コロナ 埼玉新聞。 埼玉県 新型コロナ関連情報

<新型コロナ>11人感染…草加、坂戸、志木、上里、さいたま、戸田の女子大生ら 蕨市立病院の職員も(埼玉新聞)

コロナ 埼玉新聞

これまでに確認された陽性者は1074人(チャーター便帰国者含む)、死者は65人。 重症者は4人。 感染者の指定医療機関への入院は10人、一般医療機関への入院は31人、ホテル療養は7人、自宅療養は3人。 571人が退院し、療養終了は376人となった(25日午後5時現在)。 県によると、県管轄で新たに感染が確認されたのは8人。 これまでに詳細が分かっているのは5人で、草加市の50代会社員男性は勤務する県外の会社に陽性者がいた。 坂戸市の30代飲食業男性は、23日に判明した入間市の20代飲食業女性と同じ店に勤務。 志木市の10代アルバイト女性は22日に判明した同市の50代会社員女性の家族という。 戸田市の10代大学生女性は県外の大学に通学し感染経路は不明。 川口市の50代女性はこれまでに感染者が報告されている蕨市立病院の看護助手という。 ほか3人は詳細を調査中。 また、24日に感染が分かり、調査中だったのは上里町の50代施設職員男性で、23日に判明した同町の40代会社員男性の家族だった。

次の

【茨城新聞】【速報】新型コロナ 茨城、新たに2人感染 埼玉の会社員ら

コロナ 埼玉新聞

新型コロナウイルスの警戒が続く彩の国東大宮メディカルセンターの入り口=さいたま市北区(筆者撮影) 感染者の確認が減ったように見える新型コロナウイルスだが、埼玉県の約1000人の感染者を分析すると幾つかの特徴が浮かんでくる。 まず、女性の医療従事者と高齢者のウエイトが高まり、男女の割合が逆転した。 また、4月上旬の緊急事態宣言後に「主役」だった中年男性の感染確認が急減する一方、院内感染にブレーキがかからない。 「おうち」で暮らすステイ・ホームの「自粛生活」には、一定の効果はあったようだが、いよいよ動きが見えなくなったウイルスが、抵抗力が落ちた高齢者をねらい撃ちにする構図も透けてみえる。 急増する70歳以上・30代の患者。 50・60代は急減 埼玉県で確認された新型コロナ感染者は5月20日現在で延べ997人。 19日には陽性者の発表が64日ぶりにゼロになり、一段落したような雰囲気も漂っている。 しかし、その中身を子細に見ると、3月中に判明した100人では13%だった70歳以上の患者が、5月(113人)では32%と急増しているのが目につく。 その一方で、減ったのは50代と60代で、3月の40%から17%へと急減した。 これに対し、30代は3月の8%から5月には18%と、倍以上になった。 男女の割合は、3月に60%と多数だった男性が5月には44%まで減り、男女が逆転している。 3、4月の「主役」だった東京に近い県南地域に住む40代から60代の男性会社員が減り、かわって30代、40代で女性の医療従事者が増えたかたちだ。 30代女性の13人のうち9人は医療従事者と発表された。 また、40代女性9人のうち4人が医療従事者で、1人は介護職だった。

次の

埼玉県 新型コロナ関連情報

コロナ 埼玉新聞

県は13日、新たに埼玉県と東京都に住む20代の男女2人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。 埼玉県の女性は天童市の実家に帰省後、寒河江市内のスナックに勤務。 県は不特定多数と接触した可能性があるとし、利用客に村山保健所に連絡するよう呼び掛けている。 東京都の男性は大学生で、白鷹町の自動車教習所で合宿教習を受けていた。 県内の累計感染者は73人となった。 県によると、女性は6日に実家に一時帰省し、9日まで寒河江市本町1丁目のスナック「ピンクソーダ」で働いていた。 13日に新型コロナ感染症外来を受診し、抗原検査で陽性を確認。 濃厚接触者は利用客や店員、家族とみられる。 軽症で、保健所の指導の下、実家で待機し、14日に村山地域の感染症指定医療機関に入院する。 3日まで埼玉県内のバーに勤めていた。 抗原検査はウイルス特有のタンパク質を検出する方法で、簡易キットを使い30分以内で判定できる。 受診した感染症外来は、この店を不特定多数が利用していたとみて、結果が出るまで4時間弱かかるPCR検査ではなく抗原検査を採用した。 抗原検査で感染が判明したのは県内で初めて。 県は利用客には症状の有無に関わらず村山保健所=023(627)1100=への連絡を求めている。 一方、男子大学生は7日から、白鷹町の「マツキドライビングスクール白鷹校」で合宿教習を受けていた。 東京都内の感染者の濃厚接触者として検査依頼を受け、県のPCR検査で感染が分かった。 無症状で、置賜地域の感染症指定医療機関に入院した。 濃厚接触者は教官7人、送迎車の運転手1人、入校後に知り合った教習生1人の計9人で、県は順次検査する。 県内のPCR検査数は11~12日が13件、12~13日は3件。 13日に新たに1人が退院し、同日現在3人が入院している。 山形新聞からお知らせ• 【2020年8大事業】 山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。 詳しくは、• 山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。 公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。 アドレスは、• 読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。 詳しくは、から。 検索機能も備えています。 アクセス方法は• 他社DB横断検索が便利な、、•

次の