死にたいと思うのは普通。 過食嘔吐の人がいう「死にたい」について思うこと

日本では毎日100人自殺している。死にたいは死にたくない

死にたいと思うのは普通

死にたいと思ったことと、消えたいと思ったことがある。 あー死にたい。 もう消えたい。 表面的な言葉の重さとは裏腹に、案外かんたんに口にする言葉かもしれない。 でも「死にたい」と「消えたい」って、全然違うんだ。 実際は、死にたいより「消えたい」の方が重い。 そして、自分はなんのために死ぬのかって、少し考えてみてほしい。 「死にたい」は存在証明 10代中盤ごろ、死にたいとよく思った。 死ぬって何なのかわからないまま、自傷行為を繰り返した。 10代の頃の「死にたい」には、私が確かにここに生きていたことや、死んでしまうくらいの悲しみを感じていたということを、誰かに知って欲しいという思いからきていた。 ここにいても、いないのと同じような感じ。 生きているんだから、大丈夫でしょ。 生きているんだから、恵まれているでしょう。 生きてさえいれば。 誰の声ともつかない声が、よく聞こえた。 生は尊ぶべきものなのに、むしろ生きていることで、 生きていることがぼやけるのだ。 いじめにあった中学生が自殺をするのはなぜか。 それは「悲しみを証明したいから」だ。 何かから逃げたいわけでもない、楽になりたいからでもない。 死んだらどうなるのかなんて誰も知らないし、自殺なんてしようものならもっとひどい地獄に送られるおそれだってある。 そういう言い伝えはいくらでもある。 それでも「死ぬ」ということに惹かれるのは、今ここに自分が存在しているということを証明する方法が、死ぬことしかないからだ。 大人になってからの「消えたい」は抹消 大人になってからも、私は死にたいと思うことがあった。 でも、大人になってからは「死にたい」ではなく「消えたい」という感覚の方が近かった。 「消えたい」というのは、自分の体がこのまま消えてなくなり、さらに自分に関わる全ての人の記憶からも、自分を消してほしいという気持ちだ。 朝起きたら家族は、私が寝ていた布団を見て「なんでこんなところに布団が敷いてあるんだ?」と不審に思うだけで、私がいないということには気づかない。 私という人間を、最初から知らないのだから。 それが理想だった。 誰にも迷惑をかけず、最初から自分なんかいなかったかのように。 私という人間のことを、誰も思い返さない。 悲しんでも、悔やんでもほしくない。 この世のすべての自分のデータを消して、他の人たちには日常をいつも通りに進めてほしい。 黒歴史なんて言葉があるけれど、そんなの自分の人生全部だよって何度思ったことか。 この「死にたい」と「消えたい」の違いは、とても大きいと思う。 10代の頃は、死ぬこと自体も自分のためだった。 悔しさ、怒り、存在証明……。 そういった、強い衝動と怒りがある。 しかし、大人になってからの「消えたい」は、本当にか細い訴えだ。 行き止まりにぶち当たって、進むことも戻ることもできない。 責任を全うすること、人と関わりをもったこと、自分という人間が少しでも規模を広げたことによって、下手に周囲へ影響してしまった。 取り返しがつかないとさえ感じることもあった。 こんな自分が、ここまで生きてきて申し訳ないという気持ちさえする。 それに、自分が死んでから、誰が、何を、どのように処理するかも知ってしまった。 人が死ぬとき、どんな手続きがあるのか。 今抱えている仕事や家庭をどうするか。 自死すると、どういう顔になるとか、排泄物が出るとか、発見が遅れるとどうなるか。 いろんな「死」にまつわる事実、リアルを知ってしまった。 だから、成長すると人は「死にたい」ではなく「消えたい」と思うのだ。 大人になってからは「自分なんかが今死んだら、迷惑極まりない」と思うようになった。 ときどき消えたくなって、自意識の殻に入り込んでいたけど「私が死ぬと周りの迷惑になるから、とりあえず明日だけ頑張ろう」と思った。 消えたいのは本望だけど、それはあまりにも非現実的なオカルト現象になってしまうと、冷静な大人の思考がそれを阻止するのだ。 泡になって消えたい。 空気だったらいいのに。 透明になりたい。 頑張るってなんなんだよって思うよ。 完全に死ぬタイミングを間違ったなと、20代そこそこのころは思っていた。 死んだ人は「弱い人」にされる どんなひどい状況にあったとしても、自分から死を選ぶということで「弱い人」という印象を、最後の最後に張られてしまうこともある。 「どことなく、弱い感じの人だったもんね……」自死した人の話を聞き、そんな風に、勝手に無理やり関連付けてしまう人もいる。 自殺願望も、死にたい、消えたいと思うことも、全部最後は「その人自身の弱さ」のせいになる。 私は自分の存在証明を成し得なかったことに対して、むしろ「死ねなかった弱さ」を感じたりもする。 強さを証明するために死ぬのは道徳的にはおかしいけれど、いろんな事情に耐え続けた人がなぜ弱い人になるのか、理解不能である。 死んだからって、理解されるわけじゃない 自分の命をもってつらさを訴えても、おそらく理解されるわけではないと思う。 「死んだ」という事実なんて、すぐに忘れるからだ。 どんなえらい人も「生きているだけで、ありがたいことなんですよ」「命は尊いものなのです」そう言うと思う。 死んだ人を「かわいそう」「残念」「こんなことがあってはならない!」と騒ぐ。 その人はさっきまで生きていた人だ。 死という一線を越えるだけで、捉え方がこんなにも変わってしまうなんて。 目の前の人を大切にしない、ものごとをしっかり見据えない人ほど、人の死に敏感に反応し、言葉にする。 すぐに「かわいそう」「ひどい」「残酷」「ありえない」と言葉を並べる。 そこに至ったまでの経緯を知らないで、軽々しく死を語る。 死ぬ前日まではぞんざいに扱い、死んだ日は気が動転して悲しんだポーズをとるんだろう。 心臓が止まるという、ただのその一線だけで。 人がそこにいることは、何も変わらないのに。 そんな人がほとんどだ。 そんな人たちに向かって「死をもって存在証明する」のは、ほとんど意味がないなぁと、今大人になってしばらくたってみて思うんだ。 そんなことのために死ななくてよかったよ。 あんたがあのとき死んでも、周りは今頃パフェでも食ってるよって、本気で思うんだ。 死にたいも、消えたいも、最適じゃない。 悔しいけど、明日も生きるしかない。 悔しいなぁ。 あなたは明日もまた、生きなくてはいけない。 理不尽に耐えながら、複雑すぎて説明もできない心を抱えながら、普通の顔をして、平凡なふりをして生きなければいけないんだろうな。 生や死に何の疑問も持たないで生きられる人が羨ましい。 妬ましい。 何で同じ人間なのにって、思わずにはいられない。 それでもいいと思う。 だって苦しいもん。 死にたいのも消えたいのも生きたいのも。 そんな気持ち抱えながら生きるのはつらくて当たり前なんだ。 でも、どのみち私たちの思惑通りにはいかない。 死んでも思いは届かない。 消えるのは、現実的に難しい。 だから結局、なんとかして生きるしかないのかもしれない。 そうやって生きてきた人が実は、世の中にはたくさんいるのだ。 /Kandouya編集部.

次の

知ってるか?普通の人はあんまり「死にたい」って思わないらしいぜ|生きにくいから部屋の掃除をする人Limari|note

死にたいと思うのは普通

私も子供の頃から死にたいと思っていました。 ただひたすら親を悲しませないために生きてきただけで、「生きている意味」を考えると何もなかったのです。 大人になってからも、「生きている意味」が全くわからず、人を悲しませないために生きてきました。 家庭を持ち、暫くは「家族のため」と思えるようになりましたが、やがて「うつ病」診断され、それに嫌気が差した妻と長男が家を出ていき、私と次男(高1)との二人暮らしになりました。 会社も9ヶ月程度休職をしましたが、子供の食事・弁当作りと忙しい毎日を過ごしていたので、「死にたい」と考える暇もありませんでした。 今は、次男も進学し、独り暮らしで6年目となります。 子供に手がかからないようになったことで、またネガティブな考えが私の中に生まれてきました。 今でも毎日目が覚めるたびに、「あぁ、また今日を迎えてしまった」と大きなため息をつきながら暮らしています。 通院して早8年目、月1回の受診と職場が用意してくれたカウンセラにお世話になっています。 前置きが長くなりましたが、主治医に言わせると、「生きる意味」の答は永遠に無く「ものを考えない時間を作らないこと」が最良の対処法とのことです。 趣味でもいいし、運動でもいいしとにかく忙しくして、もの(生きる意味)を考えないようにと言われます。 niko1512さんにも、自分を忙しくするものが見つかれば、それに没頭できるといいのかもしれません。 とはいえ、私の場合、趣味もなく、運動する気にもなれず、周りがみな楽しそうに見え、GWもそんな人々を見るのが嫌で、家に閉じこもっています。 唯一残された対処法は、「寝ること」しかありません。 睡眠薬を処方してもらい、昼間もただ寝て「考える時間」を減らしています。 回答になっているかどうかわかりませんが、niko1512さんも「生きる意味」を考えてしまうのではないでしょうか?医師に言わせると。 それは頭の良い証拠で、そんな思考回路を持たない人(これが普通の人かもしれません)は「生きる意味」など考えてはいないらしいです。 なにか新しいことを見つけられるといいのですが、お医者さんとも相談し、「死にたい」という気持ちを上手くやり過ごせる方法を見つけられるといいですね。 「うつ病」は直る病気なので、頑張りすぎず、でもあきらめないでくださいね。 実は、この回答を書きながら「考える時間」を減らしている私です。 症状は3年くらい前から出ているように思います。 ・毎日死にたいと思う 最初は夜寝るときだけだったのですが、最近では昼間でも考えるようになりました。 自殺の方法を考えたりすることもあります。 ただ、1度も行動に出たことはなく、妄想してるだけという感じです。 ・感情が抑えられない 母親のことがとても嫌いです。 なので、電話がきて話をして電話を切った後、憎悪の感情が押し寄せてきて体が熱くなり、感情が高ぶります。 そんな状態が2時間くらい続くことも。 電話に限ったことではなく、母親のことを考えただけでこうなることもあります。 生活は普通にできているし、食事も普通にできています。 ただ、人と会ったり話したりすると精神的にとても疲れてしまって、起きていられなくなることはあります。 カウンセリングなどに行ったほうがいいのでしょうか? その場合、カウンセリングにかかる金額も教えてもらえると助かります。 A ベストアンサー 毎日死にたいと思うようでは、実際辛いでしょう。 早く病院に行きましょう。 カウンセリング単独のところもありますが、精神科、心療内科で、カウンセリングを行っているところもあります。 はじめに医師が診察して、カウンセリングが必要だ、もしくは、患者が希望していて妥当だと思うと、カウンセラーの予約を入れてカウンセリングをするというシステムですね。 後者のほうは保険が利きますので、コスト的に大分安くなります。 まずは、医師と相談してみてください。 精神科、心療内科といっても、普通の診療科とそれほど違いありません。 料金もとりあえず3割負担で1500円程度です。 カウンセリングのことはそのとき話し合えばよいでしょう。 カウンセラーがいる精神科、心療内科を探すのは、ちょっと手間ですが、電話帳か、 通信簿. tusinbo. Q うつ病って要は、本人の怠惰さからきているものではないんですか? 怠けたい・・・面倒くさい・・・「病気」と言うより、「甘え」という感じがします。 誰だって、仕事は休みたいと思うものです。 うつ病と本人が主張すれば、仕事も休め、周囲も気遣ってくれるわけです。 作りやすい逃げ道にも思えます。 うつを主張している方々にも本当に重篤な心の病として苦しんでいる方がいるというのは理解できます。 こんなことを書けば、病気の本人や、そういった方々のケアにあたっている方々にとても失礼だとも自覚していますし、申し訳ないと思います。 ただ、全ての方が本当に病気なのでしょうか。 単なる甘えなのか病気なのか。 私は、ここ最近ずっと無気力、不快感、嘔気、頭痛、全身倦怠感などに悩まされています。 死にたいと思うこともあります。 朝は中々起きれず、仕事に行きたくないというのは毎日です。 人間関係にも悩み、人と話すことにストレスを感じます。 一日中、何もせず何も考えず、布団にくるまっていたいと思うのです。 周囲からうつ病の可能性を指摘され、臨床心理士の方にカウンセリングをお願いしたところ、テストではうつ傾向が出ていました。 しかし「私は自分に甘えているだけなのかもしれない」と思うようになりました。 誰だって悩みはあり、滅入ることもある、これがうつであれば、ほとんどの人間がうつにあてはまるような気がします。 「うつ」と「甘え」の境界線がわからないのです。 私自身、うつであれば然るべき医療機関において適切な治療を受けたいです。 また、甘えと錯覚する場合があるなら、自分自身に喝を入れ、仕事に集中しなければなりません。 「うつ」に対して敏感になっている世の中、「私はうつです」と言えば、周囲は必ず気遣うでしょう。 しかし、果たしてそれでいいのか・・・。 うつ病に苦しんでいて、この文章を読んで気分を害された方がいましたら、本当に申し訳ありません。 うつ病って要は、本人の怠惰さからきているものではないんですか? 怠けたい・・・面倒くさい・・・「病気」と言うより、「甘え」という感じがします。 誰だって、仕事は休みたいと思うものです。 うつ病と本人が主張すれば、仕事も休め、周囲も気遣ってくれるわけです。 作りやすい逃げ道にも思えます。 うつを主張している方々にも本当に重篤な心の病として苦しんでいる方がいるというのは理解できます。 こんなことを書けば、病気の本人や、そういった方々のケアにあたっている方々にとても失礼だとも自覚し... A ベストアンサー ウィキペディアには有志の方々が、こうまとめています。 (一部抜粋) うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。 うつ病は、従来「こころの病気」とされてきたが、最近の研究では「脳の病気」ととらえ、うつ病患者の脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物療法などが主流になってきている。 成因 うつ病の成因論には、生物学的仮説と心理的仮説がある。 ただいずれの成因論もすべてのうつ病の成因を統一的に明らかにするものではなく、学問的には、なお明確な結論は得られていない。 また治療にあたっては、疾患の成因は必ずしも重要なものではない。 スキーで骨折したのか、階段から落ちて骨折したのかによって、治療が変わるものでもない。 治療場面では、なぜうつ病になったかという問いよりも、今できることは何かを問うべきである。 この意味で、成因論は、学問的関心事ではあるが、臨床場面での有用性は限定的である。 等、丁寧にまとめてあります。 只、うつ状態であれば(それだけではないですが)、思考すること自体がきついと思う思われるので、出来るだけ分かりやすい言葉で、簡単に書きます。 定番の説明で行くと、 ・真面目なLVが高い程なりやすいとか、 ・責任感が強い人 ・追求型人間 とか有りますね。 大まかに捉えると、妥協しないタイプがなりやすいそうです。 たしかに、言葉は悪いですが、ノーテンキな人や、自己中心の人は 少ないです。 1 に関しては、そのままです。 2 は、食事のバランスが悪いとか、見落としがちな所が発端ということがあります。 3 これは、日光に当たらないとか有る程度の生活リズムがずれるとかで、体内時計が狂うとか、体調が狂うとか。 (短時間で作れて、食べ易いもの) 連鎖するからです。 仕事柄、自殺者を見てきましたが、食事が変な人生を送ってきた方が多いです。 変なこだわりとか、変な知識とか・・・情報過多の弊害です。 本当の意味で、安全で正しい食材による食事は、脳のエネルギー源です。 食事無しに、自分で作ることは出来ないのです。 日頃の習慣の、カフェインの多い炭酸飲料を、オレンジジュースに変えただけで、刑務所内の態度や、再犯率が減った。 (非難しているのではないです。 ) 何が、どう作用するのか、人間は2007年現在、有る程度こういう原因だろうと推測又は、解明されているものも有ると言う良い例です。 こういった身近な例も糸口になるかもしれません。 2007年現在、鬱に関しても、大分解明されてきています。 そして、何より大事なのは、皆さんも書き込んで下さっているように、一人で思い詰めるのではなく、診察に行く事が何よりも大事な事だと思います。 私が若い頃、世間は変な目で差別する時代でした。 あの頃の私は、間違い無く欝でした。 死ぬほど苦しかったのを覚えています。 色んな友人や恋人と離れ、その期間の人生をかなりロスしました。 ネットや、医学書等、今に至るまで、少しずつ勉強して、家族に迷惑がかかるからと、病院に通わせてもらえなかった為、苦しみの中、少ない力を振り絞って、生きていた時期があります。 貴方には万が一でも、そうなって欲しくは有りません。 今はそうでなくても、なる可能性だって有る訳ですから。 「欝は、風邪を引いたのと同じ感覚で、行きましょう。 必ず治る脳の病気です。 原因は色々有れど、ひとつではない場合もあるし、誤診だってあるでしょう。 でも、もやもやした状態のままというのは、凄く危険な事です。 一度良さそうな病院を調べて行って、胸を張って行く事をお勧めします。 どういう結果が出ても、貴方の行動は人生を前進する為の一歩ですから、これだけでも、実は重要な事ですよね。 仮に鬱でも、今は治る病気として、常識化しています。 繰り返しますが、不明なもやもやは専門家へ。 (鬱を悪用する人、医者は確かにいますし、実際、最近院長が逮捕されましたよね。 人は人です。 気にしないことです。 ) どんな結果であれ、忙しくとも少しの時間でも、ゆっくりリラックスで生きて行けるといいですね。 (一部抜粋) うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。 うつ病は、従来「こころの病気」とされてきたが、最近の研究では「脳の病気」ととらえ、うつ病患者の脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物療法などが主流になってきている。 成因 うつ病の成因論には、生物学... Q 「死」こそゴールです。 生きててもつまんないです。 このままだと犯罪者になってしまうかもです。 ムカつく奴を殺したり、いい女をレイプしたりしてしまうかも。 そこで、社会に迷惑をかけずに、一歩でも「死」に近づくためにはどんな努力がありますか? 35歳の無職です。 世間でいう「クズ」「ゴミ」です。 一人暮らしで貯金を崩して生活してます。 自殺系は勇気がないので無理です。 ヤクザに絡んで殺されるとかも痛いので無理です。 理想はガンとかになりたいんですが。 自然に、病気で死にたいです。 突発的になら、急に通り魔に刺されるとかもいいですが、これはよほど運がよくないと無理ですね。 関係ないですが、こないだショッピングセンターの障害者トイレでカップルがセックスしてました。 こういうマナーのない人に腹が立ちます。 自分たちだけ気持ち良ければいいのか、とおもいます。 最後に、私は右利きです。 A ベストアンサー なにも早くゴールに行く必要ないですよ! クズなんかじゃないですし。 非常識な人に腹を立てる感情がありますしね。 35なんてまだ折り返し地点までも行ってないじゃないですか! まだまだですよ! それに無職の状態がずっと続くかは分かりません。 時間とともに気持ちも状況も環境も変わっていくものです。 前まで成績がどん底だった人が一年経ったらいつのまにか首位に立っていたりとか そんな話世間にはたくさんあります。 ・・ 今がつまらないなら今後楽しくなる出会いやきっかけに巡り会うかもしれないじゃないですか! この先なにが起こるかわからないように、楽しくなる可能性がゼロとは言えないのです。 楽に死ぬ事なんか簡単です。 長く生きてぽっくりいけばいいのです。 まず、朝、起きることができません。 昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。 例えば、友達と約束をしていても外出することができません。 休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。 熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。 今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。 平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。 でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか? 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。 まず、朝、起きることができません。 昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。 例えば、友達と約束をしていても外出することができません。 休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。 Q 毎日何もする気が起きません 毎日好きなだけ寝て、食べたいときに食べて と繰り返しております 数年前に夢見た生活だったのですが 実現したら地獄のようです このような生活ができるのは貯金のおかげなのですが 貯金は使えば当然無くなります 将来が不安で不安で仕方ないです 毎日好きなだけ寝ていると言うのが問題だと思います でも頑張って起きてまでしたい事がありません 毎日昼過ぎには起きるのですが 起床時間は一定しておりません 夕方頃になると頭がガンガンして何もする気になれません 夜12時以降起きていると あまりの寂しさに死にたくなるので 睡眠導入剤を飲んで無理矢理睡眠に入ります 「仕事をした方が良い」と勧められる事もありますが どうしてもしたくありません 友人もほとんどいません 毎日死にたいと考える時間が多くなってきました これは完全に鬱ですよね? 病院にも行きました、薬も色々貰いましたが 全く役に立ちません なぜなら朝ひたすら眠り続けるという習慣だけは 薬で改善出来ませんからね 何もやる気がしないというのは 自分自身で考えた結果 ひたすら寝続けると言うのが原因なのでは? と思いますがいかがでしょうか?? 一つだけ人生の中で興味のある分野が英会話です これだけはどんなに頭がおかしくても 余裕のあるときに練習しておりますが 一人で勉強していると寂しくて死にそうになるし、 一緒に励まし合う仲間が欲しいため 有名な英語学校に行ったりもしますが 費用がバカみたいに高くて バリバリ毎日打ち込めるほど通えるという訳ではありません 長くなってしまいましたが このように何もしたくないというのは 長すぎる睡眠に原因がある物なのでしょうか?? ご存じの方いらっしゃいましたら 教えてください よろしくお願いします 毎日何もする気が起きません 毎日好きなだけ寝て、食べたいときに食べて と繰り返しております 数年前に夢見た生活だったのですが 実現したら地獄のようです このような生活ができるのは貯金のおかげなのですが 貯金は使えば当然無くなります 将来が不安で不安で仕方ないです 毎日好きなだけ寝ていると言うのが問題だと思います でも頑張って起きてまでしたい事がありません 毎日昼過ぎには起きるのですが 起床時間は一定しておりません 夕方頃になると頭がガンガンして何もする気になれ... A ベストアンサー 私も朝ひどい苦痛があって起きれない・いくら眠っても疲れが取れない・気力が湧かないなどの症状があったのですが、「低血糖症」という病気があることを知り、その病気の検査・治療をおこなう病院で検査(非常に詳しい血液検査)してもらったところ、該当していました。 「低血糖症」とは、食生活やストレス、先天的体質などが引き金となって、すい臓や副腎が疲労し、神経伝達系や自律神経に不調をきたすというものです。 精神的にも身体的にもさまざまな不調が起こります。 うつ病と重複する症状も多いです。 低血糖症のメカニズムの説明は、こちらが分かりやすいかなと思います。 dion. html もし該当するようであれば、このリンク先に書かれてあるようなことを、できる範囲ででも気をつければ、つらい症状の緩和が期待できると思います。 (効果が感じられるまでに、数ヶ月は見てください) それと、寝る前にぬるめに温めた牛乳にきな粉を溶いたものを飲むのも良いです(目覚め時に低血糖が起こるのを防ぎます。 これも数ヶ月は実施が必要です。 ) おやつには、ナッツ類(カロリーが高いので、食べ過ぎないように)や、豆腐などタンパク質を摂るのが良いとのことです。 なお、この病気の治療には、適度な運動(日光を浴びてメラトニンやセロトニンの生成を促す。 筋力アップでエネルギーを貯えられる体にする)も重視されます。 疲れすぎている場合は、10分ほどブラッと散歩するくらいから初めて下さい。 低血糖症の検査は、朝から夕方まで5時間かけて9回の採血と採尿を行い、医師にとっても非常に手のかかるものであるため、実施してくれる病院は非常に限られる様子です。 一応、私が把握している病院のリンクを貼っておきますね。 (千葉県の内科 【遠方者対応あり】精神科等と並行して受診する患者さんもあるということです。 mariyaclinic. yaesu-clinic. shinjuku-clinic. 通院が無理という場合でも、食生活にはぜひお気をつけくださいね。 私の場合は、治療開始2ヶ月ほどで朝起きられるようになり、昼も眠くならなくなりました(まだ治療の途中です)。 過睡眠には10年以上悩んだのですがね。 私も朝ひどい苦痛があって起きれない・いくら眠っても疲れが取れない・気力が湧かないなどの症状があったのですが、「低血糖症」という病気があることを知り、その病気の検査・治療をおこなう病院で検査(非常に詳しい血液検査)してもらったところ、該当していました。 「低血糖症」とは、食生活やストレス、先天的体質などが引き金となって、すい臓や副腎が疲労し、神経伝達系や自律神経に不調をきたすというものです。 精神的にも身体的にもさまざまな不調が起こります。 うつ病と重複する症状も多いです。 A ベストアンサー それだと、私も、私の家族も死んでしまえと言うことですよね。 そう言われると、辛いですね…。 赤ちゃんでも「死んでしまえ!」なのでしょうか? 私は、 「みんな死んでしまえ!!」とは思ったことはないです。 でも、身近な人を二人、憎く思って、 「早く死んでしまえ!!」と思ったことがあります。 殆ど呪いですね。 その時は、何も手に付かなくなったので、どちらも病院に行きました。 だいぶ気が収まってから行ったので ストレス障害だとは言われましたが 、薬は出ませんでした。 正常だと言うことですね。 でも、人を呪った話をしたら、薬が出たもしれないですね。 気が収まってからは、頭の中に詰まっていたのは、憎しみよりも悲しみでした。 どちらも殺したいとは思いませんでした。 ころっと死んでしまえばいいのにと思いました。 やはり自分の手を汚すのは嫌だし、殺人をして捕まるぐらいなら、自分が死んだ方がましだからです。 そして、 「葬式になんか、絶対行ってやるもんか!!」と思いました。 殺人を犯す自分の姿まで想像できないのは、結局、私は死ぬのが怖いからだと思います。 死ぬのが怖いから、殺人が出来ないのだと思います。 きっと質問者さんは死ぬことに、私ほどには抵抗がないのでしょう。 「みんな死ねばいいのに」というのは、結局、質問者さんが死にたいんですよね。 でも、一人で死ぬのは嫌なんですよね。 それは、孤独だからですよね。 一人で死んでいくのが嫌なんですよね。 では、一緒に死んでくれる人がいたら、死ねるのでしょうか? そうはならないですよね? 世の中、全部が終わって欲しいんですよね。 自分が死んでも何もなかったように続く、世の中が許せないんですよね。 でも、自分が死んで何も変わらないように続く世の中は、頭の中の世界で、現実ではないですよ。 本当は自分が死ねば、世界なんか無くなります。 だって、自分はいないのだから、誰も生きていないのと同じです。 世界が無いのと同じです。 自分が死ねば、みんな死んだのと同じです。 だから、 「みんな死ねばいいのに」って考えるのは無駄なことです。 誰だっていつか死ぬから、質問者さんもいつか死にます。 別に自分の手を汚さなくとも、死ぬ日が来たら、質問者さんの記憶の中のみんなが死にます。 自分を取り巻く世界が死にます。 気休めのようだけれど、あなたが観ていた世界は終わります。 それだと、私も、私の家族も死んでしまえと言うことですよね。 そう言われると、辛いですね…。 赤ちゃんでも「死んでしまえ!」なのでしょうか? 私は、 「みんな死んでしまえ!!」とは思ったことはないです。 でも、身近な人を二人、憎く思って、 「早く死んでしまえ!!」と思ったことがあります。 殆ど呪いですね。 その時は、何も手に付かなくなったので、どちらも病院に行きました。 だいぶ気が収まってから行ったので ストレス障害だとは言われましたが 、薬は出ませんでした。 正常だと言うこと... Q ずっと死にたいと思ってきた人へ質問です。 不謹慎な質問ですみません。 私がそういった人間なのですが、生きたいと思えたときはどんなときですか?また、その時からずっと生きたい気持ちは続いていますか? 私はまだ20そこそこの若輩者ですが、昔から積極的に生きたい!と思えた事が数少なく、5.6年ほど前の高校時代からはぱったりと思う事がなくなってしまいました。 そして、時が経過するごとに死にたいが強くなっていきます。 疲弊感が増していきます。 でも、特にうつ病というわけではありません、なにせずっとこういう気質だったので、病気のために一変したわけでも現実に支障がでて何もできないわけでもないので。。。 そんな日が来るのかなと不安に過ごしています。 生きたい感情が希望なので。 どうかご意見よろしくお願いします。 A ベストアンサー 私はかつてうつ病で治療してました。 色んな事があって生きる気力を失って、 何年も、「死にたい」というよりは何の感情も無くなっていました。 私の場合は、ある日朝起きたら、 景色が違って見えました。 まるで霧が晴れたようにいろいろな事や物があざやかに見えて、 体も心も少し軽くなっていました。 何故だか理由は分かりませんが、そんな風にうつは過ぎていきました。 ここからは私の思う事なので、 意味分からなかったり、不快に思ったのなら、スルーしてください。 人生は暇つぶしだと思います。 決まっている事は生まれて、死ぬことだけです。 その間何年あるかは分かりませんが、要は暇なのです。 その間に人は暇つぶしに学校へ行き、 辛い事を経験し、楽しい事も自分で見つけて、 好きな事をし、嫌いな事もしてみたりするのです。 朝起きて、コーヒーを飲み、洗濯をして、 掃除をするわけです。 どうせ暇だし、学校へ行ったり仕事をするでしょうし、 どうせ暇なのでお金を稼いで好きな事や、嫌なことに使うし、 自分を生んだ親に、親孝行をしたりするんです。 生まれてから、死ぬまで、全部がオプションだと思うんです。 そう考えたら、コーヒー一杯が美味しかったりすることが、 得した気分になります。 そんなところから始めればいいんじゃないかなと思ってます。 寝るのが好きだからとか、ぼーっとテレビを見たいからとか、 本を読むのが好きだとか、漫画や雑誌が好きだとか。 そのうちになんかもっとやってみたい暇つぶし方法が見つかるかもしれないし、 見つからなくても、別に暇だしいいんじゃないかと思ってます。 別に積極的に生きなければいけないわけじゃないと思います。 積極的に生きない事に飽きたら、積極的に生きればいいんじゃないかと思います。 どんな人もみんな同じです。 私はそんな風に考えています。 私はかつてうつ病で治療してました。 色んな事があって生きる気力を失って、 何年も、「死にたい」というよりは何の感情も無くなっていました。 私の場合は、ある日朝起きたら、 景色が違って見えました。 まるで霧が晴れたようにいろいろな事や物があざやかに見えて、 体も心も少し軽くなっていました。 何故だか理由は分かりませんが、そんな風にうつは過ぎていきました。 ここからは私の思う事なので、 意味分からなかったり、不快に思ったのなら、スルーしてください。 人生は暇つぶしだと思い... Q 彼氏が一カ月前に自殺していました 原因は私にあるとおもいます。 彼はとても一途で そしてすこし心が脆かったし 二年間の付き合いで 別れようとか別れたいとかいう言葉を口にしたことはありませんでした。 毎日大すき!っと言ってくれていました 私たちは車で二時間かかる距離で 遊ぶ回数は私は仕事であり、彼は学生であり 私の休みは土日は確実にないので あまり時間があわなくて 月一で彼の家にとまりに行く程度でした 彼と付き合ってくうちに 私は何度か別れたいとおもうときがありました その時は 彼氏がバイトもしないで奨学金で専門学校に通ってることに無償にいらいらしてたり 彼氏の恰好が v系寄りで少々派手だったり 彼の愛情が重く感じたり そんな理由でした。 一度本気で別れようといって連絡をとらなくしました そしたら 着信が90くらい来たり メールのあらしが来て 最後のメールで 俺はお前がいなきゃ生きてけない ごめん 死にます という文面で 首吊りのロープの写真がはられてました 私は怖くなって 怖くなって警察に連絡しました 警察から後ほど連絡きたら そのときは大丈夫だったそうでした それから話し合うことになって 会って話し合いました その時も彼の部屋で話し合ったのですが、 私は命をかけごとに使うことはおかしい と言いました 彼は別れたくないし 俺が死んだってお前には連絡いかないから大丈夫だよ^^ 言ってました・・ それからまた寄りを戻すことにしました そのころは、ただ死なれるのが怖かったんです 本当に死なれる気がしてどうしょうもなかったのです。 一回目の自殺予告のまえに ミクシーのほうで 死にたいとか もとから身長175cmで体重45キロくらいのかなり細身な体だったのに 首をつって余計なものが出ないように断食をする!って書いてあり その結果40キロまで落としてました その様子で 家族に精神病院にまでつれていかれたそうです。 私には何も遺言はありませんでした ただ 遺体には ポケットに私とのプリクラを入れて 手にはペアリング それだけの持ち物でこんな寒い深夜に山で首をつりました そしてミクシーのにっきに 彼女を責めないでください すべて弱い自分に原因がある お酒のせいですこし気がらくだ やっぱり世界一かわいい さすが俺が愛した人だ それだけ書いてありました 後悔しかありません そして今ではこんなにも引きずって なぜ振ってしまったのか こんなに自分を愛してくれてた人を どうして捨てたのか どうして救ってあげられなかったのか 後悔だらけです そしてできればあとをおいたい。 会いたい ただそれだけです これからさき一生このきもちをひきずっていくかとおもうと もう人生を終わりにしてもいいかなと思います だれかのアドバイスをききたいです また同じような経験をして今 どうやって暮らしているのか・・ できるかぎり質問にもこたえます よろしくお願いします 彼氏が一カ月前に自殺していました 原因は私にあるとおもいます。 彼はとても一途で そしてすこし心が脆かったし 二年間の付き合いで 別れようとか別れたいとかいう言葉を口にしたことはありませんでした。 毎日大すき!っと言ってくれていました 私たちは車で二時間かかる距離で 遊ぶ回数は私は仕事であり、彼は学生であり 私の休みは土日は確実にないので あまり時間があわなくて 月一で彼の家にとまりに行く程度でした 彼と付き合ってくうちに 私は何度か別れたいとおもうときがありました その時は... A ベストアンサー 度々すみません。 誰かを愛したら、誰かの優しさに縋り付くのではなく、自ら愛を与えなさい。 あなたはできる事は全てしました。 彼との交際中に、彼に愛を与えたじゃないですか? それは彼にとっては宝でかけがえの無いものです。 あなたが自我を堪えて、彼に嘘の愛を与える事が全て解決できたと思いますか? 私はそうは思えませんよ。 彼は自分の問題に彼自信が立ち向かうべきだった。 人を巻き込み、人の人生をうばってまで成せる事は、決して彼の力とは言えません。 あなたは幸せになりなさい。 辛さを経験しただけ、大きくなりなさい。 人の弱さや辛さがわかった今回を、忘れろとは言いません。 バネにして、誰かを愛した時、その人をありのままあなたの綺麗な目で見て、尊重してあげてください。 甘やかす事がすべてではありませんよ。 時には厳しく突き放す事が愛でもあります。 あなたは、この事を彼にしましたよね? 今は辛い、自分を責めるのも理解できます。 でも、あなたの人生はあなたが創るべきです。 厳しく書きましたね。 ごめんなさい。 ただ命を粗末にして、後悔しているのは彼自身でしょう。 あなたまで悩むと、彼はますます辛くなりますよ。 彼への供養は、あなたらしく生きること。 度々すみません。 誰かを愛したら、誰かの優しさに縋り付くのではなく、自ら愛を与えなさい。 あなたはできる事は全てしました。 彼との交際中に、彼に愛を与えたじゃないですか? それは彼にとっては宝でかけがえの無いものです。 あなたが自我を堪えて、彼に嘘の愛を与える事が全て解決できたと思いますか? 私はそうは思えませんよ。 彼は自分の問題に彼自信が立ち向かうべきだった。 人を巻き込み、人の人生をうばってまで成せる事は、決して彼の力とは言えません。 あなたは幸せになりな...

次の

知ってるか?普通の人はあんまり「死にたい」って思わないらしいぜ|生きにくいから部屋の掃除をする人Limari|note

死にたいと思うのは普通

コンテンツ• 「死にたい」と考えてしまう症状 死にたいという「症状」ですから、風邪をひいたときの鼻水や咳と同じように、ちゃんと原因があります。 一般的には、セロトニンなど脳内の神経伝達物質の代謝に問題が生じると、希死念慮が強くなるとされています。 分子栄養学的には、ビタミンB6や亜鉛・鉄の不足、銅の過剰といったところが代表的ですが、もっと単純に、思うように身体が動かない副腎疲労・慢性疲労でも、死にたくなるには十分な状態が作れます。 「死にたい」と考えてしまうような血液データ 分子栄養学実践講座の症例検討会や個別のご相談で「これは死にたくなっても当然でしょう・・・」と感じるデータに出会うことがあります。 パッと見た目で分かります。 「ああ、これは辛そうだな」と。 全体的にエネルギーが回っておらず、いかにもATP作れてなさそうなデータです。 ATPとは細胞のエネルギー成分です。 副腎疲労や慢性疲労の方は、ATPの産生が低下しておりエネルギーが不足していますから、あらゆることが思うようにできません。 普段の仕事はちょっとした登山、気軽な外出や旅行がマラソンを走るようなハードルです。 病気には見えませんからそれなりに普通を演じていますが、1日動けば2日休んでようやくリカバリーの世界です。 普段からアドレナリンで踏ん張って生きてますから、自律神経のバランスなんてとれるわけがありません。 夜も寝つきが悪く、朝も辛い。 そりゃ死にたくもなりますよね。 希死念慮とまではいかなくても、その予備軍みたいな細胞の状態の方によくある例が、やたらと 「幸せについて考える病」です。 細胞のエネルギーレベルが低下すると、何かにつけてセンシティブになりますから、自己の存在や生きている意味、自分は社会の役にたっているか?など、「それって生きていくのに必要なん?」と聞きたくなるような自問自答を繰り返します。 ちなみに、歴史に名を残す芸術家や作家は、その傾向が特に強いようです。 ギリギリのところで生きているがゆえ、その苦しみをクリエイティビティとして発散するのでしょう。 歴史をたどってみても、食生活もエキセントリックで栄養状態もかなりヤバそうな方が多いですから。 「幸せ感」とは しかしながら、人間の感じる幸せ感とは、もっとシンプルでプリミティブです。 朝起きてお天気が良い、ご飯を食べておいしい、ウンチがすっきり出て気持ちいい、etc. 経済的に豊かでなくても、社会的な地位がなくても、元気でエネルギーが回っていれば、あまりマイナス思考にはなることはありません。 何か生きるための動機付けを考えなければならないというのは、細胞がそういう栄養状態ってことです。 そもそも副腎疲労・慢性疲労になる原因が、ご自身の完璧主義や真面目な性格にありますので「死にたい」という自分の後ろ向きな思考を自分で認められない方が多いです。 ダメ人間だと自分で自分に烙印推すので、余計に崖っぷちなんですね。 たいていの場合はダメ人間でもなんでもありません。 ただの栄養不良、代謝不全、血液データを診れば一目瞭然です。 分子栄養学を勉強して思ったのは、人間は案外簡単に死にたくなる生き物だということです。 私自身、希死念慮も自殺企図も、一通り経験しました。 当時は自分の性格か?社会適応不全か?と思い悩むこともありましたが、今では理由が分かってすっきりしています。 現在は「こりゃ死にたくなって当然だ」という検査データをたくさん見ていますので、とりたてて特別なことだとも思わなくなりました。 人生で一度も「死にたい」なんて思ったことのない健康優良児には理解不能な世界でしょうが、ちょっとした栄養不良とエネルギー不足が重なれば、消えていなくなりたいと思うのはごく自然なことなんですよ。 「死にたい」と考えてしまう時に必要な事 そんなときに必要なことは、温かいボーンブロスでも飲んで、エプソムソルト入りのお風呂でゆっくり温まって休むことです。 間違っても、ATPリッチの元気な人に悩みを相談してはいけません。 「希望を持て」とか「生きててよかったと思う日がいつかきっとくるから」といった、おせっかいな愛情攻撃を受けます。 それよりも、信頼のおける人に手をさすってもらってオキシトシンレベルを上げてもらい、胃腸が緩んだところで上等なお肉でも召し上がったほうがよほど回復が早くなると思います。 日照時間の短い冬は、ダークサイドに落ちる人が増えます。 気圧の変動も夏場以上に身体に負担になりますから当然です。 たとえ「死にたい」病が襲ってきても、それは天候と栄養状態のせいですから、自分を無駄に責めないようにしてくださいませ。 著者:.

次の