面白い ユーチュー バー。 日本で人気の韓国人YouTuberまとめ13選!イケメン・美人・面白い?

YOUTUBER(ユーチューバー)の年収給料や最新版年収ランキング1位~100位、ジャンル別【ゲーム実況・キッズ・有名ユーチューバー】年収|平均年収.jp

面白い ユーチュー バー

Vチューバーとは 動画投稿サイト「YouTube」に動画を投稿して収入を得る「YouTuber ユーチューバー 」は近年社会に浸透しており、小学生が将来なりたい職業としてサッカーや野球選手などと並んでトップ10にランキングされるまでになっています。 そんなユーチューバーの間で起こっている新たな波がVチューバーと呼ばれるバーチャルユーチューバーです。 コンピューターグラフィック CG などで作成された仮想キャラクター バーチャルユーチューバーは人間ではありません。 動画配信される姿形はCGで作られたキャラクターですが、その裏側には現実の人間が存在していて、モーションキャプチャーと呼ばれる現実の人物や物体の動きをデジタル化する技術などを使って、 自分の顔の表情や手足の動きをリアルタイムでCGキャラクターに反映して配信する人たちのことを言います。 自分の顔を出さずに配信し注目を浴びることができるので、2017年ごろから注目を集めています。 アニメなどのキャラクターとは違い、YouTubeを視聴している人とリアルタイムでコミュニケーションをとることが大きな特徴で、 VRデバイスの価格が手ごろになってきたことや、iPhone等でも表情を読み取る技術が発達したことも人気を後押ししています。 キズナアイさんの活動が先駆けです Vチューバーという言葉は、もともとは2016年に活動を開始したキズナアイがはじめて使用しました。 当時はVチューバー=キズナアイのことでしたが、 2017年になり多くの仮想キャラクターユーチューバーが新規に参入し、仮想キャラクターユーチューバーの総称としてVチューバーという言葉が使われるようになりました。 収入の仕組み。 どれだけ稼げるの? 自分で制作した動画を配信して稼ぐことができるとして人気のユーチューバー、Vチューバーですが、なぜYouTubeに動画を投稿することで収入を得ることができるのでしょうか? 収入の仕組みはどのようになっているのかご紹介します。 広告収入 ユーチューバーの収入はすばり広告収入です。 動画に広告をいれることによって広告収入を得ているんです。 「YouTubeパートナープログラム」といい、ユーチューバーはこのプログラムに参加すると、 自分の動画に広告 Googleアドセンス広告 を表示させることができます。 広告にはいくつかの種類があり、主な広告は以下の3つです。 ・ディスプレイ広告・・・主に注目動画の右側とおすすめ動画一覧の上に表示 ・オーバーレイ広告・・・動画の再生画面の下部に表示 ・動画広告・・・動画再生の前にコマーシャル動画が流れる ディスプレイ広告やオーバーレイ広告は視聴者がその広告をクリックすることで広告収入が発生するという仕組みです。 動画広告は動画本編が表示される前に30秒ほどの広告が流れ、 視聴者が最後までもしくは30秒以上視聴するか、外部のスポンサーサイトへ移動することによって広告収入が発生する仕組みになっています。 投げ銭 YouTubeには ユーザー 視聴者 が配信者に支援金を送ることができるスーパーチャットという機能があります。 配信中ならいつでも、視聴者は自分で設定した金額を以下を利用して送ることができます。 クレジットカード、デビットカード、PayPal、GooglePay残高、キャリア決済など このようにユーザーが配信者に送る支援のことを、一般的に投げ銭と呼んでいます。 視聴者がライブ配信中に投げ銭を購入すると、金額に応じた一定時間自分のコメントをチャット欄上に固定で表示させることができます。 投げ銭は、ゲームプレイに対する評価や賞賛に添えて送られることが多く、投げ銭による収入はチャンネルの規模で決まるわけではありません。 熱狂的なファンを持つ女性配信者や、魅力的なゲームプレイをするプロゲーマーに対して送られることが多いようです。 この投げ銭システムが配信者にとってもっとも稼ぎどころとなっており、月間でトータル100万円~200万円を超える配信者が複数登場しています。 スポンサー制度 月額490円を支払うことでユーザーがお気に入りのユーチューバーを支援するスポンサーになれるという制度です。 スポンサーになると会員限定の動画が見られるようになるなどの特典があります。 スポンサーになる側、配信者側ともにいくつか条件がありますので条件の一部をご紹介します。 スポンサーを受けられる配信者の条件 ・18歳以上 ・登録者が1000人以上いる ・生放送に対応している ・チャンネルがYouTubeパートナープログラムに登録されている ユーチューバーにとっては今までと違い固定の安定した収益を得られることになりますが、月額490円払ってスポンサーを続けてもらえるようなコンテンツ 動画 を作る必要があります。 企業タイアップ メーカーなどの企業から依頼を受けて、企業コマーシャルや商品紹介の動画をユーチューバーが制作して配信するもの。 商品をそのまま紹介するのではなく、ユーチューバーがオリジナリティを凝らしてより多くの人に見てもらえる面白い動画を作って配信します。 企業タイアップは誰でもできるわけではなく、ある程度の知名度や人気があるユーチューバーに対して企業から依頼をするという形になっており、依頼がくれば企業から報酬をもらうことができるので、 一般的な広告よりも一度にたくさんの収入を得ることができます。 1本数十万円はくだらないようで、ユーチューバーとして知名度があるヒカキンクラスだと動画1本700万円とも言われています。 人気のVチューバーとは ユーチューバーの中での最近話題のVチューバーについて少しはお分かりいただけたでしょうか?人気のVチューバーをご紹介します。 キズナアイ はじめてVチューバーを自称。 訪日促進アンバサダーに就任。 チャンネル登録者数は180万人。 歌手の小林幸子とデュエットしたり、ホリエモン(堀江貴文)と対談などもしており、2018年上半期の総合ランキングトップ10の8位にランクイン。 爆笑問題が司会を務めるTBSテレビ「サンデージャポン」にも生出演。 キズナアイ ゲーム キズナアイのゲーム専門チャンネル 輝夜月 かぐやるな 2017年2月開始。 Mika Pikazo氏デザインの近未来的なデザインが特徴の女の子のキャラクター。 ほかのVチューバーの声まねがうまい。 ミライアカリ 株式会社DUOが運営する、初音ミクのデザイナーKEI氏デザインのキャラクター。 電脳少女YouTuberシロ 株式会社アップランドが運営。 武道館でコンサートすることが夢。 英語が得意。 ボイス付LINEラインスタンプも発売。 ヨメミ 2017年3月から開始。 「世界初のバーチャル彼女」。 ミライアカリの妹分。 月ノ美兎 「にじさんじ」というアプリの公式プロモーションキャラクターの一人。 女子高生。 田中ヒメ鈴木ヒナ 田中工務店による2人で活動しているVチューバー。 田中ヒメが単独で活動をスタートしたあとに鈴木ヒメがパートナーとして参加。 バーチャル番組連盟 個人男性運営のVチューバー。 ボイスチェンジャーを使わず男性の声のままで配信。 気になったVチューバーがいまいたら、ぜひチェックしてみてください。 まとめ 新しい職業のひとつとして社会でも定着したユーチューバーですが、そんなユーチューバーの新しい形態であるVチューバーはご存知でしょうか。 Vチューバーは人ではなく3Dコンピューターグラフィック CG などで作成されたバーチャル 仮想 キャラクターのユーチューバーのことです。 ユーチューバー Vチューバー含む の主な収入源は、広告収入、投げ銭、スポンサー制度、企業タイアップなどですが、 投げ銭が配信者にとって一番の稼ぎどころで、月間で100万円以上も稼いでいる配信者もいます。 Vチューバーは今後、ますます注目されるようになると思います。

次の

ユーチューバーの仕事内容・なり方・給料・資格など

面白い ユーチュー バー

目次 この記事で分かること• バーチャルユーチューバーとは? バーチャルユーチューバーとは、 一言でいうと、 すごい技術を駆使して、 着ぐるみのようにキャラクターを着て、 ユーチューバー的な感じで 動画配信する人達のことを言います ちょい詳しく言うと、 2Dや3DCD、その他VR技術など様々な技術を駆使して、 アニメキャラのようなアバターを作り、そのキャラクターと 実際の人間の動きを連動させ、キャラクターを演じて YouTube動画配信をする人のことをいいます。 実際に自分の体の動きとリアルタイムに連動させているので、 とてもリアルな動画配信ができます。 次の項目みた方がはやそう おすすめバーチャルユーチューバーまとめ 人気のVチューバーから、マイナーどころまで おもしろいVチューバーさんをまとめていきます。 その1:キズナアイ(バーチャルユーチューバー界のレジェンド) チャンネル登録者数は225万人 2016年に突如YouTubeに現れた Vチューバーが流行するきっかけとなった 先駆者的なバーチャルユーチューバーです。 テレビ出演や企業とのコラボ、ホリエモンとの対談、 歌手デビューなどなど幅広く展開しており、 Vチューバー業界では知らない人は居ないと言うぐらい 世界的にも有名なキズナアイ。 知らない人は要チェックです。 そして、これはおまけなのですが、 実はキズナアイは元祖Vチューバーじゃなかったんです。 実は元祖Vチューバーはこの人だった:Ami Yamato チャンネル登録者数は12万人 実はキズナアイが爆誕する5年前にこの動画が上がっていました。 この形式でバーチャル動画配信をしているのは、国内もとより、 世界初では無いだろうか。 CGのクオリティが大変高く、 ものすごいのですが、技術力を要するのか動画の更新頻度が遅く、 日本に完全特化した形ではなかったので、あまり広がりは見せませんでした。 その2:ミライアカリ(お姉さんキャラが人気) チャンネル登録者数は68万人 キズナアイの次にお姉さんキャラの様な立ち位置で 現れたのはミライアカリ。 初音ミクのデザイナーさんによる キャラクターとお調子者な楽しいおしゃべりが人気です。 最近では、秋葉原でインタビューとかやったりしています笑。 その3:輝夜月(かぐや るな)声が特徴的な妹キャラ チャンネル登録者数は84万人 見るストロングゼロ、首絞められたハム太郎というような 異名をもつ。 特徴的な声とハイテンションな動画配信が人気です。 声真似がめちゃめちゃ上手い事や、企画のおもしろさなども、 人気の理由です。 ワイも輝夜月(かぐやるな)ちゃん好きなんやけど、 ホント観てて元気になるよねぇ。 その4:電脳少女シロ(狂気の萌え声ホラーゲーム実況者) チャンネル登録者数は55万人 ゲーム実況がメインのバーチャルユーチューバー。 可愛い声とおっとりとした話し方とは裏腹に、 ホラーゲームでは狂ったように敵を倒しまくったり、 PUBGという戦争ゲームでは、敵をバッタバッタと倒し、 可愛さとサイコパス的な狂気のギャップに萌える人が多いようです。 引き笑いがイルカのような声になる事から、 イルカをネタにしたイジられ方をするときもあります。 その5:東雲めぐ(しののめ めぐ)女子高生Vtuber チャンネル登録者数は3万人 2018年3月に企業のオーディションで選ばれた女子高生? が中に入り動画配信しているVチューバー。 チャンネル登録者数は3万人と少ないものの、 SHOWROOMというライブ配信サービスとYouTubeの両方を 活動拠点とし、ガチの女子高生っぽい、初々しいリアクションや、 おっとりとした話し方が癒やされると徐々に盛り上がってきてる。 動画にもあるように、実際にバーチャル世界の中から配信したり、 技術的に一歩進んだ配信をしている。 バーチャル空間内からの配信は映像を観て酔いやすいので、 ちょっとでも違和感を覚えたら、即視聴を止める方がいいです。 ここからは、ちょっとマイナーな個性派Vチューバーをご紹介します。 その6:げんげん(あらゆる世界線を旅するトラベラー) チャンネル登録者数は4万人 2018年1月に動画投稿をスタートした、 異色のVチューバー。 げんげんの場合は、 演者が居て実際に動画を動かしている訳ではなく、 動画と世界観が作り込まれているのが特徴。 この動画の世界観は、第三次世界大戦が終わった後の世界から、 げんげんが動画配信をしているという設定。 毎回、世界観が変わり、山奥のペンションでの殺人事件現場から 動画配信しているげんげん。 海外逃亡を企てる世界に住むげんげん。 原始人になったげんげん。 など、 それぞれ、動画自体は2分程で終わるものが多いものの、 キャラ設定と世界観が独特でじょじょにファンは増えている模様。 こちらは、山奥のペンションで事件があった場所から放送しているげんげん。 設定がおもしろいですよね。 その6:バーチャルおばぁちゃんねる(おばあちゃんVチューバー) チャンネル登録者数は14万人 2018年1月からスタートしたバーチャルおばぁちゃんねる。 主にゲーム実況がメインだが、たまにノーベル賞とは何か? などの社会の歴史などの情報を細かく解説した授業なども やっている。 人気シナリオのゲームなども選びつつ、 トークで盛り上げる感じなので、根強いファンはついている模様。 その7:田中のおっさん(中の人は弟者?) チャンネル登録者数は14万人 2018年8月にデビューしたおっさんVチューバー。 まだスタートして2ヶ月しか経っていないのにも かかわらず、チャンネル登録者数が14万人と伸び率のすごさが 伺えます。 声が、有名ゲーム実況配信者の「弟者」とソックリ? というか本人?って感じなので、 コメントでは弟者とのコラボお願いします! みたいな投稿が多いです笑。 こちらもゲーム実況がメイン。 その8:パゲ美(オカマ系バーチャルユーチューバー) チャンネル登録者数は1. 3万人 2018年2月にデビューしたオカマ系Vチューバー。 目標は男性バーチャルユーチューバーを掘ることだとかw 言葉選びのセンスが光っており、トークも面白いので、 少しずつ伸びてくるかもしれません。 要チェックです! その9:緋色すもも(ひいろ すもも)ゾンビ系萌え声バーチャルユーチューバー チャンネル登録者数は2. 7万人 2018年9月にスタートしたばかりの新人Vチューバー。 しかし、このただならぬ雰囲気、腐敗臭。 ただの者ではありません。 ベテランを超越して、 腐敗してしまったに違いありません。 唯一無二のキャラクターでしょうw なんだかんだ、このビジュアルと可愛いトークのギャップは 面白いです笑。 どんなに可愛いく振る舞っても、 ぜんぜん可愛いくない笑。 コメント欄のコメントも面白い。 「ゲームよりも本人のほうが怖くて草」 「体の水分を全て声帯にもっていかれた女」 ワロタ。 きっと伸びるでしょう! その10:ミソシタ(闇ポエム界の超新星) チャンネル登録者数は1. 9万人 2018年3月に突如現れた闇世界の重鎮、ミソシタ。 ポエムコアという詩と音楽を合わせた新ジャンルに 自身の心の闇を思いっきり詰め込んで発信する、 動画コンテンツが、「よく分からんがクセになる」と 話題を呼び、音楽のクオリティの高さも相まって、 一気にメジャーデビューへと駆け上がった異色のVチューバー。 90年代初期のような雰囲気をまとい、 性に対する葛藤を思い切り叫ぶその様は、 他人の黒歴史を思いっきりぶつけられている様な なんとも言えない感覚になる。 平沢進のような、ポップとは真逆の性質を持つ音楽である。 と思ったら、コメント欄にピッタリのコメントがあった。 どちらにせよ奇才なのは間違いない。 曲もいいです。 おまけ:バーチャルグランドマザー:小林幸子 チャンネル登録者数は1. 8万人 動画投稿数はまだ2つしかないが、 バーチャルコラボという事で、キズナアイと千本桜をコラボしている。 バーチャルグランドマザーという名前に恥じぬ通り、 ラスボス級のビジュアルがすごい笑。 なぞのラスボス感が面白いです笑。 最強の一年生ですね!というコメントの通り、 最強すぎて笑えます。

次の

日本で人気の韓国人YouTuberまとめ13選!イケメン・美人・面白い?

面白い ユーチュー バー

第15位 デカキン、Dekakin トップユーチューバーであるヒカキンさんのモノマネをしている体重100キロ以上の ぽっちゃり系ユーチューバー。 他のユーチューバーとも仲が良さそうで、 みんなにいじられては鋭いツッコミを返す光景の裏には、元お笑い芸人だったという過去があります。 基本的にはネタ系の動画が多いです。 他のユーチューバーの動画にもたびたび出演する人気者です。 ツッコミが面白い(笑) 第14位 みきママ(みきママChannel) 節約レシピのブログで人気のみきママさん。 今や テレビ、雑誌と幅広く活動しています。 YouTube チャンネルも開設されていてこちらも人気。 実用的で手軽なレシピは、料理をあまりしない僕でも見ていて面白いです。 テンションがやけに高い(笑) この人柄も人気の理由のひとつなんだと思います。 第13位 恭一郎、恭ちゃん(恭チャンネル) もともとはニコニコ動画の生放送をやっていて、 声真似、ラップ、歌のクオリティの高さで面白いと人気に火がついた恭一郎さん。 彼女と同棲していて一緒に動画を撮っています。 「 明るいデブ」が売りなんだとか。 モノマネが冴えています。 とくにドラえもんのモノマネがお気に入り。 歌うますぎ(笑) 第12位 ラファエル、Raphael 人気急上昇のラファエルさんは 実験系の動画がとくに人気です。 もともとは会社勤めとFXのトレーダーをやっていて、今は不動産からの収入もあり、もう生活に困らないくらいの稼ぎがあるのですが、何かやりがいを見つけたいとユーチューブを始めたとのこと。 いつも仮面をかぶっていて顔出しはしていないですが、ウワサではイケメンらしい。 昔、自衛隊だったそうです。 普通の人には真似できない危険な実験も多い。 たまにフリートークで FXなどのお金の話もしているんですが、これも面白い。 第11位 セイキン、SEIKIN(SeikinTV) セイキンさんは実はトップユーチューバーである ヒカキンさんのお兄ちゃん。 基本的には 商品紹介の動画が多いです。 動画が 丁寧に作られていて説明が分かりやすく、安定感があります。 食べ物系の商品紹介が個人的にはお気に入り。 こんな準備の大変な動画の撮影を一人でやっていて寂しいと思っていましたが、実はこのとき彼女がいたようです(笑) ちなみに2014年に 結婚されました。 歌もうまいです。 ヒカキン、セイキン兄弟は芸達者ですね。 兄弟二人、仲が良いようで、一緒に動画を撮影することも。 第10位 水溜りボンド お笑いサークルで出会った大学生二人組が水溜りボンドという名前でユーチューブに毎日動画投稿しています。 企画がよく練られていて思わず見てみたくなる動画がたくさんあります。 ジャンルは幅広いけど 検証や実験系の動画が多い。 身近でみんなが気になるような実験を代わりにやってくれて面白い。 白衣を着ている方は 米村でんじろう先生のお弟子さんでたまにコラボして動画撮影をしています。 恐怖系もあります。 あの懐かしの ワクワクさんとのコラボも。 第9位 たいぽん 基本的になんでもありの動画を投稿しているたいぽんさん。 YouTube の他に 音楽活動もやっており、マルチな才能をお持ちです。 フリースタイルで しゃべりが面白いのも人気の理由なのかもしれません。 妹と動画を撮ることも多いです。 兄妹仲が良いですね。 第8位 ブライアン(ブライアンチャンネル) 動画アプリ「Vine」で一躍有名になったブライアンさん。 日本で初めて10億回ループを達成した強者です。 ラップやモノマネが得意で、動画を見るだけで 世間離れした才能を感じさせられます。 テレビ番組のアテレコとラップが人気。 動画もラップも作るのにどれくらい時間がかかっているんだろう……。 こういうみんなが面白いと思うような動画作り続けられるのがすごい。 手が込んでいます。 第7位 ヒカキン、Hikakin(HikakinTV) ユーチューバーといえばヒカキンさん、と言われるほど 日本のユーチューブ界を背負ってきたレジェンド。 いまたくさんの人がやっているユーチューブで毎日動画を投稿するスタイルはヒカキンさんが最初らしい。 今でも動画投稿を毎日続けており、変わらず 人気健在です。 ユーチューブを見ない人でもヒカキンさんは知ってるって人も多いのではないでしょうか。 最初は ヒューマンビートボックスで多くの人に見られるようになりました。 YouTubeテーマソングを作って、今や 小室哲哉さんと共演するまでに。 ユーチューバーの未来を感じさせられます。 リーダーのシルクさんを筆頭に、 「楽しい」をモットーに動画撮影をされているようです。 人数が多いと企画の幅も広がりますね。 リーダー シルクさんの運動神経はピカイチ。 メンバー同士でイタズラも。 楽しそうですね。 第5位 怪盗PINKID、ピンキー 日常をネタにした動画で有名なユーチューバー。 勢いのあるネタ動画で人気が急上昇しています。 しつこい(笑) 第4位 桐崎栄二、きりざきえいじ 日常の出来事を面白おかしく動画にする桐崎栄二さん。 編集に力が入っていて、動画を作るのが好きだというのが伝わってきます。 家族をネタにした動画が多い。 日常の出来事を面白く伝えます。 家族みんな仲が良いですね。 美味しそう。 第3位 あやなん、しばゆー(しばなんチャンネル) もともとネット上で個々で活動していたのですが、恋人となり、2016年に 結婚されました。 結婚した今では一緒に動画を撮影していて、 日常のようすを面白おかしく公開しています。 体をはっている動画も多い。 二人とも 器用で芸が細く、面白いです。 カップルならではの動画も。 日常のトラブルも全て動画にしてしまえるのは 夫婦二人ともユーチューバーだからこそですね。 第2位 ヒカル、Hikaru もともと別の事業をやっていたことで預金は十分にあり、 YouTube は知名度が欲しいということで始めたとのこと。 他の人にはマネできない お金をかけないとできないような企画が多いのが特徴。 賛否両論を巻き起こすネタもあるのですが、今 YouTube を盛り上げているユーチューバーの一人であることは間違いありません。 他の人と一線を画す お金をかけたネタ。 動画を撮影している中で知り合いになった カードショップの店長との掛け合いも見ものです。 どの動画もそうですが、 トークがうまい。 YouTube をビジネスと割り切って動画作成を行っており、興味深い。 YouTube の事務所の設立もしました。 第1位 はじめしゃちょー、hajime もはや YouTube を見ている人で知らない人はいない はじめしゃちょー さん。 単純に 自分のやってみたいことをやってみるというスタンスで動画を作成しています。 企画自体はバカらしいのですが、どれもここまでやるか! ってくらい徹底的にやっていて面白く、中高生からは絶大な支持を得ています。 いろいろと手間がかかってます。 意味がないことを徹底的にやり切るところがまた面白い。 みんなの夢を叶えてくれます。 準備と片付けがたいへん。 最後に どれを載せるか迷うくらいたくさんのユーチューバーと、その動画があって全てご紹介しきれませんでしたが、これから見る方の参考になればと思います!.

次の