八戸 釣り 情報。 青森釣りガイド|Web東奥

八戸で釣り日記:ソルトルアー

八戸 釣り 情報

10月の釣行。 3回ほど三沢の突堤に行ってきました。 前線と低気圧の影響で、波が高くなかなか先端のテトラの上には立てませんでした。 安全第一なので、こればっかりはどうしようもないです。 これと言って釣果もなく イナダを1匹テトラの上で落としたくらいです。 相変わらずネットがヘタでもたついております。 落としたついでにスマートホンも落としちゃいました。。 2週間待って、昨日やっと交換用スマートホンが届きましたが その間、ずっと子供のキッズ携帯でしのいでおりました。 当然カメラ機能なんて付いてません。 不便な毎日だった・・・ さらに 不幸なことは続くもので、ただ今メインロッドが入院しております。。 変な姿勢でキャストした際に、テトラにロッドをぶつけてしまいトップガイドが欠けちゃいました。 PEラインが頻繁に切れる現象が続いたのでおかしいと思ったんですが 気づくのが遅くラインまでダメにしちゃいました。。 ハァ・・・ 出費がかさむ。 本題にもどります。 三沢の突堤といっても、百石漁港から高瀬川の放水路まで軽く10本以上あり距離もかなりあるので 状況は様々だと思いますが、私がいつも行くところではサーフ側にベイトが大量に溜まっている状況が続いております。 海の色が真っ黒になるほどで、突堤の付け根から中腹に立ち、サーフと並行に横方向にキャストすると 着水と同時にコンコンコンコン、コンコンコンコン・・・PEラインにベイトが当たります。 メタルジグを早巻きするとすぐに刺さります。 セグロイワシみたいなの。 マイワシみたいなの。 サーフに立ってミノーを投げるとさらに高確率で刺さります。 トリプルフックに2匹とか当たり前なので釣りになりません。。 鳥はずっと飛び回って海面にアタックを繰り返してるし 後は、青物の登場を待つばかり。 サーフ側に固まってるので、沖のほうに青物が居て出ていけないのかなー なんて勝手に想像して、イワシの大群の少し沖の方にキャストを繰り返すも 全然来ません>< 夕方、イワシが沖に戻るときにチャンスはありそうですけどね・・・ もう大きな群れは、南の海に帰っちゃったのかなー でも、たま~に弱いアタリがあったり イワシがザザザッっと海面を逃げ回ってるので何かはいます。 いつも、ワンピッチジャークだけでのんびりやっているので あんまりアクションに変化を付けたりしないんですが いろいろ試してみたところ 犯人が分かりました。 それは、 私があまり好きではない魚でした。。 ウグイ・・マルタ? 君でしたか・・・ どこにでも出てくるな。 大きさは35cmくらいですかねー いい体格してる。 ロングジャークすると、フォール中にコイツがきます。 掴むとギュッギュッって鳴くから苦手なんですよねー お隣さんも連発してました。 八戸港でテクビイカの釣果も聞こえてきてますし エギングにも行きたいけど、もう少し青物狙いで釣りできたらいいなー シルバーウィークも明日で終わり。 前半しっかり家族サービスをして、後は釣りざんまいの日々にしようと思ってましたが 台風の影響で波がずっと高い。。 おまけにうねりも伴うって最悪です。 昨日、我慢出来なくなって朝出撃しましたがやっぱりムリ。 たまにドドーンッ!と大波が足元まできて、危なっかしくて釣りに集中できないし 波で砂がまきあげられ、濁ってて青物が全然近寄ってこない。 鳥は、濁りのないはるか前方で騒いでました・・・ 今日の波予報は2m。 昨日までの2.5mよりはいいけど・・・ギリギリいけるかなぁ。 ダメそうなら、すぐ帰ればいいしとりあえず行ってみることにしました。 場所は、比較的安全な防波堤にしてみました。 干潮2:48 満潮11:10 長潮 日の出5:20 市内から、車で45分くらいのところです。 天気はすっごい晴れ 幸い、波は予想よりずっと低くて先行者も多数いらっしゃいました。 これなら、釣り出来そうですね ただ、一部防波堤の上が濡れているところがありましたので高くなってきた時は すぐ帰れるように注意しながら始めることに。 先端付近に5人くらい先におられましたが、竿を出している方はお一人だけ。 もしかして、全然アタリがないのかな・・・ でも、まあとりあえず 場所は選び放題なので、昨年私が実績のあった付近でやってみます。 5時過ぎから始めて それから、1時間半アタリなし・・・ いつもどおりです。。 でも、ちょっとした変化がありました。 足元の海面を、小魚がザザザッっと何かから逃げまわっています。 何が下にいるんだろう? イナダかも。 さっき、ガン吉からショアトリッカーに替えたばかりでしたが、 私がいま一番信頼しているギャロップにしよう。 ジグを替えていると、 先行者の方々が突然動き出しました。 鳥山だ! 防波堤の手前付近前方、鳥が広範囲にわたって騒いでる! 鳥山まで距離がありますが、みなさんこちらに向かってくることを願って キャストし始めました。 これをみなさん待ってたんですねー さすがです! 私も、はやる気持ちをおさえながらキャストを繰り返します。 場所は移動しません。 経験や勘というよりも、移動して後からここに来た人が釣ったら落ち込んじゃうから 気持ちが小さいんです私・・・ハハハ コンッ ん?着水後フォール中に何か当たったような・・・ 着底し、すぐにワンピッチジャークを はじ め・・ グンッ!! ってキター!!! コレ絶対青物! 1年振りの強烈な引き。 これを待ってましたー ここは、慎重にいこう。 大きく2度合わせを入れました。 だって、みんな見てるんだもの バラしたらちょっとハズかしい。 良い方たちだー ちょっと感動。 なんて、言ってる場合じゃなく結構引きが強い。 ガイドとPEラインがこすれる風の音に似た独特の音色が鳴っています。 大きい? と聞いてくださいましたが、久しぶりの青物の引きでよく分からない・・ そうでもないかな と、返事をしてはみたものの、たしかに底に走ってなかなか浮いて来ない。 大丈夫。 ゆっくり引きを楽しんでやればいいよ!って言ってくださる方も。 ほんと良い人たちだー そして、 やっと浮いてきて姿が見えると やった!イナダです!! と、 あれ・・・ 思ったより小さい でも、おっきい!って言う方も。 ??? ここからが結構長かったと思う。 右に左に下にとドラグを鳴らして走りまくり。 なかなかネットに入れることが出来ず、勝手に緊張している私。 するとまた、 いいとこにガッチリ掛かってるから大丈夫! と励ましのお言葉が。 神すぎる。 なんて温かいんでしょう。 そして、みなさんのご協力のおかげで無事チャッチ出来ました お、、 おっきい!!! ヒットルアー:ジャクソン ギャロップ40g カラー:ライブベイト こないだと同じく 海面で小さく見えても、釣り上げてみると予想よりずっと大きい。 ネットの協力が無かったら、見誤って抜きあげようとしてたなきっと・・・ やり取りの中で、大きいって言ってた方はスゴいなぁ。 私、全然ダメだわ ご協力して頂いた方々にお礼を申し上げ、 さっそく計測です。 56cm! 自己新記録達成です 50cmオーバーを釣った事もうれしかったですが 今日は、何よりも温かい方々の協力に感動しましたー。 改めて感謝です ありがとうございました。 家に戻りさっそく調理。 私も教えてもらいながらちょっとお手伝いしました。 料理苦手です お刺身とイナダのハンバーグ、汁物。 イナダづくしです 美味しそう イナダを釣り上げたのは7時前でしたが、 到着した時に比べ、うねりが強くなってきました。 防波堤の一部に波が掛かるのを見て早々に退散しました。 明日もせっかくの晴れ予報なのに、残念ながら波予報はまだ少し高いようです。 はやく、のんびり釣りが出来るようになればいいなー 車で40分程の所に青物狙いで行って来ました。 満潮5時57分 干潮11時44分 中潮 波1.5m 日の出5時2分 今年は、子供とサビキ釣りに2度ほど行ってイワシやサヨリ、タナゴと豆アジは 面白いように釣れたものの、青物狙いで出掛けたのは8月に1度のみ。 仕事が忙しすぎてゆっくり自分のために時間を使う余裕がありません 今日は、たまの平日休みを取れまして朝一のみの釣行です。 父の1周忌の準備でお寺に行かなきゃなのです 寝坊したため、5時半頃に現場に到着。 平日のためか、先行者は1人だけ。 ほぼ、満潮時刻で事前の天気予報では波が1.5m。 実際には、うねりもあり想像していたより波が高い印象です。 お気に入りのテトラの上には立てそうにないので しかたなく安全なところでの釣り開始となりました。 1時間経ってもアタリなし。 潮も止まってるし、鳥1匹飛んでません 先行していた地元の方が休憩していたので少し情報収集してみました。 ほぼ毎日地元で釣りをされてる方でした。 今日は、何も釣れなかったけど今週イナダを釣ったそうです。 もう少し北に行った所では、鳥山が立ち4本チャッチ、バラシ多数の方もいたようです。 うらやましい とりあえず、もう青物の回遊が来てることがわかり一安心。 おにぎりを食べながら潮が動き始めるまで少し休憩し、釣りを再開しました。 そして、8時頃に待望のアタリがきました 1年ぶりの感触。 楽しい ビビビっとこないのでサバじゃないし、 走らないので他の青物でもなさそう。 ヒラメっぽいかな テトラの上で取り込むのは難しそうなので安全な場所まで引っ張って行きネットを準備。 何が釣れてるのかドキドキしながらリールを巻いてくると やっぱりヒラメ かわいいサイズです。 苦手なネットを使いながらなんとか釣り上げて見ると ん 意外とおっきい ルアー:ギャロップ40g カラー:ライブベイト フックが2本とも上あごにガッチリ掛かってます。 間違いなく、私が今まで釣ったソゲよりもおっきい 海面では結構小さく見えるもんですね~。 ひとりで来ているので、水を汲んでゆっくり計測タイムです。 40cm超えてるといいな~。 キター 初めての40cm超えです 祝ソゲ卒業 中型のクーラーボックスいっぱいです 家に帰り図ってみたら、42cmありました ヒラメにしてはまだまだ小さいけれど、私にとっては人生初ヒラメです。 うれしくて友達みんなに画像送りまくりました 贅沢ですが、 次は、本命の青物が釣れるといいな~。 はやくあの引きを味わいたい 最近は、波が高かったり仕事が忙しくてなかなかゆっくり釣りに行けてない。 10月になって2回行ってきました。 そのうち、1回は波が高くて釣りが出来ずに帰ってきました。 波予報が2m以上ある日は命の危険を感じる これまでテトラの上に乗るような場所は苦手であまり行かなかったのですが 場所が限られちゃうので、今回は思い切って行ってみました。 どうしてテトラの何が苦手っていうと、ネットで魚を取り込まないといけないから 足場のしっかりした防波堤だと、小さければ抜きあげちゃえば後は何とかなるので・・・ 嫌な予感が的中。 テトラ上での初イナダくんを、無理やり抜きあげて 足元に置いてあったネットに入れようとしてるうちにポッチャン。。 穴に吸い込まれていくイナダくんがスローモーションに見えたよ そして、先日11月1日の連休初日。 また、同じことを繰り返しちゃいました。 今度は、イナダくんじゃなく相手が元気いっぱいの鮭だったんですが まさかここで鮭がくるとは。 場所もだけど、鮭ってミノーとかスプーンってイメージがあったし ギャロップでワンピッチジャークしてるときに突然ドンッ!と来たもんだから 一撃で、のされちゃいました><; ロッドを海に落っことすかと思った 足元まで来てやっと鮭だと分かったんですが 必死すぎてそこまで気がつかなかった。 だって、走りだすと重くてどうにもならん。。 と思ったら、突然ふわっと軽くなってこっちに向かってくるし おまけにドバッっとジャンプした>< この時点で鮭って気づいてたらもっと何とか出来たんでしょうが 元気いっぱいのまま足元まできちゃった 幸い、右に左にと軽く走りますがなんとか捌いてました。 そしたら、私の姿が目に入ったのか分かりませんが 突然、本気走り>< ロッドをまた一発でのされて、焦って起こそうと 力を入れた瞬間、バチーンッ!とラインを切られました。。 切られたあと、ざまーみろと言わんばかりに もう一度目の前でドバッっと1発ジャンプを決めて帰って行きました。 まだまだ本気じゃなさそうです 持ってかれたメタルジグがうまく外れてくれれば良いのですが。 ( もちろん、サケマス河口規制対象外の場所での釣行です。 ) そして、昨日。 気分転換にいつもの防波堤に行って来ました。 明るくなってからですが、イワシの大群が目の前の海を占拠。 メタルジグを投げると着水と同時にイワシがラインにコン・コン・コン・コン当たるのが PEラインを通して底を取るまで伝わってきます。 鳥もブンブン飛び回る状況が長い時間続いて、青物狙いの方ならみんな興奮する状態だと思います。 イワシもバシャバシャ海面を逃げまわっておりましたが なぜかイワシしか釣れず・・・ ザンネン 私以外の方もダメでした。 ミノーも使ってみましたが反応ないし イワシの見たことも無い大群の前に完敗しました。 シャリシャリ、 シャリシャリシャリ シャリシャリシャリシャリ・・・ うるさーい!(怒) 何なんだこのシャリシャリ音さっきから! 今朝、釣り始めてすぐ リールを巻くたびに鳴るこの音のせいでず~~~~ッと! イライラしっぱなし! 何かリールの中に入ったのか??? 早く帰ってキレイにしてやりたいが釣りもしたい・・・ うむ。 なるべく早く釣って帰ろう ここ数日間、熱にうなされて釣りどころか仕事もままならない状態から 何とか復活したのです。 たとえ釣れなくても3時間は投げたい。 倒れたら一緒に行った友人のT氏に運転代わってもらおぅ 到着して早々 うねりが、ちょっと高くて、釣るか帰るか少し考えましたが 予報では、2mから1.5mへ波の高さが下がるとなっていましたので 常に警戒していれば大丈夫でしょう。 念のため、現在九州にいる台風18号情報もチェックし 釣り開始。 シャリシャリ音はとりあえず置いといて、 はじめてすぐにT氏が小サバを釣り モチベーションアップ 私も続きたいところですが そんなにうまく行くことはないのです。 開始して30分・・・アタリなし。 釣れないときって、どうしても次からつぎへとジグを取っかえひっかえしちゃいます。 そしたら突然 ふわッ っと れ!? 軽くなった。 バレたあぁぁぁぁああ>< やっときたのに しょうがないので、すぐまた撒き始めると グググンッ! また、きたぁぁぁぁあああ!! もう奇跡でしょ!! そして、コイツ結構引くぞ テンションMAX! 足元まできてからも、やたら下へ下へと潜る 海面はまだ暗くて、姿がなかなか見えない。 と、思ったら いきなりポンッと水面を割って飛んできました。 小さいッ!>< ヒットルアー:ガン吉40g グリーンゴールド 釣れたのは 29cmのチビカンパチくんでした しかし、ここまで豪快なスレ掛かりは初めてだな 2本とも背中に突き刺さってる・・ 最初、クチできたかも疑わしい釣れ方じゃないですか そして、おそらく バレたと感じたのもきっと、そうではなくて こっちに向かって走っちゃったから軽くなったのでしょう・・・ハハハ 釣り人生初のカンパチとのご対面にしては ちょっとスマートじゃなかったけど、思い出には残ります。 ふふふ。 サイコーv v これを釣ったあとは まったく良いとこナシ。 ヒットルアーのガン吉まで根掛かりで失っちゃいました 4時間粘って1匹か~。 でも、私の実力から言ってこんなもんかな。 カンパチと出会えただけでおk。 ガイドに付着している緑色のです。 風の強い日に、PE150m巻きだとちょっと不安なので 200mに巻きにしようと思って 8本撚りなのに値段が安い商品にしてみたんですが この結果です 値段相応なのかなぁ・・ ショックです 昨日の朝、H氏と釣りに行ってきました。 先日と同じように夜明けと同時に海面がざわざわとし始め 小魚の大群が表層を占領しています。 投げサビキをされてた方の仕掛けに次々と掛かっていましたので その犯人を見せて頂きました。 地元の方に聞いたところ、カタクチイワシだそうです。 10cm未満と小さかったので、メタルジグも小さめのTGベイト45gにしました。 投げるたび、フォール中にコツコツとアタリがあり すぐにサバが釣れました。 周りも方も25cm~30cm弱のサバのようです。 開始30分くらいでやっとサバじゃない魚がヒットしましたが あんまり引かないのでゴリゴリ巻いてたら途中でバレちゃいました ソゲっぽい感じだったなぁ。 カタクチイワシのライズは長くは続かず朝焼けの間 短時間で終了。 アタリもピタっと無くなってしまいました。 おまけにTGベイトも根掛かりでロスト・・・悲しすぎる そして時刻は7時を過ぎ、 時間を追うごとに風が強さを増していきます 天気予報では、そんな強くなかった気がするんだけどなぁ 4時間粘りましたが、しゃくるのも風の抵抗で辛くなってきましたので 諦めて帰ることに。 すでに周りも方々も全員お帰りになってます。 残念 4時間で小サバ1匹・・・ まっすぐ帰るには寂しすぎるので 以前、聞いた情報を元に釣り場を下見に行ってきました。 現場に到着すると、強風の中一人だけ投げ釣りをされてる方が居ました。 がんばってるなぁ。 私も人のことは言えませんがね H氏とともに海の様子をじ~~~っと観察しながらポイントまで歩いていきますが 残念ながら異常ナシ 観念して帰りますか~~ 一応、帰りも海面を見ながら車の方に歩いていると あッ 居た いま背びれが見えた そう、探していたのは鮭です さっきまで全然見えなかったのに一匹見つけると 見えるもんですね~ 海面が風で波打っていて見づらいのですが5,6匹見えます。 私もH氏も半信半疑で様子を見にきていただけに こんなところに!?と驚きと興奮を抑えきれず 強風の中、ロッドを準備し始めていました 2人とも初めてなので どのルアーを使って良いのかも分からず とりあえず青物狙いで持っていたミノーで狙ってみます。 すると うれしいことに、すぐに反応がありました ミノーの後ろから目の前まで追いかけてきてくれました でも、ちょっと食いつかせる距離が短いかな・・ 今度は、姿は見えないんですがそこに鮭がいると仮定して 遠くへキャストしてみます。 強引に引っ張るととにかく寄ってきません これが良いのか悪いのかわかりませんが、少しラインテンションを緩めてあげて 騙しだまし寄せてきます。 H氏にネットをお願いし手前まで引き寄せると・・・ デカいッ>< こんなの2人とも見たこと無い(汗 頭を振るわ、右に走るわ左に走るわで2人とも大慌て 悪戦苦闘の末ようやくキャッチできました。 初めて釣れた鮭はコチラです。 ヒットルアー:マリア デュプレックス80mm ピンクマイワシホロ ネットの大きさが直径60cmなのでおおよそ70cmくらいでしょうか。 立派なオスの鮭です 写真を撮った後すぐに海に返してあげました。 ちゃんと返してあげないとって自然と思えちゃうから鮭って不思議ですね~ がんばって故郷に帰ってね。 ありがとうでした 今回釣った場所は、河口規制対象外のところです。 10月1日から一部河口で規制が始まります。 河川内はもちろん禁止です。 平成26年度海区漁業調整委員会指示を確認のうえ ルールを守って楽しみましょう。 週末は、息子の5歳の誕生日。 盛岡に1泊旅行に行ってきました。 盛岡動物公園、岩山パークランド、小岩井農場と3ヶ所に連れてってあげたんですが 私も妻も足が疲れてパンパンになってしまいました なのに、息子はもちろん下の1歳の娘は疲れ知らずで元気です ふくらはぎにシップ貼るなんて何年ぶりだろ。 しかし、これだけがんばったのも 今日が休みだから ふふふ。 何回行っても期待でドキドキします。 ちょっと寝坊しましたが夜明け前に到着。 先行者は4人いらっしゃいました。 先端お方は昨夜からソイ釣りをしていて そのまま朝まづめに突入だそうです。 スゴいな ウキをつけて投げサビキ釣りをされてる方が アミエビを撒くと、イワシが海面ですごいライズしていたので 青物も期待できるかな~ なんて期待しましたが、1時間で小サバ1匹とあまりにも寂しい結果に 6時頃、出勤前の一勝負に来たと思われる方がお帰りになり、 7時には先端の方も今日は風がよくないと言ってお帰りになりました。 たしかに追い風とはいえ油断すると怖いくらい風が強い・・・ おまけに寒い! まだ9月なのに、フリースにボアパーカーを着ててもさむい 時刻はもうすぐ8時。 約3時間で小サバ1匹・・・ 干潮時刻が8時半なのでそろそろ潮時。 目の前にはクッキリと潮目が出ております。 何となく粘れば釣れそうな気がしますが あと30分したら帰ろ。 そしたら、 ワンピッチショートジャーク中に グンッ! っときたああああああ! ビビビッっとこないので サバじゃない そんなに引かないので 大きくはないかな~ 何て油断してたら最後に足元に突っ込んだので 少しヒヤっとしました ヒットルアー:ima ガン吉40g グリーンゴールド 先週、グリーン系のギャロップで釣れたので タックルボックスに追加したメタルジグです。 クラッシュホロですっごい釣れそうだなぁって思ってただけに うれしさ倍増です 今年からウレタンコートで4日かけてコーティングしているので 1個1コのメタルジグが、かわいくってしょうがない 37cmくらいかな。 ふふふ 8月までは全然ダメだったので、このまま1匹も釣れないで終わるんじゃないかって 心配しておりましが、これで今年3匹。 ちょっと安心しました。 あとウレタンコーティング等々。 まだショアジギング3年目なので試行錯で失敗の連続ですが これが楽しいんですよね やりました! 2日前のワカシからイナダへサイズアップ 私にしては、これでも大物なのです 早起きしてよかった ヒットルアー:ジャクソン ギャロップアシスト40g ライブベイト 今日は朝から海面がザワついていて、 小魚の大きな群れが入っていました。 足元から前方まで広範囲に渡ってかなりの数です。 同行した友人のT氏の羽付きのアシストフックに掛かったので 見せてもらうと、10cm弱のセグロイワシみたいな魚でした。 (詳しいイワシの種類はよく分かりません。 スミマセン。 鳥も騒いでいてもしかしてボイル始まるかも!? と期待したんですが、残念ながら青物の群れは薄く 程なくして、鳥もはるか遠くへ行ってしまいました。 静止画像なので判りづらいですが、画像いっぱいに小さい回遊魚の群れ。 内海側にも豆アジが回遊していて サビキ釣りもしたかったぁ 今度、振り出し竿も持ってきて遊んでみようかな 帰宅後、流し場で計ったら35cmでした。 私にはまだまだムリだと思いますが いつか、40cm超え釣れるといいな~ きっとすっごい引くんだろうな やっと釣れました 30cm弱のワカシ ヒットルアー:マリア ショアトリッカー35g ブルピン まだ痩せてて小さいですねー 地元の方に聞いたところ8月上旬の方がサバの型も数も良かったそうです。 もしかしたら、イナダも大きいの来てたのかなぁ。 さらに今年は青物全然ダメだって・・・・ハハハ この1匹もお昼前から始めて4時間粘ってやっと釣れたからな 今後に期待きましょう^^ それにしても、隣で地元っぽい方が投げサビキでサバをポンポン釣ってたんですが、 一緒に行ったH氏と私は4時間でサバ1匹づつとワカシ1匹って。。 風速13mって;; 朝イチ勝負 いけるか・・・ 三沢サーフの突堤でワラサがあがったみたいなので 行ってみたかったのですが、この風速だとちょっと怖い。 もうひとつ 奥入瀬川の、さけます河口規制も怖い・・・ ここは大丈夫って聞いても目に見える形で線が引かれてるわけじゃないので 小心者の私は、10月~12月は怖くて近づけない>< 青物狙いでも掛かることもあるみたいだし あれこれ考えて釣りどころじゃなくなっちゃう。。 ということで お気に入りの釣り場に出発しました。 到着すると 風は少しあるものの気温は温かく これなら全然大丈夫^^v 釣り人は私のほかテトラの上にひとり。 以前、台風の日に来てた方だ。 準備を済ませキャスト開始。 すぐにサバが釣れましたが、その後1時間沈黙。 せめて、ヒラメでも・・・ ショアトリッカーから、ムーチョルチアに替えて ロングジャークで底付近を引いてきます。 すると ゴゴンッ! ふふふ。 狙い通りです^^v 27~28cmくらいの小ヒラメちゃん^^ ムーチョルチア35g ブルピン色 やっぱり、ムーチョでヒラメ釣れるなぁ。 この流れで青物もくればいいのに~ はるか前方では小規模な鳥山が立っては消え、 また立っては消えを繰り返しています。 それも、7時には完全に消え まったくアタリの無い時間帯に突入。 風も強くなってきました・・・ でも、ここ最近を振り返れば 鳥山が立った日は粘ってれば青物がきています。 ここは我慢でしょう。 そして、8時半を回った頃 ついにその瞬間が訪れます。 2回目の底を取ったあとのワンピッチショートジャークに グッ ギギ・・ グググンッ! ギ ギ 最初から突っ走るッ ドラグを緩めにしていたので余計にそう感じます。 もうすこしで姿が見える距離なのに思ったより底の方にいて見えない。 根に入られたらメンドクサそうだな・・ そんな私の気持ちを読めるはずもないのですが 最後の突込みを見せます。 ギギギ ギギギギギ・・・! ちょッ!! 一気に真下に走った>< ドラグ緩すぎたか? れ!? バレた。。 最初の貴重な1匹目逃がしたあああああああああああ。 上げてみるとリアフックに海草だけが引っ掛かってました。 釣り開始から3時間からの初ヒットだったのに、 自分のあまりのヘタッピさに泣ける。。 このままでは終われない。 ここで帰ったら悶々として眠れない>< ポカリスエットを一口飲んで気持ちをリセット。 やはりドラグが緩すぎたみたいです。 バラすのが怖くてそれが裏目に出ちゃったか・・・ 何事もすぎるはダメみたいですね。 ドラグを締めキャストを再開。 ワンピッチショートジャーク中に本日2回目の青物がヒット! 口を使わせるのは少し上手くなってきたかも。 ジャカジャカしてるときに掛かった時の、ガクンッ!てなるアタリが 堪らない^^; 今度は 逃がしませんよ~。 早めに浮かせてさっきより ラインテンションを強めにしながら巻いてきます。 そして・・ ふ~ 絶対バラせない1匹。 うれしい~><b ショアトリッカー35g ブルピン色 イナダ36cm。 もしかしてまだ居るかも・・ ますます風は強くなってきています。 あと3キャストだけやって帰ろう。 クソー 青物はまだ居る。 釣れる! 出来る限り風の影響を受けないように ロッドを目一杯下向きに倒してワンピッチショートジャークで誘います。 ガクんッ! グググググ・・・ グングン! ヨッシャ! キター!! 強風を乗り越えて2匹目! さっきと同じくらい 36、7cmのイナダ^^ ショアトリッカー35g ブルピン色 こいつは焦った;; 足元まで寄せてきたとき一気に下に潜られて 岸壁にラインが がりがりがりッ がりがりがりがり! うあ;; やっべー 慌ててロッドを反対方向に倒して リールを強引に巻いて一気に浮かせて抜き上げました。 おかげてリーダーがボロッボロ・・・(泣) ドラグ締めてたのに、すっごいパワー 予想しててももってかれちゃう。 もっと大きいの掛かったら、以前やっちゃったみたいに 何も出来ずに終わりそうな感じ。。 レアニウム4000番のHG欲しいなぁ。 今まで重さを気にして購入したことなかったけど 腕力のない私にはすごく重要なことに気づきました。 最近、手首がちょっと痛いし・・・ むぅ。 来年の誕生日までガマン>< このあと もう1匹イナダを追加して終了しました。 風が強すぎてロッドを持ってまっすぐ立ってるのも厳しい。 送料がもったいなくて、ずっとガマンしてた>< もち即買いして、さっそく今朝使いましたが やっぱりコレ釣れますね~ 私との合性がいいみたいです。 今回から、リアフックもシングルフック2本に。 お気に入りのシングルフックが売り切れていたので ライントラブルが少なそうなコチラを購入しました。 2本になったので、糸絡みが増えるかな~って心配してましたが 問題なさそうです。 逆に掛かってからの安心感が増しました。 今日釣った3本中、2本が口の中とあごの外にスレ掛かりしてました。 3分でつり放題500円! 4歳の息子とチャレンジしてみましたが これがなかなか難しい。 鈎針がホタテの空いた口に掛かっても 貝が閉じない・・・ これ、ふつう パクッってくるんじゃないの??? 他の参加者も誰も釣れず あっという間に3分経って終了。。 なんて、お客さまサービスの足りないホタテなんだ。 ザンネン 息子は、今度ハゼ釣りにでも釣れて行こうかな。 嫁さんと子供たちは、このあとも南郷の道の駅に ハロウィンのかぼちゃ作りにお出かけ。 一足先に帰宅し たまった洗い物をしたり、ごはんを炊いたり 嫁さんのご機嫌取りに汗を流します。 (釣りに行けなくなったら大変ですから。。 本命の釣りのほうも 朝、短時間ですがしっかり行ってきました。 まぁ・・ 青物釣れませんでしたけどね。 テトラで釣ってる人たちも ヒラメが絶好調のようで、私が気づいただけでも5枚はあげてました。 すごい釣れてます! 私は、40cmアップの立派なヒラメさまには、未だ出会ったことはありませんが 数をあげてれば、いつかは釣れる信じてます!! >< 早めに切り上げて、 帰りに友人のT氏と釣り場所の新規開拓のため少し寄り道して帰宅しました。 なかなか、良さげなところを見つけたので 今度、2人で行ってみたいと思います。 今日は、嫁さんと子供たちはお出かけ。 というわけで、 ひとりで、時間ゆったり 釣りにお出かけです^^v 2013. 初対面ですが、礼儀正しく気さくで話しやすい雰囲気。 昨年は、青物1日で10本近く釣ったり なんと、地元でサクラマスを3年連続キャッチしている凄い方でした。 これから上向いてくるとは思いますが、 沖防に渡れなくなって、どうやらみなさんも苦戦しているようです。 今日は、10月最初の釣行。 どうか上向いててちょうだい>< ~午前7時。 釣り開始から2時間経過しましたが、 サバ1匹のみ。。 真正面のはるか前方では、結構長い時間鳥山が立っているものの 残念ながら、こちらには寄ってきません。 1匹くらい間違って来てもいいのに。 気が合います。 2人でキャストしながら、 どうやったら、嫁さんの目を盗んで釣り道具を揃えられるかで 盛り上がります(笑) そうこうしているうちに、あっと言う間に時刻は9時を過ぎ 干潮時刻を迎えます。 サバか、 小ヒラメか。 焦って、岸壁に ビタンッ!っとイナダを打ちつけましたが 無事キャッチ。 ほんと運がよかった。 このあと1時間くらいやりますがアタリはなし。 お隣で釣っていたN氏とお互いに自己紹介をして また、会いましょうと挨拶してお別れしました。 6時間もロッド振ってたら さすがに疲れたぁ。。

次の

青森県内の個人やクラブで運営している釣り情報のホームページやブログ

八戸 釣り 情報

八戸店、あらため新八戸店4月16日 木 グランド・オープン!!ますます地域の皆々様に愛される店舗を目指しまして、移転オープン釣果情報第一弾をご用意いたしました!! 場所は店舗より車で約5分~10分ほどの近場、舘鼻漁港で遊んできました!堤防も広く開放的な堤防です!駐車スペースも広く 漁船等の作業員の方の邪魔にならないようにお願いします。 ベビーサーディン2インチほか 当店HP御覧下さいましてありがとうございます!! 野牛漁港より正盛丸さんでサクラマスジギング研修へ行ってきました。 海況はあまりよくありませんでしたがシマノの最新タックルのオシアジガーモーティブやジガーLJのフルソリッドモデル、ジグはペブルスティックのサクラスペシャルを使いました。 釣果は…凄いサバ 指示棚にジグを落としてシャクリると…サバ サバを外して落としてシャクルと…サバ サバジギなら大爆釣です。 そんな船中でもぺブルスティックのサクラスペシャルでサクラマスを釣り上げているスタッフもいました。 近隣店舗HPでご確認下さい 当店ではそんなサクラマスにおすすめのメタルジグを取り揃えさせて頂いております。 御釣行の際は是非当店を御利用下さい。 皆様の御来店をお待ちしております。 暖冬で今年の氷上ワカサギ釣りは無理かと思われましたが…岩手県一戸町の大志田ダムが28日午前6時15分に無事解禁しました。! 当日は解禁初日でしたので、混みあう事を想定して現地に午前4時には到着したのですが、入口前には既に100台近い車が並んでいる状態でした。 気になる釣果は4時間で120匹程と少し渋めでしたが飽きない程度にアタリがあり、1年ぶりの氷上ワカサギ釣りを楽しめました。 ポイントに到着して一投目、着底してすぐに穂先が「ゴン!ゴン!ゴゴゴ!」と勢い良く水中に引き込まれます。 釣り上がって来たのは35cmオーバーの沖メバルでした。 しかも4連掛け、その後もアタリが止まることなく、途中サバの猛攻をかわしながら釣り続け、参加した皆さんのクーラーBOXは満タンになっていました。 次回は使用する竿と仕掛けを見直してリベンジしたいと思います。 南海丸の船頭さんは釣りにはこだわりが有り、ちょっと辛口の船頭さんですが、沢山釣りたい方は仕掛けや釣り方など是非相談してみて下さい。 今回お世話になった遊漁船【南海丸】4. 魚が釣れないのなら、魚がいるところに行けばいいじゃない。 と、いう事でやってまいりました「ウキウキランド」さん。 ここなら確実に魚がいる。 朝はいつものように寝坊したので、午後からスタート。 キャストしてわかったのですが、ラインに魚があたるくらい沢山いる。 ただ時合もあるのか、なかなか喰い付いてくれない。 数投してはすぐにカラーチェンジ。 するとポツリポツリと釣れる。 ただそのサイズがデカイ!釣れたのはほとんど50cmオーバー。 ドラグがキリキリでる。 たのし~。 この引きですよ。 大きい魚が多いので、フックは太軸に交換していったほうがいいです。 5gスプーン各種 ここ4連続でボウズを喰らったテクビイカ。 ということでライトロックに浮気。 メバル、ソイを狙いに深夜営業が終わったあとに第三に行ってみました。 メバル狙いにいつものメタボブリリアントを早速使用しますが、「シーン」。 しばらくすると「釣れますかぁ~」と尾崎くん登場!「ええ、釣れませんよ」とニッコリ返しました。 しばらく2人で釣りをしていましたが、だんだんと無言になり、距離がはなれていきます。 もしかして今日もボ・と思っていると、うん、向こうから尾崎くんが満面の笑み。 ふっ、はいはいわかりました、写真とりますよ。 どうですかこの笑顔。 その後もがんばりましたが、5連続ボウズ。 かたや尾崎くんは別の日カジカも釣ったそうです。 ぐぬぬ。 前日の悪天候の影響で、朝の内ウネリを伴いながらも、真鱈のポイントに無事到着。 200m~230mで真鱈の反応があり、先ず浅場からスタート。 一投目からアタリが有るも型が小さく、深場へ移動。 釣り始めはアタリが遠い感じでしたが、徐々に2連、3連と掛かり始め、皆さん快調に真鱈を釣り上げていました。 釣れている内に白子入りの真鱈を是非狙って下さい。 使用したタックルはシーバスロッドに胴突き仕掛と重めの錘ををセットしたちょい投げタックルと、グラスソリッドのトラウトロッドに3g前後のブラーをセットした。 堤防の際攻めタックル。 始め一万トン岸壁周辺からスタート、根廻りを中心に探ると良型のドンコがヒット!その後は小ギンポ1匹で、舘鼻方面へ移動。 着いてすぐに強いアタリが「ゴゴゴ!」と伝わり、グラスソリッドの竿が根元から曲がります。 上がって来たのは26cmの良型クロソイでした。 このクラスを見たのは久々、ついに大物シーズン突入か? 今がテクビイカのシーズンですので仕事帰りにいつもの舘鼻漁港に行ってみました。 当日、舘鼻には巻き網漁船(?)かな、が漁から戻ってきたのか一面に大型漁船。 明るくてとっても楽なんですが、舘鼻全体が明るいので、イカがちりまくったのか、さっぱり乗ってこない(><)。 前回来た時にはイワシの群れも見えたのですが、それもさっぱり見えない。 内側はあきらめ、外側に一艘止まっていた船の横におじゃましました。 そこでもオレンジやらピンク、金アジなど色々エギを変えてみましたが、やっとこさ2杯。 明るくてすごく釣りやすいんだけど、一面が明るすぎるのもダメみたいです。 次回は他のところにもチャレンジしてみます。 8号 近隣店舗の最新釣果•

次の

青森釣りガイド|Web東奥

八戸 釣り 情報

20年06月23日 青森 つがる市 マダイ• 20年06月22日 青森 つがる市 ヒラメ• 20年06月21日 青森 清水川漁港 メバル 300匹• 20年06月21日 青森 つがる市 マゴチ• 20年06月17日 青森 青森市 アジ• 20年06月16日 青森 つがる市 クロダイ• 20年06月16日 青森 陸奥湾 アジ• 20年06月14日 青森 青森市 アジ 2匹• 20年06月13日 青森 つがる市 アジ• 20年06月13日 青森 つがる市 キス• 20年06月13日 青森 つがる市 マゴチ• 20年06月13日 青森 八戸市 テクビイカ(... 20年06月11日 青森 青森市 アジ• 20年06月10日 青森 小舟渡漁港 カレイ• 20年06月10日 青森 つがる市 クロダイ• 20年06月08日 青森 青森市 アジ 13匹• 20年06月07日 青森 清水川漁港 アイナメ• 20年06月05日 青森 つがる市 アジ• 20年06月04日 青森 青森市 アジ• 20年06月04日 青森 つがる市 クロダイ• 20年06月02日 青森 青森市 イナダ• 20年06月02日 青森 陸奥湾 アジ 15匹• 20年05月29日 青森 青森市 アジ 30匹• 20年05月25日 青森 つがる市 メバル• 20年05月25日 青森 青森市 メバル• 20年05月25日 青森 陸奥湾内 アジ 20匹• 20年05月24日 青森 陸奥湾内 メバル• 20年05月21日 青森 夏泊周辺 メバル 43匹• 20年05月18日 青森 青森市 メバル• 20年05月18日 青森 磯 マダイ• 20年05月17日 青森 階上町 タナゴ• 20年05月16日 青森 夏泊方面 メバル.

次の