窒化 ガリウム。 小糸製作所:世界初、窒化ガリウムデバイス電気自動車にランプが採用|MotorFanTECH[モーターファンテック]

窒化ガリウムウエハー「FGAN」が半導体・オブ・ザ・イヤーでグランプリを受賞

窒化 ガリウム

民生機器、通信機器、電気自動車、のいずれにおいても電力変換効率を向上させ、電力密度を高め、バッテリー寿命を延ばし、その結果スイッチングスピードを加速化する必要があるという厳しい要求がエンジニアに突き付けられています。 つまり、エレクトロニクス業界がシリコン(Si)以外のプロセス技術を利用した、新しい種類のパワー半導体への依存を徐々に増やすことになることを意味しています。 窒化ガリウム(GaN)は、今まで不可能だった性能を達成する能力を備え、パワーシステム設計の将来を形作るプロセス技術の1つとして台頭しつつあります。 GaNは、過去10年間、複数の業界分野に大きな影響を及ぼしてきました。 オプトエレクトロニクスでは、高輝度の発光ダイオード(HBLED)の開発と普及に大きな役割を果たしてきました。 無線通信では、高電子移動度トランジスタ(HEMT)やモノリシックマイクロ波集積回路(MMIC)などハイパワー無線周波数(RF)デバイスとして既に導入されています。 現在、パワーアプリケーションにおいてGaNが幅広く採用される可能性が高く、市場調査会社のYole Researchは、2020年までにGaNパワーコンポーネント事業は年間約6億米ドルの規模に到達すると予測しています。 Yoleの市場予測が的中し、上記規模まで拡大するには、今後5年間に年平均成長率(CAGR)100%を達成する必要があります。 ただし、そのためには克服すべき課題がたくさんあります。 本稿では、GaNの幅広い普及に向けた活動を検証していきます。 なぜ今、GaNが注目されているのか? 近年、以前にも増してGaNの採用を真剣に検討する大きな動きがいくつかあります。 パワーシステムの設計におけるスペースの制約は大きくなっています。 例えば、民生機器分野では、ポータブル機器に使われる充電器は絶えずコンパクトさが追求されています。 同様に、データセンターのラックの数は増え、高密度化しています。 その結果、電力密度を高め、パワー変換効率を向上させることで、パワーICに付随するヒートシンクに必要なスペースを抑える必要があります。 このため、より高速のスイッチングスピードで動作するパワーMOSFETへの需要が高まっています。

次の

充電時間はどのくらい? 急速充電可能なスマホ充電器『GaN』の実力を試してみた|TIME&SPACE by KDDI

窒化 ガリウム

最近は、カフェなどでも電源が確保できる場所が増えてきていることもあり、モバイルバッテリーの代わりにUSB充電器を持ち歩いている人も多い。 出張が多く、なるべくコンパクトに荷物をまとめたければ、なおさらUSB充電器は重宝される。 また、スマホだけでなくUSB Type-Cで充電できるノートパソコンも増えており、USB充電器とデバイスに対応したケーブルさえあれば、外出先でスマホもPCも充電できる。 ただし、USB充電器もPCに対応できるほど出力が大きなものはサイズが大きく、カバンの中で少々かさばってしまう。 そんな問題を解決してくれる小型・軽量な充電器(ACアダプター)が 「GaN」半導体を使用したUSB Type-C充電器だ。 さらに、急速充電にも対応しているため、時間の削減にもつながる。 まさに革新的な素材なのだ。 そのため、これから購入するなら、ぜひGaN半導体を使った充電器を選びたい。 GaNを採用した充電器 積極的に選びたいGaN採用製品だが、残念ながら現状ではGaNを使っているかどうかを外部から見わける方法はない。 基本的には、メーカーがGaN採用をうたっているかどうかだけが判断ポイントとなる。 このため、事前の情報収集をしっかりしておきたいところだ。 では、実際にGaN半導体を採用しているUSB Type-C充電器を紹介しよう。 2019年8月現在、GaN半導体を採用し、日本国内で正規販売しているメーカーはそれほど多くない。 ここでは、そのなかからAnker(アンカー)とRAVPower(ラブパワー)の代表的な商品をそれぞれ紹介しよう。 MacBookなどでも使われるApple純正の30W充電器と比べるとおよそ40%も小さくなっており、 重さも約53gと非常に軽量だ。 急速充電を行うと充電器自体が熱くなることもあるが、RP-PC112は熱伝導率が高いGaNを採用しているだけに、そういったこともなかった。 これなら安心して利用できるだろう。 ただし、USB PDで充電するには対応したケーブルを使用する必要がある。 RP-PC112を含め、今回紹介した充電器にはいずれもUSBケーブルが付属していないので、ケーブル購入時には注意しよう。 今後のGaN半導体を使用した商品展開にも期待 いまのところ、日本国内で正規販売されている製品はまだ少ないが、今夏以降、日本でも採用製品が続々と増えてくることが期待されている。 持ち運びのみならず、充電時間の短縮はこのスマホ時代には待ち望んでいた進化だ。 小型ながら、急速充電にも対応したGaN半導体採用のUSB Type-C充電器を、ぜひ、試してみてほしい。 もっと知りたい.

次の

GaN(窒化ガリウム)採用USB充電器について。そもそもGaNって何?

窒化 ガリウム

必要ない人とは? 窒化ガリウムのメリットは以前まで使われていたシリコンを使った充電器よりも、軽量、小型化しつつ30W~もの高出力ができる!というのが最大、最強のメリット。 MacBookなどの純正充電器よりも、かなり小型なのに価格も純正充電器よりメチャ安いのが特徴ですね。 ただし!純正品よりは間違いなく、安い傾向にあるんですが窒化ガリウム採用のモデルはやや価格が高めな傾向もあります 汗 まだ比較的新しい素材なので、仕方ないですがもしあなたが「軽量化、小型化には興味なしッ!」っというなら窒化ガリウムモデルを選ぶ理由は無いです。 サイズは大きくなりますが、もっと安価なモデルはありますので。 もう一点は30W~がメインの充電器が大半なので、あなたが「スマホやタブレットくらいしか充電しない」という場合も窒化ガリウムモデルを選ばなくても良いかも。 スマホやタブレットは現時点ではどんな高速充電対応モデルでも10W~20Wなので、30Wもいりません。 つまり、まとめると窒化ガリウムが必要な人は以下のような感じ。 MacBookAirクラスのノートPCを充電できる能力を持ちながら、重量はたったの53g前後!驚異的な軽さ、小型化に成功している充電器なんです。 しかし!読者さんの利益になるなら、記事テーマに反してでも商品を解説するのが当ブログ。 窒化ガリウムは採用していないのに30Wもの高出力、尚且63gくらいの重量っと超々軽量化に成功しているモデルなんです。 正直、上記の『Anker PowerPort Atom PD1 窒化ガリウム 』よりもこちらの方が携帯性は高いかと。 しかも窒化ガリウムを採用していないからか、価格も他のモデルよりも1000円以上安いです。 現時点では世界最小クラスで、その重量は卵1個分!っと驚異的とも言えるほど軽量化に成功しているのが特徴。 販売当初はやや高めな価格設定だったのですが、最近は『Anker PowerPort III mini』等ライバル機種が増えてきているからか?クーポン等を常にばら撒いている印象。 特徴としては四角形ではなく薄い長方形になっているので、カバンの中に入れても膨らみにくいのがメリット。 最大45Wまで出力できるモデルなので、MacBookAirクラスだけじゃなくMacBookProクラスのハイエンドPCもスリープ状態ならギリ充電できるか?! っというくらい充電能力が高いのが特徴。 弱点としては出力が高いのもあってか、他の30Wモデルよりも重量は82gとやや重め。 正直80gもあるなら60Wの充電器にと変わらない重量になるので。 私だったらコレを買うなら60W充電器を選ぶかなぁ・・・ 5、Anker PowerPort Atom III Slim• ただ、驚異的とも言えるのが重量の軽さ!たったの57g前後しかありません。 笑 しかも厚さも1,6cmと執筆時点では世界最薄クラス! 現時点で薄型充電器の中では30Wクラスとしては最小、最軽量なので私が購入するならこの充電器ですね。 ただ、デメリットとして考えられるのがカード型なので、他の充電端子と干渉しやすいかなぁと言う点。 60Wっとは書かれていますが、45W+15W=合計60Wっという意味なんですよね。 コレ絶対間違って買っちゃう人いるでしょ・・・ MacBookAirクラスなら十分に充電能力があるし、同時接続でも15Wもあるので、スマホも高速充電できちゃいます。 もし、あなたがMacBookAirクラス&スマホを同時に充電したい!というならこのモデルを検討するのは有り! ただ、2ポートなので150gっと窒化ガリウムモデルとしてはかなり重めなのがネックか。 7、AUKEY PA-Y19• 「どんだけ、小型なんだぁ?」っと思って購入してみましたが、本当にメチャ小型でした。 1ポートしか無いのがデメリットではあるものの、外でミドルスペックPCを動かしたいって人には最適な選択技。 MacBook ProクラスのノートPCも充電できるほど、パワーがありながら重さがたったの130g前後! MacBook Pro13インチの純正充電器が200g弱もあるので、70gくらい軽量化に成功しちゃっている事になります。 しかもそれでいて、価格も純正品よりも3000円くらい安い 執筆時点で ただ、これでも十分軽量、小型化されているのは間違いないんですが、後述するモデルよりやや重め。 あなたが「Anker製が絶対良い!」っというならこのモデルを検討するべきですが、Ankerにコダワリが無いなら後述モデルを検討した方が良いかもですね。 MacBook Proの充電器の半分の大きさ、重量が無いので外でPC作業するという人、出張が多いのでできるだけ重量は軽くしたいという人には最強の充電器なんじゃないかと。 充電器やモバイルバッテリー等の老舗ブランドなので、品質は高いのですがこの窒化ガリウムモデルについては、可もなく不可も無くっといったところ。 AnkerのAtom III 60Wよりもやや軽量化に成功はしていますが、10g前後なので体感できるほどの差ではないかな・・・ ぶっちゃけ、出力も大きさもほぼ同じなので好きなメーカーのものを選べぃ!って感じなのですが、端子口が黄色なのがちょっと嫌いかも。 笑 4、Anker PowerPort Atom PD 2• 「2ポートあるからMacBook Pro2つ同時に充電できるじゃん!」 っと思うかもしれませんが、同時に接続した際は30W+30WなのでハイエンドノートPCだとちょっと給電能力不足ですね・・・ ただ、それでも30Wもの高出力なのは間違いないので、MacBook Airクラスなら同時に2つ充電できちゃう程パワーがあります。 窒化ガリウム採用していないにも関わらず、上記のAnker製充電器より20g以上軽量化しています。 地味~に嬉しいのがUSB-Cポートが2つなのではなく、USB-C+USB-Aの2ポートという点。 2ポート使用しても63W~という変態的とも言える高出力なので、殆どのノートPCを最高速度で充電する事が可能! それだけじゃなく、重さも30g前後軽量化に成功してるので、外に持ち運ぶ機会が多い人にも使いやすくなっています。 新モデルなだけあって、価格がコチラの方がビミョーに高めなんですが、ほんの数百円の差なので今購入するなら絶対にコッチの方が良いと思います。 もし、あなたが「ノートPCを外で充電したい!」「出張や外でPC作業する事が多い!」っというならとりあえず、コレ買っとけばOK。 むしろ、この充電器で満足出来ないなら他の充電器買っても満足できる可能性は極めて低いかと思います。 それだけじゃなく、2ポート搭載しているのでPCとスマホを爆速で同時に充電する事も可能! USB-Cポートが2つなので、スマホを充電する際は充電ケーブルをUSB-C対応のものが必要にはなりますが、充電速度は最高クラス。 ぬぁんと!1ポート使用時の出力は90Wっと異次元レベル。 笑 MacBook Pro15インチの純正充電器でも85Wが最大なのに、それよりも更に高出力なんです。 更に!サイズは小さく軽くなっています。 そして2ポート搭載。 そしてそして!MacBook Pro純正よりも3000円くらい安いんです。 もう、未来の充電器としか言いようが無い。 あまりにも出力が高いので殆ど人は持て余すような気はしますが、現時点ではこの充電器さえ買っておけば殆どの端末を最高速度で充電出来るのは間違いなしッ! ただ、スペックが高い分、前述した他の充電器よりはやや高めなのがネックか。 それでも迷う!っという人はとりあえず、 もしくは AUKEY Omnia PA-B4 買っておけばOK。 殆どのノートPCはこれだけで最高速度で充電出来るし、2ポートあるのでスマホも同時に充電出来ちゃいます。 小型サイズであれば、現時点で最高スペックなのは間違いなし。 200g弱と、この中ではちょい重めなんですが、ぶっちゃけカバンに入れてしまえばほぼ分からない差。 更に最初から1000円くらいするUSB-Cケーブルも付属しているので、実はコスパも最強クラスだったりします。 これで充電出来ない端末なんて現時点ではほぼ無いだろうし、数十gの重さにコダワラないなら 一択だっ!っとネットの片隅で叫びたいです。

次の