一杯 機嫌。 「一杯機嫌:いっぱいきげん」(杯が入る熟語)読み

【一東菴】蕎麦前メニューも充実の蕎麦の名店にて「二産地味比べ」を楽しむ!【蕎麦 東十条】

一杯 機嫌

万太郎の脳裏に焼き付いたのは、『三人吉三』のお嬢吉三であり『妲妃のお百』『蟒お由』の毒婦だった。 『三人吉三』をのぞいては今日見る機会の少ない演目なので、説明を加えておく。 『三人吉三』は、安政七年に書かれた河竹黙阿弥の代表的な狂言で、今日でもときおり上演される。 明治三十二年一月(万太郎九歳)と明治三十八年十二月(万太郎十六歳)、宮戸座で源之助はお嬢吉三を演じている。 本外題は『三人吉三廓初買(巴白浪)』。 序幕として演じられる庚申塚の場「月も朧に白魚の かがりもさすむ春の空……」ではじまる七五調の名ぜいふは、何度聞いても人をとろかせる。 万太郎は、大正四年二月に「三田文学」に発表した解説の中で、このせりふとともに、「駕にゆられてとろとろと一杯機嫌の初夢に……」などをあげて、「……春の夜の幽婉な叙情詩である。 」としている。 江戸本町の木屋文蔵の手代十三郎は、向柳原で夜鷹のおせいと逢い、店の金百両を落とす。 おとせは、大川端で、「八百屋お七」まがいに美しく女に装ったお嬢吉三に襲われ、金を奪われる。 見とがめたお坊吉三と争いになるが、和尚吉三が仲裁に入り、三人は義兄弟の盃をかわす。 女の姿をした若い盗賊、お嬢吉三の倒錯した色気が見物の芝居である。 現在の演出では、あからさまにされないが、女装したお嬢吉三とお坊吉三は、ホモセクシュアルの関係にある。 多賀之丞は芸談のなかで、「寺で『会いたかったな』とかじりついて、なにするところあるでしょう。 あれが田圃(くにがまえ、トル)の、クルッとケツまくって長襦袢一枚で『会いたかったな』とふたりでかじるついて坐るところ、これで客がウェーッっていったからね。 」と語っている。 この型ひとつとってみても、源之助は取り澄ました上品さとは無縁だった。 強烈な悪の魅力が発散される舞台だったろう。 次に、『妲妃のお百』(善悪両面児手柏 ぜんあくりょうめんてのこがしわ)がある。 三代目澤村田之助のために、河竹黙阿弥が書いた狂言である。 慶應二年五月、市村座で田之助が演じるはずであったが、病のため痛みがひどく、五代目菊五郎(当時家橘)がかわった。 源之助は、明治三十三年(万太郎十歳)一月、大正二年五月(万太郎万太郎二十四歳)に、宮戸座でお百を勤めている。 おおまかな筋はこうである。 廻船問屋で人に知られた徳兵衛は、召使いのお百と情を通じ、罪もない妊娠中の女房小高を、間男をしたと難じて土蔵に押し込め、ふたりで折檻して殺す。 しかし、お百は、徳兵衛の留守中に悪人重兵衛と通じてしまった。

次の

【赤字のお仕事】「一杯食う」「1杯食う」「いっぱい食う」3つの使い分け(1/2ページ)

一杯 機嫌

嫌われたくないという気持ちがあるから 「あ、悪い!この仕事もやっておいて!」 なんてお願いされることが職場では良くありますよね。 そんなときにキッパリ断れない人や、断ったことで自分がどう思われるか不安を感じる人は不機嫌になりながらも承諾してしまいます。 もしくはお願いされた仕事をやりながらふと、 「なんで私がやってるの?」 「こんなのが続くならもう !」 と急に機嫌が悪くなることもあります。 端から見ると「だったら断ればいいじゃん」という結論になるかもしれませんが、現実はそうはいかないものですよね。 相手の立場や自分の立場が頭をよぎったり、 すでに確立されてしまっている自分のキャラクターが原因だったり、 と色々な要素があります。 その主な理由が「嫌われたくない」からというものでしょう。 裏を返せば「相手にどう思われているか 」ということにもなります。 不機嫌な人には、意外に必要以上に相手の心理をおもんぱかる傾向があります。 そのときの自分の感情には目をつぶって、 相手にどう思われるかを考えてしまいます。 自分の感情を偽り続けるのですから、 不機嫌になるのも当然のことです。 また本書には例として「父親の家族サービス」があります。 本当は家で休んでいたいのに、 気の進まない家族サービスを機嫌が悪いままやってしまう・・・。 「嫌だよ」と言えないのは、 自分勝手でわがままな父親だと思われたくないからだとしています。 自分の気持ちを隠し続けることで次第に不機嫌になりやすくなってしまうというわけですね。 スポンサーリンク 他人が察してくれると考えているから 自分と他の人は違います。 これは家族も例外ではありません。 そのことを頭では理解しているのに 感情としては「わかってほしい」「どうしてわかってくれないんだ」という心理が働きます。 この「なぜわかってくれないんだ」というのは、 不機嫌な人に共通する心理のようです。 たとえば職場で「あー忙しいなー。 疲れたー」を連発する人がいるとします。 しかしどう考えてもあなたの方がので仕事量も多いし、時間もかかっています。 「忙しい、疲れた」を連発する仕事できない人はあなたの手伝いをすることは一切なく、すぐにタバコを吸いにいったり、コーヒーを飲んで休憩します。 まるで自分だけが忙しいかのような言葉と、その一致しない行動にあなたは次第に不機嫌になってしまうのはないでしょうか? 「忙しいのはあいつだけじゃない」 「疲れているのは自分だってそうだ」 という気持ちが出てくるでしょう。 これがいわゆる「察して欲しい」「察するべきだ」というものです。 しかし最初にお伝えしたように、 あなたと他の人は違います。 逆のパターンで考えると、 自分の感情を言葉や態度で表さない人をあなたはなかなか理解することができないでしょう。 この気持ちと現実の相手の行動にギャップがあり、 機嫌が悪くなってしまいます。 スポンサーリンク 外面(そとづら)の良い人 他人に対して外面のいい人は不機嫌になりやすいようです。 よく全くの他人にはすごく愛想が良かったり、 や をしているのに、身内には機嫌が悪く付き合う・・・なんて人いませんか? 外面のいい人は常に感情を抑えこんでいる状態です。 無理し続けている人も少なくないでしょう。 そこで感情のバランスを取るために、 身内がいる場面になるとその反動がきます。 本当は身内に対してこそケアをしなければいけないのに。 こうやって感情を抑えこめば抑えこむほど反動は強くなります。 機嫌が悪い人の心理 機嫌が悪い人はネガティブで被害妄想が強い 機嫌が悪い人の心理には、いったいどういうものがあるのでしょうか。 機嫌が悪い人は、実はネガティブで被害妄想が強かったりします。 誰もひどいことを言ったりしていないのに、物事㋾悪く受け止めがちです。 周りから、何だか意地悪されたような気がして、機嫌が悪くなってしまいます。 いくら周囲の人が「そんなことないよ」と声をかけても「いや、皆私には冷たい」とか「協力してくれない」などと考えてしまい、不機嫌になってしまうのでしょう。 同じことが起きても、ポジティブで明るい人なら、機嫌を悪くしたりはしません。 淡々と事実を受け止めて、対応することができるでしょう。 機嫌が悪い人は、うがった見方をしてしまうので、悪いところばかり目についてしまいます。 そういうネガティブな性格だから、いつも機嫌が悪く、周りの人から敬遠されてしまうのです。 スポンサーリンク 機嫌が悪い人はかまってもらいたがっている 機嫌が悪い人の心理にあるのは、かまってもらいたいたいという気持ちです。 機嫌を悪くしていれば、周りの人に気にかけてもらえると、無意識のうちに考えているのでしょう。 だから、いつも機嫌を悪くしているのです。 その態度は、実は周囲に対する「私をかまって!」という、無言のアピールと言えるでしょう。 誰かの機嫌が悪かったりすると、周りの人は思わず「どうしたの?」と、聞いてしまいます。 機嫌を悪くしている人は、その一言を待っているのです。 しかし、素直ではないので、そう言われても「いや別に・・・」なんて、口の中でごにょごにょ言ったりします。 そうやって「人から気を使ってもらいたい」という気持ちが心の中に潜んでいるので、わざわざ人前で機嫌を悪くしているのでしょう。 そういう人は、一緒にいてめんどくさい人です。 しかし、自分から「話を聞いてほしい」と言いだせないので、機嫌が悪いところを見せて、注目を集めようとしているのです。 機嫌が悪い人は自己コントロールができない 機嫌が悪い人の心理には、自己コントロールができないというものがあります。 自分に甘く、抑制が効かない性格なので、感情をダイレクトに出してしまうのでしょう。 普通、社会人なら周りの人に気を使います。 いくら嫌なことがあっても、あからさまに不機嫌になってしまったら、周りの人に悪いと考えて、自制するはずです。 しかし、自分をコントロールする力の弱い人は、我慢がききません。 人の気持ちや周りの雰囲気も考えず、イライラしたりぶつぶつ言ってしまい、不機嫌さを全開にしてしまうのでしょう。 自己コントロールが弱いということは、あらゆる能力が低い可能性があります。 は、自分自身をコントロールすることができるでしょう。 物事にうまく対応できないから、そうやって機嫌を悪くしてしまい、マイナスな感情を抱え込んでしまいます。 機嫌が悪い人は、自己コントロールの力が弱く、まだまだ未熟な人だと言えるでしょう。 スポンサーリンク 機嫌が悪い人は自分のことしか考えていない 機嫌が悪い人は、自分の事しか考えていないという人だったりします。 相手に配慮することができない、視野の狭い人なのです。 心のどこかで、自分さえ良ければいいという気持ちがあるので、機嫌の悪さを人に見せてしまいます。 機嫌が悪いところを見せたら、相手が不愉快になったりしないだろうか・・・などと、考えることができないのでしょう。 そういう人は、思いやりがなく、いざとなったら自分の身を守るために人を犠牲にするかもしれません。 機嫌が悪い人は、自分勝手なところもあるので、用心して付き合う必要があります。 また、相手に対して甘えているので、そうやって、機嫌の悪さをぶつけてしまったりします。 「ちょっと怒っちゃうかもしれないけれど、別にいいや」などと、相手の気持ちを軽く考えているのでしょう。 機嫌が悪い人は、心の奥底に自分勝手な心理があるので、一緒にいると嫌になってしまうのです。 機嫌が悪い人への接し方や対処法 苦笑いしながら対応する 機嫌が悪い人と接するときは、あまり態度をハッキリさせないのがセオリーです。 たとえ普段は頭がキレる人でも、機嫌が悪く感情的になっている場合は、つい合理的でないことなども口にしてしまいます。 そんな相手に合わせようとすると、今度は自分が何を言っているのかがよくわからなくなって、思わぬ墓穴を掘ってしまうこともあるのです。 ですから、相手の機嫌が悪くて感情的になっているときは、とりあえず「苦笑いしながら対応する」のがおすすめになります。 いつもなら煮え切らない態度として批判されるかもしれませんが、機嫌が悪い人を相手にしているのですから仕方ありません。 ただし、重要なのはあくまでも態度を濁すことですので、笑い方がついオーバーになってしまったり、笑い声が大きくなってしまったりしないよう注意しましょう。 スポンサーリンク 終始うなずいて肯定する 機嫌が悪い人と聞くと、どうしても面倒くさいというイメージを持ってしまうかもしれませんが、その人が必ずしも間違った発言をしているとは限りません。 たとえば、正しいはずの自分の意見が通らず、そのことが原因でイライラしているというケースも多々あるからです。 もしもあなたが機嫌の悪い人と接してみて、「この人の言っていることは間違っていないんじゃないか」と感じたら、ときどき相槌を打ってあげるようにしてください。 「終始うなずいて肯定する」ことで、だんだんと機嫌の悪さも収まってくるでしょう。 ただしこの方法が使えるのは、「相手が正しいことを言っている」と判断できたときだけです。 誰が聞いても間違っていることを言っているのに、終始うなずいて肯定したりすると、あなた自身の周囲からの評価が下がってしまう可能性もありますので、十分に注意してください。 できる限り沈黙を保つ 機嫌が悪い人の中にもランクがありますよね。 ややイライラしている人、顔を真っ赤にして怒っている人などさまざまです。 もしも相手の機嫌の悪さが尋常ではないと感じたときは、「できる限り沈黙を保つ」のがおすすめになります。 なぜなら、機嫌の悪さがピークに達している人は、ただ自分の言葉を聞いてほしいだけの場合が多いからです。 つまり、あなたが下手に口を出したり、気のない返事をしたりすると、今度は怒りの矛先があなたに向いてしまうこともあるのです。 ただし、いくら沈黙を保つとはいっても、真剣に接しているという意思を伝える必要はあります。 ですから、沈黙は保ちつつも相手の目を真っ直ぐにみつめ、気の緩みから表情を壊してしまわないよう気をつけてください。 あなたの真剣さが相手に伝われば、機嫌も徐々によくなっていくはずです。 スポンサーリンク ここぞというときには思い切って指摘する 機嫌が悪い人と接するとき、基本的には自分を出しすぎないことが大切になります。 主役はあくまで機嫌が悪い人であって、自分は脇役に過ぎないと考えれば、たいていのケースでは上手に対処できるでしょう。 しかし、ごく稀にそういった対処ではまずいときもあります。 それは、相手が「完全に誤ったことを言い続けているとき」です。 どれだけ相手の機嫌が悪そうであろうと、完全に誤ったことを簡単に肯定してはいけません。 ですから勇気を出して、「ここぞというときには思い切って指摘する」ぐらいでなくてはならないのです。 もちろんそのことで相手の機嫌をさらに損ねる場合もありますが、そんなときは開き直って誤りを指摘し続けましょう。 しかしたいていの人は自分の誤りに気づき、それがきっかけで冷静さを取り戻してくれますので、それほど心配しなくても大丈夫です。 自分の機嫌が悪い時の対処法 その場から離れて原因を考えてみる 自分で自分の機嫌が悪いなと気づいたら、一旦その場から離れてみるのがおすすめです。 その時の環境を変えることになるので、脳へ違う刺激が届き機嫌が悪い原因から気持ちをそらすことが出来ますね。 外であれば、自転車や車または徒歩で数分散歩するだけでも効果的です。 家の中であれば、別の部屋へ移動するだけでもOKでしょう。 移動した先で、原因を考えてみましょう。 落ち着いて考えれば、なぜ自分がこんなにもイライラし機嫌が悪くなったのかが見えてきます。 それは大抵は嫉妬ややきもちであったり、価値観の違いからくる勘違いの場合も多いのです。 特に原因がはっきりしないまま、機嫌が悪い場合はイライラ度も高いです。 落ち着いた場所で一呼吸おいてから考えると原因がわかり、対処法も浮かんできますね。 対処法がわかれば、イライラも治まり機嫌も良くなるでしょう。 スポンサーリンク 最悪のケースを考えてみる 嫌なことがあると、ふと自分の機嫌が悪いなと感じる時がありますね。 ほとんどは考えないようにしたりして、いつのまにかごく自然と気持ちの切り替えができるのです。 しかし嫌なことが心にひっかかってしまうと、そう簡単には機嫌は直りません。 そんな時は、最悪のケースを頭に思い描いてみましょう。 嫌なことに関連することで思い浮かばなかったら、あまり関係のないことでもOKなのです。 例えるなら、来る途中に事故にあってしまった、好きな人が遠くへ転勤になったなど突拍子もないことでもいいのです。 そうすると、目の前の機嫌の悪くなった原因が些細なことに思えてくるでしょう。 そうなればあとは簡単で、「最悪のケースではないから良しとしよう」と考えれば良いのです。 考え方を変えただけで、気持ちがふっと軽くなりあなたの機嫌も良くなるでしょう。 機嫌が悪い表情のまま鏡を見てみる 機嫌が悪いと感じたら、鏡のある場所へ移動してみましょう。 そして、できるだけそのままの表情で鏡を覗いてみるのです。 鏡へ映ったあなたの顔は、想像以上に酷く驚くことになるでしょう。 怒ったり悔しかったりと機嫌が悪い時は、口調が荒っぽくなり表情も口角が下がり冷たくなります。 笑顔の時とは180度変わって、冷たいその表情は醜いものです。 機嫌が悪い時は誰でもありますが、そのような醜い顔のままいるのは嫌なはずです。 冷たい表情のままでは、周りの人への自分の印象を下げることになります。 イライラして自分の機嫌も悪くなり、周りへの印象も下がると、良いことは1つもありません。 ここは1つ、鏡の前で笑顔になって気持ちをぱっと切り替えてみましょう。 機嫌悪くぶすっとした表情でいるのは損で、笑顔の方が得なのです。 ニコニコしていれば、笑う門には福来たるなので良いことが起こるものです。 スポンサーリンク 友人に電話して話を聞いてもらう 機嫌が悪いと感じた時、あれこれ対処法を試してみますよね。 しかし、どれも効果がイマイチで心が落ち着かない時には、友人に助けてもらいましょう。 助けるといっても簡単で、電話をかけて話をするだけで良いのです。 世間話や最近楽しかったことや、思い出話でも何でも大丈夫です。 もちろん、機嫌が悪くなってしまった原因を聞いてもらってもOKです。 友人からすれば愚痴を聞くことになりますが、たまには愚痴も言わないと過度なストレスがかかってしまいます。 そういう時はお互いさまなので、友人に甘えてしまいましょう。 このように気の許せる友人に、少し時間をさいてもらい話を聞いてもらうだけで、ずいぶんと楽になるものです。 そして人と話すことにより、自分の気持ちの整理もできます。 話を聞いてもらった友人には感謝をし、気持ちを切り替えて元気になりましょう。 「機嫌が悪い」を悪化させない 機嫌が悪いというのは、とにかく自分で動かないと長引いてしまいます。 長引くと人間関係にも影響がでてくるでしょう。 不機嫌な人は自分でも息苦しいでしょうが、 相手や周囲にも息苦しさをまき散らしているのです。 この悪循環を突き破るには、 感情生活を沸き立たせるのがいちばんです。 機嫌が悪くなる原因を解決するには、 なるべく感情をオモテに出して、喜怒哀楽にブレーキをかけないことが大事だと伝えています。 もちろん程度はありますが、 多くの人が気持ちを押し殺して、機嫌が悪くなって、相手にも機嫌を悪くさせてしまっています。 まずはそこに気づくことからスタートさせてみてはいかがでしょうか。 相手の感情が今よりも理解できたり、 自分の気持ちを素直に表現できることにつながるかもしれません。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

駕にゆられてとろとろと一杯機嫌の初夢に(久保田万太郎、あるいは悪漢の涙 第六回)|長谷部浩|note

一杯 機嫌

本日は東十条に来ています。 いつもの様に、とある週末の昼間から美味しい蕎麦屋酒をと思い、JR京浜東北線東の東十条駅の南口より徒歩3分ほどの【一東菴】さんにお邪魔させていただきました。 南口を出て坂を下っていくと、どら焼きの超人気店である【】の行列がまずは見えてくると思いますが、それを横目にもう少し歩いていくと、昔ながらの古民家風の外観がなんとも趣のある、言わずと知れたお蕎麦の有名店である【一東菴】さんに到着します。 流石の人気店、本日も開店前の時間から既に5組のお客さん達が列をなしていました。 ゆっくりと蕎麦屋酒を楽しみたいという方は、早めにご訪問されることをお勧めします。 さて、しばらく待っていると、開店時間になり暖簾をくぐらせて頂きます。 店内は、中央に6名分の大きなテーブルが置かれ、4名席のテーブルが2卓に2名席のテーブルが囲む様に配置されており、 小上がりの8席分程の半個室のスペースもあります。 私たちはお店の一番奥の2名席のテーブル席に案内して頂きました。 店内の照明は落ち着いた明かりで、木の温もりも感じられるお店のつくりに、ゆったりとした蕎麦屋酒の時間が過ごせます。 さて、いつもの様にまずは一杯目のビールをお願いさせて頂きます。 エビスの小グラスを傾け、大根おろしとじゃこのお通しを摘まみに、喉を軽く潤しつつ、本日の蕎麦屋酒のお供をと、おしながきに目を通します。 最後のお蕎麦は「二産地味くらべ」をお願いするとして、まずは蕎麦前として、 たっぷりと蕎麦の実も混ぜられて、ネリにネラれた「蕎麦味噌」は、一口舐めると、味噌の旨味の後に蕎麦の実の香ばしさが後から追いかけてきて、ちびちびと摘まむのにとても良い酒の肴と、 わさび海苔がなんともお酒を誘う「わさびの二点盛り」に、 こちらにも少しだけ「蕎麦味噌」をつけて頂けたのが嬉しい、いつもの「板わさ」をお願いさせて頂きました。 どの一品もちびちびと摘まむのに丁度良い、正に蕎麦屋での一杯にあった一品で、ついビールのグラスを傾けるペースも上がり、あっという間にグラスは空になったので、 さぁ、日本酒を頂きましょうか。 蕎麦前の日本酒メニューから、 まずは三重の元坂酒造さんの【八兵衛】をお願いしつつ、色々とおつまみの一品料理も楽しみたいなと、 「チーズのかえし漬け」を追加でお願いします。 チーズの芳醇な香りと、日本酒がとっても良く合い、ついつい杯を重ねてしまい、 堪らず、二杯目には新潟の宮尾酒造さんの【〆張鶴】をお願いします。 ちびちびと楽しむおつまみの一品料理をここまでお願いしてきましたが、少ししっかりとした食べ応えのあるおつまみも頂きたいなと、最後の酒のお供にと「鴨肉のロース煮」をお願いさせて頂きました。 写真の、断面のお肉のジューシーな色合いからも伝わりますでしょうか? 一口噛むと、ほろりと噛み切れるほどにとても柔らかく煮られているにもかかわらず、鴨肉の旨味がじゅわーっと広がってきます。 添えられた粗びきマスタードを少しつけるもとても良いですが、「板わさ」のわさびを少しつけてもとってもよく合い、日本酒がついつい進んでしまう逸品です。 是非【一東菴】さんに足を運ばれた際には、ご賞味いただきたい、おススメの逸品です。 あれやこれや色々とお願いしたこともあり、テーブル一杯におつまみが広がっています。 日本酒の杯も進み、 その後とも、栃木の宇都宮酒造さんの【四季桜】と山形の麓井酒造さんの【麓井】をお代わりし、蕎麦前の時間を存分に楽しませて頂きます。 日本酒のお代わりをお願いする毎に、片口とお猪口も併せて代えて頂ける心遣いが嬉しいですね。 さて、あまりの居心地の良さに、少しまったりと長居をしてしまっていることもあり、そろそろのタイミングでと、最後にお蕎麦をお願いさせて頂きます。 勿論、「二産地味比べ」です。 本日の食べ比べの産地は、「島根県奥出雲横田小そば」と「島根大田三瓶在来」とのこと。 いずれのお蕎麦もとっても綺麗に切られていて、瑞々しさの中に力強い蕎麦の香りを感じられます。 石臼挽きで蕎麦のざらりと舌に残る食感も噛みしめながら、美味しいお蕎麦を楽しんでいると、あれだけ蕎麦前を楽しませて頂いた後にもかかわらず、それぞれのお蕎麦の特徴を楽しませて頂いていると、あっという間に手繰り終えてしまいました。 美味い! 最後はどろりした蕎麦湯でほっと一息つき、お会計。 女将さんのとても丁寧で気さくな接客と、あまりの居心地の良さにすっかりと甘え、ついついお昼の開店の時間から閉店までと大変に長居をして、蕎麦屋酒の時間を楽しませていただいてしまいました。 重ね重ねですが、本当に美味しい蕎麦前とお蕎麦、そしてゆったりと出来るお店の雰囲気に、本日もお昼間より大変に上機嫌。

次の