さつまいも おやつ 幼児。 赤ちゃんのおすすめおやつ 〜さつまいもと食物繊維編〜

さつまいもスイーツレシピ人気12選|おやつにぴったり簡単お菓子作り

さつまいも おやつ 幼児

この記事の目次• さつまいもと言えば定番!大学芋レシピ6選 オーブンやハンドミキサーなどを使わず、どこのご家庭でも簡単に作りやすい大学芋! 基本の作り方と、アレンジを楽しむレシピをご紹介します! 基本の大学芋 ほっくりとしたさつまいもに、黄金色に輝く蜜が絡んだ最高のおやつ!基本の作り方からご覧ください。 【作り方】• 1 さつまいも(正味500g)を皮付きのまま乱切りにし、10分ほど水にさらします。 3 鍋に砂糖とみりん(各大さじ5)と醤油(大さじ2. 5)を沸騰させ、黄金色になったら火を止めます。 4 揚げたさつまいも、黒ごま(小さじ1)を手早く絡めたら出来上がり! ポイント さつまいもはだいたいの量を用意し、 調味料は2:2:1と覚えておきましょう! 揚げる前に1日天日干しにしたり、2分程度レンジ加熱して水分を飛ばすことで、 ふっくらと仕上げることができます。 時間のある時にはこの方法もお試しください。 サクサクバージョン グラニュー糖をまぶして表面のサクサクっとした食感を楽しめる大学芋。 子供たちがたくさん食べてくれそうです! 揚げずに簡単!大学芋*シナモン風味* 油で揚げない大学芋は、 ふっくらと優しい食感に仕上がります。 メープルシロップで優しく甘味を付けているので、 甘いものが苦手なパパのおつまみにもおすすめです! 黒みつの大学芋 黒蜜を使うとこってりと濃厚な甘味の大学芋に! 「甘いものが食べたい!」そんなときにはぜひ作ってみたいレシピです。 塩麹の大学芋 甘さが魅力の大学芋に塩味をきかせたレシピ。 醤油を入れないので 色がとてもきれいに仕上がります。 超簡単!素材の甘さ抜群のふかし芋レシピ4選 水で茹でずにふかすことで、さつまいも本来の甘さをしっかり味わうことができます。 小さな子供のおやつにはぴったりです。 1 さつまいもは皮付きのまま水洗いし、食べやすい大きさに切ります。 塩少々を入れた水に10分ほどさらしてアク抜きします。 2 蒸し器に並べ、水から蒸します。 沸騰してから30分が目安です。 さつまいもの太さ、大きさによって蒸し時間が異なるので、竹串を刺すなどで確認してください。 3 ザルに上げて荒熱を取ったら出来上がりです。 切って冷凍保存も可能。 家族みんなが 大好きなスイートポテトレシピ、ご覧ください。 基本のスイートポテト 【作り方】• 1 さつまいも(正味200g)は茹でて皮を剥き、裏ごしするかマッシャーで潰します。 固さを見て牛乳(10g)を加えてください。 ポイント さつまいもの水分により、 牛乳の量を調節してください。 クリーミーな食感が良ければ牛乳を多めに、 また裏ごしするのがおすすめです。 さつまいもの食感を残したい場合は フォークで軽く潰す程度でもOKです。 【作り方】• 1 さつまいも(正味200g)は茹でて皮を剥き、裏ごしするかマッシャーで潰します。 2 荒熱が取れたらバター(30g)、バニラアイス(120g)を混ぜ合わせます。 3 スプーンを使って天板に落とし、表面に卵黄(適量)を塗ります。 ポイント さつまいもはラップに包み、 600wで5分加熱するとより簡単に作ることができます。 ケーキのような高級感いっぱいで、おしゃれな一品になります! スクエアスイートポテト 四角く作ったスイーポテトに生クリームをトッピング。 底にはグラハムクラッカーを敷いて食感も楽しめます。 ケーキのようなインパクト大のスイートポテトは、持ち寄りランチ会のデザートなどにいかがでしょう。 ネズミのスイートポテト 基本の作り方を参考に、形を可愛らしく仕上げたスイートポテト。 子供たちから歓声が上がりそう! チョコスイートポテト 通常のスイートポテトにココアパウダーと生クリームをプラス。 レンジでヘルシー サツマイモチップス 材料はさつまいもと塩のみ。 レンジで水分を飛ばすだけで、カリカリのチップスになります。 お腹が満足する蒸しパンは、 朝食や昼食にもおすすめです。 ちぎりさつまいもパン 作業時間はたったの20分。 パン作りをしたことのない方でも 失敗なしの簡単レシピです。 発酵に時間がかかるので、余裕のある日に挑戦してみてください! トースターで作るさつまいもクッキー 砂糖を控えめに作るさつまいものクッキー。 歯ごたえのあるおやつは噛む回数が増えて子供のおやつに最適です。 シンプルな材料でさつまいもをしっかり味わうことができる、 もっちり食感のおやつです。 さつまいものイメージが覆ります! 甘酒とさつまいものチーズケーキ 話題の甘酒を使った優しい甘さのおやつ。 さつまいものしっとり感とチーズのこってり感は相性抜群! お腹を満たしてくれるしっかりおやつです。 安納芋のモンブランタルト 美味しいさつまいもが手に入ったら、絶対に作りたいモンブラン! さつまいもの甘みをしっかり味わうことのできるレシピです。 見た目にもゴージャスなおやつですね! さつまいもとりんごの天板ケーキ ボウル1つに材料をどんどん投入!混ぜるだけの 簡単焼きっぱなしケーキです。 パクパクと食べやすく、あっという間になくなりそう! 炊飯器deりんごとサツマイモのケーキ さつまいもとリンゴは相性ばっちり!炊飯器にお任せのケーキなので、 時間のないママでも簡単に作ることができます。 焼きたても冷めても美味しく食べられます。 さつまいものキャラメルタルト ちょぴり手間をかけたおやつは時間のあるときに作ってみたいですね。 カリカリのキャラメルとサクサクのタルト、ほくほくしっとりさつまいも。 3つの食感を楽しめる本格スイーツです。 さつまいもは、食物繊維が豊富に含まれていることで有名ですね。 便秘解消に効果があり、腹持ちが良いのでダイエットにもぴったりです。 ママにとってはもちろん、子供にとっては 補助食品として最適な食材。 「お腹がすいたー!」の声におすすめの簡単レシピから、特別な日にもぴったりな高級感いっぱのお菓子まで、様々ご紹介しました。 スーパーに行けば季節を問わず手に入るさつまいも。 時間の余裕を見ながら、ぜひ挑戦してみてくださいね! [co-9].

次の

幼児食のさつまいものおやつレシピ

さつまいも おやつ 幼児

材料がわかるのでヘルシーで健康的 本来、離乳食期の赤ちゃんや幼児にとっておやつとは「補食」、つまり食事では足りない栄養を補うものです。 できるだけ栄養があって、健康的なおやつが望ましいです。 手作りおやつのメリットは、材料を自ら選ぶことができる点です。 市販のおやつは保存料や着色料、食品添加物などが多く含まれていて、目に見えない材料がたくさん入っています。 反対に、手作りのおやつはすべての材料が目に見えるので、必要なものとそうでないものをパパママの目線できちんと選ぶことができます。 アレルギーを持つお子さんにも安心して食べさせられますね。 保存料や添加物を使用しない手作りおやつは、身体に良く健康的です。 使用する油や砂糖も、健康に良いものに変えると、赤ちゃんや幼児にも安心して食べさせられます。 卵・牛乳・小麦粉不使用!サクっとモチっとおいしい大人気おやつ 昔懐かしいボーロが、材料3つだけでできます。 卵と牛乳、小麦粉を使用していないので、アレルギーのあるお子さんや、離乳食期の赤ちゃんにも安心して食べさせられます。 手づかみ食べがさらに楽しくなるおやつですよ。 材料が少なく、作りやすいのでいつでも作れるお手軽感もあり、節約にもなります。 またさつまいもは食物繊維などの栄養が豊富です。 月齢や成長に合わせて材料をアレンジすると、色々な味を楽しむことができます。 さつまいもをかぼちゃやバナナに変えてみたり、水ではなく牛乳や豆乳を使ったり、アクセントにきな粉をプラスするなどお好みの味を探してみてくださいね。 作り方とポイント 1、さつまいもを洗って水分がついたままトースターに入れます。 10分焼いたら90度倒して再度10分加熱します。 2、焼いたさつまいもの皮をむき、マッシャーやフォークでつぶします。 3、2に片栗粉を入れざっと混ぜたら、お水を少しずつ入れて、粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせます。 3を小さめのひと口大に丸めて、クッキングシートを敷いた天板の上に並べます。 さつまいもは焼きムラのないようにします。 電子レンジで加熱しても蒸しても茹でてもOKです。 天板に並べる際は、隣同士がくっつかないようにしましょう。 手づかみ食べにピッタリ!毎日食べたい安心材料のアレルギーフリー 卵・牛乳不使用、米粉を使うと小麦粉も使わない、アレルギーフリーのお手軽パンです。 パン作りに欠かせないイーストやベーキングパウダーも使っていません。 もちもちとした食感で、食べごたえのあるじゃがいもパンは、離乳食にも使えます。 離乳食後期の9ヶ月・10ヶ月頃の赤ちゃんが手づかみ食べするのにちょうどいい大きさです。 夜準備して朝焼くだけという時短技もできるので便利な上、アレンジも可能です。 じゃがいもをさつまいもやかぼちゃに変えたり、細かく刻んだ野菜を入れたり、お好みでアレンジしてください。 また、ピザ用チーズを混ぜれはポンデケージョを作ることができますよ。 ただしチーズは離乳食完了期の1歳を過ぎてからにしましょう。 作り方とポイント 1、電子レンジや茹でるなどして、じゃがいもが柔らかくなるまで火を通します。 熱いうちに皮を剥いて、マッシャーやフォークでつぶします。 2、1に米粉、片栗粉、塩も入れて、混ぜながら丁寧につぶします。 しっかりつぶれたら、水を少しずつ加えて手でこねます。 3cmくらいに丸めます。 じゃがいもの皮と芽を取って炊飯器でご飯と一緒に炊くと、手間が省けますよ。 生地を丸めた状態で冷蔵庫も保存できます。 夜作っておくと、朝焼くだけなので時短になりますよ。 生地にピザ用チーズを入れるとポンデケージョができるので、ぜひお試しくださいね。 作り方とポイント 1、お好みの野菜を柔らかく茹でて、豆乳と一緒にミキサーにかけます。 2、1をボウルにうつし、米粉、砂糖、ベーキングパウダーを加えて泡立て器で粉っぽさがなくなるまでよく混ぜます。 3、底のあるドーナツ型に、サラダ油を薄く塗ります。 2を型の7~8分目まで流し入れます。 4、600wの電子レンジで1分40秒、ラップをせずにチンします。 1~2分はラップをかけてそのまま蒸します。 火が通っているのを確認して、型から外したら完成です。 100円ショップで売っている型を使用しています。 お手持ちの型により加熱時間を調節してください。 また、小分けしてラップに包み、保存袋に入れれば冷凍保存ができますよ。 解凍はレンジで30秒加熱してください。 作り方とポイント 1、ボウルに薄力粉、砂糖、ベーキングパウダーを合わせてふるいます。 ビニール袋に入れたり、泡立て器でグルグルとかき混ぜでもよいです。 2、豆腐を別のボウルに入れて、泡立て器で潰しながらペースト状になるまで混ぜます。 3、2のボウルに1と牛乳を少しずつ加えて混ぜながら、ぽってりとした生地になるまで牛乳を加えます。 4、フライパンを弱火~中弱火に加熱し、3の生地をのせ蓋をして焼きます。 片面が焼けたら、ひっくり返して反対も焼いたら完成です。 豆腐の水分量によって牛乳の量を加減してください。 あまり混ぜすぎない方がきれいに膨らみます。 大さじのスプーンでこんもりとなるように生地を落とすと良いです。 きな粉やすりおろした野菜を入れる時は、3で一緒に加えましょう。 作り方とポイント 1、ボウルに、薄力粉、片栗粉、生パセリ、すりおろしにんじん、粉チーズ、塩、サラダ油の順に、泡立て器で混ぜながら加えます。 ボロボロとまとまりがありませんが、こねるので大丈夫です。 2、大体まとまったら、粉っぽさがなくなるまで手でこねます。 生地がまとまらない場合は、少しずつ油を足してください。 3、まとめた生地を、麺棒で4mmくらいの厚さに伸ばします。 幅1cm、長さ5cmくらいの棒状に切り揃えていきます。 幅や長さはお好みで変えてください。 あら熱を取ったら密閉できる袋や瓶に入れると保存が可能です。 生地を伸ばす時にべたつくようであれば打ち粉をしてくださいね。

次の

幼児期のおやつに最適!ヘルシーで美味しい理想のおやつレシピ7選

さつまいも おやつ 幼児

秋が深まってきましたね。 秋にはおいしい食べ物がいっぱいありますがそんな中でも さつまいもを思い浮かべる方もきっといますよ。 石焼き芋の音やさつまいもを使用したお菓子など音や匂いで本当に 食欲をそそる食べ物ですよね。 うちの子供達も、幼稚園の頃に毎年秋になるとさつまいも堀に行っていたためすっかり秋の食べ物と認識しています。 うちの子供たちはスイートポテトが大好きなのですが、みなさんのおうちではどのように食べることが多いですか? 大人から子供まで大好きなさつまいもなんですが、本当に 栄養がたっぷりと含まれているんですよ。 そしてそのさつまいもの栄養なのですが、ぜひぜひ小さなお子様特に 幼児に摂取してもらいたいんですよ。 え?なぜ 幼児って思われる人も多いと思いますが、 さつまいもの栄養こそが幼児向きなんですよ それではこれからさつまいもの栄養について見ていきたいと思います。 そしてさつまいもといって一番に浮かぶ栄養といえば 食物繊維ですよね。 この食物繊維ですがぜひ幼児に摂取してもらいたいのです。 乳児の頃はミルクや母乳を摂取して成長してきた赤ちゃんも 幼児になってくるとそれだけでは足りなくなります。 成長に必要な栄養をミルクや母乳以外で摂取するようになってくるのですが、このころに目立つ症状と言えば、そう 便秘。 まだ消化吸収がうまくできなかったり量も食べられなかったりする幼児は便秘に悩まされることも多いですよね。 かといってあまり薬に頼るのはまだまだ小さい 幼児だと心配ですよね。 できれば使いたくないですよね。 ヤラピンって聞いたことがありますか? わたしも最近知ったのですが、さつまいもを切った時に出てくる乳白色の液が ヤラピンなんですよ。 このヤラピンですが、整腸効果があり便を柔らかくしてくれる効果があるんです。 便秘予防効果があるんですよ。 食物繊維とヤラピンの効果で便秘を予防してくれるんですよ。 ぜひ便秘気味のお子様に食べさせてあげたいですね。 うちの娘も卒乳したとたん、ひどい 便秘になってしましました。 本当におなかがパンパンになっていて食欲も落ち辛そうでした。 でも小さな子供に薬を使うのが心配でおなかをマッサージをしたり、水分を多くとらせてみましたがあまり効果がありませんでした。 便秘に効くといわれている食物繊維を摂取すると効くのではと思い、 食物繊維を含まれている食べ物を積極的に摂取させることにしてみました ひじきなどいろいろ試してみましたが、さつまいもを食べさせてみたとたん今までおなかにため込んでいたものがすっきりと出始めたんです。 苦しそうであったおなかもすっきりして、食欲が戻ってきたんです。 やっぱりさつまいもって 便秘に効果的ですね。 どうやって食べればいいの? これだけ 便秘に効果が期待出来るさつまいも、ぜひ効果的に摂取したいですよね。 ただこの ヤラピンですが実は皮の近くに含まれているです。 なので皮を捨てないでほしいのです。 ぜひぜひ、皮ごと摂取してくださね。 そうすれば食物繊維とヤラピンのダブル効果を期待できますよ。 大人から小さな幼児まで上手にさつまいもを摂取して すっきり快適な生活をおくりましょうね。

次の