ジャンパー 膝 原因。 これでジャンパー膝の痛みを消せ!今すぐできる膝痛を解消する5つの方法|なわとび1本で何でもできるのだ

【必読】内田篤人やCロナウドも患ったジャンパー膝(ジャンパーズニー)の原因と症状はこれだ!!

ジャンパー 膝 原因

スポンサーリンク 1.膝蓋腱炎が疑われる症状 膝の痛みのほかに以下のような特徴や症状が見られる場合、膝蓋腱炎が発症している 可能性があります。 膝蓋骨(ひざの皿)の下側に痛みや腫れが生じる 膝蓋腱炎になると、多くの場合、膝蓋腱のある箇所、つまり膝蓋骨(ひざの皿)のすぐ下あたりに痛みと腫れが見られます。 初期は膝蓋骨の下に違和感を感じる程度ですが、徐々に走ったりジャンプした時に痛みを感じるようになります。 この頃は運動中や運動後しか痛みは見られません。 炎症が悪化して慢性化してくると、膝が腫れてきてちょっと歩いたりさわっただけでも痛みを感じ、何もしない安静時でもズキズキとした痛みが生じるようになります。 膝蓋腱は膝蓋骨の下端に付着しているため、腱への負担が骨にも伝わり、膝蓋骨の下端がはがれる「剥離骨折」が同時に起こることもあります。 膝蓋腱について 太もも前面の筋肉「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」の末端部分に位置する腱で、膝下の骨である脛骨(けいこつ)の上端部分まで伸びて付着する。 膝蓋靭帯(しつがいじんたい)とも呼ばれる。 膝の筋肉・靭帯と共に、膝の動きや関節の固定・安定に重要な役割を果たす。 スポーツなどで膝に大きな負荷がかかることで膝蓋腱が損傷し、炎症を起こしたものが 膝蓋腱炎です。 靭帯炎(じんたいえん)、 ジャンパーズニー、 ジャンパー膝などとも呼ばれます。 大抵の場合、損傷は軽度で、小さな断裂が見られる程度ですが、重症になると腱が完全に切れてしまう「膝蓋腱断裂」が生じることもあります。 このとき太ももの表側の筋肉が収縮し、膝蓋腱が引っぱられます。 ジャンプの瞬間は膝関節が伸び、膝蓋腱は元の長さに戻ります。 そして着地の瞬間に膝が曲がるため再び膝蓋腱は引っぱられます。 このように強い力で引っぱられたり伸ばされることが繰り返されると、膝蓋腱に小さな断裂などの損傷が生じて炎症を起こします。 つまり、体重などの大きな負荷を伴う膝の曲げ伸ばしを繰り返すことで生じやすくなります。 ランニングで発生するのは、ジャンプと着地を繰り返しているためと考えられています。 スポーツ以外でも、交通事故などによる衝撃で損傷したり、糖尿病やなど全身性疾患における症状のひとつとして発生することもあります。 その名のとおり、ジャンプをする跳躍競技や、ボールを蹴るようなキック動作、ダッシュを頻繁に行うスポーツに多く発生します。 また、練習やトレーニングでランニングを多く行う競技での発症が多いこともわかってきました。 ジャンプやランニングはスポーツの基本的な動きなので、それだけ多くのスポーツで起こり、発症する人の数も多い障害といえます。 10〜20歳くらいの年齢によく見られ、特に骨の成長が一段落する高校生以降の男子、背の高い人などに多く見られます。 これは成長期において骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、筋肉は硬く、腱も伸ばされた状態になり、膝の柔軟性が落ちて衝撃の吸収力が低下するためです。 <発症しやすいスポーツ>• サッカー、バレーボール、バスケットボール、陸上競技、バドミントン、スキー、スケートなど 【関連項目】• 軽度であれば、安静を保ちながら膝を冷やすアイシングを行い、炎症が治まるのを待ちます。 膝が伸びた状態でテーピングやサポーターで患部を固定する装具療法も併用することで痛みを軽減できます。 痛みが強い場合は、これらに加えて炎症や痛みを抑える消炎鎮痛剤を使う薬物療法も行われます。 症状が和らいできたら膝関節のストレッチングや膝周辺の筋力トレーニングを行い、筋肉の柔軟性と筋力アップを図ります。 腱が完全に切れる「膝蓋腱断裂」が起きた場合は、腱を縫合する手術が必要になります。 筋トレやストレッチングによって筋力と柔軟性を高めることで衝撃を吸収し、膝蓋腱に加わる負荷を軽くすることができます。 運動の前後のウォーミングアップやクールダウン時には十分にストレッチを行いましょう。 特に太もも前面を重点的に行い、股関節も同時に伸ばすと予防に効果的です。 痛みが出てきた時は、ストレッチングに加えて運動後に患部を冷やすアイシングを徹底し、安静時には(できれば運動中も)テーピングやサポーターを装着して膝を守ります。 痛みが強い時は膝を使う運動は中止し、患部を保護した上で早急に整形外科を受診してください。 関連項目•

次の

ジャンパー膝 別名:膝蓋腱炎(靱帯炎)|SPORTS MEDICINE LIBRARY|ザムスト(ZAMST)

ジャンパー 膝 原因

走る時やジャンプする時、もしくはしゃがむ時などに、膝の前面から太ももにかけて痛みや突っ張り感を発生させる疾患を膝蓋腱炎、もしくはジャンパー膝と呼ばれています。 この疾患になる人のほとんどはスポーツや運動を日常的にされている場合が多く、そのためスポーツや運動をまともに行えずにストレスを抱えている人も多いのではないでしょうか? 実は私も高校生の頃に、この疾患が原因で当時やっていたサッカーを辞めた苦い経験があります。 そのため、21歳の時に同じ疾患で苦しんでいた当時中学生の男の子を治せた時は自分の事の様に喜んだのを覚えています。 (その男の子は陸上の短距離でしたが) そうです。 膝蓋腱炎、ジャンパー膝は適切な治療を行えば治す事が可能な疾患なんです。 そこでこのページでは「治らない膝蓋腱炎、ジャンパー膝の原因と治療法」について説明させていただきますね。 ちなみに私は医療系の国家資格である柔道整復師という資格を持っている人間です 医療系の国家資格を持っている人間の端くれとして、出来るだけ丁寧で分かりやすい説明を心がけていますので、こういった事に興味のある人は是非参考にして下さいね。 スポンサーリンク 膝蓋腱炎、ジャンパー膝の原因 膝蓋腱炎やジャンパー膝は太ももの前面の大腿四頭筋の過緊張が原因で発生します。 そして膝蓋腱炎になる人の多くの場合、スポーツなどによって大腿四頭筋に過度に緊張させてしまう原因動作が存在しています。 つまりスポーツや運動中の動作を正しく改善する事が出来れば簡単に治ります。 逆に言えばスポーツや運動時の悪いクセを改善できない限りはなかなか治りません。 (スポーツや運動を積極的に行っていない人でこの症状が発生する事は極めて稀です。 ) こういった事がなかなか治らずに長期間に渡って苦しんでいる人が多い理由です。 症状自体は単純な大腿四頭筋の緊張で発生していますので、整骨院や整体院などの治療やストレッチに近い事をすれば症状が一時的に改善する事も多くないでしょうか? ですが、大元の原因であるスポーツや運動中の原因動作を改善しない限りはまたすぐに再発してしまうんですね。 膝蓋腱炎やジャンパー膝はスポーツを休むと症状は楽になるが、再開するとすぐに症状が再発し繰り返すのにはこういった理由があるからなんです。 膝蓋腱炎やジャンパー膝の具体的な原因動作 さて、当然このページを読んでいる人の多くが具体的な動作の問題点を知りたいと願っていると思います。 しかし動作というのは非常に個人差が大きいため実際にその動作を見させて頂くか、映像を見させて頂かないと確定的な事は言えません。 ただし、今までの経験則である程度の傾向は説明する事は可能です。 膝蓋腱炎やジャンパー膝になる理由で一番多いのは、走り方が原因で発生しているパターンです。 もし走り方が原因で膝蓋腱炎になっているのであれば、走る時につま先や足で地面を蹴る意識が強すぎる事が原因になっている事が多い印象を持っています。 ちなみに私も高校生の時に早く走りたくて地面を強く蹴る意識を持ってしまいました。 おそらく走り方が原因でおこっている膝蓋腱炎の人の中にも思い当たる人が多いのではないでしょうか? もちろんその時の重心の位置、手の振り方、足の出し方などを修正しないと症状が軽減しない人も存在しますが、走った時に痛いという人のほとんどは、この部分の動作指導をすれば症状が消える事が多いです。 次に多いのはジャンプ動作でしょうか? ジャンプが原因で発生している膝蓋腱炎に関しては、申し訳ありませんが走る動作と比べて複雑な動作のためやはり実際に見させていただかないと何とも言えません。 走り方、ジャンプ以外で膝蓋腱炎になっている人の場合は、はっきり言って原因が個人によって大きく異なるため何とも言えません。 バトミントンや剣道や卓球などの様に、1歩で大きく移動するスポーツの場合はその足の踏み込み方に原因がある事が多い印象を持っていますし、サッカーのボールの蹴り方や走っていて方向転換をする時のブレーキ動作が原因で発生していた人も過去におられました。 このように結局はその人の痛い動作やスポーツの内容を詳しく聞かせていただかないと、確実な原因を特定するのは難しい症状だと言えます。 しかし話を詳しく聞かせていただくか、実際に映像を見させていただければ高い確率で原因動作を特定できる事は可能です。 スポンサーリンク 膝蓋腱炎やジャンパー膝の治療方法 ここからは膝蓋腱炎やジャンパー膝の治療について説明させていただきますね。 とは言っても、ここまで説明させていただいた様に膝蓋腱炎やジャンパー膝の原因はスポーツや運動中の動作の中に存在しています。 そのため、膝蓋腱炎やジャンパー膝の治療で最も大事な部分は動作指導になります。 はっきり言って治療でその場の症状を改善する事はさほど難しくありません。 おそらくこのページを読んでいる人の中にも、治療院での治療直後は楽になった経験がある人も多いと思います。 この疾患を治療するに当たって最も厄介な部分は動作解析と動作指導の2点です。 動作解析とはそのままの意味ですが、患者さんのどの動作が原因になっているのかをまずは特定しなければいけません。 走り方などならほとんど経験と予測だけで答えを出せますが、原因動作に関しては人によって本当にバラバラなので場合によっては苦労します。 その場で見れる動作なら直接見れますが、多くの場合は動画を撮ってもらう事が多いです。 そして原因が特定できれば今度はその指導をしなければいけません。 この部分に関しては単純に患者さん側の努力が必要になります。 慣れ親しんだ動作を変えるという事は口で言うのは簡単ですが、実際は非常に大変な事ですので。。。 ただし、本当にこういった事を追求していけばこの症状は治す事が可能です。 もしこのページを読んで参考になったという人は、近くに動作指導をしてくれそうな人を探してみて下さい。 (なかなかいないとは思いますが) 以上で「治らない膝蓋腱炎、ジャンパー膝の原因と治療法」についての説明を終了させていただきますが、下記に関連するページのリンクも載せていますので、興味がある人はそちらも是非参考にして下さいね。 おすすめ記事 スポンサーリンク ジャンパー膝や膝蓋腱炎に関しての記事.

次の

ジャンパー膝(膝蓋腱炎(膝蓋靭帯炎)/大腿四頭筋腱付着部炎)| million-koshien.kayac.comスポーツクリニック

ジャンパー 膝 原因

スポーツをしていて身体を傷めた経験がある人は 50%を超えています。 その中でもジャンパー膝は 腰痛に次いで第2位の発生率です。 中学からバスケットを始めた私も 高校に入ってすぐにジャンパー膝になりました。 中学からの同級生達と同じ練習をしているのに 私だけが膝に痛みを感じていました。 「なんで、自分だけ?」 それは、 高校時代には思いもしなかったのですが、 膝以外に原因があった という事に、身体の勉強をしていく中で真犯人を見つけました。 痛みが出てすぐの時にケアできれば すぐに治るのは、あなたのご想像の通りです。 そして、一度痛みが引いたとしても ジャンパー膝の場合、痛みが再発する という選手が珍しくありません。 「痛いと言って練習を休むとレギュラーを外される」 「もう少しで試合に出れそうだから、休めない」 など、色々な状況が重なり、そのまま練習を続けて どうしようもなくなってから 私に相談に来られる方が多いです。 この模型は、棒とゴムの張力だけで作られて 支え合って立っている 「テンセグリティ構造」で作られています。 ヒトの体は、この模型のように 骨と筋肉で支え合っていて、 様々な方向に動きます。 その時に強い方向と弱い方向があって、 前後、左右は比較的強いのですが、 ねじれる方向にはとても弱いのです。 股関節の動きが悪くなる• 太ももの筋肉バランスが崩れる• ふくらはぎの筋肉バランスが崩れる• 足関節の位置が悪くなる この、どれかが起きてしまっても ねじれが生じてきます。 そのねじれが膝の位置で起きてしまうことが ジャンパー膝の大きな原因です。 なので、早く治すためには以下がポイントになります。 (1)局所の炎症を抑える まずは、痛い場所へのケアが一番先です。 痛みが続くと「脳」が痛みを覚えてしまい、 治る時間が余計にかかってしまうので 局所への対処は重要になります。 (2)筋肉のバランスを整える 身体は、どんな方向からの負担がきても キチンと支えられるように筋肉が引っ張り合っているので 硬い部分が出てくると、それが関節をねじってしまいます。 硬い筋肉は柔らかく、弱っている筋肉は鍛えていきます。 (3)股関節、足関節のゆがみを整える 膝関節自体は、「曲がる」「伸ばす」 という動きがメインになります。 細かく言えば、捻れも加わって動きます。 膝関節の上下にある 股関節と足関節の位置を整えないと、 膝にねじれが起きてしますのです。 逆に言えば、股関節・足関節を整えると 自然と膝のねじれが解消されていきます。 ねじれが解消されて 正しい位置に関節が戻ると 無理に釣り合っていた筋肉が 自然と緩んで柔らかくなります。 どちらかと言えば、 地面についている足関節が重要です。 可能ならば、 5 までの段階で治療に来てくれれば かなり短い期間で痛みは改善します。 あなたがそれ以上の段階で 激しい痛みに悩んでいたとしても 早く治る方法はあるのです。 太ももの筋肉の緊張をゆるめる 股関節のバランスを整える 足関節のゆがみを整える このポイントを同時に行っていくことで 一日も早い症状改善を目指します。 炎症を早く引かせたり、筋肉や靭帯を早くゆるめる為に、 O2KRAFTというピーナツ油とローズマリー油を配合した 高濃度酸素オイルや特殊な機器を使用します。 痛みが引いた後に、 足関節、膝関節、股関節を正しく動かせるように 体操を行いながら動きを整えていき、痛くならない身体づくりまでサポートさせていただきます。 あなたには、 「自然治癒力」 という素晴らしい力が存在しています。 そして、恒常性といって 【元に戻ろうとする力】 が、働いています。 無意識で使っている間違った身体の使い方が ゆがみやねじれにつながっていて それが、痛みの原因です。 急に出てきたじっとしていても感じる 「ズキズキ」する激痛 これは、身体の炎症のサインです。 炎症自体は、どんなに大きなケガだったとしても そこにそれ以上の負担がかからなければ、 72時間=3日間で治まります。 そして、炎症が引いて 痛みがなくなった後、 身体の間違った使い方を修正しなければ また、同じ症状で困る事になります。 ============ 身体習慣は3か月 この期間、継続することで 習慣が変わる ============ という話を、 あなたも聞いたことが あるのではないでしょうか? 無意識によって身についてしまった 身体の使い方を 本質的に改善するのは それ相応の期間がかかります。 また、 身体の細胞が生まれ変わる期間を 見てみても 筋肉:2~7ヶ月 肝臓:2ヶ月~1年 血液:100~120日 赤血球:3~4ヶ月 と、ある程度の時間を要します。 そして、筋肉がついて安定してくるまでに 3ヶ月という時間が必要になってきます。 当院のジャンパー膝治療で そのときの痛みだけでなく 痛める前よりも強い身体作りを 一緒にしていきませんか? まずは、 強い痛みの時は、週に3回以上 痛みが引いて、筋肉バランスを整えるなら 週1~2回を1~3ヶ月 根本的なゆがみの改善や 正しい体の使い方を覚えるなら 週1回 回数にして10回~15回の通院 を、目安にしてみてください。 これは、一つの目安なので ・体質 ・生活習慣 ・姿勢やゆがみの具合 によって もっと長い期間をかけて 改善を目指していく場合もあれば、 短い場合もあります。 表面上に出てきている症状は あくまでも結果でしかありません。 原因はもっと別の部分にあります。 痛みが出たとき以上の 運動パフォーマンスを手に入れ、 イキイキとスポーツをして 活躍している姿を想像してください。 私と一緒なら、それが実現できます。

次の