ポラプレジンク od 錠 75mg サワイ。 ポラプレジンク:プロマック

ポラプレジンク:プロマック

ポラプレジンク od 錠 75mg サワイ

プロマックDの成分 プロマックDの有効成分は「ポラプレジンク」という 亜鉛と L-カルノシンがくっついた(錯体)薬剤です。 亜鉛の作用 亜鉛は生体の必須微量元素で 創傷治癒促進作用、抗潰瘍作用、抗炎症作用等様々な生理活性があります。 L-カルノシンの作用 Lカルノシンには、 組織修復促進作用、 免疫調節作用、 抗炎症作用といった効果があります。 プロマックの亜鉛含有量 プロマックD1錠中にはポラプレジンクが75㎎含有 ( 亜鉛16. 9mg含有) プロマック顆粒15%1g中にはポラプレジンクが150㎎含有 ( 亜鉛33. 9mg含有)されています。 プロマックDの効能・効果 厚生労働省から承認を受けている効能・効果は 「胃潰瘍」 のみとなっています。 味覚障害は保険適応外処方 プロマックの適応が胃潰瘍のみですが、味覚障害でも保険で処方できることが認められています。 原則として、「ポラプレジンク【内服薬】」を「味覚障害」に対して処方した場合、当該使用事例を審査上認める。 引用元 医薬品の適応外使用に係る保険診療上の取扱いについて 保医発0928第1号 口内炎にも使われる? 亜鉛には潰瘍を修復させる作用があるため、口内炎が長引くケースなどで使用されることがあります。 口内炎については保険適応外となっています。 プロマックD錠の飲み方 プロマックD錠は口の中で溶ける薬のため、そのまま口の中で唾液で溶かしても水で飲んでもどちらでも大丈夫です。 顆粒の場合はそのまま水で服用します。 プロマックの副作用 主な副作用は発疹等の過敏症状0. 12%、便秘0. 22%、嘔気0. 12%で、臨床検査値では、AST(GOT)上昇0. 44%、ALT(GPT)上昇0. 68%、Al-P上昇0. 44%、LDH上昇0. 27%、好酸球増多0. 27%、トリグリセライド上昇0. 17%がメーカーの実験で報告されています。 銅欠乏症になる理由ですが、亜鉛は銅の吸収を妨げるからです。 プロマックDを通常量服用するなら問題ないかと思いますが、栄養状態が不良な場合や、過剰に服用する場合は「銅欠乏症」になる可能性が高くなりますので注意が必要です。 低亜鉛血症にノベルジン錠が保険適応可能 生体内の亜鉛が不足する「亜鉛欠乏症」に2017年3月に保険適応をとったのが ノベルジン錠(一般名: 酢酸亜鉛水和物)です。 亜鉛欠乏症によって主に下記のような症状が現れます。 食欲低下、発育障害、皮膚症状、脱毛、性腺機能不全、性腺発育障害、創傷治癒遅延、易感染性、味覚低下、異食症、情緒不安定、運動失調、貧血、汎血球減少、低アルブミン血症、慢性下痢、免疫機能障害、神経感覚障害、認知機能障害 ノベルジン錠は ウィルソン病という銅の排泄障害の治療薬として使われておりますが、有効成分に亜鉛を含有することから「低亜鉛血症」の保険適応が追加になりました。 ノベルジン錠には25mgと50mgの規格があり、亜鉛は25mg、50mg含まれています。 スポンサーリンク• カテゴリー• 4 こんにちは。 現役薬剤師Yu(ユー)です。 2006年に京都薬科大学薬学部を卒業し、薬剤師免許を取得後、調剤併設ドラッグストアと調剤薬局にて勤務する現役薬剤師です。 健康食品や市販薬、内科、整形外科、皮膚科、小児科、在宅医療まで幅広く患者さんと関わってきました。 「一人の患者さんが抱える薬の疑問は、みんなが抱える疑問かもしれない」 私が薬剤師として活動する中で、患者さんに聞かれたことや、患者さんが知っておく必要があると思った情報をまとめるためにサイトを立ち上げました。 最近は患者さんだけでなく、ヘルパーさんや看護師さんなど医療従事者の方も薬の勉強のために閲覧をいただいております。 「薬に関わる疑問を少しでも解消したい。 」 そのような思いで日々サイトを磨いてまいります。 まだまだ成長過程の薬剤師ですが、一人でも多くの方がこのサイトがあってよかったと思っていただるように自分の抱える知識を発信してまいります。 スポンサーリンク.

次の

ポラプレジンク:プロマック

ポラプレジンク od 錠 75mg サワイ

副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 2).失神、意識喪失:血圧低下に伴う一過性意識喪失等が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 2.その他の副作用(頻度不明) 1).過敏症:発疹、そう痒感、蕁麻疹、多形紅斑[発現した場合には、投与を中止する]。 2).精神神経系:眩暈・ふらつき、頭痛・頭重、倦怠感、眠気、耳鳴、しびれ感、振戦、味覚異常、頭がボーッとする。 3).循環器:立ちくらみ、低血圧、動悸、ほてり、不整脈(期外収縮、心房細動等)、頻脈。 4).消化器:胃部不快感、下痢、便秘、口渇、嘔気、嘔吐、膨満感、腹痛。 6).血液:血小板数減少。 7).眼:霧視、術中虹彩緊張低下症候群(IFIS)、色視症。 8).その他:浮腫、尿失禁、悪寒、眼瞼浮腫、肩こり、鼻閉、勃起障害、女性化乳房、胸痛。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (慎重投与) 1.肝機能障害のある患者[健常人に比し、最高血漿中濃度が約2倍、血漿中濃度曲線下面積が約4倍に増加したとの報告がある]。 2.重篤な心疾患のある患者(使用経験がない)。 3.重篤な脳血管障害のある患者(使用経験がない)。 4.ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤服用中の患者。 (重要な基本的注意) 1.起立性低血圧が現れることがあるので、体位変換による血圧変化に注意する。 2.本剤の投与初期又は用量の急増時等に、起立性低血圧に基づく眩暈、立ちくらみ等が現れることがあるので、高所作業、自動車の運転等危険を伴う作業に従事する人には注意を与える。 3.本剤投与開始時に降圧剤投与の有無について問診を行い、降圧剤が投与されている場合には血圧変化に注意し、血圧低下がみられたときには、減量又は中止するなど適切な処置を行う。 4.本剤による治療は原因療法ではなく、対症療法であることに留意し、本剤投与により期待する効果が得られない場合には手術療法等、他の適切な処置を考慮する。 5.本剤は口腔内で崩壊するが、口腔の粘膜からは吸収されることはないため、唾液又は水で飲み込むよう指導する。 (相互作用) 併用注意: 1.利尿剤、降圧剤[降圧作用が増強する恐れがあるので、減量するなど注意する(本剤及び併用薬の降圧作用が互いに協力的に作用する)]。 2.ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤(シルデナフィルクエン酸塩、バルデナフィル塩酸塩水和物等)[併用により、症候性低血圧が現れる恐れがある(これらは血管拡張作用による降圧作用を有するため、併用により降圧作用を増強する恐れがある)]。 (高齢者への投与) 高齢者では低用量(例えば12. (適用上の注意) 1.薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 2.服用時: 1).本剤は舌の上にのせ唾液を浸潤させ舌で軽くつぶすことにより崩壊するため、水なしで服用可能である(また、水で服用することもできる)。 2).本剤は寝たままの状態では、水なしで服用させない。 (その他の注意) 1.類似化合物(プラゾシン塩酸塩)で腎及びその他の動脈狭窄のある高血圧、脚部及びその他の動脈瘤のある高血圧等の血管障害のある高血圧患者で、急性熱性多発性関節炎がみられたとの報告がある。 また、マウスに同用量を77週間経口投与した結果、対照群に比し血清プロラクチンが上昇したとの報告がある。 (保管上の注意) 開封後防湿。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

プロマック(ポラプレジンク)の作用機序:胃潰瘍治療薬

ポラプレジンク od 錠 75mg サワイ

ポラプレジンク(商品名:プロマック)の作用機序 潰瘍が起こるには、胃酸の関与が重要になります。 胃酸は強力な酸であり、金属を溶かすほどの液体です。 この作用により、食物中の細菌を殺すことができます。 それと同時に、 胃酸はその強力な作用から胃そのものまで傷害してしまいます。 ただし、胃酸によって胃が傷害されるのは不都合です。 そこで、胃酸からの攻撃から守るために胃には粘液が分泌されています。 これにより、胃酸が胃の中に存在していたとしても、炎症が起こらないようになっています。 胃酸は攻撃因子と呼ばれ、粘液は防御因子と呼ばれます。 正常な状態であると、これら攻撃因子(胃酸)と防御因子(粘液)のバランスが保たれています。 しかし、何らかの原因によって胃酸が多くなったり粘液が少なくなったりすると、攻撃因子と防御因子のバランスが崩れます。 その結果として胃潰瘍を発症してしまいます。 そのため、 、胃潰瘍を治療するためには「防御因子を増強させる」という方法が有効であることが分かります。 このような考えの元で使用されている薬がポラプレジンク(商品名:プロマック)です。 ポラプレジンクは胃酸などによって損傷した部位に付着し、浸透する作用があります。 これによって胃酸からの攻撃から守ることができます。 ポラプレジンク(商品名:プロマック)の特徴 防御因子を増強することで胃潰瘍を治療する薬の中でも、 ポラプレジンク(商品名:プロマック)はその構造の中に亜鉛を含んでいることが特徴となります。 亜鉛は生体に必須となる微量元素の1つであり、傷の治癒を促進させたり炎症を抑えて潰瘍を抑制したりなど、多くの作用が知られています。 胃潰瘍の原因としてヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)が知られていますが。 ポラプレジンクはピロリ菌の働きを抑制する作用も示します。 また、ポラプレジンク(商品名:プロマック)は胃潰瘍以外にも 味覚障害の治療薬としても利用されます。 味を感じるのは舌であり、味覚障害では「料理の味が薄い」、「味が分からない」などの症状が表れます。 この原因としては、微量元素である亜鉛の不足があります。 亜鉛不足によって味覚障害が起きているため、亜鉛を補えば味覚障害を改善することができます。 ポラプレジンク(商品名:プロマック)には構造の中に亜鉛が含まれています。 そのため、ポラプレジンクを服用することによって効率よく亜鉛を補うことができるようになります。 これにより、味覚障害を治療します。 このような特徴により、防御因子を増強することで胃潰瘍を治療したり、亜鉛を補うことで味覚障害を改善したりする薬がポラプレジンク(商品名:プロマック)です。

次の