お尻 割れ目 黒ずみ。 お尻の座り跡?(黒ずみ)

気になるお尻の黒ずみ…原因は? ケアは?

お尻 割れ目 黒ずみ

トピ主様!私もなんですよ。 おしりなんてあまり普段見ないし、発見したときは私もショックでしたよ!私も痩せ型で、昔から硬い椅子は座るのが苦手で必ず座布団が必要でした。 おしりの形なのか骨の問題なのかよくわからないのですが、黒くなる原因として、下着などによって擦れることも考えられますよね。 血行が悪いのかな? 美白対策としては、お風呂のときに洗顔石鹸で(某メーカー、ネットで泡立てるもの)やさしく洗っています。 その後は顔と一緒で化粧水と保湿液をしています。 毎日はしていないのですが洗尻(洗顔ならぬ)後はなんとなくですが肌もやわらかく少し色が薄くなっているような気がします。 でもあまり気にしないようにはしていますよ。 トピ主様ももしかすると肌が敏感なのかもしれませんし、おしりをいたわってあげつつ、あまり気にしない方がいいとは思います。 毎日ひとに見せるところではないし!! ユーザーID:• 消えました。 痩せている方の黒ずみ対策は分からないので、ごめんなさい。 kikiさん、お肉があるのならば、黒ずみの原因は角質がたまっているのではありませんか?そこを美白しても効果は期待できないと思います。 私はとても敏感肌で特にお尻にトラブルができやすいので手入れと研究は念入りにしています。 今は、お尻フェチの彼氏&辛口女性陣が絶賛です。 まず、石鹸を固形(顔用がbest)にする。 よく泡立て、その泡で洗う。 ゴシゴシ擦らない。 タオルで拭く時も擦らない。 入浴後、ローション。 よく乾かしてベビーパウダーを大量にはたく。 清潔で締め付けない下着を着用。 週に1度はボディスクラブをたっぷり使用しやさしくマッサージ。 これを続けると、数週間で肌がプルプルになってきます。 綺麗になったら顔用石鹸ほど高価な物を使わなくてもOKですよ。 頑張って! ユーザーID:• 私もです。 私の場合原因は、やせ気味なのと、骨格ですね。 座っても寝ても骨の当たる感覚があります。 私は両側のお尻の骨だけでなく、尾てい骨の部分も出っ張ってて黒くなっちゃってるので・・・。 なので畳にお布団で寝るのはとってもきついです。 横向きで寝るしかありません。 ゆえにベッド派です。 話がそれましたが、柔らかい座布団などである程度防げるとは思いますが、あまり気にしてません。 私の場合水着でもTバックでもない限り見えない場所ですし。 これって、思うに、皮膚の「黒ずみ」っていうよりは、「アザ」に近いです。 なので、美白剤などの効果は多少は期待できても、根本的に「アザ」ができないようにするしかないと思います。 ユーザーID:• 気になってました!.

次の

みるみるキレイになる!お尻の黒ずみを治す方法を全解説【保存版】

お尻 割れ目 黒ずみ

広告 黒ずみはどこにできるの? お風呂屋さんなどに行き ふと目にする他人のお尻に 思わず自分のお尻は大丈夫かな?とチェックし、 はじめて気付いた人も多いかもしれません。 そのぐらい、お尻って自分では あまり見る機会がないものなんですよね。 しかし、お尻って黒ずみや ブツブツニキビが非常に出来やすい場所です。 黒っぽくなっているのは、 メラニン色素が沈着しておこる色素沈着です。 色素沈着というのは、 何の原因もなく起こる訳ではなく 繰り返しその部位に刺激が加わることで 防御反応としておこる現象です。 その為、刺激を与えている原因を 知ることがとっても大切ですよ。 お尻に黒ずみができる理由 では、刺激が原因で起こるお尻の黒ずみの 理由を探っていきましょう。 肌着と肌の摩擦 1つ目の刺激の原因は、毎日身につけている下着です。 歩く、座る、体勢を変える。 そんな様々な動作で身体を動かす時に 肌着と肌がこすれ合うことです。 自分では、そんなに強く こすっているつもりはなくても それが何度も何度も繰り返されることで 肌には刺激と認識されてしまうのです。 また小さめの肌着を身につけていませんか? 女性は、やはりスタイルをよく魅せたいという気持ちもあり、 小さめのかわいい下着を選んでしまう傾向にあります。 しかし、それによって圧迫してしまうことも 肌と下着の摩擦を強くしてしまいます。 また、小さ過ぎる下着を身につけ お尻の下の部分がはみ出ている方いらっしゃいますよねよね。 これにより、摩擦はより強くなり 食い込みにまで発展してしまうのです。 さらに下着の素材です。 ナイロンなどの化学繊維の下着はすべりがよく、 余計に摩擦を起こしやすくなるのです。 このように毎日の刺激でできる 黒ずみは「摩擦黒皮症」と呼ばれ 深部にシミが出来てしまうので改善に 時間がかかるのが特徴です。 乾燥にターンオーバーの乱れ お尻に化粧水を塗っているという方は なかなかおられないでしょうが、 お尻って意外と乾燥する場所なのです。 赤ちゃんのお尻はもちもちスベスベですが 大人になるとそうもいきません。 1つ目は、お尻のおかれた環境です。 座っていることが多いと血流も悪くなるので 乾燥が進みやすい場所です。 2つ目に先ほどご紹介した下着の問題もあります。 何度も摩擦が加わることで 痒みが出てしまい、掻いてしまうことあります。 そんな風に乾燥が進むと、 お肌のターンオーバーが通常よりも 早く進んでしまいます。 そして「過角化」という皮膚を分厚く させてしまう状態を引き起こすのです。 かぶれや炎症 お尻は刺激により乾燥しやすい一面と 汗をかきやすいという面も持っています。 自律神経の影響も受けやすく 車の運転などで緊張すると気付けば お尻が湿っぽいということもある程です。 顔や首であれば、汗をかけば 拭きとることをしますが、 なかなかお昼間にお尻を拭くということって ありませんよね。 つまり、お尻にかいた汗と肌着の間で 蒸れがおこり、かぶれが起こったり 炎症がおきたりしてしまうのです。 ホルモンバランス お尻とホルモンバランスは無縁のような イメージですが、ホルモンのバランスは あらゆる部位に起こるのです。 生理前後や妊娠、出産などによる ホルモンバランスの乱れによって 黒ずみが出来やすくなることもあります。 綺麗にする方法 では、とっても酷使されやすいお尻をケアし 綺麗にする方法をご紹介しますね。 保湿する お顔のケアをするのと同様に お尻も保湿ケアをしてあげるようにしましょう。 セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、 エラスチンといった、保湿力が高い クリームなどを使用することが有効です。 お尻をごしごし洗うのではなく優しく洗った後に、 手で血流をあげるようにしながら そっと塗り込んでいきましょう。 マッサージをする 摩擦により血流が悪くなりがちな お尻の血流を戻してやる事も大切です。 清潔にした手で、 マッサージクリームやオイルなどを お尻にぬり、手のひらや指の腹などで 優しくリンパや血液を流すイメージで マッサージしていきましょう。 お尻のたれを防ぐために、 下から上にマッサージしていくのがお勧めですよ。 また、吹き出物などがある部位は 刺激を与えないように避けてくださいね。 ピーリングをする 古い角質を取り除くことで、 黒ずみをとる方法もあります。 これは酸の働きによって 黒ずみをとっていくものです。 重曹1に対しお水を1の割合で ペーストを作り、円を描くように 黒ずみに塗っていきます。 そして15分程度おいて洗い流すだけ。 とっても簡単で天然由来なので お肌にも優しいですよ。 頻度は週一程度にとどめ ピーリングの後には保湿をしっかり することも大事なポイントです。 専用クリームを使う 黒ずみ解消クリームは多数存在するのですが、 お尻の黒ずみに特化したものを使いましょう。 おすすめは です。 黒ずみケアについて、当サイトで一番反響のあるクリームです。 また、楽天リサーチの黒ずみクリームに関するアンケートで 「効果をすぐに実感できる商品」1位を獲得していることからも 効果と人気の高さが分かります。 ハーバルラビットには、 プラセンタ、ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K、米ぬかエキスなど 美白・潤い成分が独自に処方されています。 60日間の返金保証制度もあるため 使ってみて効果を感じられないと思った際には 返金してもらえるのも安心ポイントだと思います。 おわりに お尻が黒ずんでしまうのは 何か不摂生なことをしているからではなく 普段の生活の中で徐々についていくもの というのはお分かりいただけたかと思います。 日々の積み重ねで黒ずんでいってしまうので、 まずは原因を理解して、 黒ずみを生む習慣を取り除き その中で出来てしまった黒ずみには 優しくケアをしていきましょう。

次の

気になるお尻の黒ずみ…原因は? ケアは?

お尻 割れ目 黒ずみ

目次 外因性が原因となるお尻の黒ずみ 座っている時間が長い デスクワークなど長時間座っている機会がある方は、お尻に負担がかかる時間が多く、血行が悪くなって老廃物が溜まりやすくなっています。 老廃物が溜まると血の色も悪くなり、肌の透明感が失われて肌色も黒っぽく見えるために黒ずんで見えます。 また、体重がお尻にとって圧力になり、肌の新陳代謝が悪くなるために肌の生まれ変わりである、ターンオーバーがスムーズに進まなくなって古い角質が溜まる「過角化」が行われている可能性もあり、肌が固くなって黒ずんでいきます。 摩擦による刺激 肌は摩擦による刺激に弱く、摩擦を受けた肌はダメージを感じて、自らを守ろうとメラノサイトからメラニンが作り出され、メラニンを含んだ角質は黒くなります。 黒くなった角質は、正常に肌のターンオーバーが行われると排出されていきますが、新陳代謝の低下などによってターンオーバーの働きが鈍ったり、メラニンが過度に作られることが原因で、排出が追いつかなくなり、角質が溜まり黒ずんでしまいます。 お尻は座ったり立ったりすることで摩擦による刺激を受けやすい部分なので、気をつけていないと黒ずんでしまいます。 下着による締め付け 下着の締め付けは肌にとってとても負担になり、ダメージになります。 とくに、サイズが合わない下着は肌への負担も多く黒ずみの原因に。 下着によって締め付けられることで、血行が悪くなると血液がドロドロと黒ずんだものになり、肌色へも影響します。 また、足の付け根などが下着で締め付けられると、歩いたときや動いたときに摩擦がおきて肌へのダメージになります。 黒ずみを予防するためには、締め付けないように、サイズの合った下着を着用することが大切です。 シャンプーや石鹸の洗い残し 肌にシャンプーや石鹸の洗い残しがあると、それが毛穴の中に入り込み、汚れとなって皮脂と一緒に詰まってしまいます。 毛穴に詰まった皮脂や汚れはアクネ菌の大好物。 繁殖したアクネ菌によって作りだされたリパーゼは皮脂を分解し、遊離脂肪酸が作られますが、遊離脂肪酸は炎症を引き起こす作用があるためにニキビができます。 お尻は下着などで蒸れやすくニキビも治りにくい場所。 跡になってしまうとくすみや黒ずみの原因となります。 乾燥している お尻は顔と違って、スキンケアにはさほど力を入れないことも多く、乾燥している可能性も。 肌が乾燥していると角質細胞の1つ1つの水分が不足してカサカサの状態になり、角質と角質がくっつきやすく剥がれにくい状態になります。 そのため、肌が乾燥していると古い角質が自然と剥がれ落ちるターンオーバーが上手くいかなくなり、肌に古い角質が溜まりやすくなり「過角化」が行われ、肌のくすみや、黒ずみを引き起こします。 摩擦がおきると肌にダメージを与えて、肌のメラノサイトからメラニンが作り出されて黒ずみの原因になります。 とくにデコボコした不安定な道や段差のある所での走行は、お尻には過酷で負担も大きいもの。 メラニンを多く作り出した肌はメラニンが障害になるのでうまく力が働かずに、結果としてターンオーバーのサイクルが乱れてしまいがちです。 ニキビやニキビ跡による色素沈着 お尻は通気性が悪く、汗や皮脂で蒸れやすい部分のため、皮脂が毛穴に詰まりやすくニキビができやすい部分。 それに加えてお尻は、座っている時の体重の加圧などによってターンオーバーが乱れがちになるため、ニキビが出来るとなかなか治りにくくなります。 また、お尻は普段じっくりと見る機会もなく、一度出来てしまったニキビに気がつかずにケアが遅れてなかなか治らず跡になり、色素沈着してしまうことも。 そのため、ニキビやニキビ跡が原因でお尻が黒ずむことがあります。 ターンオーバーが乱れることによって古い角質が剥がれ落ちなくなり、角質が溜まる「過角化」が行われることも。 ダメージを受けにくく正常な肌であれば、28日周期で肌細胞は生まれ変わりますが、血行不良や乾燥、メラニンが過剰に作られることなどによってターンオーバーが乱れてしまうと、肌細胞の生まれ変わりが行われなくなるために古い角質が残り、黒ずみになります。 女性は、ストレスや睡眠不足、生理周期などによってホルモンバランスを乱しがち。 生理後は卵胞ホルモン、生理前は黄体ホルモンが分泌されますが、黄体ホルモンは男性ホルモンに似た作用があるために過剰に分泌されてしまうと、皮脂量が増えてしまいニキビや肌トラブルが起きやすくなります。 また、女性でも、過度なストレスによってホルモンバランスが乱れてしまうと、男性ホルモンが分泌されてしまいます。 男性ホルモンはメラニンを多く作り出してしまう作用があるため、シミやくすみ、黒ずみができやすい肌になってしまいます。 ストレスをためずに良質の睡眠をとり、ホルモンバランスを整えることが大切です。 お尻の脂肪は、椅子に座ったときのクッションの役割になり、衝撃をやわらげてくれるからです。 反対に脂肪が少ないと衝撃が伝わりやすく、刺激を受けやすくなるので、アザや黒ずみができやすくなります。 ふくよかな人がお尻にアザが少ないのはそのためです。 ダイエットのし過ぎで脂肪を落としすぎるとお尻に黒ずみができやすくなるので注意しましょう。 食生活の乱れ 食生活が乱れてもお尻の黒ずみの原因になります。 黒ずみを予防して美尻を保つためには、肌に良い栄養をバランス良く摂取することが大切です。 美肌には、肌を整え透明感を保つビタミンC、肌の再生を促すビタミンAやビタミンB、抗酸化力が高く肌老化を防ぐビタミンE、肌そのものを健康に作り出すたんぱく質などが欠かせません。 ビタミンCは、柑橘系の果物、イチゴ、ブロッコリーに。 ビタミンAはウナギ、アナゴ、レバーに。 ビタミンBは豚肉、納豆、カツオに。 ビタミンEはナッツ類、食物油、ホウレン草、カボチャに。 タンパク質は鶏肉、豚肉、牛肉、納豆などにそれぞれ多く含まれています。 肌に良い栄養素をバランス良く摂りましょう。 黒ずみが出来やすい部分 お尻のトップ いちばん盛り上がっているお尻のトップは、下着との摩擦による刺激も受けやすく、座っているときも体重による加圧で負担が大きい部分。 肌はダメージを受けると、肌を守ろうとしてメラノサイトからメラニンが作り出され、ターンオーバーがスムーズに進まないと、メラニンを含んだ古い角質が排出されずに、くすみや黒ずみになります。 体重による加圧は、古い角質が排出されるターンオーバーが進みにくくなるため、角質が溜まる「過角化」が行われることになり、皮膚が固くなって黒ずみやすくなります。 お尻と足の境目 下着が当たる、お尻と足の境目も黒ずみができやすい部分です。 お尻と足の境目はふだん動いたり歩いているだけで下着と擦れて摩擦がおきているので、肌へのダメージが多くなります。 そして、摩擦を受けた肌はダメージから守ろうとしてメラノサイトからメラニンを作り出し、メラニンを含んだ角質は黒くなるため肌の黒ずみになります。 メラニンを含んで黒くなった角質は、肌の生まれ変わりであるターンオーバーによって剥がれ落ちるため、肌の色は元に戻りますが、お尻と足の境目は頻繁に摩擦がおきているのでメラニンも多く作り出されることになり、ターンオーバーの力が追いつかなくなり、黒ずみとして残りやすくなります。 お尻の割れ目 お尻の割れ目も黒ずみやすいところ。 汗をかきやすく、通気性も悪いので蒸れやすい部分であり、下着などとの摩擦もおきやすい部分なので、肌へのダメージが多いところです。 そのため、ダメージから肌を守ろうとしてメラノサイトからメラニンが過剰に分泌されて、黒ずみができやすくなります。 また、あせもができてかゆみが現れたり、あせもの跡が残ってくすんだり黒ずんだりしやすい場所でもあります。 仕事中など座るときはクッションをひいて座る 仕事や食事、乗り物での移動など、長時間椅子に座る機会は多々あります。 そのため、お尻には体重の圧力がかかりやすく血行が悪くなりやすいので、肌のターンオーバーが遅れがち。 そうなると、肌には古い角質が溜まって角質が厚くなる「過角化」が行われやすく、固くゴワついて黒ずんだ肌になりす。 そのため、椅子に座るときはクッションを敷いてお尻の負担を軽くしてあげると良いでしょう。 血行不良を防いで、過角化や老廃物の停滞を予防することができます。 ガードルなど締め付ける下着は避ける ガードルなどの締め付けは美尻には大敵。 血行不良になり老廃物が溜まったり、擦れて摩擦をおこしたりと肌へのダメージが大きいもの。 老廃物が溜まると血液は濁った色になり、肌色へも影響して黒くくすんで見えます。 また、摩擦でダメージを受けた肌は、メラノサイトからメラニンを作り出して肌を守ろうとし、肌に残るとくすみやシミ、黒ずみの原因になります。 そのため、締め付ける下着はさけて、とくに夜はゆったりとした下着を身につけてターンオーバーを促すと良いでしょう。 木綿など天然素材の下着を身に着ける 下着は天然素材のものがおすすめです。 ナイロンなどの化学繊維は、肌との間に摩擦が生じやすい素材で肌への刺激も多いため、黒ずみができやすい肌になります。 お尻の黒ずみを予防するためには、木綿やシルクなど天然素材の下着がおすすめです。 肌ざわりも優しく、通気性が良いので肌への負担が少なく肌トラブルを予防する効果が期待できます。 また、吸水性も良くあせもやニキビもできにくくなります。 食事でビタミンをしっかり取る 食事ではビタミン類をしっかり摂りましょう。 美尻に必要にな栄養素も顔の美肌と一緒でビタミンは必須です。 肌のコンディションを整えてシミ、くすみを予防してくれるビタミンC、肌細胞の生まれ変わりや再生を助けてくれるビタミンA、B、抗酸化作用で肌の老化を予防してくれるビタミンEを積極的に摂取しましょう。 柑橘類の果物や、緑黄色野菜やナッツ類をバランス良く摂り、肌を作るたんぱく質もしっかりと摂りましょう。 十分な睡眠をとる 良質な睡眠は美肌に欠かせません。 肌に古い角質が溜まる「過角化」を防ぐためには、肌のターンオーバーを促す必要があります。 ターンオーバーは、夜22時から2時までの間におこなわれ、睡眠中に分泌される成長ホルモンの作用によって行われます。 また、成長ホルモンは寝てから3時間後に最も多く分泌するといわれており、ターンオーバーをきちんと行うためには6時間以上の睡眠が必要とされています。 そのため、夜更かしはせずに、肌のターンオーバーに備えて規則正しい生活を心がけ、しっかりと睡眠を取りましょう。 汗をかいたら拭く お尻は汗をかきやすく、下着で蒸れやすい部分。 そのために、汗をかいたままにしておくと肌への負担になるとともに、あせもの原因になります。 それに加え、お尻は座っていることで体重がかかり血行不良になることが原因で、ターンオーバーが乱れがち。 そのため、できてしまった肌トラブルが治りにくい部分です。 肌トラブルが黒ずみを引き起こすことを防ぐためには、なるべく汗を残さないことが大切です。 お尻は普段なかなか汗を拭きづらい部分ではありますが、トイレなどの時間にシートなどで拭いて清潔に保ちましょう。 お風呂で出来るケア 湯船につかる 血行を良くして美尻を保つために、シャワーではなく湯船につかることがおすすめです。 シャワーでは一見体が温まったようですが、体の内側から温まったのでは無く皮膚の表面の温度が一時的に上がっただけで、すぐに戻ってしまいます。 そのために血液を温めることはできずに、血行は良くならずに老廃物が溜まりやすい体に。 しっかりと湯船につかることで体の芯から温めて血行をよくすると、老廃物がスムーズに排出されやすい体になるので、お尻の黒ずみを予防することができます。 また、湯船につかることはリラックス効果もあるのでホルモンバランスを整える効果に期待できます。 お尻をピーリングをする 古い角質を取り除くピーリングをすることによって、肌の再生サイクルを早めることができます。 黒くなった古い角質は肌の生まれ変わりであるターンオーバーが行われると剥がれ落ちて元の肌の色に戻りますが、メラニンが作られた肌ではメラニンが障害になってターンオーバーが遅くなりがち。 そのため、自然に剥がれ落ちるのを待つよりもピーリング剤などでお手入れを加えて古い角質を取り除くことによって効果的にターンオーバーを行うことができ、黒ずんだ肌を元の色に戻す手助けができます。 お風呂で洗うときは優しく手洗いする お風呂で体を洗うときは、手で優しく洗いましょう。 体を洗うためのナイロンのタオルなどは、汚れが落ちやすいようで良いように感じますが、肌へは逆効果。 肌に摩擦がおきてしまい、ダメージで肌を傷めてしまうことにつながります。 また、ゴシゴシこすることも肌へはとても負担。 ダメージや負担を感じた肌は、肌を守ろうとメラノサイトがメラニンをどんどん作り出して黒ずみの原因に。 そのため、お風呂で体を洗うときはしっかりと泡立た石鹸やボディソープなどを使い、手で優しく洗うことを心がけましょう。 マッサージで血流を良くする お尻の黒ずみを予防するにはマッサージで血行を良くすることがおすすめです。 お風呂で清潔になったお尻にクリームなどの肌すべりの良いものをつけて、下から上へと優しく持ち上げるようにマッサージしましょう。 人差し指から小指までを使い、コリ固まった老廃物をほぐしながら、尾てい骨の上のくぼみまで流していきましょう。 お尻の上のくぼみはリンパ節があり、老廃物を外に排出する道への出口になっています。 マッサージをして老廃物をくぼみに集めたら、最後は手をグーにしてくぼみをほぐすことで、老廃物をスムーズに排出することができ、お尻の黒ずみを予防することができます。 お風呂上りにクリームを塗って保湿する お風呂上りには、お尻にクリームを塗って乾燥を予防しましょう。 乾燥は、肌のターンオーバーを遅らせたり、あらゆる肌トラブルの原因になり、肌を黒ずませてしまうことにもつながります。 お尻専用のクリームがおすすめですが、保湿成分や美白成分が配合されているものも効果的です。 お風呂上りは、顔の肌と同様にお尻の肌も乾燥が進みます。 しっかり保湿して乾燥を防ぎ、肌トラブルを避けながら、美白成分が黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑えてくれて、くすみやシミ、黒ずみを防いでくれるでしょう。 美容成分が98. 2%配合されたお尻専用のジェル。 朝、夜とそれぞれの環境に合わせた成分が配合された、2つのセットです。 日中用は、内側からふんわり輝くお尻へ育てるために高級美容成分の酵母エキスやみずみずしい成分を補うために20種類の植物エキス。 夜用は、皮膚再生医療で使われたEGFや抗酸化力やコラーゲンの生成力に優れたフラーレンを配合。 その他コエンザイムQ10やコラーゲゲン、プラセンタ、セラミドなどの美容成分がたっぷり。 界面活性剤、パラベン、合成香料、鉱物油など、デリケートなお尻に刺激になるものは徹底的に排除した無添加処方で弱酸性。 アレルギーテスト済で、むきたまごのようなお尻を目指します。 ロゴナ ベビィ ケアクリーム 自分に合ったケアで綺麗なお尻になろう お尻の黒ずみや肌トラブルは気がつきにくく、治りにくいもの。 トラブルを見つけたら早めに対処をしましょう。 また、いつでも堂々とお尻に自信がもてるように、日々のケアも大切です。 それぞれの生活スタイルによってお尻が黒ずむ種類や原因もさまざま。 自分に合ったスキンケアできれいなお尻を保ちましょう。 当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。 この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

次の