電報 の 打ち 方。 弔電の打ち方や文章・マナーなどの知っておきたい事まとめ

電報を打つ時に,電話で電文を頼むのに「ア」であれば「あさひのア」というふうに言葉を伝えるための五十音...

電報 の 打ち 方

当館で所蔵している電話帳を調べたところ,昭和43年発行の『広島県五十音別電話番号簿』(参考資料1)に「ことばを送るのに便利な通話表」が掲載されていた。 「ア 朝日のア」「イ イロハのイ」と続き,最後は「ン おしまいのン」で終わっている。 文字だけでなく,数字や記号の伝え方もあり,数字は「一 数字のヒト」「二 数字のニ」から「〇 数字のマル」まで,記号は「、 区切り点」などが書かれている。 電報の打ち方が書かれた古い本を調べると,『能率をあげる電話・電報の使い方』(参考資料2)にも「電話で電報を送る用語集」として同じ表が掲載されていた。 次の規則に「和文通話表」として定められていることと,国立国会図書館デジタルコレクションでも関連資料が閲覧可能であることを,香川県立図書館から御教示いただいた。 「無線局運用規則」(昭和二十五年十一月三十日号外電波監理委員会規則第十七号) (最終確認日:平成26年9月2日) 別表第五号 通話表(第14号関係) 1 和文通話表 『現行法規総覧81-2電気通信(3)電波(2)放送』(参考文献6) 国立国会図書館デジタルコレクションで「和文通話表」と検索。 『通信の知識』日本旅行協会,1938 『電報略号集:昭和10年6月15日現行』日本旅行協会/編,日本旅行協会,1935 ほか 回答プロセス Answering process 電報を打つ時に使うということなので,電報の本に掲載されているかを調べた。 所蔵資料の電報の本を見たところ,『ダイヤル115:電報文例集心をつなぐメッセージ』(参考資料3)に「和文電報に使える文字と記号」という表が掲載されていたが,伝え方は書いていない。 次に,保存している電話帳を調べた。 一番古い電話帳である『広島県五十音別電話番号簿(昭和43年10月1日発行)』(参考資料1)を見ると,巻末の「電報のごあんない」に「ことばを送るのに便利な通話表」が掲載されていた。 「電話で電文を送るときに、不明瞭な発音をするとまちがいのもとになります。 そのときこの表をご利用ください。 」との説明文が付いている。 昭和49年発行の電話帳からは掲載がなくなっている。 電話帳の発行年から,改めて所蔵の電報の本で一番古い『能率をあげる電話・電報の使い方』(参考資料2)を調べると,電話帳と同じ内容の「電話で電報を送る用語集」が見付かった。 「この用語集は,電話番号簿にでている。 」と書かれている。 事前調査事項 Preliminary research.

次の

基本をおさえる 祝電の打ち方 気持ちが伝わる祝電テク [結婚式・披露宴マナー] All About

電報 の 打ち 方

1 弔電(ちょうでん)とは? 弔電は、お通夜やお葬式に参列できない場合に、遺族の方へその弔意を伝えるための電報のことをさします。 なので、弔問に行ける場合は、必要ありません。 申し込みには2種類あります。 「115」の電話申し込みする方法と、ネットでの申し込みです。 通常弔電は、様々な文例が用意されているので、その中から選ぶものとされています。 価格は、文字数と台紙代で決まりますが、そのほかにオプションを付ければその料金も加算されます。 弔電は参列できない場合の電報と言いましたが、有名人や企業などでコマーシャル的に弔電を打つ場合もあるようです。 【弔電を準備する前に必ず確認すること】 1.電報を送る先の、時間と場所(通夜もしくは葬儀) 2.喪主と故人の名前 3.宗教(その宗教に不適当な用語などを避けるためです) 2 実際の送り方 1.電話で申し込む場合 固定電話、au、ドコモから電話番号「115」に掛けると、NTTの電報サービスにつながります(ソフトバンクの場合は、ソフトバンク独自の「ほっと電報」というサービスにつながるようです)。 受付時間は、午前8時~午後8時までです(午後7時までであれば、全国当日発送可能)。 24時間受付ではないので、注意しましょう。 また、もっとも注意するポイントは料金の請求のされ方です。 電報の料金は、電話での申し込みの場合、掛けた番号に請求されます。 もし、クレジット払いなどにしたい場合はフリーダイヤルから掛けるようにしましょう。 電話が便利なのは、特に初めての場合オペレーターと相談しながらできるので、安心です。 電話でオペレーターに聞かれるメインの内容は以下のようなことでしょう。 電話をかけているあなたの名前(弔電の送り主が違う場合はその旨を伝えましょう)• 電報の種類(お祝いもしくはお悔やみか、ということです)• かな電報か漢字電報(「漢字電報」を送りましょう)• 配達希望日時(日付のほか、午前か午後かも指定可能です。 式が始まる時間なども伝えておきましょう)• 送り先電話番号(これは答えられなくても問題ないようです)• 届け先住所(会場名まであるとなお良しです)• 受取人の名前(一般的には、喪主か遺族のお名前です。 故人の名前はダメです)• メッセージの内容(自作でもOKですが、文例から選ぶと失敗がないです) NTTの文例• 差出人の名前(電報の送り主を誰にするかです。 会社名などでも可能です)• 台紙の種類(ピンからキリまであります) NTTの台紙• 明朝体の横書きor毛筆縦書き(毛筆縦書きの場合、オプション料金100円が発生します) 2.ネットからの申し込み(D-MAIL)の場合 ネットで申し込みするのが便利という人や、ネットの扱いになれている人はこちらもおすすめです。 なんといっても、24時間受付なのは便利です(ただし、当日発送は午後7時まで)。 クレジット払いが可能な点、画面や文章を実際見ながら選べるのも、非常に利便性が高いでしょう。 一点注意点としては、西日本と東日本では、アカウントが別になっている点です。 3 料金 1.文字数による料金 電話申し込みと、ネット申し込みで料金が多少変わります。 オペレーターを挟んでいるだけあって、電話申し込みの方が40円高い設定となっています。 また、早めの申し込みはお得な料金になります。 お届け希望日3日前までの申し込みをすると、150円安くなります。 早めに準備するのが吉ですね 2.台紙による料金 前述したとおり、台紙の料金はピンキリです。 様々な種類があるので、故人との関係性を鑑みながら選びましょう。 【参考例】 ベーシックタイプ:0円~500円 刺繍や押し花があしらわれているタイプ:500円~3000円 線香付き:4000円~6000円 うるしの漆器盆やちりめんの袱紗など、高級感があるフォーマルなもの:3000円~5500円 ブリザーブドフラワー付き:3000円~12500円 これのほかに、オプションサービスを選択することができます。 文字数、台紙、オプションの3つの要素で弔電の料金は決まるのです。

次の

葬儀への弔電(お悔やみ電報)の送り方とマナー|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

電報 の 打ち 方

電報の打ち方:電報の申し込み方法 電報は電話が発達する以前は緊急の連絡手段として重要な役割を果たしていました。 現在は連絡手段として固定電話や携帯電話が普及し、緊急連絡手段としての電報の役割は少なくなりました。 しかし、結婚式などの祝い事などに形として残る記念品的な役割で、電報は現在も広く使われています。 電報の申し込み方法は次に紹介するようにいろいろな手段があります。 これまで一般的だった固定電話からオペレータを介した電報申込み以外にも、インターネット経由で自分で電報文を入力したり修正したり出来るD-mailなどがあります。 D-mailは個人はもちろん会社で一括して大量の電報を打つときにも便利な機能があります。 以前はウナ電と呼ばれる至急電報がありましたが、現在は廃止されています。 ただ今でも「緊急定文電報」があり、割増料金は必要ですが緊急定文は夜間配達も可能です。 電報の申し込み方法いろいろ インターネット経由でパソコン申し込み(D-mail) NTT東日本、NTT西日本ともインターネット経由の電報申し込みしシステム(D-mail)を提供しています。 24時間電報を申し込むことができます。 会員登録することで自分の電話料金といっしょに支払うことも、クレジットカードで支払うことも出来ます。 固定電話から 局番なしの「115」で電報申し込みが出来ます。 受付時間はAM8:00~PM10:00の間です。 電報料金は電話料金といっしょに請求されます。 携帯電話から NTTドコモとauの携帯電話からも固定電話と同じように局番なしの「115」で電報申し込みが出来ます。 受付時間も固定電話と同じAM8:00~PM10:00です。 電報料金の請求は月5通までは携帯電話料金と合わせて請求されますが、月5通を越えるとクレジットカード支払いになります。 コンビニから コンビニからも電報を打てますが、受付時間はAM8:00~PM9:30まででキャラクター電報だけしか使えません。 支払いは現金となります。 インターネット時代で通信の世界には国境はないと思っていましたが、電報には国内と海外の違いがあるようです。 海外に電報を打たれるときは注意しましょう。 国内電報と国際電報.

次の