ストリンダー弱点。 【ガラルダブル・S2】ギギギジャラリンダー|トウメイキンギョNEWSポータル|note

ストリンダー(ハイ)育成論 : 【補完】チョッキストリンダー【キョダイマックス考察追記】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ストリンダー弱点

構築経緯・変更 前期の構築をツイートした後、「 剣盾で一番最初に調整したから」「 新で一番気になった」「 実際に使うと対面性能が高く、凄く使いやすかった」という理由から、前期に引き続き を採用。 まずはストリンダーからパーティを組むことに。 そこでストリンダーとの相性補完を考え、一番最初に が浮かんだ。 は 特性と耐性でストリンダーの弱点である 地面とパーをなんと無効化にできるので採用。 この2体だと や積んだ が重くなりがちになるのでそれらへの対抗策としてHB振りの を採用。 まずはこの3体 を構築に組み込む。 この3体だとそれぞれ対策はあるものの、 や持ち物によっては相手の に対しての対策とは言えなかったので、それらにかなり強い食べ残し を組み込んだ。 本当は 可愛い枠で を入れようと思ったのだが、マホイップは物理のドラパルトに安定しないのでオーロンゲとなった。 それとオーロンゲならば 電磁波で最後まで仕事も出来るのでこっちの方がいいかなーとも感じた。 この4体 でもだいぶ良かったが、ストリンダー軸ではどうしても崩しに優れないので、別枠でエースを入れることは考えていた。 そこで全抜きのエース枠として を採用。 最後の枠は がクソほど重いことに気付き、物理に厚い特殊アタッカーが欲しいと思った。 しかしそんなBCSが高い化け物的なはまずいないので少し妥協してもいいのでヌルアントに対策できるコマを探していたらめちゃくちゃ都合良く条件を達成してくれた がいたので採用。 この6体 の構築で最高で22位まで行けた。 シーズン後半、全然出せなくなったのとが重すぎたのを加味して をアタッカー型に変更。 後半から の並びで潜ることに。 剣盾新規ので一番好き。 アーマーガアは相棒だがストリンダーは嫁枠。 採用理由は7割愛。 とは言っても活躍できなきゃそれは愛とは言えないのでストリンダーを活躍できる方法を考えた結果、前期と続いてチョッキを持たせて対面性能を高めることを選んだ。 前期と変わっている調整はDをSに2つ回してるところで、これによりほんの少し耐久が下がるが、前期に何故かストリンダーを抜いてきた変なも抜けるかもしれない。 里暗のストリンダー抜き調整対策。 他にも前期1位の記事を見て、コオリッポが増えるとも予想してたのでそこをメタとしたS調整が増えそうだったのでその上を行くSラインにした。 気分でハイとローを使うと前期では言ってたが今回は気分関係なくローを採用。 普通だったら物理型も警戒できるハイにする方がメリットは高いです。 ックスを切られたら切られたで相手は麻痺したをックスさせたことになるので大体はこっちが得する。 ラムはまあ別にいいでしょうって感じ ?。 ストリンダーは耐性が非常に優秀なおかげで抜群を付かれることが少なく、弱点やパッチラゴン級の火力でない限り、ックスの攻撃を一発耐えるのでほぼ確実に麻痺を撒くことが可能。 つまり麻痺も考えると2ターン以上はックスターンを稼ぐことが出来る。 等の明確な役割対象にはCが高めなが多いので突撃チョッキを持っているのはそのため。 にもかなり有利で、特化ドロポン2発耐えや眼鏡オバヒ一発耐えをできるように調整しているので相手がSの速い変なじゃない限りはストリンダーで勝てる。 というかチョッキ持たせたからこうなっただけで実際は特殊耐久は調整せずに勝手に理想の調整になった感じ。 音技によって身代わりを貫通できるのも強く、それにより身代わりを貼られないことで裏を通しやすくなる。 もし身代わり貼られるもんならばその人はストリンダーを知らない人なのでばくおんぱでぶっ飛ばす。 受け回しにもある程度強く、受け回しによく採用されるやヌオーにも比較的有利。 火力もなかなか高いし、麻痺も撒けるので裏のにも圧力をかけれる。 最近のヌオーはを持たないケースも多いので持ちヌオーが流行らなければ受け回しキラーとしてかなり活躍しそう。 仮に相手の選出がストリンダー滅茶苦茶メタっている選出とかの場合にも麻痺を撒くことで最低限の仕事を果たすことができる。 この置き土産がなかなか刺さっていたと思うし、ックスした相手のターンを稼げることもしばしばあった。 まあ要はしてましたってこと ストリンダーの強みは別記事でも言っているのでよければこれも見てください。 ストリンダーをメインで活躍させるというよりかは、初手で荒らしたり、相手のックスを誘って麻痺させたりなど。 ックスにあまり適正がない以上はこれがストリンダーを一番有効に使える方法だと僕は思います。 選出率はというと、シーズン前半はぶっちぎりの1位、後半は何故か地面タイプが増えたりストリンダーが知られてきたのかほぼ地面を絶対選出されるようになっちゃったので最終的には3位くらい。 けれど活躍度は1位だったと思う。 見せポケではなく、ちゃんと活躍させれたので良かった。 ちなみにこのストリンダーは実は貰い物であります。 色違い個体をくれたてるさん に滅茶苦茶感謝。 僕なんかより彼のをフォローしてあげてください。 めっちゃ書きましたが、他にも書きたいくらい強いので皆さんも是非使ってください。 初手の荒らしや様子見、終盤の詰め、ックスも適正…とかなり強い。 ちなみに初手、ドラパルトが来た場合はスカーフ警戒でオーロンゲに下げるといいかも。 とんぼとかせず直引き。 シーズン前半は出した時大体ックスしてた気がする。 出すときは絶対に活躍するドラゴン。 後半はスカーフ持ち故に初手様子見から選出してたくらい。 この構築だとスカーフよりかは悪巧み型とかの方が強いらしいがスカーフ以外のの使用が下手くそすぎたのと、スカーフだと良かった場面がめちゃくちゃあったのでスカーフにした。 ブログ名通りの相棒枠。 3番目に置いた理由はない。 今回も無事採用できた。 さすが相棒。 最初はHBボディプレス型で使っていたが選出率は最下位な上に50戦中1戦出たか出てないかくらい。 相棒 とは。 本当に全然選出しなかったので途中からこの型にしたらめちゃくちゃ強くて選出率もぐっと上がった。 最初は補完として使ってたのがエースとなるレベルの躍進を見せた。 下手したらストリンダーより出していたレベル。 特性がミラーアーマーではなくきんちょうかんなのはを確実に倒す為。 きんちょうかんで多くの木の実をしばいた。 他にも最近増えたアッキをアッキ発動させずにそのまま粉砕したり アッキだったかは定かではないが。 ダイホロウやダイアークで耐久が下がるのでミラーアーマーだったら良かった場面も一応あるのでどっこいどっこい。 欠点は飛行ワンウェポンなので相手次第では止められる可能性があるのと、ブレバによる反動が痛い時があること。 挑発あると読み合いが発生する可能性もあってHP管理が結構難しい。 つのドリル一発で死んだ時は即降参ボタンを押した。 ドラパルトはC下降補正が多く大体は身代わりの起点になり、はDMされてもソラッシュ込で対処可能。 とは言っても対策として投げた試合でドラパルトにもにもダイスチルを滅茶苦茶撃たれたり、すりぬけドラパルトばっかりだったのは内緒だが。 あと身代わりでも完封できる。 相手には相手が鬼の突っ張りをするとPP勝負になるのでその対策としてPPを増やしました。 鬼突っ張りされる場合はも視野。 そして現環境でほぼ誰も使っていない耐久振り食べ残し型。 まず初見で型は読まれないので大体身代わりから順当に崩していける。 技構成はCダウンを狙えるソラッシュ、物理ATの積み技対策やにキングシールドを関係なく撃てるサマ、S操作やを仕掛ける電磁波と身代わり。 電磁波によって後続のサポートをしつつ、身代わりにより相手のックスターンを枯らせるのもおいしい。 なんか初期の剣盾環境のオーロンゲをやってるみたいで使ってて楽しかった。 壁じゃないのに壁展開を読まれるので選出誘導も強く、やを誘う。 そこをストリンダーで相手できたり。 なので初手はあんまり出さない。 型的にもピンポイントメタっぽい感じなので初手よりかは裏に置いておく。 詰めれそうだったらックスを切ることもあった。 Aに補正をかけているのでダメージはそれなりに出せる。 気をつけておきたいのは有利な悪タイプには電磁波は効かないと言う事。 やを完封できるとは言っても注意。 めちゃくちゃ使いやすかったので単体考察を上げてもいいレベル。 今度上げるかもしれない。 トリルを使わずに単体で採用した感じで所謂エース枠。 補完を取れるエースというのが正解だろうか。 岩石砲を媒体としたダイロックの威力がまあおかしく、 H4振りックスが吹き飛ぶ。 ラムのみは他に道具の枠を取られてたので仕方なく…みたいな感じで入れてたがあくびや鬼火等に刺さったのでそこをダイナックルで起点にできたりと利点が多かったので結果的に正解だったと思う。 どうでもいいけどのダイロックが射出感ヤバくて世界一カッコいいと思う。 を出しづらいと思っていたのでに進化させたらめちゃくちゃ強かったわーって感じ ?。 物理方面に色々役割を持たせたかったのでHB振り。 単純に初手に出しやすかったのでそこからのゲームメイクがとてもしやすかった。 強いて言うならアーマーガアもも鋼技を切っているので鋼2枠でもフェアリーがきつかった。 入れろよって話ではあるんだけれども。 一応それまで使っていたの調整はH244A228B36のジャイロ聖剣影打ち剣の舞のよくある奴。 も活躍してくれてありがとう。 感想 実は僕の二番目に好きな食べ物って白いご飯なんですけどカレーと非常に相性がいいですよね。 おつカレーって感じで今回もパーティメンバーと共にカレー食べたけどほっかほかのご飯とどろっとしたカレーを同時に口に含むとまあ口の中が幸せですね。 話していたらめっちゃお腹すきました。 これ書いてるの深夜ですからね。 ところでガラルで作るカレーは基本ライスと合わせるらしいですね。 ライス実は僕は食べたことないので今度カレー食べる時にでも食べてみます。 シーズン2は一番目、シーズン3は二番目に好きな食べ物の話してたし来シーズンは三番目に好きな食べ物の話をする流れだこれ。 僕はストリンダーが好きだったのでストリンダーと共に戦いたいとは思っていたのですが、まさかストリンダーを活躍させつつも目標の2桁に到達するとは思っていませんでした。 前期であれほど「目指せ2桁!」って言ってたので今期は瞬間2桁達成できてとても嬉しいです! この記事を通して少しでも多くの人にストリンダーでも上位と戦えるってことを教えれたらいいなって思っています。 今度は最終2桁目指して頑張ります。 それではまた次の記事でお会いしましょう。 ここまで見てくださり、ありがとうございました! darkvillagerian.

次の

【S7:2100 最終21位】群青サザンガルド

ストリンダー弱点

ワイルドエリアニュースも忘れずに受け取っておきましょう。 おすすめのポケモン ストリンダー(キョダイマックスの姿)を効率よく倒すためのおすすめのポケモンを何匹か紹介します。 ムゲンダイナ ストリンダーのメインウエポンを半減できるため、安定感があります。 育てている方も多いでしょうし、とりあえずムゲンダイナがいれば大丈夫なのは嬉しいですね。 ですが、もっと火力を出せるポケモンがいるので、そちらも見ていきましょう。 ドサイドン ストリンダーはでんき・どくタイプのポケモンなので、地面タイプの4倍弱点を突いていくのが非常に有効です。 地面タイプの中でも高い攻撃力を誇り、避雷針の特性であれば、ストリンダーのキョダイマックス技である「キョダイカンデン」も防げるのはとても魅力的です。 キョダイカンデンには麻痺や毒を引き起こす追加効果があるので、これを許してしまうとマックスレイドバトルがだらだらと長引いてしまいます。 専用のポケモンを用意できる方は、ドサイドンを育てておくといいかもしれません。 地震は味方を巻き込んでしまうので、地面技は地震ではなく10万馬力を採用しましょう! 夢特性(ちからもち)のホルード ホルードはドサイドンと違って避雷針の特性がありませんが、地面タイプの火力だけで見れば最高火力を叩き出すことができるポケモンです。 攻撃が2倍になる「 ちからもち」の特性は、夢特性にあたるので入手は難しいのですが、ランクバトルにも使い回せますし、持っている方は育ててみるといいでしょう。 試しに計算してみると、 Lv100のいじっぱりのドサイドンの攻撃は416が最高なのに対し、 Lv100のいじっぱりのホルードの攻撃は232 464 となっています。 大きな違いですよね。 ドサイドンで安定感をとるか、ホルードで火力をとるかは好みで選ぶといいと思います。 専用のポケモンを用意できる方はドサイドンやホルード、持っていない方はムゲンダイナで参加すると良いでしょう。

次の

【ポケモン剣盾】キョダイマックスストリンダーの入手方法と種族値【ソードシールド】|ゲームエイト

ストリンダー弱点

ワイルドエリアニュースも忘れずに受け取っておきましょう。 おすすめのポケモン ストリンダー(キョダイマックスの姿)を効率よく倒すためのおすすめのポケモンを何匹か紹介します。 ムゲンダイナ ストリンダーのメインウエポンを半減できるため、安定感があります。 育てている方も多いでしょうし、とりあえずムゲンダイナがいれば大丈夫なのは嬉しいですね。 ですが、もっと火力を出せるポケモンがいるので、そちらも見ていきましょう。 ドサイドン ストリンダーはでんき・どくタイプのポケモンなので、地面タイプの4倍弱点を突いていくのが非常に有効です。 地面タイプの中でも高い攻撃力を誇り、避雷針の特性であれば、ストリンダーのキョダイマックス技である「キョダイカンデン」も防げるのはとても魅力的です。 キョダイカンデンには麻痺や毒を引き起こす追加効果があるので、これを許してしまうとマックスレイドバトルがだらだらと長引いてしまいます。 専用のポケモンを用意できる方は、ドサイドンを育てておくといいかもしれません。 地震は味方を巻き込んでしまうので、地面技は地震ではなく10万馬力を採用しましょう! 夢特性(ちからもち)のホルード ホルードはドサイドンと違って避雷針の特性がありませんが、地面タイプの火力だけで見れば最高火力を叩き出すことができるポケモンです。 攻撃が2倍になる「 ちからもち」の特性は、夢特性にあたるので入手は難しいのですが、ランクバトルにも使い回せますし、持っている方は育ててみるといいでしょう。 試しに計算してみると、 Lv100のいじっぱりのドサイドンの攻撃は416が最高なのに対し、 Lv100のいじっぱりのホルードの攻撃は232 464 となっています。 大きな違いですよね。 ドサイドンで安定感をとるか、ホルードで火力をとるかは好みで選ぶといいと思います。 専用のポケモンを用意できる方はドサイドンやホルード、持っていない方はムゲンダイナで参加すると良いでしょう。

次の