ウィー ケスト リンク。 ウィーケストリンク☆一人勝ちの法則

福地Web農園[ウィーケストリンクへの道−エピローグ]

ウィー ケスト リンク

題名の有無。 一部の日記には題名をつけていなかったため、後付けですが、題名をつけました。 記事の概要の有無。 日記では記事の概要を書いていなかったため、後付けですが、記事の概要を書きました。 カテゴリの有無。 日記ではカテゴリによる分類をしていなかったため、後付けですが、カテゴリを指定しました。 本文の内容。 本文が異なる理由は、以下の対処をしたからです。 問題がある表現を含む文章は、表現を改めたり削除したりしました。 整合性のない文章は、文意を変えないように注意しながら改めました。 整合性のない文章の具体例として、例えば、ある日の出来事が前日の日記に書かれているのがあげられます。 読みやすいブログの記事にするため、工夫しました。 テキストのみで書かれた長い文章は、ブログの記事として読みにくいと考えたからです。 MMORPGの記事は、ギルド名や私を含むキャラクタ名、スクリーンショットなどを全て伏せました。 なお、データが消失したため、日記の一部はブログの記事にできませんでした。

次の

★★★2020年4月15日第210回「今月の言葉」「ウィーケスト・リンクとは何か?⑪(志村けんさん)」(weakest link)

ウィー ケスト リンク

入院からわずか10日だったようです。 志村さんは周囲の方々にとても評判が 高い方のようでした。 ・・・「 もの凄く面倒見のいい人で、ダメな人間でもあっさり見捨てたりしませんから」 (芸能ライター、夕刊フジ、4月3日) そのように素晴らしい志村さんが、 何故、急死したのでしょうか?今回のタイトルに照らし合わせて考えてみたいと思います。 私・藤森の根本姿勢は 「見えるものは、見えないもののあらわれ」です。 つまり、全ては、 「深層心理」が影響しています。 現れている物事から、いかにして「根本」を読み取れるか。 とても評判が良かった志村けんさんの場合には、一体、何が推測できるのか、可能な限り、読み解いてみたいと思います。 <追悼 志村けんさん> (日刊ゲンダイ、4月1日) 新型コロナウイルス肺炎で急逝した志村けんさんの訃報が日本列島を涙で濡らしている。 ・・・ 酒は晩年も飲み歩きをやめず、後輩芸人からは 「夢がある」ともてはやされた。 高級すし店ですしをつまみ、銀座の高級クラブはハシゴ。 美女をはべらせて飲んだあと、「次どうしますか」と水を向けられると「すし屋行こうか」と答えたりするのだという。 「ご本人は『本当言うと 安い居酒屋が口に合うんだ』とおっしゃっていました。 サラリーマンでワイワイ、ガヤガヤするような 大衆酒場の暖簾をくぐり、カウンターでグビグビやったりするような。 そこで誰彼構わず盛り上がっちゃう。 ただ帰るときに 運転手付きのロールスロイスが迎えに来る。 麻布十番や西麻布界隈での目撃情報は枚挙にいとまがない」(ワイドショー芸能デスク) <略> 芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。 「女の子も好きだけれども、お酒の席はもっと好きなのだというお話を志村さんから伺ったことがあります。 酒席宴席での評判もすこぶる良かった。 とにかく金払いがきれいで、高級なお店を何軒はしごしても、全てパーッとおごられるそうです。 また、付き合うことになった 女性にはカードを渡して、好きなように使ったらいいと。 別れることになってしまったときも、ドカンとまとまった金額を相手に渡されていたそうです」 昨年、本紙のインタビュー取材ではこんなことを語っていた。 「それまで自分の人生で大事なのは、『仕事、酒、女』の3つで、そのどれもが充実していて、三角形のバランスが取れてることが大切だと思ってました。 そこに 『健康』という要素が加わって、四角形になりましたね」 昭和、平成、令和を駆け抜けた不世出のコメディアンの命を奪った新型コロナウイルス。 早すぎる死が無念だ。 <略> 普段は シャイで、決して多くを語るほうではなかった。 「オレごときがエラソーに語ることじゃない」といつも言っていた。 <略> 志村さんはいつも周囲のふるまいを冷静に観察していて、周囲に気付かれないようさりげない気遣いをされる方だった。 (2) <志村けんさん> (日刊ゲンダイ、4月1日) <「エクモ」でも命を救えなかった一因は 肺の基礎疾患にあり> 「とても信じられない・・・・」「いくらなんでも早すぎる」 日本中の誰もが知っているコメディアンの志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなり、衝撃が走った。 志村さんは19日に発熱と呼吸困難の症状が表れ、20日に入院。 23日に新型コロナウイルス陽性と判定され、24日から「ECMO エクモ 」と呼ばれる人工心肺装置を使った治療を続けていた。 しかし、わずか1週間ほどで帰らぬ人となった。 エクモは主に呼吸器疾患の急性悪化などの治療に使われ、肺炎が重症化して人工呼吸器でも酸素を十分に取り込むことができないケースで使用される。 機能が 衰えている肺の代役を担い、体外に設置した装置へ静脈につないだ管で血液を送り、酸素を加えてから再び体内に戻す。 悪くなった肺を完全に休ませて、患者自身の免疫による回復を待つものだ。 これまで、エクモは新型コロナウイルスによる重症肺炎に対する有効性が報告されていて、3月11日時点の集計では新型コロナでエクモ治療を受けた患者23人のうち12人が回復し、死亡者はいなかった。 しかし、それでも志村さんは息を引き取ることになってしまった。 生死を分けたものはなんだったのか。 (3) <肝心なのは自身の免疫力> 日刊ゲンダイ、上記4月1日の続き 日本呼吸器学会専門医で、「水谷内科呼吸器科クリニック」(東京・大泉学園)院長の水谷清二氏は言う。 「志村さんを診たわけではなく、詳細な病状もわからないので一般論になりますが、新型コロナウイルスによる重症肺炎にエクモが有効なのは確かで、志村さんにエクモ治療が行われていたのは、回復する見込みがあったからだといえます。 しかし、肺炎の既往症があったことで、すでに肺の機能が大きく落ちていたと考えられます。 報道によれば、かつての志村さんはヘビースモーカーで、4年前には肺炎で入院を経験していますし、COPD 慢性閉塞性肺疾患 だったとも言われています。 COPDの患者さんは、風邪やインフルエンザといった感染症にかかると肺炎になりやすくなり、重症化リスクも上がります。 症状が改善しても以前より肺の機能が低下してしまうのです」 COPDはたばこの煙などの有害物質が原因で肺が炎症を起こして呼吸がしづらくなる病気で、肺気腫と慢性気管支炎の総称だ。 肺の中にあって空気の通り道となる気管支の先にある肺胞が破壊されて組織が断裂し、酸素の取り込みと二酸化炭素の排出がスムーズにできなくなる。 肺胞はいったん壊れると再生しないため、肺の機能も元通りに回復することはない。 また、肺組織に起こっている炎症によってサイトカインという物質が産生されて全身の臓器に障害を与え、虚血性心疾患や糖尿病などさまざまな病気を招く。 現状では、進行のスピードを緩やかにするしか治療法がなく、日本での患者数は 530万人と推定されている。 「エクモは体内のウイルスの増殖を抑えるわけではなく、装置が肺の代わりを務めている間に患者さん自身の免疫力でウイルスを退治し、肺の機能が回復するのを待つ治療です。 志村さんは70歳と高齢だったうえ、肺の既往症や胃のポリープ手術で 体力や免疫力が大きく落ちていたと考えられます。 そのため、回復を待てるだけの時間が足りなかったのでしょう」(水谷清二氏) 独身で酒好きだった志村さんは、食生活も不規則だったというから、やはり体力も衰えていただろう。 効果的な医療機器の恩恵を受けて命を守るためには、やはり 自身の体力や免疫力が重要なのだ。 (4)さて、結論ですが、以上の中から、志村けんさんの 「見えないもの」が見えてきました。 私自身、子供の頃に 「肺炎」を患っていましたので、志村さんのケースがよく分かります。 私の場合は、「肺炎」の根本問題は「解決」できていませんが、「根本問題」を受け入れて、「自我」に取り込んで「同居」している分だけ、(ホンのちょっとではありますが)少々、耐久力が増している可能性がありますが、 とは言え、コロナウイルスによる打撃については大きな不安があります。 さて、「肺炎系」についての答えは、ここでは述べませんが、東洋医学に詳しい方にはすぐに分かることです。 東洋医学の素晴らしいところは、 「人間の心理」まで読み解いていることです。 そこからさらに奥の「深層心理」・・・「無意識」と言われていて、本人も、そして多分、多くの専門家も掘り下げられないであろう部分 (ウィーケストリンク・最も弱い部分)を読み解くことが私の仕事です。 上記(1)の中の<< <追悼 志村けんさん> (日刊ゲンダイ、4月1日)>>の中の赤字の部分(見えるもの)が、本質(見えないもの)をほぼ証明しています。 そこの部分をジックリとお読みください。 機会があり、個人的にご縁のある方や、手紙をいただいた方などに詳しく説明させていただきたいと思っています。 深層心理の問題はほとんどの場合、正しく理解されていない分野ですので、軽々しく説明すべきではないと思っています。 そのためにこの程度の説明に止めたいと思っています。 いずれにしましても、「深層心理」は「見えないもの」であり、そして、それが 「ウィーケスト・リンク」です。 ですから、私たちは、いかにして自分の「深層心理(ウィーケストリンク)」に気づくための「取り組み」をするか、です。 私たちは、「ウィーケストリンク」を取り入れるどころか、知らないがために、「ウィーケストリンク」を踏みつけ、必死になって、努力に努力を重ねて成果を得ようとしています。 そしてホンの一握りの人が大きな成果を上げています(前回の「夏目漱石」や「カルロス・ゴーン氏」など)が、大部分の私たちは、成果を上げる前に病んだり、倒れてしまっています。 例え話で説明すると、私たちは、男であったり、女であったり、東京生まれであったり、北海道生まれであったり、九州や沖縄生まれであったり、裕福な家庭に生まれたり、私のように貧しい家庭に生まれたり、長男や長女に生まれたり、末っ子に生まれたり、何かの才能に恵まれていたり、いなかったり、身体が不自由に生まれたり、日本人であったり、アジア人であったり、欧米人であったり・・・種々様々、全てが本人に関係なく、誕生した瞬間に、これらは全て決まっています。 仏教ではこれを 「自業自得」と言います。 私たちは、悪いことに使われますが、本来はここで述べたように、自分に一切関係なく、全ては与えられたものです。 その与えられている全てを「自業」と言います。 この「自業」を全てそのまま、一切を受け入れることを「自得」すると言います。 そして「自業自得」、つまり「自業」を「自得」することが仏教では 「悟りの境地」を意味しています。 私の子供時代の「肺炎」、そして「肺炎」に潜んでいる全て (自業)をしっかり理解して受け入れる (自得)することが極めて大事です。 私は「自得」まではいきませんが、自得に近い「同居」程度には受け入れているつもりです。 詳しいことはここでは敢えて説明しませんが、志村けんさんの場合は、コメディアンとして抜群の才能があり、 経済的にも猛烈に恵まれたために、「肺炎」に潜む「深層心理(ウィーケスト・リンク)」を 「仮の力」で、辛うじて防衛出来てきたのではないかと思われます。 しかし、外部からコロナウイルスに侵入されて、 無防備のまま、猛烈な勢いでウィーケスト・リンク (最弱点)が攻撃されたために、驚くほど脆かったのではないかと推測しています。 【【結論】】上記の(3)の最後の部分<< 効果的な医療機器の恩恵を受けて命を守るためには、やはり 自身の体力や免疫力が重要なのだ。 >> 【私の定義】・・・「 免疫力」を高めることとは、「ウィーケスト・リンク」を少しでも癒すことで、癒した「質・量」に応じて「免疫力」が高まります。 逆に、「ウィーケスト・リンク」を放置したまま、得意の部分を猛烈に訓練すると、「ウィーケスト・リンク」がポキリと折れてしまいます。 人柄が抜群に素晴らしかった天才的な志村けんさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

次の

★★★2020年4月15日第210回「今月の言葉」「ウィーケスト・リンクとは何か?⑪(志村けんさん)」(weakest link)

ウィー ケスト リンク

概要 [編集 ] ルールについてはを参照。 ただし、特番で行われた特別ルールは後述する。 発祥のクイズ番組『』 The Weakest Link の日本版として制作・放送された。 司会は。 本来この番組は、『』(『』)とはライバル関係の番組であるが、日本では2番組とも同じフジテレビの番組となっていた。 なお、企画段階のタイトルは『サバイバルKING〜THE WEAKEST LINK』であった。 初回は2時間枠で放送、総勢15人(全て芸能人)が参加。 それ以降は一般参加者6人+芸能人2人の形式(後に一般参加者5人+芸能人3人。 時々芸能人大会をはさむことがあった)、そして末期は一般参加募集を打ち切って芸能人のみの6人制となった。 その翌週の9月25日には「 日本お笑い界頂上決戦 秋の下克上スペシャル」と題して、実質上の最終回を2時間枠で放送。 お笑いやが8人集まり、賞金2000万円をかけて挑戦した。 ローカルセールス枠であったため、一部のネット局では遅れネットまたは放送されなかった局がある。 では『』(現在は金曜に放送中)の枠となっていたため放送されず(スペシャルのみ放送)、関西地区では独立UHF局であるが半年遅れ(フジテレビ系での放送が打ち切られた後)で放送したが、3ヶ月で打ち切られた。 では19時00分より『』、19時30分から『』の枠となっていたため放送されず(スペシャルのみ放送)。 では、2002年6月まで同時刻に自社制作番組を放送していたが、同年7月からネットを開始した(これ以降、テレビ新広島では月曜19時はフジテレビの番組をネットしている)。 では自社製作番組『ふとっぱら』を放送していたため、月曜日の深夜に1週間遅れで放送された。 そのため、最終回(9月23日に放送)と特番が同じ週に放送されることとなった。 では自社製作番組『』を放送していたため、日曜日の昼12時から放送された。 セット、効果音など [編集 ]• 番組のスタジオセットはイギリスBBCの「プライムタイム版」をもとにしており、解答者の前にはモニター(普段は番組ロゴを表示)が置かれた。 効果音は当初は使われていなかったが、放送数回でBANK時に、後に正解・不正解の効果音が追加された。 番組進行中のBGMは、当初オリジナル同様にほぼ全面的に流れていたが、後に必要な場面以外には流れなくなった。 演出面でも当初はオリジナル同様であったが、放送回数を経るにしたがいテロップも追加されるなど、徐々に日本の他のバラエティ番組と同様の演出が多用されるようになった。 皮肉 [編集 ] ウィーケストリンクでは、退場者を決める投票の前に 司会者が必ず皮肉を言うのが決まりになっている。 (これを番組では「WHO LINE」と呼ぶ)その内容は軽い程度のものからどぎついものまでいろいろある。 なお中期からはも付けるようになった。 以下がその例である。 バンクするつもりだったのに、がしてしまったのは誰なんでしょうか? でを投げた人は一体誰なんでしょうか? 間違ってダービーに出走したロバは誰なんでしょうか? すでに本来の仕事を忘れてとなっちゃっているは誰なんだ? 電動でを切ったら、も破壊してしまった人は誰なんでしょうか? 頭の中がの人はいったい誰なんでしょうか? 夜にを打ち上げてしまう人は誰なんでしょうか? 飛ばしても飛ばしてもから飛ばないみたいな人は誰なんでしょうか? のふりをしたぜい肉は一体誰なんでしょうか? お花畑で、毒は誰なんでしょうか? のふりをしているは誰なんでしょうか? のを踏み割った、は誰なんでしょうか? のふりをしているは誰なんでしょうか? ちなみに最終回の皮肉は「退場者ルームで、の仲間になるのは誰なんでしょうか? 」だった。 その他 [編集 ]• この枠でのクイズ番組は、2001年4月 - 9月放送の『』以来半年振りだが、視聴者参加型としては、1980年1月 - 3月放送の『』(司会:)以来22年振りだった。 伊東は当初、司会に起用された際には辞退を考えていた。 しかし、本家イギリスの番組のビデオを見て「これは面白そうだ」と感じたため、司会を引き受けることとなった。 ある回の最終ラウンドにとが残るが、2人はそれぞれ両端の席におり、更にこの番組は問題が出てくるモニター付テーブルを回しながら解答者の正面を向いて問題を出題するため、クイズ出題前に伊東が「端と端でやりにくいなー」とボヤいた事がある。 ある回で、が司会者の伊東に退場を言い渡された時に、当時伊東と五月が共演していた番組「」で紹介された「金太郎ゲーム」の体操をしながら退場した。 最終回では、ラウンド2での失態が原因で大パニックになり、ウィーケストリンクを決める投票では、6人の解答者が鶴瓶に票を入れるが、票が自分に入ると悟った鶴瓶も自分自身に票を入れたため、文字通りの満票になった事がある。 別のラウンドでは、が失格になった際、小松のギャグ「ニンドスハッカッカ」と振られた伊東が思わず「マー」と返してしまい、小松もギャグを続けるが、伊東に「乗りそうになるだろ! 」と突っ込まれ、さらにがウィーケストリンク投票での名前を「名倉ナパチャットワンチャイ」と呼んだ時に、笑わないキャラ設定である伊東が一瞬噴き出してしまい、解答者の皆から「笑った! 」と突っ込まれたことがある。 番組放送期間中には、当番組のが(現:)から発売されている。 プレイ人数は2人 - 8人で、対象年齢は8歳以上。 番組スタッフが制作した問題が1000問収録されている。 番組中に、正解シーンだけを抜粋したシーンが放送されるが、その都度流れる、司会者のの素っ気無く「正解! 」というコールだけを集めた伊東の物真似ということで、がギャグにしていた。 『』では当番組のパロディ企画が、芸能人プライベート暴露クイズとしてスタジオもそのままに使われた。 しかし番組フォーマットの使用権利が切れると、途中から版「 ドーンゲストリンク(多数票を得た解答者が落下する)」にリニューアルされた。 特番でのルール [編集 ] いずれの場合でもその他のルールは変化はない。 2002年4月8日 [編集 ]• 15人が出場。 事前に筆記試験を行い、前半戦は筆記予選の下位8人が参加。 前半戦で勝利した1人は、前半戦の賞金の10分の1を持って後半の決勝戦に合流する。 決勝戦は、筆記予選の上位7人に前半戦の勝者1人を加えた8人で実施。 第1ラウンドは出場者のあいうえお順に回答し、第2~7ラウンドは前のラウンドで成績の良かった人「ストロンゲスト・リンク」から回答する。 連続で正解すると賞金単価が徐々にアップしていく。 出場者が「バンク」とコールしたら正解した直前までの獲得賞金を積み立てできるが、初期状態に戻る。 不正解時は賞金は積立無しで初期状態に戻る。 各ラウンド終了後、成績の最も悪い「ウィーケスト・リンク」を投票で決めていき、最多投票数を持った方が退場となる。 最多票数が同じの場合は成績の良い人「ストロンゲスト・リンク」が退場者を決める。 これを上記の内容で、最後の2人まで繰り返す。 第7ラウンド(ボーナスラウンド)は獲得賞金が全額2倍になる。 残った2人が本日の獲得賞金総額をかけたファイナルラウンド(時間制限なし)に臨む。 交互に5問ずつ問題を出され、正解数が多かった人が賞金獲得者「ストロンゲスト・リンク」となる。 2002年9月25日 [編集 ]• 残り3人になった時点で、敗者復活戦を実施。 既に敗退した5人の中から2人が復活。 この敗者復活戦を追加した関係で10ラウンドとなり、賞金の上限も2000万円となる。 スタッフ [編集 ]• ナレーション:、(原口は最終回放送後の特番のみ )• 構成:、• 問題作成:、CAMEYO• リサーチ:香野勇雄、中嶋英介• 技術プロデューサー:中市友• TD・SW:石黒義満• CAM:菊池謙• AUD:藤橋浩司郎• PA:本間清孝• LD:北澤正樹• クレーン:滝本敬介• ENG:江藤新次郎、宮本薫• 美術プロデューサー:• セットコーディネーター:越野幸栄(フジテレビ)• 美術進行:今井隆之• 大道具:長沼佳孝• 特殊装置:樋口真樹• 電飾システム:永島哲哉• アクリル装飾:中井丈晴• スタイリスト:須藤美奈子• タイトル:岩崎光明• CG:坂本浩(フジテレビ)、新崎晴久• オフライン編集:落合英之• EED:岡本広• MA:和光康彦• 音効:田村智之• 編成:金井卓也(フジテレビ)• 広報:川口誠(フジテレビ)• TK:山本悦子• デスク:不破香緒里• AD:佐藤圭太、山崎清太、平川和志• AP:若松紅(フジテレビ)• ディレクター:西山仁、阿部譲、稲村健、大角肇、鈴木優• プログラムディレクター:吉田岳人• プロデューサー:(フジテレビ)、近藤孝子、森雅史• 美術協力:• 協力:オルテ企画、• 制作協力:• 制作:フジテレビ制作センター(現:フジテレビバラエティ制作センター)• 制作著作:フジテレビ マネーツリー [編集 ] 上から順に1チェイン、2チェイン…の順。 なお、最高チェイン数は、1チームの解答者の人数に等しい。 第7ラウンド(ボーナスラウンド)は獲得賞金が全額2倍になる。 途中から6人制となったが、マネーツリーの変更はなかった。

次の