれくらい包まれていますか」と聞くと金額を教えてもらいやすいです。 回忌法要をお寺の本堂ではなく、別の式場や自宅に僧侶を呼んで行う場合は、お布施とは別にお車代として5千~1万円を一緒に包む事もあります。 回忌法要の返礼品ののしや包装紙は? 法事の当日に参列者に渡す返礼品、引き出物にはのしを付けますが、のしの種類を何回忌によって使い分けることがあります。 一周忌までは黒白か双銀の結び切り、三回忌以降は青白か黄白の結び切りの水引を使います。 のしの表書きは「志」または「粗供養」としますが、特に志はどの宗派でも使える場合が多いのでよく用いられています。 品物の包装紙は白や黒、グレーなどが多いですが、落ち着いた色調の青や緑のものでもマナー違反ではありません。 包装紙に柄が入っている場合は、菊の模様などのシンプルな柄のものを選びましょう。 まとめ ・「回忌」の数え方は、亡くなってからの年数に「1」を加えた数。 ・末尾に「3」と「7」の付く回忌に大きな法要が行われることが多い。 ・最後の年忌法要を終えると「弔い上げ」となり永代供養となる。 ・回忌法要では、親族だけで行う場合でも供養に適した服装を心がける。 ・回忌法要では、故人との思い出などを話し合って偲ぶ気持ちを持つ事が大切。

次の