西武 鉄道 ダイヤ 改正。 2020年3月ダイヤ改正 :西武鉄道Webサイト

西武鉄道 2020年ダイヤ改正について|最新鉄道情報|鉄道ホビダス

西武 鉄道 ダイヤ 改正

西武鉄道は、1月29日、本年3月14日(土)に実施されるダイヤ改正の詳細を発表した。 以前から発表されていたもの、8年ぶりに復活するものなど、なかなか興味深い内容となっている。 今回は、ダイヤ改正の詳細について、主なポイントを、路線別に触れていきたいと思います。 池袋線・狭山線・西武秩父線 ・全特急列車が新型車両「Laview」へ置き換わり、池袋~西武秩父間を最速77分で運転。 ・平日下り夕夜間の「S-TRAIN」の行先変更及び停車駅追加。 ・日中時間帯の西武有楽町線を毎時上下2本ずつ増発。 ・日中時間帯の快速急行(Fライナーを含む)の速達性及び利便性を向上。 ・土休日の秩父鉄道直通列車の運転区間を変更。 池袋線系統の全特急列車が新型「Laview」での運転に。 運行開始時より予告されていたが、001系「Laview」の増備が順調に進み、デビューから1年で、池袋線・西武秩父線の全特急列車が、001系「Laview」での運転になり、スピードアップが図られることになった。 現在運行中の10000系NRAも、池袋線・西武秩父線での定期運行は、あと1か月ほど。 最近では、001系「Laview」での運転が続く時間帯もあり、10000系が急速に姿を消しつつあることを改めて実感することも。 新宿線では、引き続き運行されるのだが、今回の改正は、10000系にとって、大きな節目となることは間違いない。 平日下り夕夜間の行先変更及び停車駅の追加が行われる40000系「S-TRAIN」 東京メトロや東急線などへも乗り入れる有料座席列車として運行されている「S-TRAIN」は、平日夕夜間帯に運転されている列車の運転区間を、現行の豊洲~所沢間から豊洲~小手指間に改め、練馬・西所沢を新たに降車専用停車駅として追加。 練馬及び保谷では各駅停車に接続。 西所沢では狭山線に連絡、小手指では一部を除き飯能行きに接続することで、これまで通過していた駅や小手指~飯能間各駅への利便性・速達性が向上する。 速達性及び利便性が向上される快速急行。 速達性及び利便性が向上される、日中時間帯の快速急行。 西武有楽町線の増発に合わせて、これまで停車していた新桜台を通過。 また、上り飯能発各停を小手指で快速急行に接続。 これは前回のダイヤ改正で接続できなくなってしまっていたので、飯能~狭山ヶ丘間の快速急行通過駅利用客には朗報と言える。 なお、快速急行が通過する新桜台駅には、有楽町線直通電車が毎時2本増発されるため、毎時停車する列車本数は変わらない模様。 増発される有楽町線直通電車は、新木場~保谷間の運転となるが、準急での運転となるため、西武6000系や東京メトロの車両による準急保谷行きが見られることになる。 始発駅が変更となる、土休日の秩父鉄道直通列車。 長年、行楽客に親しまれてきた4000系による、秩父鉄道直通列車。 今回のダイヤ改正では、土休日運転の直通列車の始発駅が池袋から反応に改められ、各駅停車での運転となる。 これは、現在、整備が進むホームドアに、4000系が対応しづらいことが影響している模様。 池袋線では、2020年度から2021年度にかけて、これまで4000系の急行や快速急行が停車していた、所沢や石神井公園にホームドアを設置する予定があり、ダイヤ改正を機に、4000系の都心乗り入れを終了させることになった。 長年親しまれてきていただけに、残念ではあるが、これも時代の流れと言える。 秩父鉄道線大野原~秩父間を行く4000系の急行池袋行き。 4000系の池袋乗り入れ終了に合わせて、池袋~飯能間では代替の急行電車が運転され、飯能駅で接続することになっている。 新宿線・拝島線・多摩湖線・国分寺線・西武園線 ・土休日の日中、下り快速急行本川越行きを2本運転。 ・平日の夜間、運行形態を見直し、高田馬場駅の混雑緩和及び遅延防止を図る。 ・土休日の夜間、運転本数を一部見直し。 ・平日及び土休日の日中、多摩湖線国分寺~西武遊園地間直通電車を20分間隔で運転。 ・土休日の朝、多摩湖線を1往復増発。 ・平日及び土休日の日中、東村山駅の国分寺線及び西武園線の乗車ホームを統一。 土休日の日中、下り2本が設定される新宿線の快速急行。 新宿線、新ダイヤの目玉は、何と言っても、土休日の日中、西武新宿~本川越間に2本運転されることになった快速急行。 なんと8年ぶりの復活となる。 途中の停車駅は、高田馬場・田無・東村山・所沢・新所沢と新所沢から先の各駅。 小江戸「川越」の観光に適した時間に到着し、所要時間46分と、特急「小江戸号」の所要時間と、殆ど変わらない時間で運転される。 なんとなく、東武東上線の「川越特急」を意識した列車のようにも感じられる。 運転本数が下り2本ということで、使用車両は40000系で運転されるのではないか?改正後も、全列車10000系NRAでの運転となる、新宿線の特急列車について、今後どうするのか、この快速急行がカギを握っているのではないかと思うのは、考えすぎだろうか・・・ 12~14時台の運行体系が変更される多摩湖線。 平日及び土休日の12~14時台、多摩湖線は、国分寺~萩山間、萩山~西武遊園地間での折り返し運転が行われているが、改正後は、国分寺~西武遊園地間の直通電車を20分間隔で運転し、萩山駅での乗り換えが解消される。 その結果、国分寺~萩山間については、同時間帯、15分間隔での運転となっているが、改正後は、国分寺~西武遊園地間の直通電車の他に、国分寺~萩山間の折り返し列車が40分おきに加わることになっており、1時間当たりの列車本数はほぼ変わらないものの、国分寺~萩山間では、全線直通列車と国分寺~萩山間の折り返し列車との運転間隔が一致しないため、時間帯によって、運転間隔が20分開いてしまうことがある。 色々と事情があるとは思うが、沿線住民としては、やや残念に思ってしまう。 西武園線を行く、国分寺線直通列車。 高架化工事が進行中の東村山駅。 昨年3月のダイヤ改正を機に、所沢方にあった渡り線の使用が出来なくなり、国分寺線の一部列車の所沢方面への直通運転、更には南入曽車両基地からの出庫が出来なくなり、西武園線と合わせて、玉川上水車両基地から小川駅を経由しての出庫に改められた。 それでも、早朝と夕方、国分寺から西武園までの直通運転が残されていたが、ダイヤ改正では、夕方の直通運転が取りやめとなり、同時間帯の東村山駅での国分寺線、西武園線の発着ホームが統一されることになる。 工事のためとは言え、かつては競輪開催日に西武新宿からの快速急行が直通していた頃を知っている者としては、西武園線がなんとも寂しく感じてしまう。 101系の西武園線での運用はどうなる? 昨年3月のダイヤ改正後、西武園線は、11時台に車両交換が行われ、以後、終電までは、多摩湖線用の101系ワンマン車に余裕があるときは、運用に就くようになった。 個人的には、改正後も、西武園線の運用が継続されることを願っているのだが、果たして・・・ 以上、3月14日のダイヤ改正について、個人的に気になるところをまとめてみました。 最後にお知らせです。 2004年9月6日にスタートした「TOMOの鉄日誌」は、お陰様で、この記事が、カテゴリー 「鉄道:西武」の通算1000件目の記事となりました。 私自身、生まれも育ちも西武鉄道沿線。 西武鉄道は、地元の鉄道会社という事もあり、弊ブログでも。 一番多く取り上げていますが、この度、1000件目の記事と言う節目を迎えることが出来ました。 ここまで継続できたのも、弊ブログをご覧いただいている皆様のお陰です。 引き続きご愛顧のほど、宜しくお願いします。 なお、ニフティのココログの仕様により、カテゴリーサーチをした場合、そのカテゴリーの投稿数が1000件を超えると、それ以前の投稿が表示されなくなります。 ご了承ください。

次の

有楽町線が大増発! 東京メトロ・西武鉄道、2020年3月14日ダイヤ改正まとめ

西武 鉄道 ダイヤ 改正

池袋線特急「ちちぶ」「むさし」の新型車両統一へ 今回の2020年3月西武鉄道ダイヤ改正では、池袋線特急「ちちぶ」「むさし」から10000系ニューレッドアローが引退し、全列車が前回の2019年3月16日ダイヤ改正より投入開始した新型車両001系Laviewに統一する見込みだ。 これにより所要時間の短縮が図られる可能性がありそうだ。 ただ、西武球場前発池袋行き臨時特急「ドーム」の一部は、10000系ニューレッドアローで運転する可能性があるほか、春などに運転する臨時「ちちぶ」も10000系ニューレッドアローによる運転が残る可能性がある。 「拝島ライナー」の特急格上げはあるのか 今回の2020年3月西武鉄道ダイヤ改正では、新宿線「拝島ライナー」の特急格上げが見込まれる。 そもそも2019年現在「拝島ライナー」用に使用している40000系は、当初の計画ではデュアルシート編成は4本のみの投入予定で、池袋線「S-TRAIN」の運用分しか賄う予定がなかった。 しかし2017年に急遽計画を変更、ロングシート車として導入するはずだった編成のうち2本をデュアルシート車に変更し「拝島ライナー」運用に変更したのである。 つまり当初座席指定制列車で拝島線に乗り入れる列車を40000系で運転することは想定していなかったのである。 では拝島線に乗り入れる座席指定制列車を設定してこなかったかと言うと、そうでもない。 2011年より臨時ながら10000系ニューレッドアローによる臨時特急の運転がある。 ゆくゆくは定期化させる可能性もあったが、その需要を見際めるためにより「拝島ライナー」を40000系による運転で設定することとしたようだ。 特急ではなく40000系であれば失敗しても通勤列車に転用できるし、リスクが少ないと判断したのだろう。 しかし、で競合相手であったJR東日本青梅線「青梅ライナー」が特急「おうめ」に格上げし料金を大幅に値上げしたほか、「拝島ライナー」運転時間帯の全ての「青梅ライナー」改め特急「おうめ」を廃止したのだ。 しかも「拝島ライナー」は同日ので増発まで図った。 つまり「拝島ライナー」設定僅か1年でJR東日本は西武に降参したのだ。 新宿~拝島・青梅線方面の座席指定列車は実質「拝島ライナー」一択状態になったことから、あえて特急より100円安い「拝島ライナー」として設定する必要はない。 100円追加徴収してもほかの私鉄が運転する座席指定制列車と比べて大きな差はないことを考えると、400円とれる特急に格上げする可能性は十分ありそうだ。 さらに「拝島ライナー」の特急格上げに向けた動きが車両配置にも出ている。 2019年12月時点で001系Laviewのうち5本が運用に就いているのだが、10000系ニューレッドアローの廃車が2本しか行っていないのは少なすぎる。 現在新宿線「拝島ライナー」は40000系を2運用でやりくりしていることから、もし置き換えるのであれば10000系が2本あれば足りる。 つまり、3本増えているのは予備車1本増加と「拝島ライナー」特急格上げ用の2本ではないだろうか。 もし「拝島ライナー」を特急化すると、平日朝に拝島発西武新宿行きの列車を設定することが可能となりそうだ。 そうなれば平日朝に運転しているJR東日本青梅線特急「おうめ2号」新宿行きとも競合することができる。 青梅市や羽村市の要望により特急「おうめ」が1往復のみの状態でしぶとく残る可能性はあるが、もし2020年3月西武鉄道ダイヤ改正で朝の拝島時発西武新宿行き特急が設定するようになれば、最速で2021年3月に特急「おうめ」を廃止にできる可能性がありそうだ。 また車両運用上も、「拝島ライナー」新設計画より前の予定通り40000系を通勤型車両専用として4本配置することになり、新宿線旧2000系6運用のうち既に基本編成が製造後40年経過している4本を廃車にすることができる。 また西武鉄道では小江戸号に乗って川越へGO! キャンペーンにより、2019年12月21日~2020年1月19日の期間中新宿線特急「小江戸」のうち昼間運転の列車が通常の500円から300円の特急料金で乗れるキャンペーンを行っている。 ざっくりいえば東武鉄道でいう午後割・夜割みたいなものだろう。 もしかするとこのキャンペーンは、拝島線「拝島ライナー」を特急に格上げした際に昼間の料金設定をどうするか、もし料金を安くして利益が出るようなら拝島発着の特急レッドアローを昼間にも運転するなどの判断材料としているのではないだろうか。 このように考えると、 2020年3月ダイヤ改正で新宿線「拝島ライナー」の特急格上げの可能性は極めて高いのではないだろうか。 S-TRAINのLaview置き換えはあるのか また今回の2020年3月西武鉄道ダイヤ改正では、池袋線「S-TRAIN」の車両置き換えはあるのだろうか。 西武鉄道では10000系ニューレッドアロー7両編成の置き換えを001系Laview8両編成で行った理由として、将来の地下鉄直通を目論んでいるとしている。 8両編成であれば地下鉄副都心線経由東急東横線直通元町中華街まで何の改造もなく直通できる。 つまり、今後臨時列車の設定など何らかの形で001系Laviewが渋谷・横浜に乗り入れる可能性は高い。 ただ001系Laviewは2020年3月ダイヤ改正までに7本しか導入しないにもかかわらず池袋線特急「ちちぶ」「むさし」で6運用必要であり運用に余裕がないことを考えると、少なくとも 2020年3月ダイヤ改正では池袋線「S-TRAIN」が001系Laviewによる運転になるとは考えにくい。 このほか、「S-TRAIN」は平日夜間の増発が図られる可能性がある。 増発するとしたら豊洲23時00分発所沢行きや豊洲17時00分発所沢行きになるのではないだろうか。 このほかが、池袋線への影響は時刻変更とラッシュ時からの移行時間帯の若干の増発程度で、大幅な増発はないだろう。 結び 今回の2020年3月西武鉄道ダイヤ改正では、001系Laviewの増備により池袋線特急「ちちぶ」「むさし」が置き換えられるほか、「拝島ライナー」の特急格上げの可能性がある。 今後西武鉄道でどのようなダイヤ改正を実施するのか、楽しみにしたい。

次の

西武ダイヤ改正案

西武 鉄道 ダイヤ 改正

tags: , , , , , , , 平日夜下りの「S-TRAIN」は停車駅が増えます。 特急用の001系電車「Laview」(2019年2月14日、伊藤真悟撮影)。 西武鉄道は2020年1月29日(水)、ダイヤ改正を3月14日(土)に実施すると発表しました。 池袋線系統は、池袋線・西武秩父線を走る特急の車両置き換えが完了。 すべて001系電車「Laview(ラビュー)」での運行となり、池袋~西武秩父間の最短所要時間は78分から77分に短縮されます。 平日下り夜間、東京メトロ有楽町線の豊洲を出発する座席指定列車「S-TRAIN」は、5本とも運行区間を所沢から小手指まで延長し、あわせて途中の練馬と西所沢にも停車(降車専用)します。 日中の東京メトロ有楽町線が増発されるのに伴い、西武有楽町線も増発。 直通する快速急行は新桜台を通過します。 土休日に運行されている秩父鉄道直通列車は、運転区間が現在の池袋~三峰口・長瀞間から、改正後は飯能~三峰口・長瀞間に短縮されます。 新宿線系統は、土休日の日中、川越観光にあわせた時間に下り快速急行を2本運転。 停車駅は西武新宿、高田馬場、田無、東村山、所沢と、新所沢から本川越までの各駅です。 高田馬場~本川越間を最短46分で結びます。 新宿線の快速急行は、2012年6月のダイヤ改正で消滅して以来およそ8年ぶりの復活です。 平日の18時台から19時台にかけては、高田馬場で特急の後続列車を急行に変更し、特急発車後の下りホームの混雑緩和と遅延防止を図ります。 土休日は、新宿線の下りで19時台1本、20時台2本の列車が削減されます。 このほかの各路線でも運転時刻や行き先などが変更される予定です。 なお、『西武時刻表』第30号の発売も予定されています。 詳細は追って告知されます。 【了】.

次の