ギガノーカウント使用料。 ギガノーカウント使用量って!?ソフトバンクのウルトラギガモンスター+に変更!│イーブロ

ドコモの「ギガホ」とソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」特徴や月額料金の違いを徹底比較!

ギガノーカウント使用料

ソフトバンクから2020年3月12日より、新しい料金プランとして「メリハリプラン」が提供開始されました。 メリハリプランは、 月間50GB分のデータ量が利用できる上に、対象の動画とSNSはギガノーカウント(データ量を消費しない)という 特徴があります。 そして、いよいよ3月27日、2機種の5G対応スマートフォンとともに、ソフトバンクの5Gサービスが開始されます。 その 5Gの対応主要プランとしても、メリハリプランは選ばれています。 本記事では、メリハリプランの詳細について確認します。 関連記事:「」 目次• メリハリプランの概要 ソフトバンクの「 メリハリプラン」は、2020年3月12日に提供開始された料金プランです。 メリハリプランのサービス内容は、毎月50GBまで利用できるデータ容量に加えて、対象の動画サービスやSNSが使い放題となる「動画SNS放題」の対象サービスが利用でき、各種割引により最安3,480円~利用できる仕組みです。 ちなみに、50GBを超過した場合、請求月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに低速化されますが、追加データを購入することで速度制限されずに高速通信を利用することが出来ます。 メリハリプランではこれに加えて 「動画SNS放題」の対象サービスの利用分を含めた月間のデータ使用量が2GB以下の場合、自動的に1,500円割引となり、最安1,980円~利用できるという点が新たに追加されています。 ただ、月間2GB以下のデータ利用量だと自動的に1,500円割引になるという点は魅力的ではあるものの、 「動画SNS放題」の対象サービスの利用分を含めた月間のデータ使用量が2GB以下のみ対象という点は要注意です。 例えば、動画SNS放題の対象サービス以外のデータ利用を1GB程度で収めたとしても、動画SNS放題で5GB程度利用してしまうと、データ量カウントは合計6GBとなり、この場合は2GB以下の1,500円割引の対象にはならず、割引されません。 どうにか2GB以下の割引を受けたいと意識してしまうと窮屈な印象をうけますが、そう考えるよりも動画SNS放題のメリットを思いっきり生かして利用する方が良いでしょう。 メリハリプランの料金 ここからは、メリハリプランの具体的な料金について確認します。 この2つを組み合わせた総称が「 メリハリプラン(計7,480円)」です。 メリハリプラン(計7,480円)をベースとして、 動画SNS放題の対象サービスを含む月間データ利用量が計2GB以下であれば1,500円割引されます。 ここまでは、ユーザーの契約状況に関係なく、メリハリプランを契約する全ユーザー共通です。 さらに、ここから契約状況に応じて 3種類の割引が適用されます。 新規契約または機種変更を条件として毎月1,000円を最大半年間割引する「 半年おトク割」• ソフトバンク光またはソフトバンクエアーとセット契約することで毎月1,000円割引する「 おうち割 光セット」• これらを合計して、メリハリプランで動画SNS放題の対象サービスを含む月間データ利用量が計2GB以下かつ各種割引を全適用した場合に最安1,980円~利用でき、2GBを超過した場合は最安3,480円~利用できる仕組みです。 メリハリプランで使い放題対象になる動画・SNSサービスについて メリハリプランは、毎月のデータ量を50GBまで高速通信で利用できることに加えて、 対象の動画・SNSサービスであればギガノーカウント、つまり「使い放題」となります。 メリハリプランにおけるギガノーカウント(データ量を消費しない)対象サービスは、 YouTube、Amazon Prime Video、AbemaTV、TVer、GYAO! 、kurashiru、Hulu、スタディサプリ、スタディサプリ English、LINE、Twitter、Instagram、Facebook、TikTokの全14サービスです。 ウルトラギガモンスター+と全く同じですね。 上記14サービスは現時点のものですが、今後も使い放題対象サービスが順次追加・変更される予定です。 動画SNS対象サービスでも使い放題対象外に注意! メリハリプランは対象の動画やSNSが使い放題となるのがメリットではあるものの、 動画SNS放題対象サービスであるにも関わらず「動画SNS放題」の対象外、つまりギガ消費されるケースがある点には注意しておきましょう。 使い放題の対象サービスにおいてデータ量カウント(ギガ消費)されるケースは以下の通りです。 一般的な利用であれば、ほぼギガノーカウントで利用できそうです。 しかしながら、 YouTubeのライブ配信投稿や、LINEの音声通話/ビデオ通話が対象外通信になるのは非常に注意が必要です。 また、 Wi-Fiとモバイルデータ通信(4G・3G)の同時接続及び接続切り替えが発生した場合もデータ量がカウントされます。 例えば、街中を歩きながらYouTubeを見ていたら、知らぬ間にフリーWi-Fiに接続されてしまったらデータ量カウント対象となってしまいます。 移動しながらギガノーカウントの対象サービスを利用する時は、Wi-Fiの設定をオフにしたまま利用しておくと良いでしょう。 もしも現在、「iPhone基本パック」「スマートフォン基本パック」「ケータイ基本パック」「ケータイ基本パック for 4G ケータイ」のいずれかに加入しているユーザーが、「定額オプション+」または「準定額オプション+」に申し込む場合、各種「基本パック」の継続利用はできません。 メリハリプランは、2年契約なし!解約金なし! ソフトバンクでは、2019年9月13日以降に提供開始している料金プランを2年契約なし、解約金なしの料金体系で提供しています。 ソフトバンクの「メリハリプラン」もこれと同じく、 2年契約の縛りや解約時の負担金も発生しません。 もし、現在2年契約や解約金ありの料金プランを契約中のユーザーは、メリハリプランへ変更して2年契約と解約金がないプランへ切り替える、という選択肢もありだと思います。 ただし、現在「 月月割」を適用中のユーザーは少し注意が必要です。 旧2年契約プランから2年契約の概念がないメリハリプランへ変更した場合、「月月割」が終了してしまうため、かえって割高になる可能性があります。 現在、月月割が適用中の場合は、料金総額やサービスの内容を確認しながらメリットを感じればメリハリプランへ、そうでなければ現状維持という選択が良いでしょう。 メリハリプランへ変更したらいつから適用されるのか? ソフトバンクで新規契約(MNP乗り換え含む)をした場合、選択したメリハリプランは利用開始当日から適用され、最初の利用料もそのプランで日割り請求されます。 一方、すでにソフトバンクで他のプランを利用中の方が、新しくメリハリプランへ変更する場合、 毎月の請求締め日によってメリハリプランの適用日が異なります。 請求締め日ごとの適用日は以下の通りです。 請求締め日 プラン変更申し込み日 変更後プラン適用日 毎月10日 当月11日 ~ 翌月10日の間 翌月11日から開始 毎月20日 当月21日 ~ 翌月20日の間 翌月21日から開始 毎月末日 当月1日 ~ 当月末日の間 翌月1日から開始 基本的にはプラン変更手続きを行なった翌 請求月の開始日0時 からの適用ですが、 請求締め日の21時頃以降にwebなどで申し込んだ場合は、翌々 請求月からの適用となる場合があるので要注意です。 プラン変更時は、My SoftBank 画面に表示される適用開始日を必ず確認しましょう。 メリハリプランの通信速度制限について ソフトバンクは、メリハリプラン利用時における通信速度制限について以下の通りに定めています。 一定期間内に著しく大量の通信を継続的に行い、機械的な通信と当社が判断した場合は、通信速度を制限することがあります。 一般的な使い方であれば、大きく制限されることは少ないでしょうが、普段からスマホで動画やゲームなどをよく利用するユーザーは、速度制限がかかってしまう可能性はゼロではないかもしれません。 メリハリプランでテザリング利用してもギガノーカウントなのか? テザリングとは、スマートフォンやタブレット(親機)にパソコンやゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)を接続することで、ソフトバンクの通信サービスエリア内であればLAN回線がない外出先でも、それらの外部機器でインターネットを利用できる仕組みのことです。 メリハリプランの、 動画SNS放題のギガノーカウント対象のコンテンツについて、 テザリングを利用してパソコンやタブレットで利用した場合にも対象になるのかが気になる方もいらっしゃると思います。 その答えとしては、 全く問題なく対象になります。 つまり、 メリハリプランを契約したスマホから テザリング接続でパソコンやタブレットを繋ぎ、対象の動画やSNSを長時間視聴しても、データ容量にはカウントされませんので安心です。 ただし、メリハリプランでテザリングを利用する為には月額500円の「 テザリングオプション」へ加入する必要があります。 メリハリプランのメリットとデメリット ここからは、メリハリプランのメリット、デメリットについて考えてみます。 メリット デメリット• 毎月50GBたっぷり使える• 対象の動画とSNSが使い放題なのは嬉しい• 動画SNS使い放題対象サービスを含めて月間2GB以下でおさまると1,500円割引される• 動画SNS対象サービスを含めた月間データ量2GB以下の割引はハードルが高い• 通話オプションの割高感• 対して、メリハリプランのメリットは、毎月50GBたっぷり使えること、動画SNS使い放題対象サービスはギガノーカウント(データ量消費しない)となること、対象サービスを含めた月間データ量が2GB以下だと1,500円割引されることが挙げられます。 メリットやデメリットに関しては、実際に利用するユーザーの契約状況や環境によって印象が異なるため、良し悪しを簡単に判断することは出来ません。 公式: メリハリプランとソフトバンク光をセット契約してオトクに使いたい ここまで確認した通り、メリハリプランは 使い放題対象サービスを含めた月間データ量を2GB以下に抑えると1,500円割引されます。 そもそも、メリハリプランは対象サービス使い放題に加えて50GBも使えるプランですから、対象データ量が2GB以下でおさまるというケースは珍しいかもしれません。 とは言え、利用状況によっては一時的にデータ量を使わない月があり、2GB以下でおさまるという場合もあるかもしれません。 毎月のデータ量を節約するために抑えておきたいポイントは、 本体設定の見直しと Wi-Fi環境の見直しの2点です。 手順としては、まずは本体設定の見直しを試してみて、それでもデータ量を抑えられない場合はWi-Fi環境を見直すというイメージです。 本体設定の見直しについては、案外知っているようでなかなか気づきにくいポイントがいくつもあります。 私はiPhoneを利用しておりますが、試しに細かく設定して幾分かデータ量消費を抑えることができました。 Wi-Fi環境を整えるのであれば、迷わずソフトバンク光を活用したいところです。 ソフトバンク光は、最大通信速度1Gbps(エリアによっては最大10Gbps)で利用できる固定インターネットサービスで、 利用料金は集合住宅タイプだと2年自動更新プランで毎月3,800円~、戸建て向けタイプだと2年自動更新プランで5,200円~です。 さらに、メリハリプラン契約者はソフトバンク光をセットで利用すると、 おうち割 光セットの適用で1回線あたり毎月1,000円割引されます。 つまり、 メリハリプラン契約者はソフトバンク光でWi-Fi環境を整えることで、おうち割 光セットで毎月1,000円割引が確実に適用され、なおかつ使い放題対象サービスを含めた月間データ量を2GB以下に抑えた場合は1,500円割引され、1回線あたり合計2,500円割引される可能性が広がります。 特に現在、他社インターネットを利用中の方・またはインターネットを利用していない方は、ソフトバンク光へ乗り換えてメリハリプランとセットで契約し、オトクにネット使い放題の環境を整えましょう。

次の

ウルトラギガモンスター+(2018年9月6日~2019年9月12日)

ギガノーカウント使用料

エンタメフリー機能を「オフ」に設定している場合• 公式アプリ以外での利用• 複数台・複数アプリでの同時視聴(同時に1サービスまでの視聴が対象のため)• 対象サービスのコンテンツ事業者が提供する公式アプリ以外による再生、ブラウザ上の再生• 対象サービスのWEBサイト上またはアプリ上での検索、画像、広告等の表示、SNS等への投稿など、動画・音声の再生以外にかかる機能• VPN (Virtual Private Network)、プロキシサーバを介した通信• 動画、音楽などのコンテンツのアップロード• エンタメフリー対象サービスからの外部リンクへの接続• 端末・サービス提供事業者側のソフトウェア・コンテンツ・ネットワークなどの更新に伴い対象サービスが識別不能となった場合 2020年7月1日~2020年8月31日まで音声通話SIMと同時に申し込みで「エンタメフリー・オプション」が最大6ヶ月無料 (加入月を含む6ヶ月間無料)になるキャンペーンを展開しています。 オプション付帯の無い状態の3GB以上のプランは3GB~30GBまでがありますが、料金表は以下のような形になっています。 エンタメフリー・オプションはオプションサービスなので 以下の料金にそれぞれ480円(音声通話SIMの場合)、または980円(データSIMの場合)を加算する形になります。 tv、グランブルーファンタジー スカイコンパス、GameWith、サイコミ、niconico、Video Market、ファミ通. GooglePlay カウントフリーオプション対象ゲーム・コンテンツ・SNSのアプリのダウンロード、アップデート、決済に関する通信量のカウントが対象となります。 詳しいコンテンツにつきましては、 でご確認ください。 niconico 以下のものがカウントフリーオプション対象となります。 N-airを用いたニコニコ生放送の通信 LinksMate リンクスメイトwebサイトへのアクセスが対象• 公式アプリ・サイト以外を用いて対象のゲームやコンテンツ、SNSをご利用いただいた場合、カウントフリーオプションの対象外となることがあります。 公式アプリ・サイト以外を用いて投稿された動画・画像は、カウントフリーオプションの対象外となることがあります。 サーバーを介さず、端末間で直接通信 P2P通信 が発生してしまうコンテンツについては、機械的および自動的に通信の識別が出来ないため、カウントフリーオプションの対象外となります。 対象のゲームやコンテンツ、SNSで使用されている外部リンクや外部サーバーへの接続はカウントフリーオプションの対象にはなりません。 VPNやプロキシサーバを介した通信はカウントフリーオプションの対象にはなりません。 日本以外の海外向けに限定しているゲーム・コンテンツ・SNSはカウントフリーオプションの対象にはなりません。

次の

ソフトバンクのウルトラギガモンスターはテザリングに要注意

ギガノーカウント使用料

Contents• 動画SNS放題とは何か? 初めに、ウルトラギガモンスター+というのは毎月データ容量が50GB使えるプランとなっており、それだけでもたっぷりとデータ量が使えます。 しかし、今回はそれだけではなく、「あの動画サービスも、あのSNSも、データ消費されません。 」というのです。 その気になるサービスは、YouTube、AbemaTV、TVer、GYAO! こちらがなんとデータ消費されず、ギガノーカウント(使い放題)となっているのです。 通学・通勤時にYouTubeを見ている方、長編映画やドラマをよく観る方、速度制限に悩むことはもうありません! 対象外のサービス 現時点はNetflix、Amazon Prime、は対象外のようです。 しかし、今後追加される可能性もあります。 また、ギガノーカウント対象サービスだとしても、サイト内の一部にアクセスすると通信量が発生することもありますが、この点についてはあまり気にする必要はありません。 ギガ使い放題キャンペーン! 期間限定ではありますが、2019年9月30日までに「ウルトラギガモンスター+」に加入すると、以下の期間まで国内での全てのアプリやサービスにかかるギガがノーカウントとなります(ギガ使い放題キャンペーン)! 本キャンペーンは2019年9月30日までに「ウルトラギガモンスター+」にご加入された方が対象となり、以下の時期をもって適用を終了します。 終了後、ギガノーカウントの対象は指定サービスのみとなります。 請求締日が10日のお客さま:2019年10月10日まで• 請求締日が20日のお客さま:2019年10月20日まで• ウルトラギガモンスター+• データ定額50GB+:5,980円• 通話基本プラン:1,500円 ウルトラギガモンスター+は、データ定額と通話の基本料金(月額7,480円)がベースになります。 ちなみに最安3,480円の内訳は、この基本料金に光のセット割や家族割、端末購入時の割引などが適用されることで実現しています。 ただし、「通話基本プラン(月額1,500円)」の場合、端末購入時の割引「月月割」は適用されませんので、高額なスマホやiPhoneだと料金が高くなる場合があります。 2年契約なし(月額4,200円)の場合、月月割は適用されますが、2,700円も高くなるので、月月割が適用されないのと実質的には同じです。 おうち割 光セット SoftBank 光やSoftBank Airなど、自宅のインターネットをスマホをセットにすることで利用料金が割引になります。 利用者だけでなく、その家族の方にも毎月-1,000円割引が適用されます。 みんな家族割+ 2018年9月6日より、「みんな家族割」は「みんな家族割+」に名称が変更されました。 家族といっても遠くに住んでいる親戚、同居中の恋人、シェアハウスの友人までもが対象となります。 割引金額は、1人は割引ナシ、2人なら-500円、3人なら-1,500円、4人以上なら-2,000円が毎月割引になります。 デメリット 確かに全ての条件を満たすことでお得な「ウルトラギガモンスター+」ですが、注意点やデメリットもあります。 まず、端末購入時は「月月割」が適用されないので、購入する機種によっては高額になることもあります。 例えば、iPhone X(256GB)の端末代金は149,280円です。 24回払いだと月々6,220円の負担になりますので、仮に1年おトク割で最大12,000円割引になっても、結構な金額になります。 基本料金:7,480円• 合計(税込):13,218円 最近では、端末代金が高額になっている傾向があります。 これから発売される最新iPhoneなどを狙っている方は注意ですね。 どうやって家族全員ソフトバンクにまとめるか?そして、購入する端末代金をどれだけ安く抑えるか?が重要ですね。 iPadやタブレットを子回線として契約することで、2台で50GBまで使えます。 「ギガ使い放題キャンペーン」も適用されるため、キャンペーン期間中であればiPadやタブレットも使い放題になります。 スマホやタブレットが家でも外出先でも無制限で使用できるのは、とてもありがたいですね。 キャンペーンが終了しても50GBもあれば、満足できるのではないでしょうか。 テザリングオプションは月額500円で、ノートパソコンやWi-Fi専用のiPadやAndroidタブレット、またゲーム機などのネット接続が可能になります。 もちろん、「ギガ使い放題キャンペーン」も適用になります。 しかも、通話基本プラン(2年契約なし)で新規契約すれば「USIM単体専用割」が適用されるため、3,000円(税抜)最大24ヵ月間割引になります。 通話基本プラン(2年契約なし):月額4,200円• データ定額50GB+:5,980円• 合計:7,180円 「2年契約なし」のため、契約に縛られることもなく、いつ解約しても解約金は発生しません。 まとめ 他社では、使った分だけ請求されるプランも提供されている中で、ソフトバンクの新プラン「ウルトラギガモンスター+」は今までにない画期的なサービスです。 普段、あまりデータを使わないと思っている方であっても、最近は、Instagramアプリを開けば動画投稿が多かったり、動画配信サービスは旅行などの外出先では我慢していたということはありませんか? 月額3,480円〜で50GBも使えるこの機会に、是非ご家族で新プランへの加入をオススメします! ソフトバンク:.

次の