フキ の 下ごしらえ。 フキの基本の下ごしらえ

ふきのとうの下ごしらえの方法とは?栄養やオススメの食べ方はある?

フキ の 下ごしらえ

スポンサーリンク アク抜き済みのフキの美味しい食べ方・おすすめレシピ フキを茹でたら、料理に使っていきましょう。 使い方としては 煮物が定番かなと思いますが、他にも炊き込みご飯や炒めもの、漬物にすることもできます。 まあ火が通っているのでそのままでも食べられますが(笑)、2つレシピを紹介しますね。 煮物の場合、他の具材と合わせて作るのももちろん良いのですが、旬のフキの美味しさを楽しみたいなら、シンプルにフキだけの煮物がおすすめ。 また 炊き込みご飯は、旬も感じられてかつ家族全員で楽しめるメニューだと思います。 炊き込みご飯は手間はかかりますけど、好き嫌いが分かれにくく食欲の湧くメニューなので、時間があればぜひ。 水を毎日新しいものに変えてあげれば 4~5日くらい持つので、その間に使い切りましょう。 冷凍もできますが、 冷凍する場合はその量をあらかじめ決めておいて、固めに茹でるのがポイントです。 茹で時間を1分~2分に短縮して、茹で上がったフキの水分はよく拭き取りましょう。 そうしたら、ラップで使いやすい量ずつ包んでフリーザーパックに入れ、冷凍庫に入れます。 スポンサーリンク 冷凍すると食感は悪くなっちゃいますが、 1ヶ月くらい持つようになるので、ゆっくりと食べられるようになります。 できるだけ食感良く冷凍したい場合は、冷凍庫に金属トレイを置いて、その上に置いてから冷凍しましょう。 こうすると冷凍スピードが早くなりますので、ふにゃふにゃになるのを抑えられます。 冷凍したフキは解凍せず、凍ったまま使ってください。 フキは重曹がなくてもアク抜き可能 重曹は一般的によく使われるものですが、常備していないご家庭ももちろんありますよね。 フキは、 重曹がなくてもアク抜きができます。 重曹にはお湯に入れることで繊維を柔らかくしてくれる効果があり、同時にアクをよりしっかり溶け出させてくれます。 なので、可能な限りアクは取り除きたい!と思うなら重曹を入れるといいのですが、フキの場合入れなくても問題があるわけじゃないので、好みでいいでしょう。 重曹なしでのやり方としては、ただ単純に茹で水に重曹を入れないだけで、 今回紹介した一通りの下処理手順で問題ありません。 (普通に板ずりしてから、塩がついたままお湯に突っ込みましょう) 重曹を入れるにしろ入れないにしろ、茹でる時間は太さによって変わりますし、茹で加減は確認しながらやる方がいいでしょう。 スポンサーリンク ふきのあく抜き・重曹でのやり方についてまとめ アク抜きに重曹を用いる場合は、あまり入れすぎないように注意してください。 重曹はフキの場合必須ではありませんが、よりしっかりアク抜きしたいと思う方は用意してみてくださいね。 茹で時間はフキの太さも考慮しながら、茹ですぎないようにしましょう。 茹でたフキを保存するときはタッパーに水を張って、冷蔵庫で保存してくださいね。 数日で食べきれないときは、冷凍する手段もありますよ。 フキはいろんな食べ方がありますけど、定番なら煮物、家族と暮らしているならみんなで楽しめる炊き込みご飯がおすすめ。 もちろん個人的なおすすめなので(笑)、好きなメニューで構いません。

次の

ふきの保存方法と賞味期限は?下ごしらえ・下処理の方法、腐るとどうなる、旬の時期も

フキ の 下ごしらえ

ふきのつぼみがふきのとう 雪が溶け始める頃にひょこっと顔を出す、春の山菜「ふきのとう」。 寒さを超えて、花が咲き、葉が大きくなりながら茎が育つと「ふき」になります。 日本原産のふきは日本全国の山野に育ち、3〜6月にかけて出回ります。 独特の香りと苦味、シャキシャキとした食感が特徴で、うまみを効かせた出汁を使った「ふきの青煮」は代表的な料理です。 味付けは少し甘めで、ほろ苦さが春の訪れを感じさせます。 ふきをそのまま茹でていませんか? そんな春を知らせてくれる「ふき」ですが、アクと苦味が残り、食べづらい思いをしたことはありませんか?実は茹でる前の「下ごしらえ」が美味しさの鍵を握っています。 そこで今回は、アクをきちんと取り除く方法をご紹介します。 ふきを茹でる材料• ふきの茎:1束• 塩:大さじ山盛り1杯 ふきの下ごしらえ/ゆで方 1. ふきを切る 家にある口径が一番大きいフライパン(または鍋)に合わせて、ふきを切ります。 板ずりする まな板の上にふきをおき、塩を全体に振りかけます。 両手のひらでふきを抑え、ふき同士をこすり合わせるように前後に転がします(「板ずり」と言います)。 塩がついたまま茹でます。 塩は多すぎると塩辛くなり、少ないとアクがちゃんと抜けません。 ふきをゆでる フライパンに湯を沸かし、塩がついたままのふきを入れます。 茹で時間は細いものは3分、太いものは5分が目安。 大きいボウルに冷水を用意し、柔らかく茹で上がったふきから順に取り出して冷水にとります。 皮をむく ふきを回しながら、爪の先またはペティナイフで皮をつまみ、3〜4cmほどむきます。 1周したら皮の先を一つにまとめて端までむき、反対側も同様です。 皮をむき終わったふきは、水をはった密閉容器に入れる。 翌日使う場合は冷蔵庫で保存する。 1日1回水を変えると3〜4日は日持ちします。 蕗を下ごしらえした後に、すぐに調理する場合は10分ほど水にさらしてから使うといいです。 和え物に使う際は、和え衣やドレッシングが絡みやすい斜め切りに。 混ぜご飯には小口切りに、煮物には4cm長さのぶつ切りに。 ふきは冬に体に溜まった老廃物も体外に排出してくれる優しくて頼もしい存在です。 ひと手間かけて、春の訪れを味わってみてはいかがでしょうか。

次の

ふきの下処理|楽天レシピ

フキ の 下ごしらえ

1 フキの葉を切り捨てます。 茎の部分をさっと洗って、さっと水切りします。 包丁でカットします。 長さの目安はお鍋に丁度入る長さです。 2 まな板にカットしたフキを並べます。 塩を一つかみ振りかけます。 板ずりをします。 1つかみ位です。 3 鍋にお湯を沸かします。 フライパンでもOK! 沸騰したら<2>のフキを入れます。 5分間茹でます。 4 冷水に移します。 フキが熱くなくなったら、水からあげて薄皮を剥きます。 スジも取ります。 5 適当なサイズにカットします。 目安は5~10cm。 6 ボールや器に水をはり、フキを入れます。 そのまま2時間以上放置します。 灰汁抜きできあがり!.

次の